ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
素敵な母娘目指して!?
a0126929_11504793.jpg

昨日抜糸も済んで(←最後の恐怖関門でしたが、なんてこたぁなかった)、大量の点滴やら注射やらも終わり、痛いのは全部終わった!!と、かなりハイテンション♪
アボリジニー村長の妻、みたいな印象の(お気に入りの)助産師さん推定70歳に、「でも…、ほんと、よ〜く頑張ったねぇえ」と言って貰って、素直に嬉しかったですo(^-^)o
なんだか、娘を出産出来て、とってもとっても自分が誇らしいのです…!

今日は1週間振りのシャワーを浴び、これから院内エステです(笑)。スケジュールに組み込まれていまして。
「美しいママになって下さい!」とのことで、産後体重を計ったら、今の時点で8キロ減。でもまだ以前の体重には戻らないので、母乳を与えながら産後ダイエットに励もうと思います!
先に出産した友人の、「出産は最大のデトックス」の言葉よろしく、産後っていうのは女性にとって最大にして最後のチャンスというほど、身体が変わる時期。
韓国では、この時期を最大限に利用して、産前より美しいプロポーションになる女性が少なくないらしく、私もここぞとばかりに骨盤ベルトで矯正に入りました。
帝王切開だと、トコチャンベルト(っていうものがあるのです)が使えないのかと思いきや、切るのは本当〜に下なので、全然関係なし。頑張るぞ♪

最初の子なので(次があるかは甚だ不明だが…)、男女どちらでも良かったのですが、6、7ヶ月の頃にエコーで「多分、女の子」と聞いてから、嬉しくて仕方がなかった気持ちもあります。
男の子の可愛さは猛烈だと聞くし、生んだらどちらも可愛くて仕方がないことでしょうが、ちょっと憧れた「母娘」の存在がありまして…(^w^)。
私の生徒さんだった方なのですが、今は葉山に越されてしまいましたが、いつもリネンやコットンのシンプルなお洋服をさらりと着こなして、物凄く美しいのに、お洋服同様天然のキャラクターで、可愛い一人娘がいました。
彼女が持っているカゴの、ミニバージョンみたいなカゴを持った娘さんは、ちょっとオシャマなんだけど、バレエも上手で賢く、私は「いつか、こんな風になれたら、どんなに素敵かなぁ…」と、時々夢に描いたりしていました。

だから「女の子」と聞いた時、すっかりそういった、あくまで上辺の装飾っぽい部分ですが、理想の母娘像を浮かべて、浮き足たってたワケです(笑)。
実際にはね、どちらであっても、健康に元気に生まれてくれさえすれば、何の不満もないのですが、、、早速親バカで「鼻が高い(気がする)!唇がアンジェリーナジョリー張り(言わせて下さい…)!目が二重瞼で切れ長(まだ開けたて…)!小顔美肌!(単に帝王切開ゆえらしい…)」と、世間に同意を得られるかどうかは別として、かなりの俗感覚にはまりきって目尻を下げてます。
先が思いやられる…(^_^;)

でーも!
ベビー服沢山買って着飾ったり、物を買い与えたりはしないつもり。
ウチは、オトーサン(オット=既に驚くほどメロメロ。笑)が教育には色々考えがあるみたいなので、私は主に情操(?)の部分を担うことにして、美味しいものを作って頂いたり、なるべく質素な中に美しさを見いだせるように導いたり、日々の暮らしを丁寧に愉しむことを、娘と一緒にしていきたいな(*^-^*)♪

今は夢いっぱいで、小さな小さな娘と添い寝をして、温かな寝息を顔に感じると、世の中にこんな幸せがあったのか…!?!?と、うっとりしています。
本当に、幸せです…!!

素敵な母娘になろうね〜…と、話しかけながら、お祝いお見舞いに来てくれたお友達から頂いた、可愛い贈り物をそっと乗せました♪
毎日沢山の友人がお祝いに駆け付けてくれ、娘に可愛い贈り物を下さって、本当に幸せな子です…!
イイコになって、ご恩返ししてね(笑)!
[PR]
by pechopiano | 2010-07-29 11:50 | Comments(4)
魔の洗礼…
a0126929_11164952.jpg

「帝王切開の痛み、想定内〜(とはいえ、勿論とても痛いですけど!!)」…後は回復していくだけだもんね♪と、「一番痛い時間は終わった」と信じていた夜、胸がパンパンに張ってちょっと熱を帯びていることが、気がかりでした。
乳腺炎になると、この世のものとは思えない苦しみだと体験談を聞いていて、更に(妊娠前から)乳腺が発達してるとお褒め(?)の言葉を頂戴していた私としては、なんとしても早く母乳にしたかったのですが、帝王切開の人は傷の回復の関係で、母乳スタートが少し遅れて予定されているようでした。

でも母体というのは、胎盤が体内から出たら母乳が作られるシステムになっているらしく(人間の身体のシステムには、唸りっぱなしの出産経験であります)、この数日の間に既に母乳工場の方は稼働開始したようで…。

「いいの?いいの?このまま放っておいて、本当に私のムネは大丈夫なのか??」と、何度も看護師さんたちに母乳開始希望を訴えたのですが、「まぁそんなに焦らないで」みたいな対応のまま、遂に腕を上げにくくなるほどパンパンに…。
少しずつ飲ませてはいたのですが、いかんせん両者とも新人ゆえ、まだ沢山は出ないわ、吸えないわ…で、工場で生産されるストックが、貯まっていったらしく…。
その晩現れた初めてお目にかかった強面助産師さんが、どうやら母乳のエキスパートだったようでした。

結果としては、この日彼女が来てくれたのは、神の到来と同義語になった訳ですが、神も鬼も紙一重っちゅーことで、私の熱を帯びて腫れ上がるムネをむんずと掴んだ彼女は(ここで第一悲鳴)、一言
「…ヤバイ。」

(~_~;)

「…悪いけど、今やらなきゃもっと大変なことになるから、耐えてね。死ぬほど痛いわよ。」

・・・・そこから先は、詳しく思い出すことを、脳が拒絶しています。
ただ、目の前に星が飛んで(本当に飛ぶんですねぇ…)、耐えられる痛みの限界を超えたら、脳がパニックに陥ったらしく、歯を食いしばっても涙がコントロール外で出てきて、泣いてしゃくりあげたら傷が痛いのに(ちなみに、咳はもはや暴力です)、感情じゃなくて身体反応としての涙が。…勿論、こんなのは初めての経験。
激しい頭痛と吐き気と顔面の急激な凝りが同時に襲ってきて、あれはどれくらいの時間だったのか、とにかく、今後こんな種類の痛みがあるというのが生命ならば、もう生きていくのが恐ろしくて仕方がなくなるくらい、激しいものでした。

拷問。

ゴウモン。

GO・U・MO・N…

ってな文字が頭の中でぶつかり合う時間でした。

その後は、肉体精神共にコテンパンに疲労しているというのに、うとうとするとトラウマのように痛みと恐怖がフラッシュバックしてきて眠れませんでしたが、おかげで今は乳腺も開通しつつあり、母子共に完母に向けて努力中です(^_^)v

陣痛より辛いという噂を聞いていましたが、陣痛は経験していないものの、あの痛みを再び…ならば、もう一度ルパンにお腹切ってもらう方を迷わず選びます。
出産は、どこから産んでも痛くて血だらけですが(笑)、それでもやーっぱり、我が子を見ると全部すっ飛んじゃいます!!

