ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
続く食洗機ブーム(オタクです…)
快適食洗機ライフに、興奮中です。
ラックにお皿を入れるコツも、なんとなくつかめてきました。
一日の終わりには、コンロの五徳も放り込んでしまうので、気持ちがよい!
なにより嬉しいのは、本当に過炭酸ナトリウムのみで、ぴかぴかになるところ。

せっけんライフをしていると、時折シャツの黄ばみが気になることがあるので(蛍光増白剤が入っていないため)、気になった時にオットのシャツを漂白する用に、過炭酸ナトリウム(一般には、「酸素系漂白剤」という名前で売っています)は、常備していたので、とりあえずそれを使っていました。お台所のキッチン漂白と同じく、高温のお湯に漬け置きします。

高温の方が、汚れ落ちが良いので、時々実はシャツをぐらぐらと鍋で煮ていたのですが、先日オットの母と話していたら、「イタリアでは(古くからは)洗濯もの、殺菌と漂白のために煮るのよね」とお母上が仰って、ああ、なんだあってた(?)んだ!?と、行きついた我流お洗濯に、イタリアのふとっちょマンマ達に太鼓判もらったような気がしました。笑
まぁもちろん、上質なものは煮られませんけどね、日々のシャツを時折温度に気をつけつつ…ですが、これが気持ち良いくらいサッパリするのです!

で、60℃で過炭酸ナトリウムということは、上記の経験からしてキレイになるだろうとは思ったものの、シャツに付着する比ではない油分と、通常シャツには付着しないであろう成分も皿には付着する筈なので、変な化学反応起こらないかしら??と、化学の授業は妄想の時間だったワタシとしては、分からない分疑心暗鬼。
ああ、唐沢センセ(←中学の担任だった、人気のある化学の先生)、「アオキー、ぼけーっとしてないで聞いとけー、将来洗濯の時にだって役に立つんだぞー」って言葉、ホントでした。

んで。

日々の暮らしに、化学も計算も言語能力も、必要になった時に学べばよし、ってことで日々実験なわけですが、とりあえず過炭酸ナトリウムを10キロお取り寄せ。
「お取り寄せ」って言葉の雰囲気と量じゃないですけどね、過炭酸ナトリウム・・・10キロって。。

↓ でもやってきたのだ。
a0126929_1219077.jpg

そう、「洗濯槽クリーナー」という、最も使われている用途がラベルになっています。
(ということで、今、6時間かけて洗濯槽がまわっとります。晴天なもので。オットの留守な休日なもんで。)
a0126929_12223310.jpg

(北欧土産のショコラショー飲みながら、洗濯槽回しながら、日記更新中。
このショコラショー、国内でどうにかして手に入らないかしらっ??猛烈に美味しいんですけどっ!!)

・・・で、話戻しますと、今までは行きつけの無農薬八百屋で手に入る、SK社のものを使っていたのですが、500gで420yen也。
一般の食洗機用洗剤が、幾らなのか見たことないのですが、そんなに大差ないとしても、これが「暁石鹸」社のものだと、1キロで546yen也。
しかも、石鹸百貨さんで、まとめ買いをすると1キロあたり450yenになるということで、ほぼ倍量入っているので(成分はどこでも過炭酸ナトリウム100%で同じ)、こちらでまとめ買い。
これなら惜しげなく洗濯槽にどばどば入れられるし、相変わらず衣類の漂白も出来るし、食洗機に使えるし・・・で、インターネットって本当に便利だなぁと。(運んでくれるし。)
衣類用の粉石鹸も、今のところシャボン玉せっけん社のスノールしか使ったことがありませんが、2キロ強で1500yen。

石鹸は、通常の界面活性剤入りの洗濯洗剤よりも、一度に使う量が多く使いため、こちらは結構割高なのですが、「安全を買う」というつもりでずっと愛用。
だけど、探せば純石鹸の比重が違くとも、合成界面活性剤なしのもので、大分安価なものも出ているようで、使ってみようかな~と、洗濯の量がとても増えた子持ちは、石鹸百貨さんの会員になったとです。

