ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
日常劇場
日常に戻りました。
あっちゅーまに。

大人の素敵な生徒さんお手製のリバティのワンピース(上質なリバティに、ものすっごく丁寧な仕立てのワンピース!自分の人生中で、これほどインパクトと驚きと喜びで頂いたものも、なかなか・・・というくらい、嬉しくて♪)を着られるようになったのも、昼の授乳がなくなったからで、ワンピース好きとしては、嬉しいのも事実。
リバティ、モッサリとしたデザインのものが多い最近、こういうクラシカルな仕立てもとっても上品で好きで、子育て中にこういう素敵なお洋服着て、ホテルに宿泊するのは素敵なイベントでありました。

子供が生まれる前は、「たとえどんな一流ホテルに行こうとも、世界一周旅行をしようとも、我が家が一番って思える巣(家)作りをしておくのがモットー」でしたが、いやぁ~~、癒されました。
だって、子供と一緒にいるだけで、掃除もしなくていいし(家に居ると、なんやかんやとやってしまって休めないタチ)、ゴハンも食べに行けるし、お風呂は広々でプールで泳げるし、もう、こりゃパラダイスだね・・と。
それにしても、ベビーベッドまで用意されており、かなりの至れり尽くせりでした。
ノン・アルコールカクテルの種類も豊富で、すごくすごーく嬉しかったり♪

しかし、旅行やホテルで本当に休もうと思ったら、あと半年後くらいかなぁ。
と申しますのは、やはり離乳食。なんたって、離乳食が3回食。

・・・・事前の用意が、これでもかって言うほど大変でした。凝り性ゆえに。。。
適当に食べさせればいいんですけれど、「折角ここまでこだわったのだから」と、朝焼き立てのパンを持ち、野菜類も前日に煮込んでジャムを作る塩梅で煮沸密閉し、オーガニックの麦茶も煮出して密閉し、胚芽米(ムスメはずっと有機胚芽米)やらオートミールやら、それらを作る水筒やら、、、とにかく、自分の荷物は少ないけれど、オムツやら食事やら(気温の定まらない時期ゆえ)着替えやら、ムスメのものが本当に多くて、ここまで準備したならば、2,3泊したい・・と直前になって思いましたケド。^^;

しかし、驚かれるほどよく食べるムスメ、「念のために」と入れた食物はほぼ全て平らげ、まぁ、作り甲斐があるってもんです。

↓ アタシのゴハンはまだかしら?@朝食
a0126929_21581858.jpg

2日目のお洋服は、オニュー。
ノンウォッシュデニムが上品可愛く、シャーリングとパフスリーブも「女の子アイテムだけど、デニム地ゆえにスッキリ」なのがツボで、珍しく買ってしまった。^^;
今日、7月に出産予定の友達が、奥さんを連れてやってきてくれたのですが(って、出産するのが奥さんですけど)、ムスメが使わなくなった玩具を持って行って貰いながら、色々体験談を話したのですが、出産した時に沢山頂いたお洋服のサイズが、「80」でした。
a0126929_21585790.jpg

先輩ママさんたちいわく、「最も長く使える」とのことでしたが、確かにそんな感じがします。
今は、袖を折ってお腹周りゆったりで着れ、歩きだして多少身体がスッキリしてきても、そうそう身長がグングン伸びる時期ではないし、80というサイズはねんねの頃から歩くまでいけるサイズだと実感しているので、、、そうなると「80だし!」と買ってしまったりするんですよねぇ。。。
子供の物を極力買わないで、無駄遣いしないでいられる知人を尊敬しつつ、、、やっぱり可愛いのを着せたくなっちゃうのよねぇ・・・と葛藤しつつ、何枚か新調しました。

そーれにしても、本当にこの方は良く食べます。
離乳食、食べないっていう悩みならばよく聞くのですけれど、最近「足りない!」とテーブルをばしばし叩いて怒る時があり、毎度「まさかね・・」と思いながら用意した量を平らげます。。

この日(↓)なんて、そら豆とひじき、鮭と椎茸の入った全粒粉ひやむぎ(温)を、鰹と鰯とむろアジ、昆布でとった出汁で大人の半量食べさせたのに、、、美味しかったらしく興奮してあっという間に完食し、足りないと騒ぐので、急いで挽肉(豚)の餡かけ豆腐を食べさせ、まだ足りんと足をバタバタさせるので、いっそいでヨーグルトwithメープルシロップを与え、これまたヒットしたらしくてキーキー騒ぐので、ついにパンも千切って与えました・・・・の図。
a0126929_21592547.jpg

・・・・最近、振り返った顔が、こぶとり爺さんチックです。。。

大人の方は、少し控えめ食になっており、オットは基本昼食(お弁当)で栄養をとることにして、朝は軽くスープを用意するだけにしました。
日に、オットの2食を担当できるならば、ゼッタイ健康コントロールする自信あり!ということで始めたのですけれど(ちなみに、私は朝忙しすぎて、食べられない日が続いていますが、まぁしばらくの間は、丁度カロリーコントロールと思って・・)今日はパークハイアットのデリで購入したサーモンのリエットと、リエットがあるから特別に(?)、ホシノ酵母パンのトーストをつけました。
スープは南瓜のポタージュ。
a0126929_220052.jpg

その、南瓜のポタージュ、新玉葱とバター(カルピス社)、牛乳に南瓜・・・と、至極シンプルなポタージュだし、これらは既に全てムスメが口にして問題なかった食材なので、初めて大人と全く同じものを与えました。少し、塩も入れましたけれど、基本ワタシは薄味だし、そろそろムスメも多少の塩分は大丈夫なので。
すると・・・・・


案の定・・・・・



a0126929_2204840.jpg

よっ、世の中に、こんな美味しいものがあったのかっっっ?!?!と、目を白黒させながら、「ガブ飲み」。
もう、顔中ポタージュにまみれて、歓喜の声をあげながら、器にダイブ!
・・・・あっという間に、「コップ飲み」マスターしました。
常にもぐもぐしているムスメ、リス状態です。
食べ物を差し出されると、口の中にあるものは、ほっぺにギュッと貯めて、「ちょうだい」のあーん。笑
パンは、好きすぎて(?)もぐもぐしたら、もう一度器用に唇まで取り出して、また仕舞って・・・って、牛じゃないんだからっ、とつっこまれながら満面の笑みで食べてます。^^;

「ベビーカーを押してて、今日は道行く人に、○回も可愛いって言われたヨ!」って、オットに報告してはほくそ笑んでいた親ばかでしたが、、、、段々確実にニクに顔が埋もれていってます。。。
ああああ。。。。。

↓ オトナは頑張るヘルシー朝食。
a0126929_2212184.jpg

この日は、マッシュルームのポタージュ。
起き明けに野菜のポタージュって、胃に優しい感じがして、栄養もとれるし、あるだけでホッとしています。
ポタージュに乗ってるオーガニックパセリちゃん、テラスで増殖中。
a0126929_222239.jpg

もう、最近は便利ゆえに、屋上テラスに厳選せずにハーブとか実用品を植えちゃってマス。。^^;

↓・・・・だけど、昼は豚キムチ丼!とかだったりして。汗
a0126929_2225330.jpg

[PR]
by pechopiano | 2011-05-28 22:03 | Comments(0)
-
a0126929_233608.jpg

a0126929_233605.jpg

a0126929_2336085.jpg

a0126929_2336019.jpg

a0126929_2336068.jpg

@パークハイアット♪

GWのリベンジ(?)してます。
「な〜に着せようかな??」もありましたが、やっぱり「なに、着ようかな?!」も楽しみで。
子育て中のリフレッシュです(^w^)

そんな時に…!
素晴らしいリバティのワンピースを、頂きました!お、お手製です!
悶絶してしまったっ!
(詳しいことは、またPCから。)

ということで、リバティのワンピースに、巨大なカゴ引っ提げて(ムスメの荷物が多くて…)、パークハイアットです(笑)。

子連れにサービスが素晴らしく、お風呂のアメニティには玩具のプレゼントも置いてありました(*^o^*)
世の中って、子供に親切だと思う最近。(ホテルの食事は赤ちゃんご法度かと思いきや、むしろ過ごしやすいくらい。)

…明日の朝は、今日摂取したカロリーを燃焼すべく泳がねば!
[PR]
by pechopiano | 2011-05-26 23:36 | Comments(0)
10ヶ月検診
生後10ヶ月になり、動きは活発とは言い難いものの、つかまり立ち始まりました!わー♪
(↓向かいのカフェに向かって、叫びながら、存在をアピール中。)
a0126929_17583841.jpg


・・・ま、無理やりなんですけど。汗

主張が強いムスメ、怒る時のギャンギャンが強度を増し、もともと足は強かったものの、座らせようにも足をぴーんと突っ張って、梃子でも曲げないっていうくらい、突っぱねるため、一昨夜始めてお風呂上りに立たせた状態で着替えさせました。
少しの間なら、手を離してもビシッと立っています。

本日10ヶ月検診へ。

ハイ!

