ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ものもらい(の方が)あきらめる
雑誌「天然生活」の今月号、買ってしばらくして、漸くパラパラと今朝めくりました。
何とも嬉しい「おべんとう」がテーマ♪^^
オットのお弁当再開に続いて、ムスメもお弁当デビューしたところ。笑

a0126929_12513776.jpg

(リバティのスタイは、友人のイギリス土産。昨年度の限定モデルだとかなんとか。アパレル大手のバリバリキャリアウーマンだった彼女のセンスのお陰で、リバティが気になる最近。)

ミッフィの小さな小さなお弁当箱は、アルミ・・・ではなくステンレス。
アルミのお弁当箱は、軽くて質感も好みだけれど、やっぱり危険性を叫ばれて大分経つゆえか、サーモス社はステンレスに切り替えたみたい。
原則キャラ物禁止ですけれど、オランダ(しかもユトレヒト)経由者として、ミッフィだけは特別優遇。
中には、小分け冷凍したお粥用の胚芽米、これまたまとめて冷凍してある南瓜や人参のペースト。
小瓶には、キャベツ、にんじん、たまねぎでコトコト煮た野菜スープです。↓(おとなのスープとこどものスープが同時に仕込まれる、の図。)
a0126929_12541869.jpg

ブイヨンの基本ですけれど、塩も入れずに野菜だけで煮たスープを、じっくり初めて飲んでみましたら、本当に本当に滋味深くて甘い!!!
ムスメの口に入るものは、(最近大人のものもですが)完全100%有機野菜だからか、生命力の塊みたいな味がしました。
お野菜を、このスープで和えて、木の匙でムスメの口へと運ばれマス。

2回食になったので、朝10時頃の他、夕方18時前後に2度目を設定。
3回食になる頃の、「大人と同じ時間に、一緒に楽しくお食事」を見据えた時間設定にしました。
すると、レッスン中に実家に預けている時間帯に重なる日が出てくるので、このように昨日お弁当デビューとなったワケです。

実家が近いから、ラクね~と言われた最近ですけど(笑)、事実ものすごく助かっています。
っていうか、こうでなければ、私たちのような仕事は成り立ちません。
演奏会前は勿論、レッスンかて大体が保育園のお迎え開始時間(?)の夕刻から始まることが多いので。。
ただ、保育園じゃないので、融通がきく代わりに、ムスメのお弁当も手作りして持参するし、実家だからこそなぁなぁになりすぎないよう、極力時間帯内に迎えに行くようにしています。
レッスンのお仕事は有難くも在宅だし、演奏のお仕事をすることで、この上ない歓びや「自分に立ち戻る」感覚を絶えず持てるし、すごく恵まれていると思いますが、ただ手帖が白くて何も予定が入っていない日(現実には練習が仕事ですけど)・・・は、物凄~~くラクな気持ちになります。ホウッ・・・て。
ああ、今日は一日ムスメのペースに付き合いながら過ごせばいいだけ・・・と、安堵して肩の力が抜けるので、「これだけ実家の助けがあればラクよね~」と言われてしまうと、いやいや専業主婦の方が、この時期は絶~~対にラク・・・というのが、専業主婦でいる日とそうでない日を両方味わっている自分の実感かな。

ダッシュで行き来しながら、買い物して料理して、何やかやと病院だの何だの・・の予定が入っているし、その後時間まで子供をあやしたりしながら家事をこなして、3日先くらいまで見越して料理して、ムスメの離乳食作りも並行して作って、合間を縫って練習して・・・ってやっていると、昨日は朝4時53分に起きたのですが、夜22時半に床に着くまで、本当に座れなかった。。。ピアノの椅子意外には。
ベッドに横たわるときは、バタッッと気絶状態な日々です。^^;
ものもらいが3日前から出来ているんですが、自分の病院どころか、市販の目薬を買いに薬局にすら、立ち寄れなかった、というめまぐるしさ。
でも、不思議とやれるんですよねー、力が湧いてくるっていうか。
毎日口を開けて眠っていたことに、ムスメの授乳の掛け声で目を覚ました時に気がつくのですけれど、(口の中はカラカラ)、それでもなんとか日々は廻る。笑

・・・子供産む前、ワタシってなにやってたんだろ?っていうくらい、時間の密度が濃いです。

ちなみに、こちら、オトナの朝食。
a0126929_1255507.jpg

ピッツァの残りの具(マッシュルーム、玉葱、チーズ、コーン)のオムレツは、眠さに免じて(?)形ぐちゃぐちゃ。
鰤は、美味しそうなのが伊勢丹地下に居たので、しばらく味噌漬けにしておきました。
これから、こういう保存食めいたことを活用しようと、酒粕も購入。粕漬け、好きだし♪

こちら、オトナのスープがメインの朝食。
a0126929_12564330.jpg

オトナのスープには、オット母上から以前頂いたスープビーンズを一晩戻し、下茹でして投入。
ベーコンも信じなくなったため(?)、塩豚はついに幻の沖縄アグー豚の塊を購入!
種類豊富なお豆の他のお野菜は、おじゃが、にんじん、セロリ、玉葱、トマト、キャベツ、マッシュルーム、パセリ(全て有機)。
取り合わせとして合ってませんけど(汗)、五目御飯は、オットのお弁当用にと炊きました。こちらも全て有機で。
a0126929_12572125.jpg


こちらは、前に肉団子のスープを作った時に別途冷凍しておいた肉団子を使って、お野菜餡かけ丼。
南瓜(ムスメの大好物!)、にんじん、しめじ、厚揚げ、小松菜、蕪、長葱。
a0126929_12581248.jpg

・・・最近は、自信を持って「食材にはこだわっています」と言えそうな食材たちに癒され中。自己満足って、とってもだーいーじー。

それにしても、「天然生活」のおべんとう特集、楽しい!!!
早くこういうものを一緒に食べられるようになりたいなぁ~と夢膨らませています。^^

↓ オマケ
a0126929_1258333.jpg

生後7ヶ月の手には、4度が限界だろうと思ったら、5度に果敢に(?)挑戦中な左手。

・・・・・「子供が生まれても、楽器には触れさせない」って豪語していた妊婦はどこいった?
(遊び以上にはやらせませんつもりですけど!)
[PR]
by pechopiano | 2011-02-24 12:58 | Comments(0)
生後7ヶ月
書いてみると、「生後半年」よりも、グッと1歳に近付いたような感じがする親心。笑

