ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ばたばた
晩秋を、どったんばったんしながら駆け抜け中。

子供が出来ると、口々に「忙しいでしょ?」と聞かれるのですが、確かに忙しいんですけど、なんていうか覚悟(?)はしていたので、とても想定内。というか、思っていたほど大変ではないのですが^^;、時間がないのはもちろん間違いなく。
ということで、写真が溜まったのでキロク的日記。

まず、手洗いシンクが新しくなりましたー。わー嬉しい!

a0126929_11332384.jpg

a0126929_11343167.jpg

こんな薄型なんですヨ。
そりゃ、既製品にあるまじきサイズだろうよ、っていうことを、とりつけてみて改めて実感。
でも、使いやす~~い!
靴下重ね履きする前から、靴下大好きニンゲンなので、この季節特に手洗いする大事な靴下ちゃんたちが、心おきなくお洗濯可能になりました。
ネットも取り付けられるので、雑巾がけのゴミも排水パイプに詰まりません。やった!

そして、その日は2Fの工事も同時に入っていたので、夕方までムスメと実家に避難。
紅葉の美しい並木道を経由して、ゆいが確か、今日はここだったな~とお茶を水筒に詰めて、ベビーカー押してホッコリ紅葉見物しながら、焼きたてのたい焼きを頬張りました。
何回か前の紅葉の季節、一人でこの道を歩いていて、なんとなく(子供好きなので)「いつか、ベビーカー押しながら、ここで赤ちゃんと紅葉見ながらお茶とか出来る日がくるかな?」と思ったことを思い出し、自分の記憶の中に描いた図の中に佇んでいるような、デジャビュのような感覚を覚えた、不思議な秋の心の風景。

a0126929_1145524.jpg

a0126929_11463940.jpg


そして、そんなスープが常備されているこの季節、ブイヨンをとるためのブツを購入。

a0126929_11485647.jpg


昔は、こういうものを入手するために、ある程度必要なもののリストがあがったら、合羽橋に出向いていたものでしたが、今はそういうワケにはいかないかわりに、インターネットでぽちっと買えてしまう(しかも最安値を椅子の上で探せる)、便利な時代。
送料も、交通費を考えれば・・・と思いきや、結構送料無料キャンペーンなんていうものをやっているので、それを利用したりすると、、、合羽橋も痛いだろうなぁ・・と思うほど便利。
私が時々利用する厨房器具を扱うお店で、1000円もしなかったです。
これを使って、美味しいスープストックが手軽にとれるようになったので、嬉しい限りです。
(後ろのカゴは、我が家で哺乳瓶を使うことはもうないので、季節の果物入れとなりました♪)

週末は、幼馴染の結婚式。
記憶の一番古いあたりから、既に家族同然で育ってきた幼馴染一家なので、この結婚は親戚のように嬉しくて嬉しくて!
ムスメも明治記念館デビューということで、友人から譲ってもらった、素敵な手編みの真っ白いニットと、海外ブランドのベビー服で精いっぱいのオシャレ。
・・・フと、前日の夜中に「・・・あたし、、、で、何・・・着よう??」と、自分のことを考えていなくて焦った。。
授乳中は、ワンピースだと厳しいので、考え出すと結構大変。

盛大な式で、招待客の中には副官房長官までいらしていたので、私は思わずR(ムスメ)を抱っこして、写真撮ってもらおうかな~と、ミーハー魂サクレツで隣席の母にコソッと話すと、恥ずかしいからヤメロと一蹴され、諦めました。。。ムスメの良い記念になると思ったのになー。笑
(ちなみに、従姉妹が故ダイアナ妃と写っている写真が、まだ後生大事にワタシの手元にあります。結構ミーハー?!)
そして、親ばかながら、本当に良い子だった、我がムスメ。
大宴会場の大勢の拍手に、一瞬顔を歪めたり、泣きそうになったものの、背中をトントンしたり、膝抱っこであやしたりしているうちに、借りたベビーベットで眠ったり、ついに一声も発せずに式は終了!
えーらいっ!!
一声でもあげそうになったら、即出る体制で腰かけていましたが、幼馴染の晴れの式を邪魔することなく、じいっと見つめていました。一丁前に。笑

こちら、昨日突然思い立って焼いた、なかしましほさんのオーガニックレシピをアレンジしたビスケット。↓

a0126929_121479.jpg


我が家から徒歩圏内にある、なかしまさんのアトリエでも一番人気だという「キャラメルナッツクッキー」、私はナッツがダメなので(吹き出物がでる)、でも美味しそうだなーと思ったので、バナナチップをキャラメリゼしたものを挟むことにしました。
てんさい糖となたね油でキャラメリゼしたバナナチップも、カリカリで香ばしく、荒熱をとったら瓶に詰めて、これから数日楽しめそう。^^

ムスメがお腹の中にいるとき、なるべく身体に優しいものを・・・と、せっせせっせと作っていた(から13キロ太った)オーガニックお菓子です。
まさか、こんなに早くそんなことする余裕が復活するとは思っていませんでしたが、生地を捏ねる私の横で、ブラウン管の中のピーコに釘付けになっていた隙に、ぱぱぱっと焼きました。
今思えば、ですけど、お腹の中にいたときより、目に見えて授乳してゴクゴク飲まれている今の方が、よっぽど食べ物に気を使う必要があるような・・・。
なのに、キットカットとかむさぼり食べてごめんねーと、反省してこさえたワケです。汗

だけど、珈琲は解禁。(甚だ都合のよい習性。)
オットの朝の珈琲を、ちょっと多めに淹れて、家事がひと段落したらカフェラテでティータイム。

a0126929_1254284.jpg


オマケ↓

a0126929_1292732.jpg


我が家は「プラスdo」というステンレスのガスコンロなのですが、こちらにダッチオーブンが付いていたのを、「生活が落ち着いたら使おう」と思った結婚当初・・・でしたが、随分たってからそうだったよと思い出し、頂きものの立派なベーコンのブロックがあったので、おじゃがと、オット実家からラッピングの飾りとして頂いたローズマリーで焼いてみました。
もう、、、おじゃがが別のものになっていました・・・!!!
ホックリなのは当たり前で、ネットリというか、濃厚なケーキのような甘みを含んだ美味しさ!
恐るべし、ダッチオーブン。(翌日は、焼き芋にしました。)

今日は、大阪からViolinist友人がムスメに会いに来てくれます。
たのしみー!^^
[PR]
by pechopiano | 2010-11-29 12:10 | Comments(0)
見つけた!
子供ネタですけれど。

「手をみつける」っていうセンテンスを育児書の類で聞いたことはあったのですけど、「手を…見つける?」・・・見つけているといえば、見つけているのでは?と、ムスメがおしゃぶりをするようになってから、そのように解釈していましたけど、違いました!
それは突然、そう、はっきりと「みつける」のです!!

数日前のこと、フッと(多分、丁度その初めてのタイミングを見たと思う)手を宙にかざしたムスメ。
じいぃっっ・・・・と、その手を見つめている。
不思議そうに、興味深そうに、ずっと手を宙にかざして、ひたすら眺めているではないか!