1歳検診決定!(泣)

・・・ふつうは、この後は一歳半検診で少し空くのですが、ハイハイせず、寝返りも嫌いで、ほぼ自分から動こうとしないことに、「いくらなんでもちょっと遅すぎるため」だそうで。。。。

あはははは。。。。ですよね。。。ハァ・・・。

ただ、言い訳(?)なんですけれど、検診に行くと、先生と看護師さんはよく覚えてくれていて、「Rちゃんは、物凄く良くわかっちゃってるんだよね、3ケ月の時既に記憶してたもんね!」と、毎度驚きつつも、気遣ってそおっとムスメを見るようにしてくれます。(注射と思って、ムスメが泣きわめくので。)
今日も、ついには看護師さんの顔まで覚えてしまったため、超ゴキゲンだった表情が段々曇って、早々に泣き叫びまして。
検診後にようやく泣きやんだムスメを抱っこして、センセイに挨拶すると、ニヤッと笑いながら、ムスメの頭をなでなで。
・・・途端に火がついたように再び泣き、ドアの方へ行くとピタッと泣きやむ、という怖がりぶりで、彼女らも笑いながら「普通は、まだここまではわからないのよ。しかも出口でぴたっと泣きやむし、まぁアタマの方はとても早いから心配ないとは思うけど・・・そのうち動くとは思うけど・・・でも念のためっ!」と、言ってはくれましたが。

出産だって、フツーに頭位で40週前後に生まれてくるのが一般的だというのに、最後まで逆子で、寝返りしてから動くのがフツーなのに、断固うつぶせを拒否し、とっくにハイハイをするのが大多数なのにいきなり立とうとし・・・・、どこまでも「なーかーにーは、時々そういう子もいます」を貫くムスメ。
天の邪鬼なのは、誰に似たのかしらね??と、チラッとオットに横目で聞いてみたりして。笑
ま、いつまでも動かない人間って、あり得ないよねっ!と元気づける今日。

ちなみに、身長は、ほぼ成長曲線ど真ん中、体重は少し少なめ(あんなに食べるのに!)という、成人ならば理想的なラインに入って、一安心。
あんまりブヨブヨの赤ちゃんってのもいやだな・・と話していたところなので、今くらいだとちょうど赤ちゃんらしくて理想的?!

そして、ついにやられました、、、ハイ、朝っぱら6時に仕事関係者に電話したらしい。。。

「なんか、早朝電話があったからナニゴトかと出てみたら、ゴソゴソゴソ・・ガサガサ・・・って聞こえるだけだから、必死に呼びかけたんだけど・・・」って連絡がきて、ビックリ仰天。
えらいすみません。。。
子供って、何故こんなに携帯、眼鏡、リモコンが好きなんでしょうかねぇ。
普段はテレビは殆ど点けず、お風呂に入れる時、私が入っている間に待たせておく時の「奥の手」として使うようにしているのですが、実家ではリモコンをしっかり握って、テレビの前でボタンを押しては、画面を確認しているという知能犯だそうで。
時々、とんでもない設定になっていて、実家は実家で困っているらしいですけど?!

ところで、最近のヒット商品の御紹介を。

使い始めたのは結婚した頃なので、最近でもないのですが、エンバランス
という品物。
なにやら、色んなグッズが出ているのを、ペーストするために検索して、今知りましたけれど(汗)、私が愛用しているのは、保存容器。
鮮度保持効果があるという、ポリエチレンの袋(ジップロックのようなもの)を
ナチュラルハウス
で手に取ったのが数年前で、「普通の保存良きと同じように見えて、全く違うものです」と謳っている鮮度保持効果に、どこから見ても「普通の保存容器」にしか見えなかったので、用心深く(でも興味があって)まずは、袋だけ買ってみたのでした。

そしてそれは、地味ながら明確に、明らか~に、通常のものとは似て非なるもので、例えば紫蘇とか生姜とか、すぐに黒ずんだりカビがふさっと生えてしまいがちなものを入れたりすると、冷蔵庫の中から忘れた頃に発掘されたとしても、買いたてのような初々しさで存在しているではないかっ。
もう既に、私にはなくてはならないアイテムとして、料理の相棒であったにも関わらず、「この袋が破れたらタッパーを買おう」と思って数年。
・・・・全然くたびれないのね。。(そこもびっくり。)

ポリプロピレン製のタッパーは、見た目的にアウトということで、独り暮らしを始めた頃から(10年以上前)ステンレスの保存容器か、野田琺瑯を愛用していましたが、この度プラスチック(・・ではないけれど)が返り咲きました。
だって、いくら破れなくっても、袋を洗って乾かすのって、乾くまでにかなり時間がかかるし、リネンで拭くのも角っ子まで水分を拭きとるのは手間と時間が・・・。
毎日のことだし、この数年の愛用振りだからタッパーを買ってよい、と思いまして。

ぬか漬けも、今は琺瑯容器で漬けていますが、この度エンバランスにしようと思ってます。(良い塩梅に漬かったぬか漬けちゃんたちは、エンバランス行き、の図↓)
a0126929_17593679.jpg

この日のランチのメインは、キャベツと人参、玉葱のミンチがたっぷり入ったミートボールでした。(オットのお弁当用に。)
ムスメの離乳食用に作った野菜のブイヨンと、白ワインたっぷりで煮込みました。
今更ですけど、フードプロセッサー、活用するとすごく便利だと気がつきました。何故だか(目の前にフープロあるのに)「職人たるもの、包丁一本で成し遂げてみせる」と鼻息荒げてトントントコトンやってましたけど(だから、職人じゃないって)、ある夜更けに疲れきって顔を上げたら目の前にクイジナート。
・・・人差し指数秒で、ワタシの疲労が救われました。
家電って、便利ー。

ぬか漬けって、すごく良いですね。
いつかやろう、と思って随分時が経ちましたが、日本伝統の発酵食品は、植物性のものが多く、納豆に代表される健康食品。
暑くなってくると火を使った料理をしたくなくなるのか、食べたくなくなるのか、とにかく栄養がとれにくくなるので、まさにもってこい!
今は、胡瓜、大根、人参、蕪という王道ですけれど、オーガニックの茄子が出たらつけたいし、セロリなんかも美味しいかも♪
冷蔵庫にこうして入っていると、安心します。おやつにつまんだり出来るし。

a0126929_1801050.jpg


さて、ムスメも大分1人で遊んでくれるようになり、離乳食も朝昼晩の時間がキッチリ&明け方と寝かしつけ以外の授乳をなくしたので、かなり人間らしい生活に、こちらも返り咲き。
先日は、仕事以外で初めて実家にちょっとムスメを預かってもらって、吉祥寺に友達とランチに行ってきたり。
子供が生まれて幸せだけれど、やっぱり友達と二人で気楽にお喋りするランチは、物凄い開放感でありました!笑
そんな10ヶ月のヒトの、「青空絵本教室~!」
a0126929_1804851.jpg