たった一ヶ月ですけれど、半年になるまでは、「生まれてから○ヶ月」という、ホヤホヤ感の方が顕著だったのに、7ヶ月って書くと、あと半年もしないうちに1歳?!なんて思うのは、私だけかしら??^^;
先日のラスト予防接種(生後3ケ月からスタートして、日の間隔をとりながらどんどん打っていくのですけれど、そのラッシュ期間が、先日の3回目の肺炎球菌とHibワクチン接種によって、無事終了)の日は、今までに比べて泣かず、「大人になったなー!カッコイイよR!」と、褒めちぎりました。
こんなところにも、ちょっとした成長(単なる慣れとも言う)を感じる、生後7ヶ月。

日々進歩している赤子ですけれど、最近のブームは大声の溜め出し。
ふんばって、「うぉおおお~~~~んんっっ!!!」と、力んで叫んでます。大人よりも、ずっと大声。^^;
そして、椅子もデビュー。
トリップトラップ@実家、です。

a0126929_11261314.jpg

おおおお、こんな視界があったのかー!

我が家にも買おうと思っているのですが、とりあえず実家に買って色と質をチェックし、本人が嫌がらないかも試して、本日インターネットで我が家にも購入。笑
色は勿論ウォルナット。
色じゃなくて、木材が本物ウォルナットだといいのですが(長く使いそうなので)、ベビーチェアでホンモノのウォルナットは、かなり探したけれど良さそうなものはありませんでした。
でも実際に(実家に)届いてみると、思っていたよりもシックで、しっかりしていたので、いいかな、と。
クッションシートは、これまた勿論、リネンナチュラル。
我が家も全く同じものを注文しました。

ちなみに、お相撲さんのシコのように、両手で身体を支えながら、床にぺたんとお座りするのも、僅かながら出来るようになってきました。
ソファに支えて座らせる→支えなしソファ→床に支えあり(嫌がったので、数日訓練)→支えなし床・・・と、日々出来ることが増えて行くのが、小さいながらも感動です。

離乳食も、最初はタイミングを逃すと食べてくれなくて困ったのですが、最近はタイミングも掴めてきたし、何より器と匙を見せると、もう足をばったばたさせて口まで開けて喜んでいます。
ということで。
昨日は2皿にし(10倍粥と、蕪、南瓜、人参の蒸したすりながし)、夕方にも栗南瓜のペーストを与えるという、一日フライングで2回食へ。
a0126929_11274685.jpg

a0126929_11281467.jpg

↑2皿だって、へっちゃらよ。

というのは、昨日はオットの御両親をお招きしての、ムスメの初節句の会でした!
本来、私が用意してご招待するべきなのですが・・・・3月に埼玉、姫路、東京と、3つも演奏する場があり(産後初めての本格的演奏会)、色々と課題山積でとてもじゃないけど、お招き出来る余裕はなく、またしても実家の恩恵に授かりました。てへ。
a0126929_11284237.jpg


私は、HBでピッツァ生地を練って(いる間にムスメの南瓜ペースト準備)、ピッツァソースこさえて、具材買ってムスメ抱っこして実家へ。
2種類のピッツァにしましたが(マルゲリータと、ソーセージ・マッシュルーム・アスパラ・コーンのピッツァ)、実家はall電化なので、ピッツァだけは我が家のガスオーブンで焼いた方が美味しかったかも。。
ま、でもムスメを祝う気持ちが一番ってことで?!

ちなみにこちら、数日前の我が家の朝食。ピッツァトースト。
これは、初めて白神こだま酵母で焼いた食パン(手軽な天然酵母で、ヘビーユーズ決定!)に、野菜たっぷりのサラダで。
というか、完全有機ピッツァトースト?!
a0126929_11291229.jpg


有機トマトペーストに、全てオーガニックのバジル、パセリ、オレガノ、玉葱、ニンニク、胡椒、アカシアの蜂蜜、具材はコーン、ピーマン、ハム(無縁せき)、サラダも全て有機の、ベビーリーフ、トマト、しめじ、ジャガイモ、インゲン、胡瓜、コーン。
うーん、完璧に自己満足。^^

こちら、オーガニックつながりで、ご近所にして、すっかり全国のブログでも評判になっている、なかしましほさんの新作の本を買いました。
バターも生クリームも使わないお菓子ばかりで、なたね油お菓子の火付け役の彼女ですが、この抹茶マフィン、甘納豆が入っていてしっとり美味しい!
滅多にお料理やお菓子の本を買わないのですが、ご近所親近感(?)と、今後子供にも3歳になるまではこういうおやつだけを与えたいので、早速買いました。
新生児の頃は、私が抹茶を飲むとてきめん寝なかったムスメですが、このマフィンは大丈夫だったもよう。
a0126929_11294834.jpg


かなり早かった人見知り開始ですが(4ヶ月の終わりから既に兆候が・・・)、昨日はお正月振りのおじいちゃん&おばあちゃんに抱っこされて、ニコニコ嬉しそうにしていて、どうやらおじいちゃんとおばあちゃんは分かっているようで、皆で嬉しくなりました。
孫の成長を喜んで、目を細めてくれる双方の親の存在は、親になって初めて分かる種類の有難さです。
ムスメも張りきって(?)初めての2回食を、皆の前で美味しそうに南瓜をあーんと口を開けて平らげました。

一時期心配したアトピーですが、どうやら今のところアトピーではなかったようで、色白でとても肌がキレイなムスメですが、このままたんぱく質は1歳まで控えたいな、と、念を入れたい離乳食。
そろそろ白身魚や大豆を試す時期だけど、「試して」ダメだった場合、アラソウデスカ、とは思えないので、今後お粥の量とお野菜のバリエーションを増やして、なるべく1歳まではno たんぱく質&no 小麦、no 乳製品で!(って、イケルかなぁ?^^;)