その日は一日中、そして翌日も翌々日も、同じように振り返れば手を宙にかざして、くるくると回したり、動かしたりして、初めて自分の意の通りに動くというパーツを認識したようです。
すっごく、面白い!!!
そして、暇さえあれば(って、基本ずっとヒマなはずですケド)手を伸ばして、すっごく嬉しそうに身体をよじらせて笑ったり、手に話しかけたり。笑
自分のものだってわかったみたいで、私が近づくと、私の方にも手を出して、嬉しそうにちょっと誇らしげに見せてくれます。^^

自分の手に一生懸命話しかけて笑っている姿なんて、可笑しくて仕方がなくて、生徒さんのお母様が「この子(現在小6)の赤ちゃんの頃の写真は沢山あるけれど、声と動画が残っていないから、ビデオを撮っておくんだった!と思っています」とおっしゃっていた言葉、最近本当にそうだな~と思ったり。
今までは、生徒さんの発表会の時、私たちの子供の頃と違い、フと客席を見ると、、、こちらを熱心にのぞくレンズばかりなのを、内心苦々しく思っていました。
レンズ越しではなく、生の目で、耳にも集中して、我が子の演奏に気持ちを傾けて欲しいものだと。
でも今は、その気持ちもわからんではない、と思うのです。
親になってみないと、親っていうものの気持ちはわからんですな。^^;

で、この記念すべき瞬間は、もう二度と訪れないのだと思うと、すかさず・・・デジカメに申し訳程度の動画が撮れることを思い出し、ムスメに気付かれないよう、床を這って撮影。
・・・しかし途中でフッと気付かれまして、「アラ?ナニしてんの?!」的な視線を向けられること、2度ほど。
親って、ほんと、バカかも。^^;

↓ 日が暮れても、ずっと「見つけたのー」をやっているムスメ。
(この頃、まさにリビングの模様替え&整頓中にて、大変なことになってますが・・・^^;)

a0126929_10253526.jpg


そして、断捨離の方は、燃えるごみの日と燃えないごみの日を2度ほど待って、ほぼ完了に近づいてきました。
とりあえず、ごちゃごちゃしていたリビングの収納のところは、寝ているムスメの頭上で、「音を一切たてないようにして」テレビを持ち上げたり移動するのは、かなりの重労働でした。
フンヌッっていう掛け声すら出してはならんので(結構、起きないタイプのムスメですけど)、そおっと抜き足差し足模様替えっていうのは、初めての体験でありました。
重たいものを音を立てずにやるっていうのは、何倍もの力を使いますねぇ・・・。

収納に使っていた(これまたステンレス製の)キャスターワゴン、部屋の中へ進出しました。
a0126929_1054327.jpg


狭いので、なるべく置きたくはなかったのですが、どーーう頑張っても、無理ってことで。汗
だけど、それこそキッチン動線としてはベストの位置。
今までオーブントースターだけはキッチンの逆にあったので、パンを焼くのに部屋を横断していたので。(横断っていうほど広くはないが。)
キッチンのものが、シンクとコンロの周囲に結集したので、使い勝手は良いです。

一方、リビングの棚がなくなることに、寂しさを覚えているらしいオットですが(笑)、仕方ありません。スペースがないんですから。
2人(3人)の家だから、私の独断だけで遂行するわけにはいかないけれど、今はムスメとベッタリで、ここで過ごす時間が多い私が考えた末の策なので、納得してくれたようです。
棚が取っ払われるのは、明後日。
それに合わせて、というか、こちらに合わせたのですけれど、明日洗面シンクが届きます。

・・・・これは、私の理由で換えるものなので、オットにほぼ相談なく、その代りに、自腹で。汗
というのは、この家をリノベーションした際、細部まで(ドアノブに至るまで)こだわったけれども、予算っちゅーものもあったので、妥協した部分もあったわけで。
それが、2Fの洗面台。
好みの範疇で妥協したのですけど、琺瑯の洗面台、思いっきり安いものにしました。
1Fのお風呂場横の洗面台は「理科実験室」で使われる、浅くて広い家庭用ではない洗面台にしまして、広くて使いやすく、ムスメの沐浴もこなせたし、ここは満足。
ここがあれば、2Fは恐らく手洗いだけになるから・・・と、安い琺瑯の丸型にして、スペースがとてもなかったこともあって、とにかく適当なのを設置したら、真逆の結果に。

こここそが、家事動線的に、最も使う洗面台になったのでした。。。
まず、ランドリールームと呼んでいる洗濯機&トイレ部屋と、2Fリビングの真ん中に位置するここは、思ったよりも大分手洗いが多い私の洗濯ものを洗うには、浅すぎて狭すぎて、飛び散って使いにくく。
更に、雑巾がけを4Fテラス部分に向かう階段から、1Fまでがーっと掛ける時、1Fの洗面台よりも中間地点のここで雑巾をこまめに洗いたい。
そして、2Fのリビングはこまめに日に何度か(特にこれから)雑巾を掛けると言うのに、いつも迷って・・・下の洗面台に行ったり、使いにくいけれどここで雑巾を洗っては、、、ゴミをつまらせないよう流しと格闘したり。

布オムツ断念も、ここがあまりにも使えない洗面台だったから、というのも一つの理由で。
少し前、ちょっとオムツかぶれのようなぽつぽつが出てきて、思い当たったのが「オムツ拭き」。
合成界面活性剤の入った洗剤類は排除していますが、オムツ拭きは普通のものを使用していました。一般に売られているオムツ拭きは、エデト塩酸やら香料やら、少ないものを選んでも、何かしらの化学薬品は入っていて、しょっちゅう拭いていればそれなりに刺激になるのです。赤ん坊の肌には。(なんで、合成のものばかり作るんだろうなーと、不思議です、日本の業者は。)

そこで、ムスメにたーくさん頂いたガーゼのハンカチを、全部フルに使っても使いきれないほどあったので、何枚かをオムツ拭きとして使うことにしました。
丁度、寒くなってきたから、冷たいおしりふきだと可哀そうだな、と思っていたところだったので、その都度熱めのお湯にくぐらせて、ギュッと絞った「おしぼり」で、ムスメのお尻を拭ってあげると、なんとも気持ち良さそう。笑
使う都度、我が家の給湯は60度の高温に設定してあるので、熱いお湯と石鹸で手洗いし、夜眠る前に熱湯で殺菌消毒して、翌朝洗濯機に入れます。
そして、オムツ被れ、なんと一発で治りました!

それかて、この洗面台でやっているので、もう、この際直そうと!
これは、完全に最初の選択ミスだったと、反省。安物は、やっぱり駄目です。。。
(排水溝に、そのままゴミが流れてしまう作りになっていて、ゴミ受けをつけられないので、本当に手を洗うしか用途をなさなかった。。。網をつけようにも、何故か金具が盛り上がっているので、網をかぶせるしかなく、これも苦肉の策でしばらくやっていましたが、全然だめでした。)

で、やっぱりこういう一風変わった家には、きちんとオーダーがいい。
横浜の板金屋で頼みたいが、、、一体幾らになるのかコワイので、大阪の業者に頼みました。
もちろん、ステンレスSUS304ヘアライン仕上げです。(って、オタクにしかわからない業者言葉でスミマセン。。。)

独り暮らしをオランダで始めて以来、多岐にわたって暮らしの道具を体験してきましたが、私はステンレス(SUS304)が大好きです。
作りつけのシステムキッチンのような、樹脂は便利だと思うけれど、プラスチックのおもちゃみたいで好きになれず、ステンレスっていうのは最新の樹脂製よりも傷も付きますが、その味わいが好きです。
味って、なにも木目だけが宿すものではなく、長年美味しいものを生み出してきた店の、ピカピカに磨かれたステンレスの厨房なんて、ものすごくカッコイイと思う。
使っていると、金属だけれど、温かみがあるなぁ…と感じています。

・・・・っていうことで、ステンレスシンクが届いたら、翌日ここと収納庫工事が入るので、また写真を載せます!?

そーれにしても。

手がかからない子だ。笑

一姫二太郎と言われるように、女の子は手がかからないと聞きますが、本当に。
さっきまで1人で手で遊んでましたけど、今はスヤスヤいつの間にか寝ています。
先日なんて、模様替えしていてずっとそばにいたからか、特に構わなくてもご機嫌で1人お喋りをしていて、夜眠る時「・・・・そういえば、この子今日、一度も泣いてない!」ということに気がついた!
お腹が空いても、まずは「う~ん、ごにょごにょ」っていうぐずり方なので、その時点で栄養補給すると泣かないし、夜はお布団に連れて行くと、全くぐずらずニコニコ笑って眠りにつきます。笑
しかも、最近は夜は通して7時間くらい眠るようになったので、私もムスメに合わせて一緒に眠れた日なんて、疲れは全く溜まらないでスッキリ目覚めるし、子育てストレス、ゼロかも。
・・・・動き出したら、そうはいかないですよ~~~と、口々に言われてますから、甘く考えてはイカンけど、、、にしても、ゴキゲンベビーなようです。

ゴハンのキロク。

a0126929_10232810.jpg

今日は、つきたてお餅のお雑煮♪オットの好物です。^^
筑前煮はこれで最後。

こちら、豆乳とハチミツの天然酵母パン。おやつに。
a0126929_10234846.jpg


ということで、HBほんとに大活躍。
買う時は、「モトとれるかなぁ?」なんて頭をよぎりましたけど、まだ一年経ってないけど、そろそろモトとれるかも?!っていうくらい、使わない日はないくらい。炊飯器よりよっぽど使っています。