・・・・かなり、限られた人にしか面白くない話でスミマセン。
本人は、面白がって暮らしているのですけれど。。。

とりあえず、家の清潔は、石鹸、重曹、過炭酸ナトリウム(時々クエン酸)の3つで、何ら問題なく保てそうです。
a0126929_12215625.jpg

子供がいじっても、もし口に入っても怖くないし、ラベルの煩い化学洗剤の雰囲気を、家に持ち込みたくないので、一挙両得。(価格もこれなら問題なし。)
なんでも、それらに慣れて暮らすまでは時間がかかりますが、やっと安定してきたと思います、食洗機のお陰で洗いもののストレス減ったし!?

↓なので、調子に乗って、こんな「如何にもこびりついて落ちにくそうなもの」を。笑
a0126929_12194219.jpg

「シチューのふたパン」、やってみました。
薄力粉の全粒粉が入っているため、少し酸味がありましたが、油分全く使わないのに、オーバーナイトで冷蔵庫二次発酵させたからか、柔らかくてもちもちで、あまった生地は丸パンにしてムスメがぱくぱく食べました。
こちらは、ポトフの残りをカレーにしたものに、大人はパンふたして、オーブンで10分。
ポトフだと思ってパリパリ食べていたオットは、中身を口に入れて「あっ、カレーだっ」って、喜んでいたのが、子供みたいで割と可愛らしく。笑
a0126929_1220440.jpg

↓こちら、「お好み焼きに粉はいらぬ!」ということで、じゃが芋を摩り下ろして(FPが…)、その粘り気を利用して、つなぎは卵と片栗粉少々。
a0126929_12203615.jpg

中にお野菜入れて、ジューッと焼いてムスメ用に。(こちらは、あお海苔とソース、鰹節つきのワタシ用。)

オマケ。
a0126929_12205131.jpg

最近、寒くなってきたので、ウサギさんとお出かけしてマス。
(道行く人に、「ぷぷっ」と笑われたり、女子高生から「超可愛い!」の黄色い声飛びまくりで(笑)、面白がってます。)
してみたかったのですよねー、ムスメが生まれたら、「冬はウサギ」に。^^
a0126929_12212160.jpg



・・・・・なかなかしゅっぱつしないわね?
[PR]
by pechopiano | 2011-10-29 12:23 | Comments(0)
素晴らしき解放・ホシザキ
ホシザキ、やってきましたーーーー!!!!

(って、なんのことか分かる人は、本当に限定されますが。。。)

ホシザキ、それは日本の厨房を支える、業務用メーカー。
日本の飲食店に、ホシザキのコールドテーブル(冷蔵庫)や食洗機、製氷機にオーブンに・・・と、一つもこのペンギンマークの置いていないお店があるとは思えぬほど、ポピュラーではありますが、まず、一般住宅では見かけないアイテム。
ちなみに我が家では、キッチンの総スペース的に無理があったので、やむを得ず冷蔵庫をシンク下に入れ込むために、コールドテーブルを使っております。
(巨大でうるさくて、一昔前の頑固おやじタイプ。ゆえに、仕事振りはスバラシイ。)

そのホシザキが、少し前まで作っていた唯一の家庭用向けアイテムに、食器洗浄機があります。
しかし、その存在を知ったのは、友人宅(正確に言うと友人母宅)のお好み焼きパーティーにて、ホシザキが既に家庭用から撤退した数年後のことでした。(そしてそれは、2年ほど前のこと。)

食器洗浄機、正直今まで「要らないもの」代表でした、私の中では。
だって、いちいち手洗いして、かなりのところまで汚れを落としてから、細分化されたラックに「重なると、汚れが落ちないから」って頭ひねりながら食器を並べて、んで、洗い終えるまでにゆうに1時間以上(正確には、乾燥させている時間が長いらしいのですが)だなんて、そんなものは「機械」ではない。
人間よりやること遅いマシンだなんて、どんな言い訳をつけたところで機械として半人前。(だから、人間じゃないんだってば。)