そんなわけで、私のブームはオーガニック店を廻って(お店に寄って、得意な野菜があるので)ムスメのために美味しそうな健康なお野菜達をせっせと購入するのが、すごく楽しい日々です。
来月は、沢山実家に預けることになりそうなので、少しづつ離乳食の量を増やして1歳の卒乳も見据えて調整中。

それから、本当に不思議なことに、(私の大好きな)チェロの音が嫌いみたいで、どうしてもチェロを聴かせると、泣きだします。
反面、ピアノは好きなようで、足元に玩具(と言っても、包装紙とかボールとか)を転がして、ムスメも寝かせて練習していると、玩具など目もくれず、ずっとご機嫌で歌い続けています。
歌うって言ったって、犬の遠吠えのようですけれど(笑)、こーれが物凄く興奮していて、面白いのなんのって!
タランテラをさらってると、物凄い興奮です。伝わるらしい、ビート感が。
たまに、「うーるさいなぁ・・・」と、苦笑いしながら足元を見つつ、嫌がらないで練習につきあってくれる最近は、助かっています。

オマケ↓

料理中は、姿が見えないと怒りだすので、バウンサーで背後に。
a0126929_11314629.jpg

葱・ラブ。
[PR]
by pechopiano | 2011-02-21 11:31 | Comments(0)
保温ブーム
はあ・・・・。

忙しい。。。。

楽譜山積みという事実が、キモチを常に焦らせ、「今日はいつ起きるんだ?!」というビクビクが、夜中の睡眠を細切れにし(最近、再び特にお腹が減っていなくても起きるようになってきた・・汗)、生徒さんのレッスンや、雑務や、家事、ムスメの予防接種(今日で一通り完了!あとは不活化ポリオを別病院で…)、調律もしなくちゃいけないし、そろそろ離乳食は2回食に進めて行きたいし・・・と、気持ち・行動・予定・頭の中全てにおいて忙しい日々です。。

小さな子供が居て仕事をしているのに、家事までよくこなせるね、という言葉を頂戴するのですが、確かに一応家の中はキレイ(だと思う)。
料理も、家族の口に入るものだから、極力手作り。
どうやって時間を捻出しているのだろうか?と思うと、、、座ってないかも、殆ど。^^;
ゴハンも、座って食べているのと立って「ながら食べ」しているのと、半々くらいで、パソコンとピアノの前だけですかね、きちんと座っているのは。
・・・っていうことで、今結構久し振りに座ってます?!

サーモスの「シャトルシェフ」、実物を見たり情報を探ったりしたのですが、ステンレスと白のものも出ている(かろうじて、合格ライン?!)ものの、4.5lでも我が家のスープ煮込み量には小さいのと、どうしてもやっぱり内鍋の安っぽさに心が惹かれず、とりあえず新婚さんの幼馴染がお祝いで頂いた、というシャトルシェフを、そのうち一泊お泊りさせてもらうことにしました。笑
クリステルの鍋や、フィスラー、ル・クルーゼ(は大鍋のみの使用になってきましたが)もあるし、もう一つ実はとっておきもあるので、、、とりあえず「保温調理出来ればいいのよね」と、週末にハッポウスチロールでぐるぐるにして、煮込みハンバーグを仕込んでみたら・・・・
悲惨でした。。。
黒毛和牛の挽肉がぁ。。。。
(ハンバーグだけを食べました。とほ。)

しかし、今後益々キッチンに入り浸ってはいられなくなりそうだし、どうしようかなぁ~。
というのも。

コレ、スープ・ジャーなのです。
a0126929_1229314.jpg

a0126929_12293045.jpg

新婚旅行に(私の)インフルエンザ発症で行けなかった過去があり、リベンジとして、オットの弁護士会の旅行のセブ島に、金魚のフンとして参加した時、シューマートというデパート(ここでも行くのは日用品及びキッチン雑貨コーナーなワタシ)にてコレを発見。
水筒愛用歴が長いワタシも、この広口の「スープにピッタリ」な保温水筒を見た時、そしてそれが何の説明書もなく、ワゴンのようなところに紛れこんでおり、ひっくり返したところで、メーカーらしき名前の刻印もない、品質の保証が全くないゴロッとした物体に、「いやしかし、これは使えるのでは?!」という出会った感、を信じてレジへ。

これが、こんなにも役に立つ日が来るとは。

実家にムスメを迎えに行く時、今でこそ授乳間隔も広がり、生後もうすぐ7ヶ月という時期になったから、少し焦らず迎えに行ってはいますが、19時前後になるために、大抵は夕食持参で参ります。
ということで、スープな日々が多かったのですけれど、これに温めた具沢山のスープを放り込んで、数十分後に実家で(授乳しながら)頂くと、、、
気のせいか、なんだかコックリ煮込まれて美味しく感じるなーと思っていました。
オケの時のお弁当にも良く水筒でスープを持って行くのですが、同じことを感じたし、結婚前にオットと高尾山に行った時に、やはり同じく水筒に2人分のミネストローネを持って行った時も、感じました。
全て、ロケーションのせい、とも思えるような、いや、保温調理の効果かも?と思えるような・・・・なので、只今突如(時間がなくなってきたことを機に)保温調理に興味がそそられ中なワケで。

どなたか、お使いの方の意見を聞きたいところですけれど、一般的には「断然圧力鍋」という意見が多そうで、これまた迷い中。

ちなみに↓
a0126929_1230375.jpg

こうみえて、かなり入ります。
最近のお弁当ブームで色んな保温弁当箱があり、スープジャーも出ていますけれど、このサイズで600mlくらいの大容量、っていうのは、見かけません。
何気に本当の「無印良品」だった、名無しのスープジャー。(蓋の中には更に折りたたみ式のスプーンがついてます。使ってないけど。)

ちなみに、オット、お弁当再開しました。
a0126929_12313578.jpg

本人の希望により、ものすごーくシンプル&低カロリーなため、以前の保温弁当箱(アレは弁当じゃない、お重だ、との意見があった新婚時代のお弁当箱)はお払い箱になってしまったので、丁度思いだして家で使ってみることに。
断捨離の被害を免れた、象印の保温弁当箱の、保温部分のみ、に熱々のものを入れてみました。只今実験中。
a0126929_1232521.jpg