以前より大分安全なパンが認知されて、天然酵母で国産小麦の美味しいパン屋さんも増えてきたけれど、値段はやはり高めなので、しょっちゅう買えばそれなりの出費になると思う。
まだ離乳食始まっていなくても、これだけ使うのだから、この子が大きくなってきたら、これは欠かせないアイテムだわ、と思うわけで。
小さな子供を抱えるお宅には、絶対オススメです!
パン屋、全く行かなくなりました。(当然、モチも買わなくなった。)しかも焼き立ての美味しさは、どんなお店よりも上!
[PR]
by pechopiano | 2010-11-24 10:26 | Comments(0)
子守りと籠りday
なんやかんやと忙しくなってきている、11月も末です。

今までは、外出も仕事もイベントも、極力控えていましたが、ムスメも4ヶ月になったことだし、段々と連れ出して世の空気に触れさせる範囲を広げてきており、また私自身も人と会ったり来てもらったり・・ということが増えてきました。
先日の検診では、ビックリするくらい沢山の赤ん坊が来ていて、本当にびっくり。
というのは、市の検診だったのですけれど、「7月生まれ」の第二回目だったのです。

二回に分けているというのに、35名。

・・・・どこが少子化?!って驚きました。
保健士さんいわく、何故か7月生まれだけ突出して多いらしいのですが、それにしても、この小さな市内だけで7月生まれベイビーが70名?!?!
そして期待していた「ママ友」は、出来ず!!
ざーんねーーーんっ!!!

というのも、市の保健センターにて、「育児相談」なるイベントが毎月開かれているらしく、そこに集っているママさんたちが、もう既にお友達同士らしく、「なんで皆話してるの??いつ知り合ったの??」と、キョロキョロしながら気後れするワタシの疑問の答えが、そこにあったのでした。
もちろん、私のように誰とも知り合いではなく、自分の子を抱っこしてニコニコしているだけのお母さんも沢山いましたが、保健士さんに「次回いらしてみては?」と提案されたので、そうすることにしました。同じ月齢のお友達、欲しいもの。

予め送られていた用紙の質問事項の中に、「首が据わっていますか」という項目があり、そこだけは「いいえ」に○しておいたのですが、見渡す限りの赤ん坊は、皆しっかりクッと首を支えていたり、首据わりの証のごとく、余裕の縦抱っこをされていたり(笑)、「うーん、Rも頑張れ~」と言い聞かせて順番を待っておりましたのに、いざ検診が始まったら、「アラ、お母さん、この子もう首据わってますよ」と言って貰いました。
え?まだちょっとグラグラするんですケド・・・と見せるも、一応据わっているうちに入るらしく、そう言われてみれば、そんな気もしてきた・・・という単純振りで、その晩から早速縦抱っこ。
わー、嬉しいなー、と、こういうちょっとしたことが、いちいち嬉しいのが子育てなのですねぇ。

にしても、すごく個人差があるのがこれくらいの月齢で、うちのムスメは小さめ(というか、小顔でスリム?!←親ばか発言)だけれど、もっと小さな子も居てちょっとホッ。
の反面、「そ~れ、絶対4ヶ月じゃないだろっ?!」とツッコミたくなるような、1歳くらいに見えるムッチリ大きな赤ちゃんもいて、おまけに腹ばいになってガッツリ首も持ち上げて、余裕の視線。笑
「ま、負けてる・・・完全に敗北だよ・・・」と、コソッとムスメに忠告し、何気なく縦抱っこして首が据わってるかのような姿勢をとる、今からこんなでは先が思いやられる母でありました。^^;
それにしても、当たり前とはいえ、それぞれいろーーーんな顔で、どの子もむちゃくちゃ可愛いんですけど、顔の造り一つとっても思うように、決して子供は「無色」では生まれてきませんね。
ギャンギャン泣いている子もいれば、きょとんとしていたり、明らかに神経質そうな子の隣には、転がされても顔色一つ変えない子あり・・・と、面白かった~!
母子共に、早くお友達が欲しいものです。

で。
こんな雨の晩秋には。

家に籠って大掃除などしてるに限る!

食材も沢山あるし、今日はレッスンもないので、リノベーションに向けてちょこちょこ整頓しているところを、追い込み作業です。
ここ↓を、ムスメのスペースにしようと思って。一畳くらいのスペースですが。

a0126929_11354157.jpg


一畳のスペース、もとは押入れだったので、大容量の収納として使っていましたが、どう考えても今のリビングにムスメの居場所を作るには、ここしかなく。
今までは、ハイローラックでじっと寝かせていれば良かったけれど、もう寝返りうちそうな動きをしだし、更に同じ視線で遊ぶのには、床面に横たわれるスペースが欲しい。
お昼寝の布団かて、この狭いリビングに敷くわけには到底行かず、今後、レッスンの時必ずしも親に預けられない時も出てくると思うので、ここに柵をつけて出ないように出来る場所が欲しくて。
これから、その保健センターに行ったりして、徐々にママ友が出来てくれば家の行き来が当然出来てくるだろうし、おもちゃで遊び始めるもの、あっという間。
広いリビングならいざ知らず、大人が数名入ったらいっぱいいっぱいになるリビングに、常に子供のおもちゃが散乱している状態になったら・・・・
・・・間違いなく私が発狂します。

毎日、眠る前に「モノはあるべきところに仕舞われていて、スッキリしている」ように、リセットしないと眠れないタチなのです。
でもどうしたって子供のおもちゃが散乱する時期は来るだろうから、この一畳スペースに限って、ムスメの好きにしていい・・・っていう場所を確保しないと、イライライライラしそうで・・・。^^;
ま、ムスメも理解できる頃になれば、「自分のここは好きにしていいけれど、他はきちっと整頓していなくてはいけない」と分からせる、良いけじめになるかな?
私は昔から家が散らかっていると言う状態が、最も苦手で、子供をもって小さな家で心地よく暮らすには、その都度頭をひねって形を柔軟に変えていかないと、心地よい暮らしが成り立ちません。
いくら小さな子がいるとしても、リビングに堂々とお昼寝布団を敷いているようでは、私は満足して暮らせない・・・っていうことで、断捨離断捨離。

1のところには、ゴミ袋類を仕舞っていましたが、これはランドリースペースに移動。
2は、出しておいて美しくはないキッチン道具(HBのお餅つき用器具だとか)や、タンブラーがあったのを整頓。(この上の、扉がついているところへ。)
3は、頂き物のお茶類。・・・お茶って、結局自分の好みのものを購入して飲むハメになるので、全然消費されないために、思い切って処分。・・・と同時に、自分も贔屓にしているからって、人にお茶類を贈るのを今後やめようと決心。。。
4が、一番の大容量だったので(奥行きかなりあります)頭をひねったのですが、乾物類。食品庫です。昆布や鰹、干し椎茸、素麺やパスタ、瓶物や調味料のストック。なるべく持たないようにしていますけれど、やっぱり溜まっていくのですね。丁度良い整頓になりました。

で、食品庫や、ランチョンマットなど、どうしたかと言うと・・・・

a0126929_1136971.jpg

ソファ下にピッチリ入るよう、箱をミリ単位でオーダー。

幼馴染に頼もうかな?と思ったのですが、彼は今忙しそうだし、、、とインターネットで格安のところをみつけまして。
何度も採寸して、キャスターをつけてもらいました。
桐の箱で軽くて通気性も良く、ソファは奥行きがあるので、かーなり入ります。浅いですけれど、かえって食品は迷子にならず、在庫がクリアーになりました。
こんな感じにコロコロと引き出せまして、我ながらあまりのピッタリさに喜んでます。
しばらくは、このまま桐の色にして、経年で汚れてきたら、手前だけペイントしようかな。

a0126929_11363999.jpg


今日は一日、なるべく沢山手付かずのところを整頓してしまおうっと!
ちなみに、週に1,2度「全く何も買わない日」という無買dayをなんとなく心がけているのですが、今日はそんな日。
排出dayとも思っているのですが、暮らしのデトックスdayがあると、なんとなく気持ちもスッキリします。^^