痛い話はここまでにして(笑)、後はなるべく赤子の様子でも綴りたいものです!?
[PR]
by pechopiano | 2010-07-26 11:16 | Comments(8)
帝王切開事情
結局、帝王切開術後の痛みに対しては、痛み止めを殆ど使用しないで乗りきれそうです(^.^)!
なるべく使わない方が、回復が早いと聞いて、当日の夜だけにしました。
…そしたら、看護師さんによって意見は大分違ったらしく、結構ギョッとされまして、「えぇ〜?!今まで我慢してたの〜っ?!痛いよ〜(T_T)」と、無意味な頑張りだと言われたりも…。汗
でもまぁ、正直「もう二度と(つまり二人目)勘弁」とまでは思っていません。しばらくは嫌だけど(^_^;)。想定内です。

しかし、一つにはやはりルパンの腕が良かったのだと思われます。
助産師さんで、今まで他院にいた方が、私の手術を見学したのですが、「あまりに手術が上手くて驚いた」そうで、私も術前に聞いていた腰の麻酔の辛さ(大変らしい)が、拍子抜けするほど呆気なく、チクッでした。
更に、緊張しまくる私に、相変わらずルパンは真面目な顔で「…ちょっと変なこと聞くけれど、、、」

(緊張高まる手術台上の私)

・・・水着は、どんなの着る??
(笑)

つまり、それによって縦に切るか横に切るか、だそうで(^_^;)。

笑いながら、ビキニ(横)もハイレグ(縦)も着ませんけれど、横は目立たないと聞いたので、横でっ♪…とリクエスト。
手術も、話しながらでした。
とはいえ、私はさすがに途中で気持ち悪くなったりしたのですが、「ちょ〜っとキモチワルイです」って笑顔で言ったらしく(確かに、)、皆に「笑顔だ〜!まだまだ余裕だねぇ」と、しきりに感心されて(?)無事終了。

術後は、傷の痛みの前に後陣痛が辛かったりして、傷もまだまだ痛いけれど、今後良くなっていくばかりだと思えば、乗り越えられないことはない種類です。
まさに「案ずるより産むが易し」です。

今日から母子同室です!
昨日痛むお腹を引きずって、新生児室にへばりついていたら、連れてきてくれました♪
幸せな時間の始まり・・・には違いないのですが、悪夢の洗礼が待ち受けていました。。
産んだ人ならすぐわかるかと。。。
またそれは後日…。
[PR]
by pechopiano | 2010-07-24 23:51 | Comments(2)
生まれました!!
a0126929_1485535.jpg

本日9:40、待望の長女が誕生しました!!

3138グラムの元気な女の子です。
「ホギャ」と聞こえた時は、本当に嬉しくて安堵で、涙が頬を伝いました…。
と同時に、ドッと笑い声が聞こえたので、なんだろう?と思ったら、生まれた瞬間におしっこをしたらしく(笑)、ルパンや看護師さんたちに「堂々としてるなぁ〜!!」と笑われました。

手術室から出たら、オットの心配そうではにかんだ顔が目に飛び込んできて、続けて双方の母のニコニコした顔も待っていて、嬉しさ倍増(*^o^*)。

縫い合わされている時に、助産師さんが私の真横に連れてきてくれた我が子を見た瞬間に出た言葉は、、、
「可愛いぃ〜!」(≧∇≦)
まぁるくて白くて小ちゃくて、何かフニフニ言っていました。


姉や母たち皆が、「すっごく可愛い子よ〜!」と言ってくれ、新生児室の前で笑い合う声も頻繁で、聞いたら「食いしん坊みたいで(やっぱり…(^_^;))、生まれてすぐにずっと口を動かして、お腹空いた〜!と言わんばかりだそうで」!?
更に、「なんにもこないよ〜」と思ったのか、自分の指をしゃぶり始めたそうで、さっき部屋に連れて来られた時も、私の指を握ったり(可愛くて死にそう…)、それを口元に持っていって、何度も吸おうとしてました。笑

一番大切と言われる初乳も、早速やってみましょうとの看護師さんの判断で、まだ腹切り間もないですがトライしたり(すごい力で一生懸命吸います)、幸先良い手応えです!…今かなりお腹痛いけど。。。

新生児室にいる他の子に比べても、一際「一時もじっとしてない」らしく、親族の笑い声はそれが要因だったみたいです!?

お腹は痛いけれど、娘が隣に来ると、不思議と痛みを感じません。痛み止めより、連れてきてもらう方が、いっそ有効かもしれません?!

応援コメント下さった方々、どうもありがとうございました!!
術前に携帯から読めたので、とても温かい幸せな気持ちで舞台の出産を迎えられました。
コメント、後からゆっくりとお返事させて頂きたいと思います♪

ご報告第一報まで!
[PR]
by pechopiano | 2010-07-21 14:08 | Comments(18)
2010年夏!
ついに梅雨明け!=つまりいよいよ出産!です。

昨日、初めてお腹がピアノを弾きました。笑
椅子に座ったら、臨月のお腹が♪じゃらららんっって。笑
ちなみに、今現在はブラームスの演奏スタイル(ポストカードなどにもなっている、あの独特の姿勢、です)になっております。
腕が短くなったような気分。普段よりも良い音がしているかどうかは、なんとも言えませんけれど、どっかり巨匠弾きスタイルであることは、きっと誰も否定しないと思われ!?