隣は、そうそう、そうよね、とこれまた思いだしたサーモスのポット。
物凄いお茶飲みですけれど、ほうじ茶、ミルクティー、カフェインレスの珈琲などなど、その都度お湯を沸かして頂くのは、ミルクティーとカフェラテくらいにして、がぶ飲みの日本茶は、ここにキープすることにしました。
なんとなく、今、頭の中が「保温」がブーム。(ガス代にも結構顕れる気がする。)
(今日の「お十時」は、オットの仕事関係で頂いた(多分)マロングラッセ。)

ついでに、お昼のおにぎり(朝炊いた、じゃことホタテの炊き込みご飯)もスタンバって、ガスをひねらず「即食べ」可能の本日。
a0126929_1233793.jpg


こちら、朝。
生姜たっぷりの肉団子入り中華スープに、玉子も入れて具沢山。スープは柿安の鶏ガラでとりました。
a0126929_12333355.jpg


こちら、かもめ食堂風もりつけ?
塩豚を入れて、煮豆を作りました。根菜ラバーな我が家の、根菜たっぷり煮と、味噌漬けにした鮭。
a0126929_12384423.jpg


そして、ハマっっているのは、シリコンケーキ型。
a0126929_12351137.jpg

夜更けにお腹が空いて、もう寝る直前なのに、明日の朝のために簡単な焼き菓子を仕込むという。^^;
朝、美味しいものがあると、早起きしようっていう気になるので!
誰も起きてこない時間帯に、ひっそり(こっそり)ミルクティーを淹れて、少しつまんで、練習開始♪
a0126929_12355674.jpg

a0126929_19314047.jpg


ちなみにこのシリコン型は、無印のもので、花型なのがツボでした。
というのは、6つにカットすると、ハートになるという、バレンタインを意識して売っていた品。
段々ママ友さんとの交流も増えて行く今後、パウンド型を一本ドーンと贈るのは大げさでも、こうしてパパッと焼いて、カットして何名かに・・っていうのが便利な時も多かろうと。
a0126929_12363136.jpg

こちらは、しっとりヨーグルトケーキ。
バターも砂糖も不使用のケーキ、ハマッています。
外では、立派なパティシエが美味しくて高カロリーなものを作っているので、家で焼くのはバター不使用がいいかな、と。
a0126929_1237114.jpg

ちなみに、最近とても思うのは、子連れで外に出やすいこと、出やすいこと。笑
一昔前っていうのを知りませんけれど、ベビーカーも(混んでいる時間帯は使わないので)電車で畳む必要もなく、エレベーターもどの駅にも設置されており、何よりデパートの「ベビー休憩室」の存在って、すごくいい!!
段々「どこのデパートのベビー室がいい」というランク付けも出来てきました。笑
隣駅には沢山の大型デパートがあり、それぞれ地下の食料品にはナチュラルハウスやオーガニックスーパーも充実して入っていて、こういった寒い季節には外をぐるぐるするよりも、一駅乗ってデパートの中の食料品で用を済ませることもあるのですが、美味しいスイーツやお惣菜かて、見たらちょっと食べてみたい。

でも、買って家で食べる・・・というよりは、私はその場でちょっと食べたかったりするのですが、ベンチに座って・・っていうのもねぇ・・・と思っていたら、ベビー休憩室の存在がまさに!なのです。
外のものは添加物が怖いので、それだけを一食にするのは控えているので、水筒やらおにぎりやら、家からのランチを持参して、プラスちょっと買ったものをベビー休憩室でのんびり食べられて、「子供産むまで知らなかったヨ、こんなオアシスが外界にあっただなんて!」と。笑

休憩室は、同じように子連れでリラックスして思い思いに過ごす親子の姿もチラチラいて、とても便利だと感じる最近です。
授乳用に個室のブースもあるし、特に立川伊勢丹は広~くて、授乳用の個室(男子禁制)が幾つもある隣には、ファミリールームなる家族で使える個室もあり、広場にはちょっとしたカフェのようなスペース脇には月齢別のBF(ベビーフード)の販売、おむつ替えシートがずらりと並んだ隣には、ご丁寧に体重の計測器まで。
ミルク育児の方のためにも、もちろん70度のお湯が出るシンクが広々としてあり、こりゃ「伊勢丹で買おうかな」と、思わせる一役かってると思われます。
・・・いつまで(何歳になるまで)使っていいんだろう?一般的には。ずっと使いたい。^^;

↓ オマケ
a0126929_12372737.jpg

常に完食!のヒト。
[PR]
by pechopiano | 2011-02-17 12:38 | Comments(0)
今年も手前味噌
無農薬八百屋「あひるの家」で、寒さが最も厳しくなる頃に配られる「手前味噌」予約の用紙。

「Uさん、さすがに今年は無理でしょ??味噌仕込み~」と言われながら用紙を受け取りつつ、そろそろお味噌がきれるなぁ・・・と、去年仕込んだ手前味噌の残量が、頭をかすめました。
バギーに有機野菜を詰め込みながら、「美味しかったし、今年も仕込みたいけれど・・・厳しいかなぁ・・・」という会話をした筈だったのに・・・??


本日、去年の倍以上の仕込みをしましたっ。


味噌は、寒い時期に仕込まないとならないけれど、段々春への足音が聞こえてきていたので、ちょっと焦っていた矢先に、この雪。
昨日予報を聞いて、「明日は一日籠って、味噌仕込みの日」と決定。食料をたんまり買いこんで、塩豚と根菜の煮豆もたっぷり作ったし、いざ!
おでんや鍋用の特大ル・クルーゼ&クリステル鍋特大の二つを同時進行。

a0126929_2345984.jpg


全体的に狭くとも、キッチンの後ろに食卓なので、作業台としても便利な位置ではあるわけで。
a0126929_23171577.jpg


みぞれの舞う通りを、上から眺めつつお鍋で一日豆をコトコト煮ていると、部屋の中はポカポカしっとり。
予約して昨夜届けてもらった大量の有機大豆は、とっても美人大豆でした。^^
一晩浸水させて、朝からコトコトひたすらコトコト。
a0126929_23183865.jpg