↓ オットが!!ついに!!発掘!!笑
a0126929_11365936.jpg

a0126929_11372155.jpg


ということで、今朝は冷ややっこ登場。豆腐切っただけで、一品とは言えませんけど。笑
しかも、オットは「冷ややっこなら、自分は醤油で・・」って、買った本人は醤油をチョイスしてましたケド。
私の感想としては、こーーれは美味しいよ!上澄みをかけるんじゃなくて、ジャリジャリと交ぜて、ちゃんと具を乗せたら、本当に美味しかった。炊き立てゴハンに乗せて、まんまと桃屋の策略にはまりました。
筑前煮がまだまだお鍋にあるので、今日は煮物で過ごします。^^

↓ こちら、和定食?!なランチ。
a0126929_11373635.jpg


雑穀古代米入り胚芽米の焼きおむすびと、根菜と牛肉のしぐれ煮、そして天下市で食べたコンニャクが好きなので、こんにゃくもコトコト煮て、団子にして家事の片手間につまんでました。
[PR]
by pechopiano | 2010-11-22 11:37 | Comments(0)
言語注意報
確実に冬へと歩んでいるようです。

早いもので、明日でムスメは4ヶ月になります。
去年の丁度今頃、妊娠に気が付いた頃かなと思うと、これは逆に、長い一年というべきか、はるか昔のことのように感じます。
心身ともに、更に生活まるごとひっくるめて、間違いなく人生で最も変化の大きい一年だったので。

首据わり、あと一歩・・・・という状態が長く続いていて、なかなかハードルが高いのか、まだ完全には据わっていません。。。
小さめだったり、女の子は据わりやすいと聞いていたのですが、ウチのムスメは早くはなさそう。^^;
なるべく縦抱っこして、慣らせよう!と、最近椅子に腰かけて、膝に乗せて遊ぶ時間を増やしています。ハイローラックに寝かせた状態で、上から話しかけたり遊んだりすることが多かったので。

↓ 晩秋に似合う、大分後頭部が寂しくなった、万年係長・・・・のような哀愁漂う後ろ姿のオッサンぽさが、ワタシのお気に入り。笑

a0126929_1243462.jpg

正面は、目をぱっちり開いて、外を一生懸命眺めております。^^

なかなか「あと一息」からの歩みが停滞しているので、手を持ってゆっくり引きあげたり、うつ伏せにして頭を持ち上げる練習をさせているのですが、朝それを見たオットは、慌てて「わわわわーっ」とムスメの頭を下から支えて「補助補助!」と叫んでおるではないか。

・・・・・あの。。。

それじゃ、まったく意味ないんですケド・・・。


甘すぎる、といわんばかりの妻の冷めた視線を感じたオット、即座に「・・・・R(ムスメ)!ウチはきびちく育てるんだからなぁ!いいかぁ?きびちいんだぞぉ!?」

・・・・書きだしたらきりがないですが(笑)、とりあえず「さしすせそ」はほぼ全てタ行に変換されてます。

例: 仕事 → おちごと

と。
さも他人事のように書いてみましたが、先日ワタクシも生徒さんのレッスン中にフと気が緩み、演奏し終えた彼女に向かって、言ってしまった。

「あらっ、じょぉじゅねぇえ!?ちゅっごぉーく、じょぉじゅ、よぉ!」


絶句する13歳。


・・・・・はた?

って、我にかえる音が聞こえた気がしました。

子育て中、気の緩みは、口元の緩みに直結するようです。

さーて、これから市の検診っていうものに出かけて参ります!
ママ友出来ないかなーっ。
相変わらず、素敵な頂き物のお洋服の中から、ムスメのコーディネートをあれこれ楽しんで考え中。

ワタシの方は、以前買ったコートがぴったりで喜んでいます!
妊娠後期の頃、吉祥寺の伊勢丹が閉店セールをしていて、どんなもんかな?とちょっと覗いたら!
アクアスキュータムが「とってもセール」になっていて、真っ赤な7号のコートが3分の一ほどのお値段。

ボタンがアクセントになった、真っ赤なトレンチコートは、アクアスキュータムの上質さをそのままに、今まで抱いていたこのメーカーのイメージからは意外なほどの、柔らかくてキュートなコートで、次々とお客さんが手にしている。
一着しか残っておらず、店員さん曰く7号ゆえに残っている、ということだったので、私も試着。

「・・・きつ。」汗

しかし、普段ならば絶対7号ならば丁度良い筈だと思い、何度か徘徊の後、購入を決めました。
百貨店で買うのも、セールで買うのも、その日に決めるのも、私にとっては前後思い出せないくらい久し振りのことでしたが、絶対にこれを着られるようになるくらいに、体型戻すぞ!って、その時誓ったのでした。

で、停滞している1キロ・・・・、ムスメの首据わりと同じく、なーかなか先へ進まないのですけれど(汗)、でもその他はほぼ戻ったようで、袖を通したコートはピッタリだったので、今日は寒くなってきたしそれを着て行こうと、地味な検診に派手か??とちょいと思いつつも、ムスメとの出かける予定っていうことで楽しみに出かけてきます♪

↓ 手作りすりゃぁ、食べていいっていもんじゃあないんだよっ・・・と、1キロが申しておるようですが、チョコバナナパン。

a0126929_12412034.jpg


久々に酵母を起こしたので、ウェルダンになったバナナを入れて、甘いものを食べるよりはいいかな、と。

↓ゴハンのキロク。

a0126929_12414361.jpg


手作りサルサソースを使った、メキシカン肉団子入りのスープ。
オレガノの香りが食欲をそそるのですが、ブイヨンとして使った鶏挽肉を濾す道具が手元になく、かと言って漂白されているような出汁パックのようなものを使うのも嫌だったので、挽肉そのまま入れてしまいました。
が、やっぱり食感が邪魔したので、これだけスープをとるのだから、何かテを考えようと思いながら飲んだ、タバスコのきいたメキシカンスープでした♪
久々に、古代米入りの雑穀米に。焼きおにぎりが食べたくなって、残りは焼きおにぎりにしようと。
春雨の韓国風サラダと。

↓ スープアップ。

a0126929_12422062.jpg


この日は、ホシノ酵母のパンと共に。なんやかんやいじっても、天然酵母のはるゆたか食パンが、一番美味しいかも!

食卓も、磨きました。るんるん。

a0126929_12423553.jpg

[PR]
by pechopiano | 2010-11-19 12:44 | Comments(0)
冷え取り(前座)レポート
漸く、寒くなってきました。晩秋っていう感じに。
寒いのは苦手ですが、寒い季節は嫌いじゃなく、要は「寒いはずなのに温かい」ってのが好きで。

ということで!

靴下4枚履きに持ってこいの季節です♪
(以前日記に書きました、靴下4枚履き健康法(冷え取り健康法)を、日々遂行していたのですが、、、いかんせん暑く、またこのような気候で書くのも暑苦しいっていうことで、控えておりました。(?)
結果として・・・っていうか、結果も何もあったもんじゃなく、今後が結果なんですけれど、まぁ前座の結果としては、踵がすべすべになりました!?

というのは、絹の5本指靴下をまず履いて、次に綿、そしてまた絹の丸先靴下、綿の丸先靴下・・・と、絹と綿(いずれも、ポリなどが一切使用されていない、100%絹及び綿であることが大事)を交互に重ね履くのですが、肌に直接あたる部分が絹なので、シルクのアミノ酸によってこのような効果が…!