何気に、連休ですね。
子供たちにとっては、夏休み直前なので連休モードも幾分薄らいでいるようだし、自営業者に休日はあんまり関係ないので、我が家にも関係ないカレンダー事情ですが、どうやらこれが私たち夫婦にとっては、2人だけで過ごす最後の週末になりそうです。
今週、帝王切開で第一子が誕生予定です!^^
ま、子供が自立した後は、また2人に戻るんでしょうけれど、存在として「2人家族」で過ごす、最後の週末。
忙しいオットが3日全部休めるわけもなく、また私も生徒さんの最後の仕上げやリハーサルに顔を出したりと、多少バタバタしていますが、なんとなく出来るだけ家に居て、楽しく過ごしています。

↓ 今日は今後10年くらいお預けになりそうな(?)、最後の寝坊をしましたので、今朝はブランチ♪

a0126929_13353086.jpg


大好きな「ハイジの白パン」。
昨晩、ホシノ酵母の生地を冷蔵庫に入れて、庫内2時発酵をさせておいたので、今朝は焼き立てパンとアスパラと頂き物のソーセージの炒め物、キャベツとニンニクのスープで。
ちなみにパンの入っているカゴが、お気に入りです♪
「一つ良いのが欲しいな♪」とパンを焼くようになってから探していたのですが、これはついに「あひるの家(無農薬八百屋)」でもカゴ展をやった時に見つけたもの。^^
あけびです♪

マダガスカルのカゴや、オリーブの木を使ったカゴなど、ちょっと珍しいものもあったようですが、夕方に行ったら売り切れていました。
オジサンいわく、「普段見掛けない人たちが、どこからともなくドッと現れ、カゴをかっさらって嵐のように去って行った・・・」そうで(笑)、オジサン自身も「こんなにカゴ好き人間が多くて、更に情報を鋭くキャッチしていることに、大変驚いた」そうでした。
でも、私は大好きなアケビのパンかごと出会えたので、十分満足♪(物欲の権化の母は、色々買っていましたが。)

↓ ついでにこれは、「もう、どかっ料理しか出せません」な気分だった日の朝。

a0126929_1336855.jpg


ポテトのガレットは、実家で出たのをオットがとても気に入ったので、朝からじゅーじゅー焼きました。あとはゴーヤチャンプルーに相当色んな野菜を入れて、「いっぺんで栄養摂取せよ」みたいな。汗

ここに書くのは気恥ずかしい(?)ですが、それはそれでちょっと寂しかったりもするくらい、2人だけでもとても楽しい暮らしでした!笑
結婚生活って、始まった時が一番楽しいのかと思いきや、私の場合はむしろ逆で(笑)、つくづく段々夫婦になっていくんだなーというのが実感です。
職業柄(なのか)、あまりキレイゴトを言ったり、物事を無責任に楽観視するタイプではないオットと暮らし始めた時、正直「なんか、思っていたより桜色じゃないのね、新婚生活に流れる空気って…^^;」と思ったこともありましたが、それはきっとお互いさまで、育った環境や世界が違う人間同士が、どちらか一方に主導権を握らせたり頼ったりするのではなく、うまいことバランスをとっていくための時間を有したのち、ちゃーんと(桜色よりもずっと魅力的な)肌なじみの良い色に、家庭が染まってくるものなんだな、と。

子供が産まれたら、未知なことだらけだし、私の中で母親ホルモン(!?)がどのように作用するのかもナゾなので、オットに対するキモチの割り振りが変わっちゃうのかしら?と思うと、それはそれで心配なんですけれど、オットの妹さんが先日「出産するまでは、色々不安だらけだったけど、今はこの子(娘さん)が居なかった時の生活なんて、もう想像できないくらい…!」と話してくれた言葉や、友達の「愛おしくて、たいせつで、毎日が幸せで仕方がない」という言葉が、かなり心強く響いています。
全ての母親がそう言うように、生まれてしまったら、もう「居なかった時」のことなんて、忘却の彼方になるほど、自分達の中の、どこか知らなかった部分が満たされるのだろうな。
今は、そんな想像をしながら、10ヶ月の集大成として、どうか無事に我が子と対面できますように・・・と、切に願って、最後の(?!)楽しい夫婦二人時間を堪能することにします。

・・・なんだけど~、その脳内物質は一体どの瞬間に出てくるんだろうか?!
なんとなくのいい加減なイメージとしては、陣痛の最中から母親アドレナリン(?)がじわじわと出始め、出産の瞬間にクライマックスを迎え、オギャーで噴出・・・みたいな、イメージを持っていますが、帝王切開の麻酔でモウロウとした意識の中だと、いつなんだろう??^^;
ハラキリの瞬間かしら??「いざ、覚悟!どばっ」みたいな。

・・・ま、いいや、帝王切開でも普通に母乳も出るっていうし、「いやぁ、遅れ馳せながらやってきましたヨ、母親脳内物質!」ってな感じに、数日以内に登場してくれれば、まぁいいや、ってことにします。
それより、こんなに絶えず動き回っている子、お腹切る瞬間も暴れてて、メスに向かって一蹴り「ボコッ」なんて飛び出して、アタマ切られちゃったらどうしようー!・・・って、またしょーもないことを思ったり。。。

・・・・あんまり余計なこと考えるの、やめよう・・・。どうせロクでもない発想しかしないんだから・・・・。(最近、日に数回自分を戒めています。。。)
昨日、色々聞くことやら貰うものなどあって、予定外に病院に行った際(本当は、あとは入院日に行くだけになっていたのですが)、土曜日の午前中の込み具合にびっくりしました。
補助椅子が出てるし・・・!
やっぱりこの病院は、すごく人気があるんだなぁと思うと、ちょっと安心してきました。^^
そんな混雑をよそに、ルパンは相変わらずご機嫌で診察しており、帝王切開の日取りの確認をした際、まだまだ生まれてくるつもりのなさそうな我が子(まだ全然下がってきてない)は、もしもう一週間でも先延ばししたら(←往生際、やはり悪し)頭を下にする可能性について、聞いてみました。
だって、完全なる想像の世界ですけれど、この子はまだ生まれてくるつもりがないから、頭を上にしてるとして、「さーてそろそろ・・・」って思う時期が来たら、下にするかもしれないじゃない?!って。^^;予定日までまだ数週間あるし。

ま、可能性は確かにあるんだけれども、でもこの状態で陣痛が来ることがコワイ、という予想通りの答えでしたが、ルパン直々に、ニンマリ笑顔でコソッと「・・・・無痛分娩だって思えばいいんだよ」と言われまして。
術後の経過について、恐怖感を持っていることを伝えたら、「術後痛かったら、痛み止めも無理せず使うし、そんなじゃぁ(思ってるほどじゃ)ないはずだよ」と。
それから、一番ひっかかっている「最後まで逆子で、それによって帝王切開になるパーセンテージは、全体の3%」というデータ。
その数字は特に申しませんでしたが、ルパンの卓上カレンダーにしっかり書き込まれている、帝王切開予定の私の名前を見ながら、「最近も、逆子による帝王切開、ありましたか?」って聞いてみたら、「あるよ!昨日も2つやったよ、手術。2人とも初産。」と、これまた結構意外な事実を。
・・・やっぱ、思っていることは、どんなちいさなことでも聞いて安心すべきですね。ちょっと安心して帰ってきました。笑