ちなみにすっかり「床にごろん」が板についてきたムスメは、一保堂の粋な和紙もどきの包装紙が、最近のお気に入りの玩具。
a0126929_2372871.jpg


相変わらず嬉しそうに洗濯ものに話しかけながら、味噌を仕込むカーチャンの足元で、包み紙をしゃわしゃわ鳴らしたり、引きちぎったりしながら、しばらくゴキゲンで過ごしていました。
密かにかなり繁盛している向かいの喫茶店も、さすがにこのみぞれでは客足が途絶え、途中で一息入れたくなった向かいのワタシも、「行ったつもりで」デカフェのミルクコーヒーで一息。
いつもの自分の席ではなく、本当に喫茶店の真向かい2F席から見下ろす形で珈琲を啜ると、良い気分転換に。
a0126929_2375012.jpg


・・・・ここら辺から、まぁ、飽きてきた生後半年のお方、離乳食も足りなかったらしく(汗)、色々と声高に要求。
丁度、母がみぞれの中(味噌の消毒用に使う)焼酎を持ってきてくれることになっていたので、「早く来てくれ~~」と、願うようにして、どうしても手が離せない作業中に差し掛かったワタシは、やはり乳飲み子抱えて味噌仕込みは無謀だったか・・・とやや後悔しつつも、とにかく急いで作業。
・・・味噌って、焦って仕込むモンじゃぁないよな。。。

かくして、母登場。

ムスメは大喜びで、母がぽとんと落とす(予防接種で貰った)ボールにオオウケで、その間にがーっとなんとか最後の仕込みを終えました~~!!
a0126929_2382664.jpg

(今年は、仕上がりが8キロほどになる予定♪)


しばらく遊んだ後、うまいこと寝かしつけてくれた母と、先日頂いて冷凍しておいたアップルパイをオーブンへ突っ込んで、お茶をしました。
と、いうか、母を見送った後、丁度私のアップルパイが焼ける時間になり、「味噌は仕込んだし、ムスメは寝たし、(本日2度目の)ティータイム♪ティータイム♪・・・と、そぉっとリビングのドアを再び開けた時・・・・

ぱっちり目を開けていたムスメと目があってしまった・・・・・。。。。



いや、ムスメは可愛いです、愛しいです・・・・


が、



反射的に

「やばっっっ!!!」

と、伏せてしまった。

(お互い)見なかったことにしようっ!!・・・と、ムスメに向かって小さく呟いてみましたが、、、

ムスメ「・・・・う~~~~~」


・・・・・・ああああ、、ワタシのアップルパイが・・・・。泣


ということで、乳飲み子抱えての味噌仕込みは、なかなか大変でしたが、なんとか家族3人分の一年分の味噌は仕込まれました!
丁度、もつ煮で使った味噌から、市販の味噌(八丁味噌も使いました)に移行した今年。
倍量仕込めば、まだムスメもそんなに食べないだろうし、一年もつかな、と。

それにしても、三浦屋さんで美味しいと評判のお味噌を買ったのに・・・・全然作った方が美味しい・・・と、改めて今朝の朝餉で愕然。
今、冷蔵庫には賞味期限に追われた鮭が、味噌漬けにされており、こういう味噌漬けや粕漬けも、買うと高いけれど好物なので、今年はちょくちょく仕込みたいのですよねぇ。
その味噌かて、作った方がリーズナブルで惜しげなく使えるので、我が家のようにスープの日(も多いんだけど・・)以外の朝は、お味噌汁が欠かせない家庭は、お味噌はかなりの消費量だし。

ちなみに子供が段々手がかかるようになってくると、こうして「仕込んでおけばあとはOK」的な調理が増えてきそうなので、現在シャトルシェフの購入を検討中です。
今更感がぬぐえないシャトルシェフ、、、でも私のような立場にはもってこいな気もしますが、いかんせん鍋類はかなり良いものを揃えているだけに、本当に「今更シャトルシェフ??」という、プライドのようなもの(笑)が、購入を阻ませています?!場所も取るし。

ただ、本当に「煮込み系料理」が多い我が家で、本当に長時間火にかけています。
その行為が好き、という点があるので、今までは良かったのですが、レッスンの時に実家に預けて、ムスメをピックアップしに行ったり、またレッスン中にも煮込んでおきたい等など、自分がキッチンに居ない間に煮込んでおきたいタイミングが、やはりどんどん増えてきています。
それだけ、時間がなくなってきているっていう事実に他ならないのですが、今後子供と公園・・・とかいう日々がやってきた際も、もうとにかく小さな子供が居て仕事をしていると、時間勝負ですから、以前とは全然勝手が変わってきているのを、料理しながら実感中です。

うーーん、、、どうしようかなぁ・・・・。(多分買う気がしますが。笑)
デザインの悪さもなぁ。。。

↓ オットが激務で「今日、帰れない!」という日は、ポチッと天然酵母パンを夜中にセット。笑
a0126929_2391392.jpg

基本、和食が好きなオットなので、1人(じゃないけど)の朝は、焼き立てパンとサラダ~なんていう、優雅なことをやりたくて、さつま芋とコーンの天然酵母パンをセット。
具を入れるには、天然酵母パンだと、、、3時間半後・・・とか、タイマーで焼きあがりを朝に予約している場合は、5時間半後・・・とか、通常だったら「具をいれるために、目ざましまでセットは出来ぬ」なところを、ムスメの授乳時間が丁度その頃になることを見込んでセット。

まんまと、丁度良い頃に具をセットできて、嬉しい焼き立てパンの朝食でした。

・・・・せめて朝くらいはゆったり1人でコソッと・・・と思ったのに、「連れてけーー」と、10分以上呼び続けられ、結局ムスメを連れてきて焦って食べた朝食になりましたが。汗

くどいようですが、ムスメが誕生してヨロコビ以外のなにものでもなく、相当シアワセですけれど、、、
フと瞼を閉じる時、いつも「何にも縛られず、好きな時に好きなものを食べて、ゴロンとなって、気儘に寝起きする老後」を夢描いて止みません。
小さな小さな平屋で(アレ?ここじゃないの?)、ベーゼンドルファーと最小限の器と(アレ?自分で買ってるんじゃないの?)、時折婿殿を連れて遊びに来る成長したムスメ(アレ?オットはいつ登場するんだ?)、ワタシはゆったり受け入れつつ、気儘に過ごすのさ~♪るるる~~~♪(・・・すなわち今日は疲れ気味。)
[PR]
by pechopiano | 2011-02-11 23:10 | Comments(2)
いいもの
あっけなく。

a0126929_11481996.jpg

寝返りました!