実はワタクシ、ここしばらく踵ガサゴソ女でありました。
妊娠後期以来、お腹が大きくなってくると、屈むのがしんどく、また屈むと中の人(今や我がムスメ)も苦しそうに蹴飛ばしてきたりしたので、踵のお手入れなど出来ませんでして。。。
冗談みたいですけど、臨月なんて靴下を履くのも大変で、通常靴下は前屈みになって履くものでありますが、背筋を反りかえらせて、足をひょいと持ち上げて被せるようにして履いていました。
そんなことを思い出せば、靴下4枚履き健康法だなんて、「あんときゃ~、考えられんかったねぇ・・・」と、遠い目になったりして。

で、晴れて丈夫な夏女が生まれたのですが、今度は今度で帝王切開の傷が痛くて、(最初は怖くて見たくなくて)下を向けなかったわけです。
季節は夏で、常に室内を裸足で歩いていたので、あっという間にカチコチになっていたのですけど、季節が落ち着いてきたら、今度は子育て忙しくて、踵の世話まで手が回らなかった・・・と(ローションパックは毎日しているんですけどねぇ^^;)、まぁ色々言い訳があって、とにかく放置していたのでしたが、あ~らフシギっていう感じに、踵のガサゴソが撤退しました。
絹って、すごいです。
妊娠中にデコルテ部分のくすみを発見し、絹のミトンを買ってお風呂でコシコシやっていましたが、それをそのまま顔に使うようになったら、あっという間に絹が破れて(解毒だとかナントカ)、その代わりに顔はつるんと剥けたように♪
こりゃいいぞ、と思って、ムスメの全身も、泡立てた無添加石鹸を、このミトンで泡々にして、一緒に母娘で洗ってます。^^

そして、靴下部分のみならず、今年はレギンス重ねばきもしてます。
とにかく、頭寒足熱っていうやつです。
シルク100%のレギンスの上に、カシミヤ100%を重ね着。

・・・・今まで暑かった~~~。汗

シルクのレギンスなんて書いてますけど、ま、商品名はスパッツなんですけど。実際には、股引あるいは猿股に近いってのが現実ですけど。
色はモカベージュっていうと聞こえはいいが、ラクダ色ですかねぇ。白を着られるようにって、インナーは肌に近い色の方が良いからですが、さすがに下半身なら黒でも良いかと、黒とラクダ色の2種類を何枚か。
カシミヤ100の方は、お高いので2枚しか持っていませんが、中を毎日洗濯するので、カシミヤの方は(洗いすぎると傷むし)時々手洗い。
でも、これで多分十分です。基本的に、靴下も下着も、毎日洗濯するのだから、3枚もあれば十分足りるということを知った最近です。

で、カシミヤの方は、とても寒かった日だけ履いていたのですが、今日からまた登場していまして、足元をくしゅくしゅさせてちょっと靴に被せるようにして履くと、ブーツより暖かい感じです。
シルクの薄い、さるまたチャンは、デニムの下にも履くようにしました。
冬のデニムは、ひんやりペタッと言う感じで、どうにも寒かったけれど、この薄いシルク一枚が肌の間に滑り込むだけで、なんて心地よいのだ!?というのが、この秋の発見です。
昔チェリストの師匠が「このデニム、裏地ついてて、シルクなんだよ」っておっしゃってて、洗濯どうすんですかぁ~?なんて聞いたけど(フツーに洗うと仰っていた)、彼がこればかり履いていたキモチが、今ようやくよーく分かる。笑

ということで、今年は長い付き合いにして、静電気との闘いであった「ナイロンのババシャツ」とお別れ出来そうです。これも、断捨離の断片っていうことで。
今年は早々にインフルエンザの予防接種も打ったし、頭寒足熱で風邪知らずでいけるか?!子育てに待ったナシなので、死活問題です。。。

↓ こちら、先日オットのお誕生日に、また今年も母上が絶品きりたんぽ鍋を送って下さいました~~!!(嬉)

a0126929_12523573.jpg
a0126929_12524744.jpg


ちなみに、「鍋一つ用意するだけでいいのよ♪」と仰る通り、葱も牛蒡も適当にカットされて(牛蒡なんて、あく抜きの水につかった状態で、ささがきされて入ってる)、比内地鶏のもっちりピンク肌の隣には、先日TVでオットと見た「だまこ餅」と、王道きりたんぽも横たわっていて、なんともラクチンに御馳走にありつけるという、今の子育て時期に美味しいものを外に食べに行くわけにもいかない身には、本当に嬉しい贈りもの。
オットの誕生日を、心待ちにしているワタシは、このきりたんぽ目当て!?

葱やせりが入っている袋は、大きな鮮度保持防曇ポリ袋で見事にフレッシュな状態で届くのに目をつけ、毎日野菜を下ごしらえしたら、これを利用しています。
小さな鮮度保持袋ならば売っているけれど、この長いタイプは見かけたことがないので、一年愛用して、翌年新しいのが届いたら、前年度のをゴミ袋として使うっていう。笑
(右のが、先日で御隠居となった袋。)

↓ こちら、ちょっと久々にお手製おやつ。

a0126929_12531444.jpg


チョコレートマフィンです。
バターと卵不使用で、米粉を使いました。
ムスメのつるつるの肌に、ぽちっと赤いものが出来て、ハタッと自分の調子に乗った食生活に思い当たりまして。。。汗
乳腺炎になる人は、とことんなりやすいと友人に聞いたのですが、どうやらワタシはそうでもなかったらしく、恐る恐る色んなものに手を出していたら、いつもクリア。
っていうことで、ついつい、ついついつ~い、甘くなっちゃっていまして、やっぱりムスメの為にも、甘いものも手作りしようと。

a0126929_12535030.jpg


鈴木重孝さんのプレートと器で、蒸したてを一つ二つ。^^

今朝は、メニュウがずれ込みまして、朝から上海風焼きそば。野菜だらけですが!?
お味噌汁は春菊とお揚げ。

a0126929_12541148.jpg


オマケ↓

a0126929_12543368.jpg


大仏の瓶に入っていますのは、手作りサルサソース。小さなタバスコをお土産で頂いたので、このままサルサソース使ってスープになります。ブイヨンは、午前中にコトコトとったので♪
[PR]
by pechopiano | 2010-11-16 12:55 | Comments(0)
来客♪
桐朋学園の同門下の友人が、2歳の可愛い女の子を連れて、遊びに来てくれました♪
ママ友がまだいない私としては、同じピアノ科出身で、仕事をしながら女の子ママをしている友達の話は、即参考になるというか、2年経つとこ~んなことが出来て、仕事はどんな感じで、いつ頃がどれだけ大変か、などなど参考になる話がいっぱいなので、軽めランチをしながら矢継ぎ早に質問!
子供の性格によって、一概には言えない部分はあるであろうものの、人見知りで大人しい彼女の娘ちゃんは、「ここは危ないから来ちゃだめだよ」と説明すれば、一切近寄らない・・・というおりこうさんで、うちのムスメもこんな風になったら、助かるな~なんて思いながら、足をばったばったするムスメをあやしつつ、4人で楽しい時間を過ごしました。

昨日、初めての予防接種(BCG)を体験したものの、まだ3種混合&ヒブワクチン接種が済むまでは、なるべく連れまわさないで・・・と思っているので、こうしてやってきてくれるのが大歓迎♪
大したおもてなしは出来ない事情も、経験上理解してくれるので、気が楽。
ということで。
↓ 2歳の女の子なら・・・と、スープは有機野菜たっぷりのコーンチャウダーにしました。

a0126929_1815498.jpg


あんまりドロドロなのも食べにくいかな?と、小麦粉少なめにしたら、若干サラサラ過ぎましたが。。
サラダと、ノイフランクのソーセージ、旬のさつま芋と鶏肉の御飯も用意しましたが、せめて焼き立てのパンでも・・と、さつま芋パンを焼いたので、それがメインに。

(御飯の写真もついでに。)
a0126929_1817499.jpg


そしたらばっ。

編み物の名手らしき彼女の母上が、可愛い初孫のために編んだという、おくるみにもなりそうな、すーごくツボまっしぐらな、真っ白いニットを頂きました!!
お帽子もついておりまして、もう、目がハート。

a0126929_1818088.jpg


更に、、、ファミリアのチュニックや、ハグオーワーの花柄のチュニック、なんとセリーヌのベビー服など、お下がりとはいえ殆ど新品?というような、素敵なおべべを沢山・・・!
ハグオーワー、雅姫さんがゆららちゃんの為にデザインしたのでしょうが、花柄と言っても、明らかに他のベビー服とは違うセンスに、来年の夏が楽しみ!リバティ好きの雅姫さんのセンスが素敵です。真っ白好みですけど、ここの花柄はさすがに可愛いと思う。

a0126929_18183263.jpg


そしてセリーヌも、、、さ~すがの品質で、母が与えたユニクロとは違う。^^;
最近の体重測定でも考えたのですが、この頃からは成長がゆるやかになるらしく、「案外長く着られる」のが、このくらいのサイズらしく、うまくいけばこれらは再来年でもイケるサイズだよ、と教えて貰いました。(実際に、白い御手製ニットは、2歳の娘ちゃんがまだ使えるらしい。)
帽子も彼女からは3つも頂いて、遠出出来るようになりそうな来月あたりからは、そろそろ買おうかな・・・と思っていた、外出時のおむつ替え用シートまで、キレイなまま頂いて、本当に衣装持ちのムスメです。
(ちなみに、ウチの大人のクロゼットの中を見て、「夫婦でこれだけっ!?」と驚かれまして、、、大人は服、数持ってません。笑)

それから。

本好きの子に育てようと、夫婦共に活字好きなので(母も活字中毒)、本は惜しげなく与えるつもりなのですけれど、さすがにまだ買っていなかったら・・・

a0126929_1819755.jpg

ピーターと狼。「楽譜屋で売っている」らしい、ピーターと狼です。

中身は・・・

a0126929_18192727.jpg

Yes! It's Prokofiev!!