明日まだちょこっとだけ残りのレッスンを入れているものの、昨日で一応大体の予定は終わり、今はまだ陣痛が始まっちゃならぬ!!と、ヒヤヒヤしながらこなした日々でしたが、無事に出産前の任務を終えて、心の重荷がとれました・・・!ホッ。
昨晩、アロマライトだけの柔らかい光の中で、レッスン室もいつもより念入りに雑巾がけをして、もう一度手帖を開いて出産予定日と、それまでの予定、そしてまるまる真っ白な8月の頁まで確認して、「さぁ!あとは本当に出産だぞ!」と落ち着いた気持ちに。
なんとかここまで持って、本当に良かったなー。
早く会いたい一心だけかと思ったけれど、10ヶ月近くお腹の中に居た、もうすっかり慣れてきたこの子の動きが、もうすぐなくなるのかと思うと、なんだか不思議・・・!

↓ これは数日前。

a0126929_13364346.jpg


千切り野菜の和風サラダと、豚と玉葱の生姜焼き、茄子の揚げ浸しならぬ「焼き浸し」。・・・・ま、多めの油で焼いて、その後出汁などでこっくりゆっくり煮た茄子です。揚げ浸しの少しサッパリバージョン。
この茄子の出汁が、コックリと良いお味を出したので、後日塩もみキュウリなどが足されてキンキンに冷やされ、素麺のタレになりました。鶏と厚揚げと椎茸の炊いたんがお供。

a0126929_13371130.jpg

[PR]
by pechopiano | 2010-07-18 13:37 | Comments(8)
夏家事
ぼんやり晴れている本日。「くもり」っていう表現が適切でしょうけれど。

ということで、出産前に味噌かき混ぜとかなきゃ!と、実際に、重い腰を上げて(というか据えて)2月に仕込んだ手前味噌の蓋を恐る恐る開けてみました。
それは、ワタシにとってパンドラの箱を開けるようなドキドキ感。
・・・というのも、初めて仕込んだ味噌だったし、カビが生えていたら「そこだけ除けば問題ない」とは聞いていたものの、少し前にちろっと開けてみたら、カビらしきものが・・・!

その時は、切迫早産で退院したばかりだったので、「安静に!最低限の家事だけ」って言われてるのに、、、味噌かき混ぜたら・・・・まずいよなぁ・・という理性が働き、しかし頭の片隅で片頭痛のように、味噌樽のカビの存在が気になっていたのでした。
正産期に入り、お腹も安定しているので、いよいよ本日パンドーラ開封!ということで、どっきどきしながら開けましたところ・・・・カビは多少上に生えていましたが、私が「げげげっ」って思った黒いカビらしきものは、見間違えでしたようで、それは良い出汁が出るようにと入れた昆布でありました。ほっ。
そこで、上のカビをスプーンで掬って、焼酎で消毒をして、天地換えしたら、再び焼酎に浸したさらしの布で念のため覆い、これを頂くのは出産後の里帰りが済んでからにしよう・・・と、ホクホク蓋を閉じました。熟成されてて、美味しそう。^^

a0126929_13552321.jpg


二月に仕込んだ時、「これを開けるときは、お腹はもう大きいか、スッキリしているか・・・だなぁ」と思ったのは、つい最近だったのに・・・!
自宅に戻って、家族3人での朝餉に登場させる日も、あっという間にやってくるかな~♪

そして、ついでにちょこちょこと、留守にするまでの間に片付けておきたい家事なども。
オットのシャツも、ちょっと黄ばんできたものがあるので、漂白ついでに色々なものも漂白。
ちなみに、衣類の漂白は、安全な酸素系にしています。(酸素系でも、合成界面活性剤を使っているものが多いのですが、シャボン玉石けんとか、エスケーなどから、過炭酸ナトリウムのみのものが出ています。)
私もトップスは白いものを好んでいるので、普段合成洗剤を使わない分、時々シーズンごとに漂白しないと、若干黄ばみが気になるので、洗濯槽に直接入れたり、別途漂白したり。
生地も傷まないし、手にも優しいし、あまり重症になる前にちょこちょこ使えば、何も塩素系に頼らなくとも十分!

↓ 酸素系で漂白の効果を高めるには、温度が重要ですので、キッチンで50度くらいにくつくつさせて使用します。^^

a0126929_1356015.jpg


ちなみに、このぽってりした琺瑯のたらいは、昔母がドイツに旅行に行った時、お土産に買ってきてくれたたらいです。
すごく気に入っているのですけれど、、、、一般的にみたら、変わってるかも。コレをムスメのお土産に…と抱えてドイツから帰ってくるのって!?笑
かなーり喜んだワタシですけれど。^^;
今まで色んな用途で使っていましたけれど、弱火にかけられるし、深さがあるので、専ら最近は漂白に活躍中。

漂白剤は、今までは仕舞っていましたが、キッチンと衣類(洗濯)の両方でしょっちゅう使うものなので、最近屈む姿勢が厳しくなってきたこともあって、アンティークの薬品瓶に入れて、キッチンと洗濯機の間の洗面台に常設することにしました。
すると、頻度があがりますね、必然的に。笑

a0126929_13562479.jpg


家事の合間は、水分補給♪(っていうか、おやつ?!)

a0126929_1357439.jpg


無類のショコラ好きでして、濃厚なアイスココアなんて大好物♪
冬は、ファン・ホウテンのココアを直接銅の小鍋にミルクと黒糖で溶いたものを、じわじわと温めて、濃厚なショコラショーを作りますが、夏はアイスで頂きたいので、定期的にショコラペーストを作って、冷蔵庫で保管しています。すぐに飲めて便利!
(帝国ホテルとかいてありますが、それはもともとバターが入っていた瓶でした。^^;)

a0126929_13572973.jpg


ちなみにココアは、お菓子作りにもパン作りにも、そして勿論よく飲むので、ブロンズ色の華奢な缶ではなく、業務用(製菓用)のファン・ホウテンをキロ買いしてあります。
オランダの家庭でも、ここまで沢山のココアは常備していないかも?!笑

そして、テラスのオリーブが、実をつけました!