・・・・って、これって寝返り??とタイミングよく日曜日の晩にオットと目撃したは良いが、「半寝返り??」「いや、寝返ってるって」「でも、右手が抜けてない」とかなんとかギモンはあるものの、聞くところによると一応寝返りとのことで、まさかの「ハイローチェア撤去翌日」にコロッと。

撤去と言いましても、徒歩5分の実家に行っただけのことですが。
保育園と化している実家には、ムスメが座れるようなものがなく(トリップトラップを注文中)、最近座りたい傾向にあるムスメを、ずっと抱っこしているのは大変で、狭い我が家にでーんとあるよりも、椅子のカタチにして実家に置く方が良いということになったのでした。
とはいえ、このハイローチェア、電動の揺りかご機能でコロッと寝てくれた時期もあり(今は音楽が3クール終わっても、目はギンギン)、今まで大助かりだったことには違いなく、これからは椅子として実家で第二の花を咲かせて頂くことに。

最近、そんなこんなで(?)地味な生活ゆえに、益々食材のお買いものに、生活の楽しみスポットがあたっています。
ベビーカーで行ける徒歩圏内にあるお店は、無農薬八百屋の「あひるの家」、庶民の味方SEIYU、元祖24時間スーパー「さえき」、お馴染みCOOP、ちょっと良いもの紀ノ国屋、ちょっと良いもの&個性的な三浦屋・・・・と、6つのヴァリエーションに富んだお店で、更に富沢商店、成城石井、カルディなんかも隣町にいけばあるので、全国どころか全世界の食材(?!)入手にも、ここまで便利な立地もあまりないような・・・?!

とはいえ、メインのお店は決まってくるもので、今までは「あひる」「SEIYU」「紀ノ国屋」の順で廻っていました。
あひるで旬の無農薬野菜を買い、有機コーナーが充実してきたSEIYUでも買い足し、お肉やお魚は圧倒的に安いSEIYUで購入することが多かったのでした。
牛乳はタカナシか紀ノ国屋オリジナルのものが美味しいので、タカナシやよつ葉が充実していることもあって乳製品は紀ノ国屋、ついでに少し潤いのある食材をちょこっと買ったり・・・といったコース。

その順番が、入れ替わりつつあり、今は「あひる」「紀ノ国屋」・・・・まだ新入りですケド「三浦屋」、そしてSEIYU、の順になりつつあります。
こんなにスーパー吟味する(ことくらいが、ムスメと2人でお出かけするのに全く支障のない日々の楽しみなので^^)日々のお陰で、大分スーパーのエキスパートになってきてます。笑
お野菜は、直接散布される農薬・・・と思うと、随分前の独身時代から(オランダ時代から)オーガニックに目覚めましたが、お肉や特にお魚の安全性については、彼らが「食べたもの」というワンクッションあるために、意識がぼんやりでした。
第一、高いし。

オーガニックのお野菜は、求める人が今はとても多くなったために、お値段もそれほど違いがなかったり、旬のものはむしろ日によっては安かったりするほどですが、お肉は全然違います。餌に抗生剤を与えていない豚肉なんて、普通に倍の値段だったり、牛肉もロット番号がしっかりついた和牛(和牛と国産牛の違いについても、知ったのはたった5年ほど前・・)だと、外国産のものの倍くらいします。
なので、なんとなく「添加物と、野菜の農薬くらいに気をつけていればいいよね」と、見ないことにしていたのですけれど、母乳を通して・・・のクッションを挟まず、直接ムスメの口に入る日が、もう間近になってきたためも手伝って、肉の出どころも気になるようになってきました。

昔、紀ノ国屋さんで、独り暮らしっぽく(勝手に)見える、白髪のおばあさんが、お魚やお野菜をふんだんにカゴに入れてレジの前に並んでいて、普通に数万円をサラッと支払うのを見て、子供心に「・・・こんなに高いのを毎日買っているのかな?」と母に尋ねたことがありました。
その時母が、「ウチは残念ながら違うんだけどね~・・」と前置きしながら、「なんていうかね、文化人っていうか意識と知識の高い人達は、食べるものにこそお金をかけるものなのよ」と言ったのを、「残念ながらウチは違う」という前置きに随分ひっかかりながら聞いていました。

「どうしてウチは違うの?」と尋ねる代わりに、「食べたら消えてなくなっちゃうものに、お金をかけるなんて勿体無いね」と発言したことをはっきり覚えているのですが、母は少し憐れんだような顔をして、「まぁねぇ、ウチは違うからねぇ、だからそういう発想になるのよね~」と笑ったものでしたけど、それ以来毎度紀ノ国屋に行く度に、もう数十年毎度毎度(笑)、「ここは文化人が来るスーパー」と思いこんで、どこか気後れしています。
今だって、10年前だって、買うのは少しとはいえ通い続けているというのに、それでもどこか気後れしているっていうんだから、幼い時に感じ入ったことっていうのは、強烈です。

そんな私が無農薬やら食材の良し悪しにこだわるようになったのは、オランダ経由という影響も少なからずあるとは思うものの、根本的にはこの会話がもとになった一種の「憧れ」みたいなものがあるような気がしています。ずっと。自分の環境の価値観とは違う価値観。そこはかとなく香る、高貴な香り。笑
だから、今でも(どんなに質が落ちたと言われても)紀ノ国屋さんは、私にとっては憧れのスーパーなのです。
そーして、魚の驚くほど高いこと高いこと!^^;
SEIYU価格に慣れてしまっていた身は、切り身を掴んでは、「なんだとぉ!?偉そうにっ。どこの海ほっつき泳いでたっちゅーねん!」と、ブツクサ言いながら棚に戻してます。