屋上のテラス、ワンシーターの革張りソファはムスメにとられました。
a0126929_181716.jpg

洗濯ものを干しに行く時に、ムスメも連れて、一緒にここでアイスティーなど飲みながら、のーんびり。
(テラスがものすごく好きみたいで、キャッキャッとゴキゲンになります。)
a0126929_1812633.jpg

週末は、オットも含めて3人で、午前中の軽いティータイム。アイスティーは、ロイヤルコペンハーゲンのマンゴティーを水出し。・・・・オットは、麦茶のごとく一気飲み。汗
週末ごとに、ムスメに絵本を買ってあげているオット。昨日も、「本屋行こう!オトーサンが、絵本の大人買いを見せてやる」と。

玩具は相変わらず手作りですが…↓
a0126929_182535.jpg

(これは、水羊羹の入っていた細長い筒に、コメを詰めて(子供の好きな)派手でつるつるした(シャワシャワ言う)ラッピングで巻いたもの)
・・・本は沢山与えてあげたいという感じの我が家です。

日曜日は、オットが「奥さまの慰労」(笑)と称しながら、お茶かブランチを御馳走してくれるのが、ちょっとした楽しみになりつつある最近です。
昨日は、オチャと言いながら、がっつりインドカレー。汗
そう言えば、一番最初のデートが銀座のインドカレーだったね、と言われ、そう言えば、「のっけから手掴み食べ」だったなと思いだす。
懐かしいー・・・光陰矢のごとし!
a0126929_1824842.jpg


↓ こちら、有機のおじゃがに、屋上テラスで摘んできたローズマリーと、常備してある塩豚で「前菜」
a0126929_1831257.jpg

a0126929_1832731.jpg

・・・・のつもりが、この他にほうれん草とモッツァレラのオムレツ(どちらもムスメの離乳食食材の残り処理・・)を食べたら、カレーから時間もたってなかったし、メインの牛肉に辿りつけず・・・

・・・翌、本日は焼肉弁当となりました。(オットが。)↓コチラはワタシ分。

a0126929_184988.jpg

いやー、、ぬか漬けがあるから~・・・と、今後料理をしなくなりそうでコワイ。

↓ コチラ、ムスメのランチの「レバーペーストロール」。
a0126929_1845264.jpg

手づかみ食べ用で、結構上手に食べるのですが、バターも卵も不使用のホシノ酵母のパンは、少々巻きにくいのが難点。

↓ こちら、「心のこもった(笑)」ホワイトソース使用のグラタンと、ひじきと鯛とそら豆のお粥。
a0126929_1864740.jpg


・・・・なんですけれどー、他に鶏そぼろの餡かけ豆腐があり、まさかの完食&おかわり要求に、焦ってとりあえず明日の分・・と確保しておいた残りの豆腐を、なんの味付けもせず食べさせたら・・・・

・・・・興奮して大喜びでした。。。


ワタシの努力って、一体・・・。
[PR]
by pechopiano | 2011-05-23 18:08 | Comments(0)
フライング10ヶ月
いつ日記が更新できるのか、読めない日々なので、フライング10ヶ月キロクです。
(明後日で生後10ヶ月。)

はやっっっ・・・。

先日、市の7月生まれの会に行き、大分顔ぶれも把握してきたママ友さんたちと、楽しく情報交換。
というか。
ムスメ以外の全員が、ハイハイ(しかも高速ハイハイ)、ズリバイ、もしくはつかまり立ちのいずれかをマスターして、段差をものともせず上り下りする子アリ、ふすまの隙間を目指して隙あらば脱出する子アリ、とにかく「めざましい発達を見せる」と言う10ヶ月に相応しい動きをしていました。

我がムスメ・・・・座ったまんま、どっちり動かず。

・・・・・・・。


ぶっちぎりのビリ決定!いぇぃっ!( ̄(エ) ̄)v

ま、いっか!笑 (←笑うしかない。)

離乳食の食べっぷりと、気の強さ(主張の強さ)は、間違いなくトップを争うと思うし。しくしくしく。
(・・・むしろ、不安です。両親ともに遺伝子的に身に覚えがあり過ぎで・・・。)
あと、喃語はものすごいです。フランス人?って言う感じな語尾。
しかも、絵本を見せたときより、明らかに文字が多い新聞だとか雑誌だとかを置くと、指をさしながら、ずっと長いセンテンスで喋ってます。
時々、あまりに可笑しいので、「ぼんじゅーる!」って話しかけてます。

そんなヒトに、夏のグッズを少々ご用意。

↓ ムスメのスペースにピッタリサイズな、国産のゴザを購入。
a0126929_22113294.jpg

安価な中国製のイ草だと、農薬たっぷりなのはもちろん、すぐにダメになってしまうとのことなので、福岡産のゴザを購入しました。
誕生祝いで頂いた小さなゴザが、まさか一年弱で日々の使用には小さくなるとは思いませんでしたが、こちらはお外用に活躍することになりましたので。
しっかり編まれたイ草は、黒いドット柄というモダンで子供っぽくないデザインも気に入りました。なにより、ムスメのスペースに、オーダーしたかのごとく、ピッタリ。
基本、ここに敷いていますが、くるくるっと丸めて家内を軽く移動できるので、冬場のラグより好きです。
今家の中がフレッシュなイ草の香りで満たされています♪

↓こちら、新しいバギーを買ったという、同じく7月生まれのオトモダチが、なんとも可愛い蚊帳をバギーにつけていて、「蚊帳でUV」なこれは、夏の必需品よ!と教えてもらったので、早速。
a0126929_22115941.jpg

特にこの日、人生初の(?)蚊に額を刺されて、千昌夫化していたのでタイムリーに購入。
なんだか、籠の中のお姫様みたいで過保護っぱい?!・・・と言うか、私もコレに乗って運ばれたい。
黒いメッシュに、ところどころカラフルな象さんが付いてます。
赤ちゃん要素の象さんなんだけど、どこまでもベビー色じゃなく、全体的にシックなあたりが、さすがのデンマーク製。

最初は市の3,4ヶ月検診で、子育てサークルなるものが始まったと思うのですが、その頃はまだまだ(大体が第一子だし)皆どこか、不慣れで子育ても、どこか様子見しながら・・・という不安感のようなものも持ち合わせていた雰囲気でしたが、もう最近は子供の黄金期と言われる、「超・超・可愛い盛り」が始まったためか、皆笑っちゃうくらい我が子にデレンデレンで(笑)、同時に、少々のことでは揺らがないような自信と余裕のような母の風格が備わって、子育てをエンジョイしている空気が部屋に漂っていました。
時間帯柄、誰かしらが離乳食を与えると、「えっ、それナニナニ??もう卵やった~?」とか、「器はどうしてる?」だとか、それぞれの離乳食メニュウや事情に興味津々。
子育ての一番の敵は、孤独感じゃないかと思うので、行政がこうやって沢山の働きかけをして、「皆で育てて行こう」という流れを作るのは、本当に有難いとつくづく感じます。

毎日信じられないくらい忙しいし(人生で、一番忙しいです、今)、常に自分のことだけを考えてきた30余年から、ガラリと「常に自分じゃない生物の動向によって行動をする」日々が連続するので、いくら死ぬほど愛おしいと言ったって、ストレスや孤独感や不安感は、極力ないに越したことはないくらい、毎日がトライアスロンです。笑
子育ての最も大変な時期を、素晴らしいものに見せるか、苦労と思わせるかは、同じ境遇の友達に恵まれるか否かというのも、とても大きく影響すると思う。

そして、情報交換により、ムスメも鶏肉のみから、豚肉(レバーから始めて、赤身の挽肉も)と、初・ホワイトソースも解禁しました!
a0126929_22151829.jpg

「誰かのために、心をこめて料理をすること」
これを、ずっとしたいと思っていた、身軽で時間がたっぷりあった20代の時期もありました。
そんなことすっかり忘れているような、子育て真っただ中の三十路後半戦に、寝息を立てるムスメに、こちらは息を殺しながらタイミングを見計らって作ったホワイトソース。

自分のためならば、普通の牛乳で小麦粉も「まぁ、ダマにならない程度に」どさっどさっと入れて適当にかき混ぜることも多かったけれど、ムスメにとって初めてのホワイトソースになるので、ごく丁寧にふるいにかけて、まるでお菓子の仕上げのパウダーシュガーを振るようにゆっくり伸ばし、「美味しくなぁれ」「どうか、どうか、アレルギー反応が出ませんように」「R(ムスメ)の美味しい栄養メニュウが、また一つ増えますように・・・」と、フライパンの中を一心に見つめながらかき混ぜていました。
これほど、想いをこめて料理をするのは、初めてだなと思いながら。
(実際の想いはともかくとして、見た目的にはヘンゼルとグレーテルを煮込もうと思って鍋をぐらぐら火にかけるバアサンと、絵的には似ていた気もするが。)

で。
アレルギー反応、どちらもありませんでした!