a0126929_13581249.jpg


去年よりもグッと緑が豊富に育った我が家の屋上テラス、現在おじゃが料理に使えそうなローズマリーなどのハーブ類もたわわですけれど、ついにオリーブも可愛い実をつけているのを見た時は、嬉しかった~!
まぁ、食用のテラスグリーンではないので、「これで・・・・ウン十年後は自家製オリーブオイルをこさえて・・・」とかいうつもりは毛頭ないんですけど。
屋上には水道もついたので、数年後に子供のプールなんかは、ここで更に青々したグリーンと屋根の下で、飲み物片手に遊べそうだな♪

そして、コレもやはり新しくなりました!

a0126929_13582994.jpg


エアコン。
家が全体的に白いのですけれど、エアコンは年代物だったので、黄ばんでいました。笑
かなり目立つくらい、黄ばんだ古めかしいエアコンが3台だったのですが、10年前と今では電気代が約半分だという話に揺らいで、実際に使っている実家の電気代にもショックを受けて、、、この際全とっかえしました。
わー!太っ腹~!ぱちぱちぱち。
お陰で、「昭和の土方」と呼んでいた、レッスン室の除湿器(それは実際に、私が9歳くらいの時に、父が買ってきたものであった)は、現在ほとんど隠居生活に入りました。
昭和の製品は、時々恐ろしく息の長い良い働きをするし、捨てるつもりはないのですけれど、音と電気代には代えられない・・・ということで、今はベーゼンの下で、静かな余生をお過ごし頂いています。

そんな、家事dayとレッスンな本日。
↓昨日の朝ご飯ショット。

a0126929_13591416.jpg


根菜と茸の餡かけ豆腐ハンバーグがメイン。水切りした木綿豆腐の中には、干し椎茸やひじきが入っていて、生姜汁も入ってヘルシーあっさり。
[PR]
by pechopiano | 2010-07-14 13:59 | Comments(0)
正期産突入!
無事、妊娠37週を迎えました。
朝目覚めた瞬間に、「完成!チン!」」の音が聞こえたように思いました。^^

ぽっこらぽっこら長閑に蹴る(んだか引っ掻くんだかの)胎動を感じながら目が覚め、ああ、お互いここまで無事に辿り着いたねぇー、偉かったねぇー・・・と、なでなで。
これで突然ぐるっと回って頭を下にしてくれて、それでもってすぐさま陣痛が始まって、するりと出てきてくれたら・・・サイコーなんですけどねぇ。^^;
もう、母子手帳にも「早産」って書かれないから、安心してアタマ下にして、降りておいでー!と、言うだけ言ってみてます。
しつこいやつだなーと思われそうですけど。

・・・・まぁ、どのみちどこから産んでも、出産は痛いのだ!
思うに、早く我が子に会いたい気持ちが募る一方で、単に出産が現実的に近くなって、痛いのが怖いよーと震えているに過ぎないのかもしれません。。
あんまり深く考えすぎないようにします。(無理だと思うけど。)

周囲が皆、本当に楽しみにしてくれている出産ですけれど、とりわけ祖母の嬉しそうな顔は、会うたびに「そうだ、出産は楽しみなはずだった!」と思わせてもらっています。
キョーコチャンがお母さんになるんだもんねぇ・・・・!と、満面の笑みで呟く祖母を見ると、、、アノォ、、、決して若い出産じゃないんだけど^^;と、ちょっと気恥ずかしくなるものの、祖母の孫の中では私が一番下の子であったということが、どうも「いつまでたっても小さい(・・・小さかないだろ!?)」というイメージがあるそうで。
ちなみに数年前、三十路の大台に乗った時、「そろそろ結婚とか・・・しないのかな?」と祖母に聞かれた母が、「そうねぇ、30になったしねぇ~」と答えたら、本気でショックを受けて驚きまくっていたそうで。笑
イメージって言うのは、数字より遥かに頑強なものなんですねぇ。姉と年子なのに。笑
そんな祖母が、本当に本当に嬉しそうで、楽しみにしているようで、いつも「最後のひと頑張りだよ~!」とガッツポーズを作ってくれるので、頑張らねばー!

祖母があまりにも「ピアノが胎教に最高だってね!」と言うので、実は私が弾くと、しぃーんとしていて、なんかウケ悪いんだよね・・・と話したのですが、本当にこの人はピアノ弾くと静まり返ります。笑
もっと喜んでくれたら嬉しいんですけど、ぴたっと動きが止まることもあり、なにか、、、ワタシの演奏に不満があるんだろうか??
ちなみに、食べると思いっきり動き始めます。歓びを全身で表わしているようです。。。

そんな、「食べると中でうごめく」時間も、もう残り僅かとなってきた、本日の晩御飯は「夏野菜カレー」!

a0126929_23957.jpg


夏はやっぱりカレーだな!ということで、完全オーガニックカレーでございます。
ルーはコスモの市販のを使っていますが、添加物ナシで胃もたれもしないので、普通に牛と玉葱とおじゃが、にんじんで前日に作ったのに、オーブン焼きした夏野菜をトッピング。
カレーはラクで美味しくていいな♪
オクラ、南瓜、ピーマン、トマトなどに混ざって、オットがお中元で頂いてきたダルマイヤのソーセージも、オリーブオイルと岩塩で焼いてトッピング。
ボイルして炒めたのとはまた違った、野性味のある美味しいソーセージになりました。

ちなみに、銅マグの中身は、最近ずーっと我が家のサブ冷蔵庫に常備されている炭酸水。
我が家的ペリエなのですけれど、これはcoop(生協)のただの炭酸水にレモン(イタリア産有機栽培レモン入り)」というもので、一缶50円。
200mlの小さな缶ですが、オットが深夜に帰宅したら(基本家ではお酒を飲まないので)、なんとなく炭酸水を飲み始めていたのを見て、500mlだとちょっと多いんですよねー。
ペリエの瓶でも、残すと気が抜けちゃうし。。
そんな時に、生協(そう、生協も近くにあります)でコレを見つけて、大量買いしておいたら、ノンカロリーだし飲みきれるしで、これはなかなかヒットです。ハイボールにする時も良さそう♪
二酸化炭素と有機レモンのみ、っていうのも安心だし、お近くに生協ある方には、是非オススメです?!(レモンなしもあります。)

こちら、いつぞやの朝。

a0126929_2321115.jpg


軽く野菜をっていうことで、、、、サラダがメインでも、ここまでテンコ盛りにすると、野菜攻めってな感じになりました。
[PR]
by pechopiano | 2010-07-11 23:07 | Comments(2)
まな板の上の妊婦
帝王切開の予定が組まれてからというものの、精神的にじたばたしています。
心の中で、「時期がくれば、頭を下にするに違いない」と思い込んでいたところがあり、臨月間近になった頃、にわかに不安になってきたものの、本当に最後まで逆子だとは思っていなかったのでた・・・。(T-T)