が、まぁお肉に関しては、紀ノ国屋のものを信頼しつつあります。
もちろん、あひるで購入するのが一番信頼しているのですが、種類が少ないので、お肉は最近紀ノ国屋。
それから、改札をくぐって反対側へ行くのですが、三浦屋さんはお魚の種類が豊富でお値段も紀ノ国屋ほどではなく、更にここは調味料の類で、普段出来あいのソースは買わないのですが、それでもいざという時に買おうと思わせる、化学調味料無添加の珍しいソースが豊富だったり、話題の食品などもいち早く取り入れて、面白いのです。

昔テレビで、家庭の価値観とかいうテーマで取材していたのを目にしたのですが、散らかった家の中で、お父さんは「オレは、子供にはうまいもんを腹いっぱい食わせてやりたいんだ!」と語っておられ、それには賛同したのですけれど、その「うまいもの」が、期限間近で安売りになっている出来あいのお寿司だったり、ファミレスだったり、食べ放題のナントカだったり・・・で、呆気にとられたことがありました。
ちょっとそれは、意地悪な目線で取材していた感じがあり、見た人は誰しも、私と同じツッコミの感想を持つような視線でしたが、良いものを食べて・・・という価値観、「いいもの」をどう捉えるか、が価値観の違いのようです。

ファミレス、行くと思います。子供が小さくて行ける場所が限られていたら、たまには家事の手抜きと息抜きしたくなって、そしたらきっとムスメにもそこで好きなもの食べさせちゃうかもしれないな、って思いますけれど、なるべく「いいもの」を買って、丁寧に調理するためにも、値の張る食材を買うのは、「これを無駄にできない」という意識を持つためにも、有効な気がします。
他にあまりお金を使う機会がない今こそ、お金の掛け方を、憧れの「食材」に偽りなく移行するチャンスかもしれないです。

↓ えっと・・・・。汗

a0126929_11485860.jpg

嘘偽りなく、、、「有機なもつ煮」。汗
a0126929_11492232.jpg


あちゃー、タイミングが悪かった?!
B級グルメですけれど、突然すごくもつ煮が食べたくなり、だけど私は居酒屋行っても自分から「もつ煮」を頼んだことはなく、嫌いじゃないけど好きでもない・・・筈だったのに、とっつぜん落雷に打たれたかのように、日曜の晩に「もつ!!もつ煮が食べたいのだ!!」と騒ぎだし、煮込みました。
有機野菜の人参、牛蒡、三浦大根、しめじ、こんにゃく、葱、が入っていて、一応嘘偽りなく安全?!
だけど、もつの部分はSEIYUでした。。。三浦屋、紀ノ国屋をまわったのですけど、「今日は入っていない」とのことで、やっぱり庶民の味はSEIYUでしか入手できないのかっ?!

こちら、、、ダイエットしようと決めた翌日に、ホールで届いたアップルパイ。汗
a0126929_11493888.jpg


少し頂いて、後はカットして冷凍して(頂く時にオーブンに入れようと)、、、の処理が完了したら、、、今度はホールでチーズケーキがぁ・・・・。なまじ好きなだけに、嬉し困る。でも嬉しい。
a0126929_11495729.jpg


こちらは、大人の生徒さんと、レッスン後にお茶してお喋りしました。
幼稚園の先生をしている彼女と、最近の子供の傾向や懸念、考えなどを聞いて、すごくすごく今後心強いアドヴァイスが頂けそうだなぁ~と有難く思ったティータイムでした。

↓ そろそろ出番かも?!
a0126929_11503163.jpg


寝返りを打った翌日、人参粥をぺろりと平らげ、本日人参&南瓜粥を完食したムスメ。
しかも、最後の方は匙とお椀の方をじいっと見て、ナニヤラしばらく考え込んだ後、自分で匙を掴んで口の方に引っ張りました。
・・・子供の成長は、「しない、しない」と思っていると、一瞬で、あっという間にするようです!(歓)
[PR]
by PECHOPIANO | 2011-02-08 11:50 | Comments(0)
初・ママ友会
いやはやいやはやいやはや いやはやーーーー。

毎日ムスメにつかまってます。

いや、当たり前なんですけどね、母子ですから。

段々知能犯になってきて、姿が見えないと、ワーワーと大騒ぎで、更に昼寝を全くしないんですけど、どゆこと?!?!?

・・・・なーんていう、色んな育児話しをするには、ママ友が一番♪ということで、初・ママ友とのお茶会@我が家、が昨日でした。
本当は、先週の金曜日だったのですが、ムスメのマーライオン事件中で、まさに私が朝からグロッキーだったため、一週間先延ばしにしてもらったのでした。
ムスメの初ボーイフレンドのM君と、ムスメと同じ誕生日のAちゃんが、エルゴで抱っこされながらやってきてくれました♪

a0126929_18575730.jpg


・・・・真中で、ただ一人ギャン泣きしているのが、、、ムスメです。汗

同じ月齢の子、体重が2キロも違ったり(ハイ、間違いなく最下位)、ムスメとあまりサイズの変わらない同じ誕生日のAちゃんは、物凄く活発で既に自分の意思でどどどどっと移動したり、180度以上のV字開脚でハイローチェアからいとも簡単に脱出したり、その横で相変わらず仰向け及び、母の膝の上でないと嬉しくないムスメは、人見知りマックスで泣き続けたりと、大騒ぎでした。
いやー、もう、心配してません、この運動能力の開花の遅さには。焦るという次元を超えました。誰よりも、遅く。笑

ま、一方でこの人見知り具合(私がお茶を淹れる間、M君のお母さんが抱っこしてくれたら、大泣き。「Rちゃん、お母さんいるよ!ここに居るよ!」と視界に入る位置に連れてくれて漸く、しゃくりあげるのが少し穏やかになる程度)や、注射エピソード然り、場所見知り然り、アタマの方の成長はとても早く、なんていうか、「・・・悟ってる?」とすら思うほど、時折駆け引きやら知能犯めいたことをして、親の気をひいている生後半年です。
Aちゃんのように、身体は活発に動いて、且つそこまで「お母さんいないとギャン泣き」でない方が、1人で遊んでいてくれるし、親としては助かるんですけど・・・。