と同時に!

想いをこめたホワイトソース・・・・



・・・・まったくの無反応でしたっ!!





まっ、いっかっ!!笑 (←子育ては、笑うしかない。)

いや、大食漢なので、ぺろりと平らげましたけどね。笑って欲しかっただけで。汗

↓ 先日、お料理上手なママ友さんが持ってきていた、お手製のクラッカーが超ツボで、「なんだっ?!これはっ?!」と、食い下がってレシピを聞きだしまして。
a0126929_22155771.jpg

もともと、ゴボウのサブレだったらしいところを、バジル、黒コショウ、ドライトマト、ローストした玉葱、粉チーズで焼いたとのことで、なんとなく「焼き菓子」というと、甘い系だけなので、こういうスナック的なものは、食べたかったら買うしかない、と決め込んでいました。
売っているスナックっぽいものは、不健康なイメージがあるし、使っている油も悪ければ、素材もロクなもんじゃないし・・・でもジャンクって美味しいよね・・みたいなイメージでしたが、これは好きな味なのに胃もたれせず美味しい♪
もっと薄くクリスピーに焼きたかったのですが、ちょっと厚くなってしまったものの、実家では「ワインにあう」と喜ばれたので、これはしょっちゅう作ることになりそう♪
幸い、全部家にある素材なので、思い立って昨夜皆が寝静まった後、焼きました。
(忙しい、忙しい、眠りたい・・・って言いながら、こういうことはしているワタシを見て、オットは何も言わないけれど、突っ込みたい気満々だろうと思う。笑)

↓ そんな方の、「ブラウン弁当」。汗
a0126929_2216369.jpg

いや、彩り良い日もあるんですよー!ホントに!そういう日に限って、写すのを忘れるだけで。
この日は、心をそそるジャンクなものもちょっとは入れてやらねば・・・と、かつ丼の具(カツと新玉葱の卵とじ)を2切れと、チーチク(チクワにチーズ詰めた)、きんぴらごぼうに、ブリと花大根(三浦屋さんで売られていた、切干大根の花形)と根菜の煮つけ、でした。

本日、午前中にムスメを背負って自転車で用事を済ませに駆け回っていた最後に、「ずっと行きたかった近場」の、洋菓子WESTへ。
ここのドライケーキ、お持たせの定番にして、ヨックモックと並ぶ大好物なのですけれど、ウエストの工場直売所が国立にあって、一割引きで買えると聞いていましたが、なんとなくの場所しかわからず、駅から離れているので場所の確認をしていなかったのですが、市の子育てサークルをする会場がいくつか点在しているのですが、それらの近くにあるようでした。
今日行ってみたら、、、なんのことはない、我が家から自転車でまーっすぐ行けばいいだけじゃない!と判明し、昭和的な品の良さな佇まいを見つけた時、嬉しくなって背中の赤子に「あったよあったよぉ~!」と報告。
丁度エルゴで赤ちゃんを抱っこしたお母さんが下りてきたところでした。
a0126929_2217267.jpg

てかりと厚みのある包装紙に包まれた、ここのドライケーキを頂くと、クッキーに含まれるバターの重さが、ずん、と掌に乗っかるような、丁寧な重みを感じます。
黄金ともブロンズとも交わったようなリボンを解くと、おもいっきりよそゆきの顔をしたクッキーたちに、わくわくした気持ちが湧きおこるのですけれど、それと同時に贔屓なお菓子と、「いつも後回し」にされるドライケーキがあり、この直売所の嬉しいところは、いつも詰め合わせでしかお目にかかれないドライケーキが、バラで購入できるのです。
いつもは「好き嫌いしないでバランス良く食べなさい」と言われていた子供が、今日は好きなものだけ好きな分だけ食べていいよ!と言われたような気分で、詰め合わせを開いた時に真っ先に確保するクッキーを、小さな藤のカゴにワクワクしながら入れました。詰め合わせに入っていないジンジャーケーキというのも一つ。
と同時に、これまで。笑 ↓
a0126929_22175059.jpg

ドライケーキじゃなくて、ウエストの生ケーキなんて、銀座行かないと食べられないのだと(なんとなく)思ってたー!

しかも、季節限定だとかで、さつまいものキャラメルケーキなるものが210円だったので、チョコ好きとしては外せないショコラと二つも。
(水出ししたアイス・フレーバーティーと共に♪)

・・・・調子に乗ってマス。
だって、今朝妊娠発覚以来、2度目の体脂肪を計ったら、嘘かホントか、15.1%って出たのです!!!まじっ?!?!
じゃ、いいじゃーん!っていうことで?!
(しばらく計るのやめておこう。)
先日ママ友さんの間でも話題になっていた「卒乳」について、(既に今日から卒乳という方もいた)、信じられないくらい早いものの、もうそういうのを考えていく時期で、ムスメもおとといから夜寝るときの授乳と、朝起きた時の2回以外、昼間は飲まないようになりましたので、今後はむしろ暴食禁止なんですけれどね。。^^;
ちょっと意識して、ダイエット始めました。(まるで信憑性のない写真と現実ですが。汗)

a0126929_22181043.jpg

昨日頂いた、京都の抹茶のバウムクーヘンもまだ手付かずなのですが、どちらもまぁまぁ日持ちするので・・・と、こんな風にギッシリ詰まっていると、生きている瞬間が全てシアワセになる、すべての細胞が、食欲に支配されている食いしん坊な日々。
[PR]
by pechopiano | 2011-05-19 22:18 | Comments(0)
灯台もと暗し
地元満喫GWに続き、地元満喫ホリデー。

・・・・っていうか、生まれてこのかた、ユトレヒト暮らしの2年以外はずっとくにたちdaysなんですけど。笑

それでも子供が生まれてみると、遊ぶ場所が変わってくるというもので、地元の良さ再発見中で、なかなか楽しいです。^^
土曜日に視察済みの、一橋大学。
a0126929_21312634.jpg

知ってはいたけれど、実際にはまだ子連れで潜入していなかった一橋大学の「子連れに最適キャンパス」。
沢山の親子連れがベビーカーを押してプチ遠足していました。
芝生に入って良いらしく、新緑のシャワーの中で思い思いに過ごす親子が多くて、まさに「庭」的近さなので嬉しくなりました。

昨日はお天気も良かったし、ブランチに新しく出来たバーガーカフェ(出来上がるのを楽しみに待っていた♪)「cafe la fresca」に、お昼ジャストくらいに入店。
オープンテラスが気持ちよさそうで、ここならムスメが騒いでも気にならないし、日曜日に行こうね~とオットと話していたのでした。

で。

むちゃむちゃ美味しかった!!!!
a0126929_2132123.jpg

和牛100%のつなぎなしパテに、バンズは天然酵母、ソースやベーコンも添加物一切ナシの自家製とのことで、オットも一口食べて「すごく美味しい・・」と。
あっという間に店内はいっぱいになり、こんなに青い目の方はくにたちにお住まいだったのか?と思ったくらいの金髪人口も多く、本格バーガーを頂けるこのお店をさぞかし待っていたのだろうなぁと見まわして、大きなバーガーに被りつきました。

この並び数軒先には、Kunitachi Tea Houseという、美味しいガレットとたっぷりの本格的な紅茶が数多の種類から愉しめるお店があり、他にも釜焼きピッツァ屋など、割と最近オープンしたお店が続々あるのですけれど、どれも「そう言えば、この町になかったな」と思うもので、更に的を絞ったことで味の方もとても美味しいため、繁盛しています。
逆に、出来ては潰れ、また出来ては潰れる・・・を繰り返すお店というのは、小さ(すぎる)なカフェ、アジア系列の中途半端にメニュウが多岐にわたっている店、そしてフレンチ。(←やたらと多い。)
でも、このバーガーカフェは流行りそうな予感です。少なくとも私たちにとっては流行って欲しい~!