家電として興味がなかったからかもしれませんが、発売されて割とポピュラーな家電になってからも、そんなに大した進化を遂げていないような気もするのですが(割と新築な実家にも、最新式を入れたようですが、もったもったと1時間半くらい洗ってます)、結局大勢来た時しか使わない、という使いぶりを見て、心の中で馬鹿にしていました。
第一、うちの一体どーこに、そんなもの置けるスペースがあるのかっ!っていうことで、「むしろ良かったよ、食洗機が欲しいような素晴らしいアイテムじゃなくって」と安堵していたというのに!

見ちゃったんです、友人(母)宅で、ホシザキの卓上食洗機が、たったの6分(!)で、ぴっかぴかの熱々に焼きあげる・・・じゃなかった、洗いあげている様を!!!

それまで、キッチンの作業スペースにでん!と居座って、スタイリッシュとは言い難い面構えのそのハコに、目もくれなかったというのに、「なななな?!」と話を聞くと、ホシザキのもう撤退してしまった名品だと。

多少、ステンレスや素材にこだわって作った、自分の城的キッチン。
ミニマムなアイテムしか置けないスペースだのに、その愛想のないミラクルな箱を、どうにかして置けないか、というより手に入らないか、もう、痘痕もエクボ的にほれ込み、早速インターネットを使って全国調査するも・・・、同じように「血眼になってホシザキの特急すすぎ(というネーミングです)を探し回る人」しか、見当たらず。

そうこうしているうちに、妊娠して出産して、ばったばったと過ごしていたのですが、前にも書いた通り、なかなか完治に至らない腱鞘炎(小さなお仕事は少ししていますが・・)に、卒乳したホルモンバランスの回復を待つと同時に、離乳食が3回になって以来、文字通りずーーーっっと殆ど家に居る時はキッチンに居ざるを得ない状況も、なんとかしたく、再びホシザキのミラクルボックスのことを、時折思いだしておりました。
今はまだ置けないけれど、少し先に住まいのあり方を少し変えたら、その時は業務用のホシザキ入れてやるっと、息巻いていた矢先に、友人母から母へ吉報。

「きょっぺ(って呼ばれてます)ってさ、まだホシザキ欲しがってる?」

と。

欲しがってると思うわよーと母が答えると、「んじゃ、あげるっ」。

?!

何か、引っ越しとか、不必要になったとか??と急ぎ電話してみると、「いや、そうじゃないんだけど、欲しがってたからサ、あげるよ」って。

・・・・・それだけの理由で、ぽんっと下さるという性質、極シンプルなんですけれど、びっくり。

2ヶ月ほど前の話だったのですが、かくしてようやく昨日、うちに設置されました~~~!!!

a0126929_1211672.jpg

↑ この、現在スカスカに見えるここ全部に、、、コールドテーブルがおさまっておりました。ぽっかり空いたスペースを見ても、巨大だ。
この中を、有効活用&綺麗に見えるよう、これからじっくり整頓を考えていく予定。

実は、オットの実家でもホシザキを(キッチンリフォームした際に)ビルトインして使っていまして、お正月に見た時はびっくりしたものでした。
友人母も、昔からとても「目利き」で、一見「?」と思うものにも、必ず彼女の豊富な知識と判断基準によって選ばれた物に、外れのない一貫した人で、2人が使っていること、そして「すごくいいもので、これ以外考えられない」という言葉に、お宝頂いたようで、嬉しくて仕方がないのです。

目利きではなく、見た目重視な実母の方は、「食洗機って、案外使えないのよ、大体この見た目・・・」としきりにケチつけてましたが、昨日回してみて、たった6分でぴかぴかになっている食器類に感激!!!
あああああ、これだよ、これを待っていたのだよ!!!