M君のお母さんは同い年、若~く見えるお嬢さん風のAちゃんのお母さんも32歳ということを知って、なんだかとても親近感。
自分としては、年齢は30から止まっているので(30代、という括りにした。勝手に。)、「なーんだ、殆ど同じなのね!」と、急に安堵したりして?!
だからなのか、偶然なのか、2人とも落ち着いた考えで子育てをしていて、やっぱり周囲の影響は多少なりとも受けていくと思うので、心強く思いました。

と言うのは、ウチは全くと言っていいほど、ムスメに買い与えたおもちゃはなく(頂き物でも、多すぎるほどにある・・・という理由もありますが)、家は相変わらず番長皿屋敷のように食器や大人のもののみなので、どう思われるかな?とちょっと懸念していました。
これは、色んな考えがあるとは思うのですが、私が考える「甘やかし」は、いわゆる「子供に乗っ取られた家がごとく」目につく至るところに玩具があったり、子供が中心になってしまっている暮らしも、立派に甘やかしの一つだと思うのです。

子供は、愛されることこそどこまでも強く求めて、そうされるべきですが、日々の暮らしという視点の中では「大人の日常の中に、一時期身をおいて(20年弱)育てられている」という立場で存在するべき。
私たちにとって、ムスメがこの世で最も大切な宝であって、やっぱり自分の命よりも大切に思うのは、この子の存在だけであり、だからオットは稼いで必死にムスメを育て、私はなるべく良い食材で調理して、清潔な部屋で質の良い眠りを与えて、潤いのある暮らしを供給する義務を守り抜く・・・・それで十分だと思うのです。
それ以上に、何らかを過剰に与えるのが必要なことかな?と思うわけです。

むしろ、求められる前に与えてしまうことが、如何に子供にとって毒か、という考えに回帰します。教育も、然り。
子供が考える前に、興味を持つ前に、与えてしまうことの害は、20年ほどたってみないと分からないもので、この僅か15年強(学生時代から)子供にピアノを教えている流れを見ても、痛切に感じます。今の子と、15年前の子も、確実に違う部分が顕著です。
昔から、「あれやこれややらせたのに、お金かけたのに・・・な~んにもならなかったわよー!」と、教育熱心すぎた親の、自嘲的な笑い話は尽きませんが、それくらいには罪がないし、親の楽しみだとも思う一方で、確実に子供の独創性や創造性、そして何より「ハングリー精神」を、確実に(知らない間に)奪い去っているという事実。

自分としては、年齢の割に、とても沢山のサンプルを数年越しに見てきたつもりですが、ある程度同じことが繰り返される現状を見ると、つくづくムツカシイんだろうな、と思い至るわけです。
というのは、「与えるほうが」よっぽど、簡単ですから。玩具も、教育も。
考えて考えて、安易に与えずに様子を見て、厳選する大事、けれど同時に、教育に関しては早期で始めないことには身に着かない種類のものもあるので、その見極めがムツカシイところだと思うわけですが、ま、とりあえず教育についてはまだそんなこと考えるのは、馬鹿らしいくらいに早すぎるので、今は貴重な赤ちゃんの時期を、「ただひたすら可愛い可愛い」と愛でることが、何より大切だと、昨日の2人と話していても感じました。
ま、偉そうに書いてみましたが、ムツカシイだろうなぁ・・・私も色々与えちゃうかもなー。。。

で、2人に、玩具買ってる?と聞くと、手にしている一つを見せてくれて、「これだけ」と。笑
更に、ウチにある頂き物のお下がりのベビーラックやバウンサーを、「なにこれ?」と、(かなりメジャーな赤ちゃん用品なんですけれど)物珍しそうに見る姿に、「昼間、どこをAちゃんの居場所にしてるの?」と聞くと、黒髪長身の彼女は、ニッコリ穏やかに微笑んで、一言、

「床」


・・・・笑


そうかー、だからこんなに自由にゴロンゴロンと動き回れるのね、Aちゃん。

って、それだけじゃないでしょうが、もうすでに「与えすぎた害(か?)」に思い当たって、縁のあるハイローチェアにどっぷり横たわるムスメをチロッと。汗

そして昨日の夜は夜で、とても考えさせられる会があったのですが、長くなりそうなので、それはまた後日。

ちなみに、これが唯一私が買ったモビール。紙で出来ていて、地味な色合いですけれど、ムスメはうっとりしていて、意外にも派手なおもちゃよりもこちらに夢中になっています。

a0126929_18585394.jpg


思いっきり自分の趣味で。
ちなみに、二分音符がお気に入りらしい。

こちら。
a0126929_18595845.jpg


初節句に向けて、実家がお雛様を現代風に?飾りました。
昔、私たち姉妹のために父が7段飾りを買って(姉が生まれた時に)、いつもこの時期リビングの奥のひんやりした和室に飾られているのを、ある日学校から帰ってきて見つけては、小躍りしたものでした。
時代は巡って、「段は邪魔(母談)」とのことで・・・・
幼馴染に作って貰った、我が家のリビングのカウンターテーブルを使うから、一ヶ月貸して・・・と、頼んでいるようでその実命令なお達しがきまして・・・・
あっという間に運ばれて行きました。。。
ま、「Rちゃんの初節句のためなのよー!」と言われては仕方がない。
現在、狭いクセにちょっとガランとしている我が家のリビングであります。


写真は、ゴハンのキロク。

a0126929_1903331.jpg

寒い日は、煮込みうどん。
昆布出汁、鰹出汁、椎茸出汁の合わせだしで、オットもホクホク喜んでおりました。
人参、牛蒡、大根、椎茸、セリ、油揚げ、豚肉、九条葱という具沢山。

a0126929_1905673.jpg

こちら、豚汁と、蛸と生姜の炊き込みご飯。こちらも、身体ぽかぽかセット。
後ろのマクロビバナナケーキは、砂糖とバターと牛乳不使用で、ママ友の会用に試作。

こちらを、生徒さんのお母様にお出ししたら、彼女のブログに載せて頂いたので、そのお写真を逆輸入?!笑
a0126929_1912715.jpg


オマケ


a0126929_1921421.jpg

現代風飾りに、スペースの関係上入れてもらえなかった方。

(注:2時間後に、どうにかねじ込めてもらったようです。)
[PR]
by pechopiano | 2011-02-05 19:02 | Comments(4)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