さて、腹ごしらえもしたことだし、紀ノ国屋さんに寄ってから、一橋大学構内へ。
a0126929_21342231.jpg

うーん、5月のお天気の日曜日に、これほど相応しいシチュエーションがあるだろうか!?と、胸いっぱい新緑を吸いこんで、芝生の上に(出産祝いで頂いた、国産イ草の子供用のゴザを敷いて)ムスメをごろん♪
大人も転がりたくなったので、急きょオットが100円ショップにシートを買いに走り、その後「サイコー!!」と、構内デビュー5分にして、最終リラックス体勢(寝ころぶ)。
自宅か?というほど、ヒトの敷地で寛いできました。
裸足に新緑、優しく撫でる風と広い構内に、ムスメもきゃっきゃっゴキゲンでした。
a0126929_2133488.jpg

ちなみに、ストローマグが欠かせない最近ですが、段々食中毒の季節になってくるし、なにより飲んだり「ゴボゴボしたり(汗)」なムスメなため、朝作った麦茶をそのまま持ち歩くのがちょっと怖いので、外用にステンレスの保冷マグを使うことにしました。(右の大きい方がムスメ用?!)
a0126929_21345119.jpg

それに、もう大分量も飲むのです。顔からダイブして、麦茶をごっくごっくごっくごっくと喉を鳴らしながら。
でも子供用の手付きのストローマグって、キャラクターものが多かったり、気に入ったデザインのものがないので、ところどころだけ色のついたフランス語が書いてある、ステンレスのマグの口が、丁度シリコン製のストローが挿せるサイズでフタも閉まったので、こちらを使用することに。これならば、どんなに大きくなっても使えるし。笑
(ちなみに、搾乳機を買った時、何故か大量のシリコンストローが50本ほどついてきて、今丁度役に立っています。)
a0126929_21353599.jpg

中蓋がサーモンピンク色なのがちょっと残念なのですけれど、、、ま、それくらいは目をつぶります!?

昨日は、オットが在宅でムスメの相手をしてくれたので、ずっと続いていた粕漬けを少し休むために、粕床に火入れをして容器を移し、その代わりにぬか床を仕込みました♪
a0126929_21362333.jpg

(こちらは、無印のHPからお借りした画像なのですけれど、まさにこの無印の琺瑯容器にこのようにして入れて仕込まれています。^^)
夏のサラダということで、胡瓜を5本、今日は大根ちゃんですけれど、とにかく良く漬かって美味しいので、、、益々ビールが欲しくなってます。。。
毎日子育てで忙しいと言いながら、毎日手を入れなくてはならないものを増やしているという矛盾は、この際置いておこう。

↓ ゴハンのキロク。
a0126929_21365464.jpg

タラモサラダは、「たらこ・食塩」のみ原材料という潔いたらこに出会ったので、即お買い上げ。
帆立の生姜醤油煮と、シラスと大根菜入りの卵焼き、里芋と鶏ひきの煮物・・・・
a0126929_21372964.jpg


・・・・そう、お弁当予定だったのですけれど、この日はオットは朝食べて行きました。
a0126929_2137523.jpg

(ワタシの分♪)

こちら、残りものを回した夕御飯ですけれど、ホタルイカのパスタをオット実家で御馳走になって美味しかったので、紀ノ国屋さんで旬のホタルイカを購入。
ほうれん草やマッシュルームを加えて、パルミッジャーノを沢山摩り下ろして晩御飯に。
オットも「美味しい」と喜んでいたので、これはひょっとして、「おふくろの味」っていうやつなのかしら?^^
a0126929_21381425.jpg

↓ ムスメのゴハンのキロク。
a0126929_21384634.jpg

こちらも、イタリアのベビーを見習って(?)パルミッジャーノも最後に加えた、この日は野菜スープで煮たリゾット。(ほんのりトマト味。)
出かけるときは、こちらのサーモスのジャーにムスメの御飯を入れて持ち歩いています。
パンと、フルーツ入りのヨーグルト、とかの時も(ランチは軽めなので)、使えるし、口が広くて食べさせやすいし、これは本当に買って良かったグッズです。
水筒と言い、ランチジャーと言い、決してベビー用品ではないけれど、ともするとこの方が長く使えるし、大人と共有もできるので、なるべくそういうもので使いまわしたいなと思っています。

↓ ♪
a0126929_2139715.jpg

本の中の(今のところ)一番ヒットは、「しろくまちゃんのホットケーキ」!
ヨッ、さすが大食漢!笑

と言うことで、ぐりとぐらのお話を見ると、黄金色の巨大なパンケーキが食べたくなる世代としては、食べ物が出てくる絵本を実践しないわけもなく!?
バター不使用で焼き、材料は小麦粉、メープルシロップ、豆乳ベースの「アレルギーっ子用パンケーキ」をベースに、バナナもピュレ状にして入れました。
卵以外は大丈夫そうなのですけれど、卵を始める時期を見計らい中。まだ食べさせていない子も少なくない月齢です。

で。
このパンケーキはもちろんのこと、喜んで足ぱったぱったしながら食べました♪(お皿を置くや否や即行で手を伸ばしてきます。笑)
a0126929_21403611.jpg


沢山焼いて冷凍したので、今日もおやつに持参しました。
豆乳ベースなので、もっちりしていて固くなりにくそうですが、何せ小さくて薄いので自然解凍が一番らしく、丁度解凍された頃に与えたら、オトモダチの子(同じくもうすぐ10ヶ月)も沢山食べてくれました。^^
a0126929_21424417.jpg

a0126929_2143595.jpg

(奥に見えるは、オトナのフレンチトースト。ムスメがパンを食べるようになってからは、ホシノ酵母の食パン頻度が上がっているので、処理に追われる分、フレンチトースト回数が増えてきています。。)
↓ 今日は「7月生まれの会」だったので、持参お茶菓子として、和三盆ときなこのボーロを焼いて持って行きました。
a0126929_2141235.jpg

こちらは久々にバター使用の焼き菓子ですが、乳製品OKで離乳食の進みが早い子ならば、もし欲しがったらあげられるなぁ、というのをちょっと意識して。
和三盆、、、、本当に美味しいですよね・・・・お値段張るけれど、このホロリ感はさすが。

オマケ。
我が家の屋上テラスも(切迫早産以来ほぼ一年ぶりに)解禁しました♪
水をジャージャー撒いて、ソファやテーブル、ベンチを掃除して、これからの季節は本当に楽しめそうです。
最近は洗濯ものを干す時にムスメも連れてきて、このソファに座らせると、大喜びです。気持ち良さって、大人も子供も一緒だ。

a0126929_21444660.jpg

「・・・・アラ?曇ってきたわね?」
[PR]
by pechopiano | 2011-05-16 21:44 | Comments(0)
新手の荒治療
ちょっぴり、いや大分確実的に喉の調子が怪しくなった先日。

・・・・やばいぞ、と思っても、こうなるとひく時はひいちゃうんですよね、風邪って。
んがしかし。
そうもいっていられない日々なので、どうにか軽く済ませたいところなのでしたが、私の風邪はいつも大抵喉の上が痛くなったことによって、開始のゴングが鳴ります。
喉の上の上、ようするに殆ど鼻のテリトリーなのですが、ここが炎症を起こして、菌がぞろぞろと入場している感覚があるので、何としてでもここでやっつけたい!