詳しい機能の詳細は省きますが、業務用と同じ仕組みのモウレツシャワーでガンガンに洗い、なにより非常な高温で洗うために、余熱であっという間に乾く、という事情です。
友人母は80度で、オット母は65度設定で使っていたようで、どちらも高温ゆえの殺菌能力と清潔感で、あっちゅーまに乾いていましたが、我が家は今のところ給湯器事情で60度。
それでもぴっかぴかに洗いあがりますが、「あっちゅーま」には乾きません。
後付けで、高温に出来る何かテがあるようなので、価格と相談して、ちょっといじるかもしれませんが、とりあえずこのままでも素晴らしく昨夜から便利になりました!!

3人家族で、そんなに洗いもの出る?と思われそうですが、出ます。
というより、石油系界面活性剤を排除した、ナチュラル暮らしをしている方ならば、共感して頂けるかと思うのですが、長いこと普通の中性洗剤を使っておらず、食器もお鍋も洗濯も(身体もカオも)石鹸で全て洗っています。
お陰で、もうずっと肌トラブルなしにはなったものの、油のついた食器や鍋をキレイに洗いあげるのは、コツと、非常な労力がいります。

「泡、ながもち」なんていう宣伝文句の中性洗剤の真逆で、うっかり酢が残った食器に石鹸スポンジを直接つけてしまったら、あっという間に反応してぎとぎと油へと姿を変えてしまったり、高温のシャワーで洗い流して、石鹸でこすること数回@鍋、みたいなことの繰り返しです。
普通の食器洗い家事の何倍も大変なチョイスをしたのは、自分の選択なので仕方がないし、じゃぁ、中性洗剤使えば?と発想してしまえばそれまでなのですが、しかし自分の考えあってやっていることなので、続けていました。

食洗機を貰うにあたって、一般のものより高温で洗いあげるゆえ、重曹で落ちるかな?とか、粉石鹸はどうかな?とか調べたところ、いつも使っている酸素系の漂白剤(過炭酸ナトリウム)がベストと言うことを知り、これで洗浄することにしました。
自分ですすいでいるわけじゃない分、口に入っても無害のもので。
重曹と、過炭酸ナトリウムと、純石鹸、我が家にある3つの真っ白い掃除アイテムたちですが、瓶にいれても清潔で美しいし、私の考える暮らしを助けてくれるホシザキに、感謝感謝です。

ちなみに、もしこれが壊れた時は(業務用ゆえ、修理は早いし、滅多に壊れないと聞く、シンプルで頑丈な造りですが)次も絶対に業務用のものでもホシザキにします。(本店に既に以前問い合わせ済み。)
一般家庭向けだと、ミーレの食洗機が今のところ、私の考える「マシンとしての用途」には近かったのですが、新品のミーレより、断然中古のホシザキ。(中古のホシザキ業務用は、新品の5分の1の、大体20万前後という、ミーレ新品価格。)
いやしかし、これをながーくながーくあと50年くらいは使いたい。笑

・・・・・で、「どこにも行き場のないはずの、業務用冷蔵庫がどこにいったか」は、、ちゃんとあります、部屋の中に。^^;
案外、大丈夫、っていうか、それで模様替えもしたのですけれど、奇想天外な割に、床面積広がったようで、ムスメはだだだだっと、以前より少し長くなった距離を行き来してます。

素晴らしきホシザキ、、、問題はやはり・・・・

a0126929_1213310.jpg

この人ですよね・・・・。
「おやっ、新しいものが?!しかも、アタシの大好きなボタンが4つも♪」と、寄ってきました。
(本来卓上型なのですが、作業スペース広げたかったので、下に入れ込みました。「これが、ビルトインってやつだぞー」って、嘘教えてます。)

↓ オット母上から大量のおじゃがを送っていたので、ムスメの大好きなポテトグラタン(有機野菜カクテルたっぷり。)
a0126929_12133198.jpg

こんなこびりついたココット皿も、「強力」コースにしたら、ピカピカに。

食事アップ繋がりで、こちらは比内地鶏のガラの残りで、先日「中華野菜粥」。
a0126929_12134951.jpg

ポトフ再び・・・は今朝。(こちらにまあるいお尻向けてるのは、玉葱さん。)
おじゃがも玉葱も、たーーーくさん頂いたので。
a0126929_12143846.jpg


ムスメはなんでも大好きです。大人と同じものを食べられて、ご機嫌であります。
だけどポトフの中では、とろっとろになった牛筋が一番好きみたいで、選びとってもりもり食べております。肉食女子?