緊急帝王切開になるパターンも含めると、帝王切開自体、決して低い確率じゃないし、また陣痛で苦しんだ挙句の帝王切開よりは良いと理屈では思うものの(また、逆子が治ったとしても、緊急で切るパターンもあるわけだし)、どうにも残念な気持ちが捨てきれない自分が居ます。
もしかして、やむを得ない危険な事態だったり、苦しみの最中「もう、取り出してくれるなら腹切ってくれ~~!」という心境になっている時だったりした方が、すんなり受け入れられるのかもしれませんけど(汗)、逆子以外には何の問題もないと聞くと、余計に残念な気がしてしまうのです。
母子共に、病気ではないのに、医療行為されるのかぁ・・・・って。

・・・・我ながら、往生際悪すぎ。。^^;

ルパンの評判の高さは、一つにその「手術の腕の高さ」だと聞くし、もし自然分娩中に緊急で帝王切開になった場合は、その日の担当に切られてしまうけれど、予定だと彼がやってくれるわけだし、緊急でなければ(傷跡が目立たない)横カット(笑)をしてくれるらしいし、、、術後の母体にはしんどくとも、赤ちゃんにとっては最も安全な分娩方法だ・・・等と聞くと、納得材料には欠かないはずなのに・・・・、何故こんなにジタバタしているのだろうか??
自分でもとても不思議です。

一番優先することは、中の人の無事。
前期破水が起こって、臍帯が先に出てしまうようなことを考えたら、帝王切開なんて、なんてこともない!
無理に下から産もうとして、難産や、これまた中の人の心拍が低下してコワイことになったら、それこそ「最初から帝王切開すりゃヨカッタんだよ」となりそうなので、これまた、これよりは予定帝王切開の方がいい。
・・・・だけど、人間は欲が深くてねーーー。。。
どうして、こう、根拠のない自信に充ち溢れた人生なのか(トホ)、「安産体質かもしれなかったじゃん!」という、何の根拠ものない可能性を捨てきれないのですね。
無駄にポジティブって、こういう時厄介だな。

だから、一日の中でも気持ちが振り子のように、揺れ動いています。
胎動は相変わらず元気いっぱいで、時々「あれ?そういえば1時間くらい感じていないような??」と思ってポンポン・・とお腹を叩いてみると、寝起きなのか、しばらくしてから、同じ回数を「・・・ぽんぽんっ」て返してくれるのが可愛くて仕方がなく、「あ、寝てた?悪かったね?^^」と思いつつも、キックゲームは続くのであります。
そんな元気な動きを感じると、「いいや!お腹切ってもらって、サクッと出してもらっちゃお!」と、無事でいてくれることにホッとする一方で、あーまりにもぐにゅぐにゅと長時間動き回っているのを感じると、ついチョット頭らしき辺りをクッと押して、「ナゼにキミは、頭を下にしないのかね?え?」」と、問いただしたくなったり・・・。汗
(すると、手で抵抗される・・・。)

夏風邪が治りにくいのと同じように、夏は冷たいものを食べたり、意識して身体を冷やそうとするから、もしかしてやっぱり温めてみる?と思って、昨日は久しぶりに半身浴をしました。
・・・・しかしちなみに、「身体を温めて、万病のもととサヨナラ!」みたいのは、アレは殆ど迷信っていうくらい、根拠のないものだそうです。
特に、女性は温めることで、身体の機能が良くなるかのようなことが信じられていますが、、、自分の実感からしても、そんなこと全然関係ないかも。笑
妊娠した時も、別にカラダ温まっていなかったし、カフェイン祭りやっていたし、無謀な行動していたし・・・。^^;
確かにちょっと冷静に考えてもみればわかるのですけど、体温の範囲程度の上昇下降などで、身体の機能が変わる筈はなく、「変わる温度差」というのは、もっと大幅な数値だそうで。
なんか、血液型相性(?)のように、まことしやかに信じられている「体温を上げよう」信奉ですが、「低いよりは幾分マシ」程度に思う分には問題ないらしいのですけど・・・。

でも、藁にもすがる思いなので、一応やってみたわけです、そういうまやかしであっても。
お灸も、確かに動きます、足に二か所ツボがあって、そこにお灸を据えると「ごごごごご」と怖いくらい動きます。
けれど、頭を斜めにした時点で、必ず戻ってきまして、「そこに頭を置けない、なんらかの理由」があるんじゃないか、とすら思えるほど。
昨晩の半身浴の時も、段々頭が斜めになって(今現在は、ノーマル逆子の位置に落ち着いています)、時計で言うと「7時」くらいまでいったのに!!!
(そして、その時のお腹のカタチと言ったら・・・・、もう、そりゃ奇妙ですよ~~~、尖っているんです、ナナメに。笑)
この「最高記録位置」の時、お腹の張りもそうですが、なにより私も痛かった・・・・。それはなんだか奇妙な痛みで、不自然な感覚がして、その時(これまた証拠はないものの)証拠がない分、感覚の部分でハッキリと、「頭を下に出来ない、なにか理由なり、事情がありそうだな・・・」と確信。

へその緒が短すぎるだとか長すぎるだとか、絡まっているだとか(絡まっているのなんて、別に問題ないらしい)、色んなことが過りましたが、とにかく「無理だっちゅーねん!」といういびつなカタチのお腹の恰好を見て、これは待ってみたところで、下にはしないだろうなぁ・・・・なんて。
エコーで写らなくても、中には中の事情があるんだろうな。ここまで「動くのに、頭を下にだけはしない」っていうのは。

ということで、今は腹が据わってきました。
また、夕方になったら気持ちが変わってるかもしれませんけど!?
それにしても不思議だなーー!
つくづく、人間のカラダは不思議だ!
コントロール、出来ないことの方が、沢山あるのは、人生もカラダも同じようです。^^
でも、子供を持てることが一番の喜びなので、そこを忘れずに(忘れ得ないけど)出産に臨めたら、と、今はお腹の張りの様子を怖々見つつ、生徒さんのレッスンだけはギリギリまでこなしている日々デス。(出産前日の入院日までレッスンぎっしり。)
まぁでも、自分も納得して出産するために、やれるだけのことはやってみようと思います。愉しみながら・・・!