冬であれば、グラグラ沸き立っているような(実際には43度ほど・・)湯船に、頭までずっぽり埋め込み、風邪は頭の上からやってくる、というロシア人的解釈により、通常温めにくいアタマを、高熱以上の温度にもっていくことで、風邪菌退治!!ってやってまして、それが、誰がなんて言おうとも、効くのです。湯船にびっしり埋め尽くされる黒髪を目撃した家族が、貞子と命名しようとも、効くのです。
また、眠る時は、これまたViolinist友人から聞いた、「首根っこにホッカイロ」で、風邪菌をこれ以上下へ下げないように、通行止めを図るというやり方。

んがしかし。

季節は5月半ば。
あっちーのね。雨が降ってても。

風邪をひいた原因なんて、突き止められるものじゃないですが、まぁ疲労と、それによる睡眠時の習性じゃないかと・・・。
というのも、ものすっごく疲れている時、口を開けて眠っているようで、子供を持つまではたま~~に、夜中に「ハッ!」と喉の渇きで気がついたこともありましたが、ここのところ毎晩でした。
毎晩、水ぅう・・・み、水ううぅ・・・・と(大体からして授乳で水分もってかれている)、苦しい呻きのような自分の声で目が覚めると、口がぽっかり開いて、カラッカラになっていまして、、、これは喉がやられないかしら?と不安に思っていた矢先でした。

昔、小学生だった頃に熱を出して学校を休んだ時、普段は知らない「平日お昼前の自宅」に、我が最初の師匠がやってきました。
お見舞いと称して、片手にルゴール。
いや、こーれが、プロ顔負けっていうくらい、塗るのがうまくて、普通人の(特に子供の)喉に、異物を突っ込むのって、かなりの勇気がいると思うのですけれど、何の躊躇もなく、ヨード液に浸されたガーゼを、グッと喉の奥に押し込まれ、、、、そりゃもう目の玉が飛び出るくらい染みて染みて、これぞ元祖「痛キモチイ」でした。我が歴史上。

以来、ヨード液に少なからぬ愛情を感じている私ですけれど、いつも思うのですが・・・、「のどぬーるスプレー」って、喉じゃなくって、今、この罹り始めこそ、鼻の奥に届いて欲しいんだヨッって、もどかしくてもどかしくて。

・・・・のどぬーるスプレーを手にしながら、時間は3分もなかったのです。
生徒さんがやってくる時間が近づいていて、ムスメを実家に預けてゼイゼイ帰宅しながら、のどぬーるスプレーを手にしたのですから、とにかく決断を急がなくてはならない。
のどぬーるスプレー、しかも新スタイルらしく、ノズルが長いものでして、益々持って「オラ、やってみようよ」と、ブルーのそっけない文字から感じるわけで。(誘ってない。)

「・・・・鼻の粘膜って、のどの粘膜より強いの?弱いの?」というちょっとした恐怖心があった筈なのだが、時計の秒針がそんなちっぽけな恐怖心を連れ去りまして・・・・



びゅっとひと押し。


してみました。

あは。


・・・・・?!#”?!*‘Y!?*P‘~~%’‘☆

って、星が目の玉の中で飛びました。
命中しすぎて、くぉおおおおおおーーーーっっっっ・・・て、もしかして、のどぬーるスプレー、目まで届いちゃった?!?!?!っていうくらい、もう、テーブルをばんばん叩いてぬおぉおおっっって。
(品がなくて、甚だシツレイ。)

人生で初めて、インターホンに「ハイドウゾー」っていう5文字を発音できずに苦しみました。

んがっ。


効いたらしい!!!!!!


この先は、汚いので文字に変換することを控えますけれど、風邪がまんまとのどぬーるスプレーに驚いて撤退して行きました。
ゼッタイ、「身体的保障はできかねますが、一刻を争う即効性をお求めの方には、お鼻経由の注入も一つの道としてアリマス」くらい、記載してはいかがなものかと提案したい。

ってなわけで、結構元気にやってます。(?)

愛しい私の怪獣ちゃんは、「赤子の成長は、日々更新だ」って聞くけれど、決して比喩表現じゃなかったのね・・・と思う、毎日新しいことが出来るようになって、面白いです。
手掴み食べにしても、最初は手を口に持っていくまでが大変で(額に持って行っちゃったりする)、「ナルホド、今当然と思っている動作の一つ一つが、最初はこの部分が分からなかったのだな・・・」と、自分の知らないヒトの行動の原点を知るようで、面白いのですけれど、翌日には口に持って行けたら、翌々日は掌の中のものを開いてみることも出来るようになり、そのうち今度は右手から左手に持ち替えて・・・と、言った塩梅に、一つ一つの行動に、ちょっとづつ進歩がみられるわけです。

お座りも、なんとか座れるようになっても、後ろから呼ぶと首を向けたいけれど、倒れそうで出来ない・・・・のが前日だったら、翌日はもう振り返れるようになり、今では振り返って物をとったり、倒れそうになってもバランスとったり・・・と、「へぇええ」といちいちが感動です。
最近は、真似をするようになってきて、実家で仕込まれた拍手は、こちらがぱちぱちぱち~とやると、一緒にやります。^^
実家に遊びに来ていた姉が、ハイッと手を上げてみたら、じいっっと見て、真似してハイッってやったらしく、実家では大いなる話題になっておりました。
今日は、KIDS BOSSAという、ボサノヴァの子供CD(オシャレで可愛いのです!)にOld McDonald Had A Farmがあって、「イーアイ・イーアイ・オー」が出てきたら、このような発音は、最も赤ちゃんがしやすい喃語なため、ムスメはハッとして、、、、真似して「イーアイ・イーアイ!!」と、歌詞が出てくる度に真似っこ!

・・・・って、フーンと思われそうですけれど、毎日子供の変化を見ていると、新しいアイテムが出ると、びっくりしちゃうのです。
昨日は、タンバリンを振ってただけなのに、今日は正しく左手で持って右手で叩き(誰が教えた??)、更に今日はカスタネットとタンバリンをぶつけ合わせて「シャンカチャゴリッ」っていう、新たな音を愉しんでおりました。笑

先日お蕎麦屋さんに行った時、ベンチ椅子から落ちないよう、私の鞄をガードとして使ったら、「中から引っ張り出す」のが面白かったらしく、夢中になって鞄を覗きこんでは物を引っ張り出していたので、翌日からは玩具は私が選ばず、玩具かごを目の前に置いて座らせることにしました。
↓ 早速、次々取り出して夢中で遊んでいます。^^
a0126929_23121975.jpg

しかも、歯固めを出したら、きちんとハムハムハムとひとしきり噛み、空いている片方の手で新たな玩具を出してそちらも遊び、また歯固めに戻ってハムハムハム・・・と噛み・・・って、、、、用途分かってるらしい!?笑

そして・・・


GWに家族で動物園に行ってきました。
a0126929_23112140.jpg

まだ、なーんもわからないでしょ?!と思うのですが、絵本に出てくる動物を全部本物を見せてやるんだとオットが申すので、近場の多摩動物公園へ。

こーれが、良いスポットでした!
森林が豊かで、勿論のこと子供連れのファミリーの為に沢山の休憩所が用意され、程よく丘になっていたり、とても良い場所が近くにあって(door to doorで30分くらい)嬉しくなりました。
モノレールにも乗せてやるんだ~とオットは張り切っていて、モノレールでは抱っこして外の風景をしきりに見せ、動物園についていざっ!と門をくぐったら・・・・
ムスメ、爆睡してました。

まっ、気を取り直して(汗)、ムスメが起きるまでは大人が楽しみまして、目の前に広がる巨大なキリンの群れをみた私、「えっと、あれって模型??」と思わずこぼしてしまったほど(模型なワケがないだろうよ、動物園で・・)、すっかり久し振りのリアル動物でした!
朝は、そんなワケで、サクッとワンタンスープ(大きめの豆腐肉団子と、青梗菜などの野菜を入れました)をかっ込んで、お昼はお昼で動物園のラーメン。
a0126929_23114759.jpg