↓ 今日は、風が強いので、生姜とクローブ、シナモン、黒糖を淹れて煮だしたチャイを・・・・
a0126929_12155676.jpg

たっぷり。。。
a0126929_12161865.jpg

食洗機が来て、「冬支度整ったー!」と、関係ない様な気がするけれど、満足中。
とりあえず、本当の冬支度は、我が家は金曜日に完成予定。^^

↓ 新しい絵本(絵本大臣なオトーチャンチョイス)、ムスメに大ヒット。

a0126929_12163844.jpg

大人的には、「駄洒落早期教育?」と思える文章な「おやおや、おやさい」が、絵柄的にも表情的にも私がとっても気に入ったのですが、ムスメは昔懐かしいタッチの絵本の方へ惹かれたみたいで、この2冊はエンドレスで「ハイっ!」と、読んで読んでをせがまれ中。
こぐまちゃんシリーズは、1人で読むのですが、これは「読んでもらうもの」って決めているみたいで、どんな基準でどうやって決めているのか、聞いてみたい1歳児の脳。
[PR]
by pechopiano | 2011-10-26 12:17 | Comments(0)
1歳3ヶ月
本日、ムスメ1歳3ヶ月を迎えました。

まぐれのつかまり立ちは、今日は披露してくれなかった代りに、屈伸運動を盛んに行っていました。。。
・・・もう、立てると思うよ・・と声掛けてますが、慎重派代表としては、無駄に転びたくないと言わんばかりに、ストレッチ後は「さてとっ」と、ざぶとんにヨイコラショしてます。

通常、1歳検診の後は1歳半なんですけれどー、この慎重派のお陰で、何度も何度も小児科から呼び出しくらっておりまして、「念のため、診せてっ」と言われていたエックスデイな本日、滑り込みセーフでなんとかつかまり立ちをしたので、鼻息荒く「昨日っ、階段から降りてみたらっ、こうやって、こうやってぇ(演じる)1人で立ってたんですっ!」と、小児科医のニヒルな女医に告げまして。

女医「1人で?」「つかまらないで?」

・・・・・・・・・・・・・・。


ソファに、ちょと、手を。。。


女医「つたい歩きはする?」



・・・・・・。


するわけないでしょっ!
今アナタっ、ワタシの話っ、聞ーいーてーたぁー????
他の子がどうあれ、平均がどうあれ、うちのこのヒトは、昨日やーーーーっっとよろけながら、つかまって立ったんですヨッ。つたい歩くわーけないでしょがーーー!!!!

・・・・って、心の中で叫びつつ、気弱な母は「いえ・・・。」涙

女医いわく、「いーーくらなんでーーーも、遅すぎるっ!」ってなわけで、1歳半検診でひっかかる可能性あるよと言われちゃいました。
でもね、歩かない人っていないよね~ってなことを言うも、「いるわよ」とズバリ告げられ、要するに神経系(?)だとか、筋肉になんちゃらだとか、問題がある場合も稀にだけどあるから、まぁ、念のためね、って。

多分、今までだったら、「ええええっっっ!どうしようっっ!!ってかなんでっ?!」ってうろたえたと思うのですが、そこは発展目覚ましい1歳児を日々目の当たりにしているためか、やけにでんと構えて、「失礼なッ」と思ったワタシ。
だって、そう言えば、ムスメは生まれた時に斜頸があったんですよね。
乳児の斜頸は、多くは1歳までに自然消失するらしく、ただそれまでに向き癖がついてしまうのを避けるために、色々面倒だったのですが、万が一1歳以降も斜頸(首に大きなしこりができるのです)が治らなかったら、外科手術と聞いていて、本当に心配しました。