↓ 山形のっ!さくらんぼっ!!

a0126929_113291.jpg


オットのお母上が、またしても極上美味しいものを送って下さいまして!
赤いフルーツ好きですが、中でも「さくらんぼ」は、限りなく頂点にランクインなワタシ。
たーくさん送って下さったので、冷蔵庫から取り出す度に、金貨を数える悪代官のような表情で喜んでいます。
紀ノ国屋で箱詰めされているのより、、、美味しい。。。柔らかくて大粒で、、、日本のさくらんぼや、びわなんかもそうですけど、控えめで上品な甘みがたまらなく好きです。

こちらは数日前の朝食。
残り物&野菜と豚肉の味噌炒めやら、マッシュルームのポタージュやらで。

a0126929_1135954.jpg


こちら今朝。
たまには、冷たいおうどん…と思いまして、ネバネバがそんなに好きならば・・・・と、湯通ししたなめこ、刻んだめかぶ、ひき割り納豆、塩もみキュウリ、叩いた梅の「ねばねば汁」で。笑

a0126929_1141915.jpg


昨日の貴重な晴れ間のお陰で、洗濯機本体をキレイにお掃除しました。
・・・・って、あんまり天気関係ないですけど、家電の掃除も晴れ間の方がやる気が起きるっていうことを知りまして。
ちなみに、洗濯機を購入した時、あえてドラム式にしませんでした。
乾燥機能を使う予定がないのと、留学中に散々使っていたので、特別にあのカタチに憧れ(?)はなく、それよりもあの腰を曲げて入れるスタイルにあまり馴染めなかったのでした。
最新式の洗濯機は、滝すすぎだの、超音波なんとかだの、すごそうな機能のお陰で、洗濯槽に無数の穴が空いてあって、裏側から水がシャワーのように飛び出たりするようでしたが、「これって、カビが生えやすいし、いちいち分解して洗えるのかな?」ということがすごーく気になったので、アライグマ性質としては、洗濯機本体の掃除をしやすいものを選びました。

それでも、この季節になるとごみ取りネットの部分や、蓋の裏側などにはカビやヌルミが生えやすく、小汚い感じと匂いがしたので、熱めのお湯で酵素系漂白剤と洗濯石鹸を入れてガーガー回す傍らで、取れる部品は全部とって漂白殺菌&たわしでゴシゴシ。
お陰で、パリっと乾いた布団カバーも、いつもよりキモチ良かったです♪これで安心して、生まれたての赤ん坊の肌着も洗えるかな。^^
[PR]
by pechopiano | 2010-07-09 11:05 | Comments(0)
臨月事情
明け方、軽やかに走っている夢を見ました。
自分の姿は、現実と同じくお腹がぽんぽこなんですけど、「あれぇ?!そういえば、走っちゃったりして、いけないよねぇ?!」とかなんとか言いながら、実に爽やかに、走り抜けている自分の笑顔を、頭の奥でぼんやり眺めながら目が覚めました。

臨月に入りました。

しんどい・・・・。笑
重いのよ、カラダが~~・・・・って、そりゃそうですよね、容易に想像つくことなんですけど、それにしても自分のカラダが自分のものではなくなって、着ぐるみモサモサ気分です。
着ぐるみ、着たことないけれど。
そして、「漠然と」食欲がありません。ないっていうか、ナニ食べてもあんまり「面白く」ないんですよねぇ。。。
これは人によるのか、それとも単なる季節のせいなのか、冷たいもの(スイカとかシャーベットとか)ばかり食べたくなって、アイスとか、ヨーグルトにフルーツカクテル混ぜたものばかり欲しています。
胃を冷やすと、逆子が治らないってきくので、この蒸し暑い中、靴下履いて自家製ジンジャーエキスをホットで啜ったりもしていますけれど、そんなちょっとしたことで治るような逆子じゃない気配。
数日前に、ちょっと蹴る位置が変わってきたな?と思ったけれど、今朝からはまたどっぷり横たわっているのが実感できます。^^;

何を食べたいかっていうと、水分の多いフルーツ・・・・しか思い当たらないので、初めて料理が苦痛になっています。
今までずっと、人生の大いなる気晴らしだった料理ですけど、これって食欲あってこそ、なんだろうな。(当然か。)
まぁ、人生のほんの限られた一瞬の出来事だと思って、傍観するしかありません。
そんな折、近くの八百屋さんが、今年も始めました「桃、半箱(13個)¥680」の大サービス!!

a0126929_1911329.jpg


少し小振りですけれど、とっても甘いのです!
つわりがなかった代りに、後期になって少々胃もたれ気味のワタシに、タイムリーなことです♪
冷やして食べたいところを、一応逆子願掛け(?)として、常温で次々平らげていますけれど、冷やさない方が果実の甘みをジュッと感じられて、それはそれで美味しい♪
そして、「お金はあるところに集まってくる」・・・と、桃も同様だったらしく、週末にチラリと友人が遊びに来てくれたのですが、桃を持ってきてくれました。笑

a0126929_1912917.jpg


「生まれる前後を見届けないと!」とか言って、臨月妊婦の写真を携帯に収める友人。笑
そういえば、お腹が大きくなってから、どこかへイベント的に泊まりに行ったり、出かけたりしていないので、大きなお腹の写真っていうのはないのですけど、他からも「今の姿の写真送って」と言われたり、「陣痛始まったら、私には必ずメールしてね」だとか(笑)、周囲の斬新な感受性に結構驚いています。
マタニティの姿って、いつから記念に撮ることになったのだろう?!笑
でも、そう言われてみたら、折角だからコソッと撮っておくかな?と思ったり。(もともと、あんまり「人物」の写真や、旅先での写真にも、興味がない方で・・・。^^;)

そして、時々ちょっと鬱々とするのは、要するに「退屈」なんですねぇ、これまた。笑
電車に乗らないで過ごす日々っていうのも、ここへきて長期戦になってきたので、毎日変わり映えしない風景を見ているようで、飽きてきたというか。
あんまり料理をする気にならない、かと言って掃除は身体を動かすからほどほどに、基本、徒歩か車でサッと移動できる範囲まで、外食も(最後の最後で妊娠中毒症などにならないように)芳しくない、友達とも・・・会っていなかった(ということに、友人が来てくれて気がついた)、ペダルを踏むとお腹が張ってくるので、練習もほどほどに、そしてカラダが重い、季節は梅雨・・・・となってくると、いよいよ「飽きた」という語録に辿り着くわけです。。。たは。(6 ̄  ̄)ポリポリ

そうなってくると、帝王切開の恐怖はあるものの、早く取り出してもらって、早く会いたい~~~!という気持ちも募るわけで!
早目に出産すれば、それだけ早く体力も回復するわけだし、幸い大きさはもう十分育っているようなので、恐らくあと数日でこの世に誕生させられるようです。
どうしよっかなぁ~~~~。
少しでも待って、逆子が治る可能性(は、遅くなればなるほど少なくはなるものの)と、デッドライン延長を重視するか、はたまた万が一に備えて、安全第一でもう出して貰うべきか・・・・。
「この日まで待って」と説き伏せた前回検診でしたが、今になって気持ちが揺れ動いております。