↓ ラーメン海苔に、動物園プリント。
a0126929_23105473.jpg

イマイチやる気のないライオン達に、「今からそんなでは、夏場はどうするのだ?」と、ダレダレ気味を心配する。
a0126929_23103628.jpg

これから、沢山くることになりそうです♪

ゴハンのキロク。
a0126929_2392492.jpg

シュウマイ、今度はほんとにシュウマイ。笑
ホタテと椎茸が味のポイント。グリンピースはあまり好きじゃないので、省きました。
大きな蒸篭に、たっぷり2段ありましたが、あっという間に大人二人の胃袋へ。

いつぞやの簡素ランチ。
パスタ入りミネストローネと塩むすび。なんたって、食事時間確保数分ですから。
a0126929_239427.jpg

・・・って言いつつ、今日は雨だし、ムスメの離乳食作りに忙しかったですが、どうせずっとキッチンに居るならたまにはキチンと自分に作るかと、(きちんとと言うほどではないが)、アジの香草焼き。
a0126929_2383827.jpg

パン粉は、ホシノ酵母の自家製(HB)パンに、これまた自家製(屋上製)パセリとガーリックのみじん切りをまぶし、パルミッジャーノも摩り下ろして、多めの油で焼きました。
3色野菜の胡麻和えと、大根菜の菜飯。

こちら、オットのお弁当キロク。
同じく3色野菜胡麻和えの他は、常備してある塩豚入りきんぴら、ピーマンの洋風卵とじ、粕漬けは今回は鮭。
a0126929_2375732.jpg

朝作る時に、以前軽井沢の漆器屋で購入した蓋つきの漆器に、自分の分も詰めて、お昼は同じものをささっと。ムスメを誤魔化しながら。笑
a0126929_2374194.jpg

↓ オーブントースターが、棚に乗っかりました。
a0126929_237875.jpg

こんなことして遊んでいる時間も、今や貴重。
[PR]
by pechopiano | 2011-05-12 23:12 | Comments(0)
地味色GW
どっか行こうか、どこ行くか、やめとくかー、やっぱ行くか?・・・・ってなやりとりをしているうちに、GWになってしまって、結局大した予定も組まずに日々を送っております。
だけど、なるべく仕事を休んでだらっとしたい!と、手帖を白くしたのは事実。
まずは、オットの実家に一泊遊びに行って参りました。
a0126929_215042100.jpg

ムスメとワタシの荷物は、(車で行ったので)青森の林檎もぎカゴにドサッと入れて、気楽な準備ですが・・・・
a0126929_2223755.jpg

そう、ナゼGWのホテル滞在などの遊びに、行こうかどうしようかと結局二の足踏んだかと言うと、、、離乳食が3回食だからなのです。。。

たった一泊なのに、4食分を詰めて、しかも「もしコレを食べなかった場合に・・」と予備を詰めたりとか、ムスメの麦茶の麦だとか、有機野菜も瓶に詰めて煮沸殺菌(ジャムの塩梅で)でグラグラさせて・・・・だとか、離乳食方面の準備が大変で。汗
a0126929_2231692.jpg

勿論キッチンをお借り出来るし、オットの実家も上質の食材を使う家庭なのだし、一泊分くらい適当にあるもので作ればいいだけの話なのですが、こういう融通が全くきかないのが、ワタシの厄介な面であり。。トホ。
でも、今回はもう人見知りせずにおじいちゃんとおばあちゃんをしっかり認識して、沢山笑って遊んでもらってきました。

そして、「地味だよなー、乳児の居るGWって、地・味・だよ・なーっっ」って(独身時代から、休日は地味でしたケド)ぼやいていたら、母が映画を見てこい!と。

映画「八日目の蝉」

見て参りました。

っていうか。


出産後、初めての映画館!!!

もっちろん、子供を預けてですけれど、先に見た母が「すごく良かったから、Rちゃん見ててあげるから行ってらっしゃい!考えさせられると思うわよー」と。

角田光代さんはとても好きで、彼女の作品は大抵読んでいるのですが、原作を読んだのは妊娠前。
NHKの(檀れい主演の)TV作品を見たのは、ムスメがお腹にいる頃。
そして、出産後に映画を見たのですけれど、母が(さほど期待しないで見たら)原作より良かったと思う、数少ない映画だというので、私も丁度時期的にドンピシャな作品だったこともあり、子育てちょっと休ませてもらって、お気に入りのリネンのコートを羽織って、Houseのマスミツさんの靴を履いて、ちょっとお洒落して映画館へ。
(コート、暑かったんだけど。。。)

う~~ん、良かった、、、良かったっていうか、確実にNHKのドラマバージョンと一線を画していたように思います。
何より、俳優陣が全員とてもうまく、主演の2人の良さも勿論、(色んな方が書いていますが)子を奪われた、実の母役の森口瑶子さんの演技も、胸に迫りくるものがありました。
誰もが哀しい人生を歩むことになる事件ですが、まずもってこの着想がすごいな、と角田さんという作家の奥深さに、改めて唸りました。
映画のキャッチフレーズにもある通り、「女として生まれたことの痛ましいまでの哀しみ」というものを、クッキリ焦点をあてて、目の前に取り出して見せるような作品。

NHKの時は、映画より時間が多い分、主人公が匿われる半宗教団体のような女性シェルターの人間模様が多く描かれ過ぎ感があり、執拗なまでに「産める・産めない」の部分を強調していたので、当時タイムリーに妊娠中の身ながらも、「・・・そんな、かぁ?」と食傷気味感が。
原作も、ドラマも映画も、「女性(母性)の哀しみ」に焦点を当てているため、誘拐した女性を悪女とは描いていないためもありますが、実際TVの時は、主人公に悪意を抱かないどころか(もちろん、誘拐は許されるものでないにしろ)、同情のような気持ちで見ていましたが、実際にムスメが5ヶ月になった頃、このドラマを思い出し・・・
「あのオンナ(ドラマですケド)・・・、人さらいなんて、極刑だっ!!極刑!!!」と、鼻息フガフガして、意見を翻したものでした。^^;
この映画版は、ラストがとても救われるというか、ああ、それならばわかるかもしれない、と気持ちの折り合いがついて、映画館を後に出来ました。

そして・・・、まんまと反省?!(親の狙い通り?!)

主人公が、毎日「明日も、明後日も、どうか娘と一緒に居られますように」と祈りながら過ごし、「唯、娘と一緒に生きていきたい」と、切に願って日々を送る姿に・・・・

「GW、子育て中に休みなし!!つっかれたぁ~~~!!・・・・て、えええぇ~~?!まぁた、パイ(授乳)ですかぁ?!?!さっき飲んだでしょぉー?!カーチャン、腰が砕けちゃうよぉーーっ!」
・・・・って、時折ブースカ文句垂れてる己を、いたーく反省。。。

いや、実はもう何か月も前からムスメは基本的に夜通し眠ってくれ(大体20時半~朝7時前)、これは大変ラクでこれだけでも親孝行らしいのですが、その反面昼寝がありませんで、昼間はつかまりまくっておりまして、つい。。^^;
もう3回食になって授乳の時間もかなり減ったし(遊び飲みされると時間がかかるのですが)、時間のリズムがかなりしっかりついているのですが・・・一方で小さな怪獣ちゃんは、飽きると「つまらんぞーーっっ!!!」と、ノンストップ要求なので、なかなか大変です。
↓ 愛しの怪獣ちゃん。
a0126929_21523380.jpg

玩具は相変わらず買い与えていないので、食品を買うのでも、つい「この容器は、あとあとムスメの玩具に使えるかな?」という目線になっております。
こちらは、オットが「これって、飲める?」と事務所から持ち帰った、一保堂の玉露と煎茶(の缶。)
「・・・飲める?ってどういう意味?」と思うと、、、、賞味期限が2008年だった。。。。(未開封。)
試しに飲んだら、美味しくなかったので(当たり前だよ)、しかしラベルがノスタルジックで可愛いので、ノンカフェインのコーン茶を入れて、しゃっかしゃかの大粒音のマラカスに。
a0126929_21542137.jpg