お話をしながら、そこの音楽(オケを極簡素化してある)が愛らしい優しいタッチの絵と共に、譜面になっているので、彼女は1歳頃からムスメちゃんをお膝に抱っこして、「ある朝ピーターは・・・」ってお話しながら、ピアノを弾いてあげているらしく、今でもムスメちゃんは、歌いながらピーターのお話を出来るらしい!
これは、私たちの特権だよ^^という話を聞いて、確かに!と、嬉しくなったのでした。
お座りが出来る半年くらいになったら、丁度お外も寒いだろうし、ベーゼンの前でこういう遊びを沢山しようと思って、嬉しく楽譜棚に入れました。^^
周囲の子育て中の友達の話を聞いたり、2歳までの経緯を教えてもらったり、ワタシにとっては役立ち情報ばかりで、そりゃもう時間があっという間に過ぎたのでありました。

↓ こちら、関係ないけど昨日焼いた、黒糖ミルクパン。

a0126929_18211154.jpg


ミルクに、更にスキムミルクを入れてみて、濃厚みっちりパンです。黒糖は案外沢山入れても、膨らみを左右しないと言うことを発見。
[PR]
by pechopiano | 2010-11-12 18:21 | Comments(0)
師走の足音の中、リノベーションに向かう
はやい・・・早すぎる・・・・。

もう11月も3分の一が過ぎようとしているとは・・・。
いささか気が早すぎるとは思うものの、もうクリスマスの飾り付けをしているお店や、年賀状のプリント案内など、師走までもうひと月もないの?!と、改めて月日の経過の早さを感じます。
「師走」
書いただけでも、忙しいような気がしてきた・・。

来月は、4日連続仕事でムスメを実家に預けるのですが、ここへきて完全母乳育児の厄介な面が出てきました。
実家で母がミルクを与えたところ、なんともいやぁ~~~な顔をして、べぇっと吐きだしたとのこと。。。
「なんだこれぇ~。まじぃ・・・。」と言わんばかりだと。
レッスンで数時間預けるくらいならば構わないけれど、4日連続(旅ものではないが)ともなると、飲んでもらわにゃ、困る。
「そらみたことか!」と言われそうですけど^^;、ま、お腹が激空けば、ミルクも飲むでしょう。(預けられる実家が、ギャン泣きされて気の毒っていうだけで。^^;)

さて。
天下市が去って、またいつもの穏やかな学園都市に戻ったくにたち。秋晴れが良く似合います♪
こちら、そんな大騒ぎの街の喧騒をかき分けて、ムスメに会いに来て下さったオットご両親からのプレゼント。

a0126929_1236328.jpg


御庭で採れたローズマリーと月桂樹の葉を、ラッピングに使うというセンス!しかも、ラッピング担当は、オット父上!
中には、母上チョイスの、オーガニックのスープブイヨンと、カラフルなお豆。鎌倉のお菓子や、手拭い好きの私へと選んで下さった音符柄の手拭いなど、いつも頂いてばかりなのに、更に頂き、ムスメを代わる代わるあやして、立派なカメラに収めていってくれました。日々子供の写真は撮っても、家族写真は撮っていないので、オットと3人でムスメを抱っこして撮って貰った写真は、生後3ケ月の良い記念です。^^
ワイワイと、狭いながらも賑やかで楽しい時間でした。
ラッピングのハーブたちは、早速お料理に使おうっと♪

a0126929_1237345.jpg


↓ り・・・リノベーション。(どこが?笑)

a0126929_12373551.jpg


正確には、リノベーションに向かって、着々と・・・まず板金屋さんに連絡。
ステンレスの棚は、我が家にはスペースに限りがかなりあって、キッチンにゴキブリ一匹すら通るスペースはないってほど、アタマ使って収納策に出ねばならなかったため、横浜の(石黒智子さん愛用の)板金屋さんに、制作して頂いたもの。
コンクリートの梁があったり、天井が高かったり、床から天井までが必ずしも同じ幅のスペースでなかったり・・・と、日本の家屋の通常規定とは完全に相容れない場所に、如何に無駄なく美しく収納が可能か、何度も吟味して作って頂いた、特注の棚。
職人がGOサインを出すっていうのは、ナルホドこういうことなのか、、、と、ピターッと収まった、寸分の狂いもない棚を見た時は、ため息が漏れたものです。

そんな、必然から生じた贅沢?な棚、勿論のこと、お値段かてそれなりにするものでしたが、この度ここに棚板を追加注文したのです。
制作費用、なんと一枚たったの3500円。職人に特注して、です。
「ヘッ!?」と、思わず桁を確認したのですが、最初こそ高くついたものの、長い目で考えれば、普通棚板は後から付け足せないし、やはり良い選択をした、と今になって確信しました。
間に合わせのもので済ませていたら、見た目もスッキリしないし、気分だってスッキリとはいかないし、いつまでも他の棚に目移りすることになりそうだし、そして今回のようにあと少しこうしたい・・・と、暮らしの変化に伴って要求が出てきた時に、対応出来ずに更に不便が重なる、と。
今まで8段だったところを、10段になった棚は、使う頻度順に配置を考えてあります。

上からビタントニオのホットサンドメーカーや、珈琲豆ミル(これは、カフェイン本格的に解禁になったら、もっと下段にくることでしょう!?)、ミキサーの先や主導のミルクフローサー(大人数の時、こちら使用)2段目は、サラダスピナー(oxoのステンレス)、サラダスピナーは、美味しいサラダを頂くためにはぜーーったいに必需品。生野菜の美味しさって、ちょっとした一手間なので(お客様の時は、水に晒してパリッとさせた後、スピナー、更に晒しに包んで冷蔵庫で・・・と、何手間かかけます)、3段目はル・クルーゼとダンスクの小鍋(クリステルとフィスラーを使い始めたら、ルクはすっかり存在が霞んでマス)、ダンスクは離乳食に恐らく大活躍する予定、そして師匠から結婚お祝いに頂いた、大切なフィスラー、中段の一番広いところが、カトラリー類、菜箸やヘラ(木目の美しさから、ヘラはオリーブの木製)なんかもここ、その下がクリステル鍋(重ねて収納できるのがなんといっても良い!)、7段目にボウルと水切りザル類(独身時代から10年以上愛用の、柳宗理)8段目は卵焼き用フライパンとテフロン加工のフライパン大小、9段目は蓋類と鬼おろしを含むおろし金や、下ごしらえ用のステンレスバットなど、その下最下段には、お弁当箱とヘビーユーズの水筒。

どーうですか。
狭小住宅でも、アタマ使えばそれなりに便利だぞっ!?っていう主張。笑
姉が(姉宅も、狭小の部類に入りそうな家ですが、ウチより広い)、「入れるとこ、ない」とぼやくのでキッチンを拝見したら、私に言わせればゴキブリ一匹通れないどころか、カピパラが別荘建てられそうなくらいのスペースはありましたので、つい書いてみました。

我が家は、とりあえず引っ越すつもりがないので(音出し巨大楽器持ちのピアノ弾きと、オットも都内に事務所を構えているので、転勤などの可能性がない)、家具類を揃えてしまうことに躊躇がないのかな、と、友人たちと話すと「買うなら良いものの方が、結局安上がりなんだよー」と、一概に意見するのもなーと思っていたら、某お料理家の女性で、ごく普通の賃貸マンションに暮らしているのに、すっごく素敵な家具に囲まれていらっしゃる方がいて。
ご主人の転勤などで、移動されるけれど、それこそ大量の食器を仕舞う家具は特注で、無垢の木目が美しい素晴らしい収納家具たち。
いわく、どこに越しても持っていけるよう、考え抜いて行き着いたサイズと吟味した自分のゆるぎない好みの木材。手持ちの食器の幅を考え抜いた結果のようで、やはりやる人はやるのだな、と頁に見入って・・・断捨離に拍車がかかる午後です。