サテ。
週末の夕方から、姉夫婦が実家に来ていたので、私と(遅れて)オットも参戦。
別に「皆で集まろう」というほどの会ではなく、「オネーチャントコ来るから、夕ご飯来る?」みたいな誘いを受けて、気晴らしに行ってきました。

a0126929_1914419.jpg


お酒が入って、ますますマシンガントークな姉に、少々(大分)疲れましたけれど、皆でワイワイと楽しかった♪
姉と姉旦那さんは、オットのことが大好きらしく(私も姉旦那さんのことは、とても好きなんですけど・・・っていうか、よくぞ姉と結婚してくれた!と、その無謀とも言える勇気ある決断に拍手喝采&感謝なんですけど)、私が来るかどうかよりも、私のオットが来るかどうかが大事らしい。汗
姉にも、「今度会う時は、もうこのお腹はしぼんで、赤ちゃんがいるのだねー!」と言われ、なんとなくあっという間の妊娠期間だったなぁと振り返る(にはまだ早い)。
妊娠期間は一年弱という長丁場ですけど、月日が経つのはあっという間のようです。

↓ やる気のないパン。

a0126929_19151774.jpg


ホシノ酵母がそろそろ元気がなくなってきそうだったので、慌てて「焼いておいた」といった、ポジティブでない理由で焼かれたパンです。
一次発酵後のベンチタイムの後、成形していたらお腹がしんどくなったので、途中で放置してそのまま2時発酵。
この季節、あっという間に膨らみましたけど、自分用だし、まぁ食べられればいい、食べられれば・・・と、形を整えないでそのままオーブンへ。汗
せめてもの償いに、バターは発酵バターを使って、牛乳の代りに豆乳、砂糖ではなくハチミツ・・・と、ちょっとだけ凝った甲斐あってか、柔らかくてすごく美味しかったのが、意外!?
子育ても同様に、「まぁ、生まれてくりゃぁいい、元気にこの世に居てさえくれれば」くらいの心構えでいれば、案外すくすく育つかしらね?

↓ 昨日の昼に、テレビで「ロコモコ丼」を見たオットが、「なにこれ?」と興味を持っていたので、晩御飯はロコモコにしました。
テレビのレシピは完全無視して、ロコモコと言えば・・・と思ったアボカドや、レタス、簡素なグレービーソースで平たいお皿に乗せましたら、「・・・・なんか、イメージと違う」と呟いていましたけれど、そんなこと、構うもんですか。臨月よ、あたしはっ。
インゲンやら人参やら、豆やら、キュウリやら・・・・色々入れたサラダと、今朝の為に作った切干大根の煮物も、「ヨカッタラドウゾ」と、野田琺瑯に詰めてそのまま出すという、「食べられりゃいいでしょ」的、晩御飯食卓!?^^;

a0126929_19161681.jpg


ちなみに朝は、オクラ、漬けマグロ入り納豆、とろろ芋の、「ねばねば丼」でした。
・・・・結局男性は、なんのひねりもなくとも、こういう醤油味が好きですね。笑

a0126929_1916428.jpg

[PR]
by pechopiano | 2010-07-05 19:16 | Comments(0)
もう・・・・食べられません(あんまりたくさんは)
2,3日ほど前から、お風呂上りにコオロギらしき鳴き声が聞こえてきて、「風流だわ~♪・・・・でも、早すぎないか?まだ夏もこれからだよ?」と思っていたのですが、ずっと玄関の外で鳴いていると思っていたソイツは、どうやら室内に生息しているらしい、ということが判明し、風流が一瞬にして脅威に変わりました。
・・・・頼むから、出てってくれ。
(グリーンのプランツが多いからかなぁ?)
決まって、お風呂上りの時間帯に、妊娠線予防オイルを塗り込めていると、ドアを隔てたレッスン室から、リ~ン・・リィ~~ン・・・・と。
洗面所のドアを開けて、音の方へ近づいていくと、ある程度の地点で「り・・・」とピタリと鳴きやみます。
敵にはワタシの動きが見えているとみた。早いとこ、撤退して頂きたく。。。

最近は、もう、本当に身体が重たいのと、心配なのと(逆子なので、前期破水されたら大変)で、おっかなびっくり生活しています。
夜のお腹の張りがすごい。。。
これはこの時期特有らしいので、あまり心配いらないらしいのですけれど、何せ切迫早産前科者なので、退院後は過敏になってます。
もともと、心配しだすととことん心配性なので、今あまり良くない精神状況にいると自覚してますけど、考え出したら全部が心配。
あと少しの妊娠期間ですが、産む怖さよりも、「早く出して安心したい」という気持ちが大きくなってきましたー!

そして、今朝は「うひいっ!」と飛び上がるような、ヒステリックな「引っ掻き系胎動」で、明け方起こされまして・・・、段々中の人も窮屈になってきたと思われ、うっかり中の人の手の部分に、全体重をかけてしまっているような体勢になると、おもいーーーっきり押し返されて、攻撃されてます。^^;
いーたいのなんのって、そりゃもうビックリです!
完全に侵略されてます、っていう感触。

そんな臨月カウントダウンなワタシの食べ物と言ったら、、、
ついに単品食べに突入です。(色々、入らない。胃が圧迫されてます。)

↓ 買い物にもろくすっぽ行けない逆子妊婦なので、今朝は、色々ちょこちょこ残っている野菜整頓のために、大量の野菜炒めと、冷たい細うどん(に、先日の野菜味噌を温めて)。
野菜炒めは殆どオット用というくらい、こんな少しをちゅるっとやったら、もう満腹になってしまう、なんてカワイイ私の胃袋。

a0126929_22113248.jpg


↓そして、単品食べはフレンチトーストやらパンケーキやらの甘い粉物を欲していまして、一日のどこかで必ず食べたくなります。
野菜も・・・と煮込みを置いたが、結局食べられず。

a0126929_22115320.jpg


↓ ついに今日なんて、昼はお中元に頂いた、立派な巨峰を冷やしておいたので、葡萄だけ。全然関係ないけど、「葡萄」という漢字が好きです。

a0126929_22121463.jpg



また・・・・大食いに復帰出来る日はくるのだろうか・・・と、ちょっと寂しい今日この頃です。笑
[PR]
by pechopiano | 2010-07-01 22:12 | Comments(4)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