ちなみに昨日は、ステンレスのタッパーに、自分が映るのが面白いのか、ヒットしました。・・・ナニが当たるか、ようわからん。

でも、ずっと行きたかったcafeに行ってくることが出来ました♪
三軒茶屋のtocoro cafeです。
オットの祖母宅にとても近いこのcafe、小泉誠さんのデザインした家具やツールを基調に、茶道の釜で沸かした湯で珈琲を淹れてる、という一風変わったこだわりで、しかし決して奇を衒ったアイディアではなく、ミニマムな美しい佇まいの中に、本当に美味しい味と空間を提供するお店として有名。
ずっとずっと行ってみたかったので、オットのおばあちゃまの元にムスメを連れて行った帰りに、寄りました。

「子連れ、、、ダメですよね??」と聞いてみると、人当たりの良いマスターが、「もしも騒いだ時だけ、お外に少し出て頂ければ大丈夫ですよ」と。
オットのサポート(がっちり抱っこで、次々ムスメの気をひく遊びをしてあげる)と、空気読むムスメ(笑)のお陰で、なんとも落ち着いて、素敵なカフェタイムを過ごせたりもしました。
私はとにかく清潔でシンプルで、手入れの行きとどいた空間が好きなので、こういったお店にとても心惹かれます。
マスターの出てくる舞台袖(カウンター奥)に興味津々で、そっと何度も覗くと、白くて美しいi macがチラと見えたり、無印良品の(私も愛用)白とステンレスの水筒が見えたり(恐らくご自分用)、舞台袖なのに、物の配置まで計算されたような美しさで、心が洗われるようでした。
京都の高山寺に行った時も感じたのですが、空間を生かす、ミニマムな物の配置(単に少なければ良いわけでもない)の美学を見たようで、このcafeに湯釜があるのは、必然だなと。
「そうそう、これだよ!この美意識!いいなぁ~♪」と、空間にウットリ。子育て中のバタバタの中、こういう空間に来るのは、心身ともに本物の一息です、私にとっては。
a0126929_2155266.jpg


そして、翌日からは、、、ええ、地味ですからねぇ~、徒歩圏内で「行ったつもりで避暑地避暑地~~」です。まだ暑くないけど。
桜の時期より、洗い流されたような新緑の我が街が、一番好き!!
a0126929_21564139.jpg

ベビーカーを押して、母とムスメとランチをしながらブラブラお散歩。
物凄く気持ちが良い通り(大学通り)で、結局ここが一番いいや~と、途中でケーキを買ってカフェテラスで頂いたり、新緑を胸いっぱい吸い込みまして、かなりリフレッシュ。
どの街にも、特徴や良さがあるものですが、くにたち程子育て環境に良くて、活気と落ち着き(と美味しいもの♪)がうまく融合し、且つ美しい景観を有してコンパクトに出来た街も、そうないのでは?と、大好きな街です!

ちなみにこちら、一橋大学。
(我が家の庭的存在として?、恰好の公園予定。)
a0126929_21582171.jpg

偏差値ウンヌンという意味ではなく、新の意味で優秀な(使えると言う意味での)人材がこのカレッジは多いと聞きますので、ゼヒここに入って欲しいものだわー、と夢描く。今なら、夢なら描き放題ですからねぇ。

ランチはヨシベジ。
a0126929_21591741.jpg

昔ながらの、普通のオウチがレストランなのです。お庭がさっぱりとキレイ。^^
カフェ・トピナンブールが正式名称で、完全ベジタリアン。
著名人なんですよね、何気にこの方。すごく近所に出来て、嬉しいです。お馴染みの無農薬八百屋「あひるの家」からお野菜到着しているので、ムスメにもとり分けられるし、畳にごろんさせることも出来るし、私は何度か行っていますが、いつも賑わっています。

最初に行った時、厨房の皆さんがすべすべお肌で、過剰なお化粧は皆無で、土に根を張っている美しさ、みたいな種類のものを感じ、好きだなーと思いました。
共通するのは、「八日目の蝉」の中で、エンジェルさんと呼ばれる女性シェルターの方たちが身につけている制服のような服装(平たく言えば、修道院の修道女が同じものを身につけているような感覚で)が、白いリネンと思しきシャツに、無染色のリネンのスカートやパンツで、それが物凄く好みでした。笑
って、私が普段好んでするような格好なんですけれど、主演の永作博美さんは良く似合っていたし、ヨシベジの彼女たちも、当然こういうナチュラルで上質な恰好が似合うのです。
私は好きでこんな恰好しているけれど、肉も食べるし、ジャンクフードも残念ながら嫌いじゃないし、tocoro cafeのミニマリズムに憧れながらも、日々物欲の沼でスイミング中なので、本当にこういうものが似合う人間になるのが、ちょっとした目標。

↓ お櫃に焼印♪
a0126929_2149669.jpg

パンやお菓子にジュッとさせる焼印、子供が生まれる前に作ってあったのですが、寝静まった後に、そうだわーって、突然思って、お櫃にも焼印。

何が最近嬉しいかって、今まではお米を4合くらいいっぺんに炊いて、冷凍して何日か食べるのが常だったので、お櫃は毎日は使っていませんでした。
2人暮らしで、食卓を囲むのが朝だけで、夜(私は)炭水化物を基本的には食べないので、そうすると毎日炊くと余ってしまうので、まとめて炊いて冷凍する事の方が多かったのですが、「いつか子供が出来たら、毎日お櫃を使うようになる筈」と楽しみにしていました。

まさか、こんなに早く日々の道具になるとは思っていませんでしたが、離乳食基本的にはお米ベースなのと、朝&お弁当(自分の分も含む)、そして良く食べるムスメ、ということで、お櫃は夏場でも丸一日常温で大丈夫(冬場なら、2~3日)なため、日々の欠かせない道具になってきました!
天然杉がきっちり水分をコントロールするので、お櫃に入れた冷御飯の美味しいこと美味しいこと。・・・・お櫃生活が狙い通り(?)王道に入ってきて嬉しいのが、3回食の忙しさの慰め?!

この日は、オットの実家の裏でとれたタケノコを、下処理してオット母上が持たせてくれたので、竹の子御飯。
a0126929_21483259.jpg

他に、中華揚げ麺の具に入れたり、、、
a0126929_21481228.jpg

翌日は勿論中華丼。(煮玉子と里芋の煮物、春菊と竹の子とお揚げのお味噌汁。)
a0126929_21475266.jpg

↓ 突如マクロビバナナケーキだけで済ませたランチもあったり。汗
a0126929_2147224.jpg

こちらは、オットのお弁当。地味ですねー。あはは。(今日の粕漬けはさわら。あとは、黒毛和牛と根菜のしぐれ煮、里芋煮物。・・・茶色じゃん。)
a0126929_21464259.jpg

ムスメの離乳食は、、、
a0126929_2146962.jpg

自分で食べたいと、泣きわめいたので、刻んで湯通しした納豆と、柔らかく出汁で煮た御飯に片栗粉をまぶしてお焼きに。
南瓜は、好きすぎて「誰に食べさせられても良いから、早く沢山頂戴」なので、こういう黄金の好物も用意した日。

↓ ホエイベースの、コーンとチーズのリゾット&ソラマメ。
a0126929_21454262.jpg

↓ そして、昨日はビールを一杯飲んじゃいました♪
a0126929_21451573.jpg

実家でのんびりしようと、ムスメを実家のベッドで寝かしつけて、母と色々お喋りしながら乾杯。
さすがにワインはやめましたが、アルコールは2時間で分解されるらしいので、夜の授乳のあとならば・・・と。
たまには息抜きも、だいじー。
(ゆっくりさせてもらう分、大量の有機野菜のミネストローネは実家キッチンで仕込んで、翌朝の朝食分にお分けして参りました。)
地味ながらも、地元で好きなものに囲まれて、のんびり過ごす5月の日々が、実は最高という本音もあるにはある。
[PR]
by pechopiano | 2011-05-05 22:01 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