ちなみに、部屋の反対側に現在収納スペースとして使われている、一畳くらいのスペースを、ムスメのための昼間のスペースにしようと思っていまして、それ故、毎日ちょっとづつ物を移動&断捨離中。
この、背後スペースってことですが。

a0126929_12381264.jpg


電話で業者と話しつつ、パソコンに送られた図面を開きつつ、お茶飲みつつ、、、ってやりながら携帯で写してみたので、エプロン投げ出していたり(汗)キッチンのあたりもとっ散らかってますが。。。^^;
(ちなみにシンク下のスペースに、ゴミ箱やHBなどの家電を置いてます。キャスターに乗せているので、使用も掃除もラクラク。^^) 

ゴハンのキロク。

a0126929_12383894.jpg


秋のイマジネーションスープ第二弾(?)は、カムジャタン。
ユッケジャンと迷ったのですが、牛肉のスープを作ったばかりだったので、豚にしようかと。
豚バラ(にした)を胡麻油で炒めて、その多めの油で大根をかなり良く炒めたのがツボ。大根って油でいためると、本当に美味しくなるので。
他のお野菜は、ジャガイモ、人参、玉葱、長ネギ、エリンギ、水菜、ってとこです。
味付けは、色々本当にテキト~なんですけど、コチュジャンは勿論、八丁味噌も使ってみました。醤油や練り胡麻、すり胡麻も勿論。色々入れ過ぎて、なんだか忘れたけれど、とにかく生姜とニンニクたっぷりの、ポカポカ濃厚カムジャタンが出来上がって、体中ぽかぽかです。
白ゴマ御飯と、ミックスビーンズサラダと共に。

↓ オマケ

a0126929_1239183.jpg


和食のスープはやっぱり豚汁。
[PR]
by pechopiano | 2010-11-09 12:39 | Comments(0)
天下市
くにたち恒例の、秋の大お祭り「天下市」が、昨日から3日間始まりました!
国立じゅうのお店が、天下市価格や、特別仕様の品などを揃えて、大いに盛り上がっています。
ムスメを実家に放置し(汗)、足取り軽やかに出かける♪泣いたら電話頂戴ね~と。
↓ まずは、いつもパクつく「たまこん(蒟蒻のお醤油で煮たもの)」を片手に。

a0126929_10442287.jpg


独身時代、天下市価格になる暖房器を、毎年ここで揃えていた時期もありましたが、今回は特に必要なものもなく、もっぱら食♪
化学肥料を使用しないで制作した林檎が素晴らしく美味しく、瞬く間に売れて行く人だかりに混ざって、青林檎を沢山購入。
そして、テキヤの出す露天商ではなく、国立のレストランがこのお祭りの為に考えたメニュー(歩き食べしやすいように・・・など)を、楽しみながら選んで、お昼はムスメの待つ実家に、親の分も買って到着。
化学調味料不使用の中華料理店の水餃子、野菜焼きビーフン、生パスタ屋の手作りミートソースのホットドッグ、人気イタリアンのナポリタン、焼鳥屋の焼きおにぎり、無農薬農家のみたらし団子などなど、ホクホクしながらお持ちかえりです。^^

a0126929_10445729.jpg


ムスメのお布団を買ったオーガニックコットン屋でも、アレッポの石鹸を購入し、キッチンへ。
合成洗剤を一切使わない我が家は、身体も顔も食器も、無添加の石鹸で洗っているのですが、この度昔懐かしアレッポのオリーブソープを、キッチンで使おうかと。
色は、いつもの「白雪の詩」(という名前の石鹸なのです)の方が、キッチンには真っ白で好きなのですが、昔アレッポのオリーブソープを全身に使っていた時、油分をとてもとることを思い出し、むしろ油汚れのお皿などは、アレッポがいいかも?と思い出して、なくなったらアレッポにしてみるつもりだったので。

a0126929_10452215.jpg


結果、懐かしい自然素材の香りが部屋に広がって、くんくん良い気分。笑
油汚れもよく落ちるし、アレッポの方が食器には向いていそうです。

そんなことをやっているうちに・・・・自宅ではリノベーション・・・の前座が。

a0126929_10454269.jpg


ここは、1Fから3Fまで吹き抜け状になっている階段。
リノベーション・・・の前に、工務店さんも「一刻も早く柵を!」と、ムスメの安全を考えて、まずは2か所柵を。

a0126929_1046280.jpg


こちら、寝室から屋上に上がる階段。
ここが最も危ない(何もしなければ、部屋の中にひな壇的階段がある)ので、1人で這うようになるのはまだ先ですが、驚くほど子供の成長は早いので、首が据わりかけているムスメ、あっという間に寝返りして這い出すよ・・・と聞きまして。

これで一安心です。
後は、アカチャンホンポで売っているような、後付けの柵を、話が通じるようになる時期まで取り付ける予定。

↓ 天下市で、安全な屋台飯を仕入れたとはいえ、お鍋に野菜たっぷりのスープがあると安心。
(・・・・オランダ時代から、相撲部屋並みに大量に作る、悪癖未だ抜けず。。。)

a0126929_10462829.jpg


スープストックトーキョーのパンフレット、好きなので貰ってきます。
季節ごとに変わるので、その中でびびっと来たものを、原材料名をみて、作ってみます。ある意味種明かしされているので、ヒントを得て想像しながら作る、こういうのが面白くて。
これは、「田舎風ビーフスープ」。

a0126929_1046588.jpg


押し麦と、国産牛、玉葱、セロリ、キャベツ、の他に、人参と牛蒡とマッシュルームも。(根菜好き家族なので。)
牛の旨味と、押し麦のとろり感が美味しいです。
今日は、オットの御両親がムスメに会いに来てくれるので、早目に煮込んでおきまして、オットもスープ好きだし・・・と大量(にもほどがある)制作しましたが、オット、最近益々激務で帰って来られず、、、私は天下市でつまみ食いがたたって、あまり消費されていないまま、どんどん更けゆく秋のように煮込まれています。^^;
今年相次ぐ弁護士殺害事件のニュースに、こんなに働いて恨まれたんじゃぁ、たまったもんじゃないよね・・・・と、不安になりつつ、無事を祈って祭りに繰り出す妻であった。

オマケ↓

a0126929_1048410.jpg


スープのお供は、白ゴマ御飯を炊いてもヨカですが、今回は全粒粉のレーズンパンに♪
[PR]
by pechopiano | 2010-11-06 10:48 | Comments(4)
11月から冬支度
ややこしい事情がありまして、日曜日に品川のストリングスホテルに宿泊してきました。

a0126929_11242694.jpg


別に、台風で家が遂に吹っ飛んだ、とかいうワケではありませんが、乳飲み子を抱えたこの時期、連れて出られるところなど限られていまして、出産してみてよく分かったのだけど、車でホテルに行くというのは、何の問題もなく。
タナボタ的に降って湧いた話に、「うお~、癒されるぞぉ~!」と期待して行って参りました。
去年、ウェスティンホテルにオットと宿泊した時は、子供が出来たらこういうところは来れないだろうな・・・と思ったけれど、むしろ逆でした。こういうところしか、今は来られない。笑

a0126929_11245218.jpg


ホテルのラウンジ特有の開放感と、高い天井にゆ~~っったり・・・・とは心の底からはいかないものの、やはり気分はリフレッシュ。
ビジネスで利用している外国籍の方々もかなり多かったので、もし泣いたり騒ぐようならば、部屋に籠城しようと思ったのですけど、帰る前にラウンジでお茶をしていた時、「んあっ~~っ!」と、一声上げた以外は、一つも騒がなかったので助かりました。(一声上げたら、即席を立ちましたが。)
近くの席のアイルランド人男性が、ムスメを見るなり「オッ!ベビベビッ!!」と、私の顔など殆ど目もくれずにすっ飛んできたので、一応、「静かな子だから、きっと大丈夫と思う」と断りを入れましたが、彼はそんなこと一向に気にする風ではなく、「I love baby」だそうで、目がハート。頬を撫でられたムスメは、見慣れない立体的な顔に、一瞬固まってましたが、緊張しつつも一応愛想を振りまいておりました。

さー、どんなお洋服にしようかしら?と、頂き物の中から(汗)選び放題だわーと探っていると、フとH&Mのピンクのベビー服が目に。
フィットネスクラブに行くような、フード付きの上下。サイズが日本表示じゃなかったので見落としていましたが、50。
・・・・50!?
もう小さいじゃん!と慌てて合わせまして、「プチせれぶの休日フィットネススタイル」をテーマに(笑)、これにしてみましたが、、、

a0126929_11251975.jpg

・・・・・ワタクシ、生まれも育ちも葛飾柴又の・・・

後ろに蝶々が居るのでしたが、パーカー着ないと正面はフーテンの寅が、そこはかとなく。
a0126929_11262965.jpg


翌日は、これまた「50!?」と慌てて着せた、同じくH&Mのジャンスカ。(って名称は、もう死語ですかね?)
おむつバリバリ見えてますけど。

a0126929_1127129.jpg


ベルギー製のベビー服を頂いた時も思ったのですが、欧米のベビー服って、首据わってないであろうサイズでも、着脱の利便性より、デザイン重視っていうか、日本のものだと、もっと大きくなってからしかあり得ないデザインだったり。面白いですけどね、「おぅおぅ、一丁前!」っていう感じで、子育てに関する意識の違いが、既に服のデザインにも表れているみたいで。

そして、肝心の癒され具合でしたが、ホテル自体はまぁまぁ。(最上階のグレードの良いお部屋でしたが。)
夜も、お風呂の後はいつも通り21時前後にはぱったり眠ってくれたので、何らムスメにとって不都合はなかったようですが、授乳もあるし、添い寝をしたわけです。久々に。
すると、やっぱり(私が)気になって熟睡は出来辛く、夜中に何度か目を覚まして、明け方にようやくぐっすり眠った感が。
その明け方、寝ぼけて、自分の手がムスメの腕の上にバタッと乗っかったなー・・・とうっすら意識があった途端、その倍くらいの力強さで持って、思いっきりバシッと払いのけられました。笑
・・・反射神経には問題なさそうなので(そして多少気が強い?)、今後は思ったより添い寝しても気を使う必要もないのかも、と思った次第。
壊れそうな小さな新生児期を過ぎて、泣き声も力強くなってきたし、首もしっかりしてきたし、何よりもう入らない服が出てきたし、着実に大きく強くなってきているのだ。

しかし、癒されに行ったはずのホテル滞在、久々の寝不足に陥り、翌日は夜21時半には自宅のベッドにて突っ伏して、7時半くらいまで、まさかの10時間寝!
(本当に赤子が居る生活なのだろうか?)
いやー、、、、やっぱり自宅のベッドが一番です。^^;
そんな寝室を、昨日ガガガッと模様替え。リノベーションとは別に、3Fは冬に向けての暖房効率を考えたバージョンであります。
ムスメの布団も今日届くし、大人のリネン類も全部晴天にたなびかせたし、自宅の寝室を整えるのは、どんなホテルに行くよりやっぱり楽しく、結構何処へ行っても、「帰るのが楽しみ」だったりする、ある意味矛盾した傾向にあります。(そういうのを確認に、ホテル滞在もありかも?!)
ま、勿論行くのだって楽しいんですけどね!

そして先日!!

桐朋学園の同門友人から、突然の贈りもの!

a0126929_11274663.jpg


2歳の女の子ママの彼女、サッパリを極めたような性質の彼女らしいメモ書きの横に、手編みのベストとお帽子、そして雅姫さんのハグオーワーの、なんともアンニュイで素敵な色合いのベビー靴下7色!
わわわわ?!と、ビックリ喜んでメモを読むと、一言。

「あげる。最後は雑巾にでも。」



すごく嬉しいことに、お下がりなのです!
可愛いムスメちゃんのお下がり。
お洗濯によって、良く水を吸った風合いの白いコットンのベビー服は、いかにも着心地が良さそうで、控えめなアンティーク調のレースなんて、良い味出ていて、これからのサイズ。
そして、今月明治記念館デビューをする(?)ムスメ、「可愛くしてきて!」と言われているものの、母が買い与えるものは、ユニクロオンリー。笑
なーに着せようかな、たった一、二度の為に買うのもなー・・・と、またしても思っていた矢先のことで、素晴らしいっすよ、このタイミングでこんな丁寧なベストとお帽子!
靴下も、親は4足990円(ユニクロ・ファインコットン)を愛用しているというのに、ムスメの靴下は一足1000円軽く超えますですよ??
ハグオーワーなんて言ったら、どんだけするか知らないけれど、何足かはムスメちゃんが愛用したもの、半分くらいはオニューのままで、やはり彼女も頂き物で、全部使い切れないまま大きくなったので・・・と譲ってくれました。

子供服、お下がりってとってもいいなと心から思います。
経済面もそうですが、こういった手編みのものなんて、彼女のお母様が初孫のためにどんな想いで編んだか、またそれを着せて喜んだ人の笑顔を沢山吸いこんだベスト、これをうちのムスメに譲ってくれるっていうことが、感無量。
花嫁さんのみならず、子供こそ「something old」が最も適切なのでは?と思いながら、あててみたのでした。
そして、ムスメも少しずつもう入らなくなってきたものを、私もやっぱりキレイにお洗濯して、次に誕生しそうな可愛い子のために、包むのでした。

↓もう、踵が小さくてずれるようになってきた、オーガニックコットンの小さな靴下。

a0126929_11281768.jpg

卒業です。^^

・・・・そして、この季節、始めたこと。

先ほど「4足990円ユニクロソックス」と書きましたが、(いいですよ、丁寧に洗えば、品はしっかりしているし)靴下4足重ねばき!
ムスメの布団を揃えた、実家裏のオーガニック屋(名前、テキトーですケド)にて、とりあえず4足セットを買ってみたのは、「シルク5本指、綿5本指、シルク丸先、綿丸先」を重ね履く冷え取りスタイル。
・・・って、冷え症でもなく、更に冷えをとったところで、たいして人間の身体に変化はないと思っているのではありますが、なーんていうか、シュミ、なんですね、こういう健康オタクのテーマを実践するのが。
結構、今までありとあらゆること、やって楽しんでいます。それ故健康かどうかっていうと、至ってフツーに健康ですけど、ま、そんなもんですからね、健康法なんて。笑

で、言い訳としては、「このふゆは風邪ひくわけにゃ、いかん」ということ。(オットは早々に、インフル予防接種受けました。我も急がねば。)
絹は毒を吸って、吸った部分が自ら破れたりして、解毒作用があるというのは、絹信奉者がいつも言うことですが、実際シルクのざっくりしたミトンで私のカオとムスメのボディを洗っているのですけれど、ムスメは勿論超つるつる、ワタシはそれなりにつるつるなので、そしてやはりうまいこと破れたので(笑)、なんとなくいいんじゃないか?と思って使っています。

靴下重ねばきは、外ばきの一足以外は、ポリやナイロンなどの、靴下にはほぼ必要不可欠な化繊を使っていないことが重要。
すると、一般にはやっぱり売られていないので、こういうオタクなお店で購入することになりますが、とりあえずやってみています。
勿論のこと、足元ポカポカで、もこもこですけど、靴を履く時は、私はシルク5本指の上に、ユニクロソックスだったり、FALKEだったり、気温によってウールか綿の、二足を履いています。(家では中にもう2足。)
靴はトリッペン愛用なので、なんとなく雰囲気損なわれないんですよね。

ちなみに、実は「カシミヤのレギンス on シルクのレギンス」もやっております。
始めたのが10月だったので、ちょいと書きにくかったですけど、今日も履いています。
カシミヤ100%のレギンス下に、シルク100%です。そりゃもう、温かいの一言。っていうか、まだ暑い。汗
この冬は、これで乗り切るぞー!
(いずれにせよ、徐々に効果をレポートしたいと思います?!)
[PR]
by pechopiano | 2010-11-03 11:28 | Comments(0)


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