が、それがあったことすら既に忘れ去るくらい、子供って十人十色。
(ちなみに、斜頸はきれいに治り、こちらは件の女医からも太鼓判。)

だって、会話までいかずとも、今日のランチも、大好物のフレンチトーストを出すやいなや、一口頬張りながらキッチンを振り返り、ちゃんとフライパンの中にまだあることを確認。
で、お皿の中がきれいさっぱりなくなったら、以前だったら「あー!」とか言いながら意思表示していましたが、今日はお皿を掲げて「なーい!ないなーい」と私に知らせ、フライパンを目配せしながらお皿を「あいっ」と渡してお代り要求。
バイバイも、「ばいばーい」って言いながら、手を振るようになったし、可愛いものに可愛いって言うし。

・・・・ってなことを伝えたら、センセ、「悪かった!」と。笑
(注:推定60代後半女医)

センセの顔を見ると、相変わらず「嫌いだー!」と泣きわめいて抗議し、お土産にプチダノンを貰うのですが、以前なら貰えるものは泣きながらでも興味を示したのに、今日は差し出したセンセの手を何度も押し戻して、「あなたからのなんて、いらないっっ!」と睨みつけながら抵抗し、これには看護師さんも爆笑。

「とりあえず、万が一っていうこともあるから、一応ね、ま、ダイジョブだと思うけどねー!」

「だーいじょうぶですって!そのうち歩きますって!」

(注:上が推定医者歴40年の女医、下が母親歴1年3ヶ月なワタシの発言。)

母は強しっていうより、モンスターペアレンツの気、あり?

↓ 病院の待合室では、前回はまだあまり遊ばなかったけれど、今回は夢中になって遊んで、後から来た兄弟にはレゴのブロックを投げて(コラ)、気を引こうと頑張ってました人好きであります。
a0126929_2345031.jpg

そんな、我が家のちいさなひとの本日の朝食。
a0126929_23452786.jpg

大人と全く同じなんですけど(だからちょっと大人には薄味なんですけど)
五目煮豆(ちいさーく刻んで、蒟蒻もちょっと食べました、好きみたい)、キャベツたっぷりのじゃが芋お好み焼き、納豆御飯、ビシソワーズ。
ビシソワーズは、オット母上が、北海道産の大量の玉葱&じゃが芋を送って下さったので、先日ポトフを作った際に、2時間煮込んだ牛すねと根菜のブイヨンが沢山出て別途とっておいたので、それを使ったら、ブーケガルニがほんのり香る、とっても上品で美味しいビシソワーズになりました!ムスメは今日、3食ともこれがぶがぶのんどります。

ココアきなこビスケットも、診察の御褒美に焼きまして。2枚だけ。まだまだ甘いものを食べさせてもらうことの少ない1歳児にとっては、目を白黒しちゃう美味しさだったらしく、細かーな欠片も集中して拾って食べてました。笑
a0126929_23455235.jpg

冬籠りの支度、始めてます。

「家まるごと、子供の遊び場」みたいな家は好みではなく、出産前からなるべく大人の空間を邪魔しないように・・・と思っていますが、段々沢山のことに興味が出てくると、家に居る時は、ほぼリビングというのでは飽きるため、寝室の3Fとレッスン室にもムスメのコーナーを、なるべく控えめに作ろうかと。
(コチラ、もうすっかり自分の部屋と思っているちーさなムスメスペース@リビング。)
a0126929_2347436.jpg

↑就寝前の、真剣遊び中。

cafeのキッズコーナーみたいなイメージなのですが、とりあえず1Fレッスン室は、楽器の為に床暖が入っていなくて床も無垢ウォルナットで固いため、ホットカーペット&国産イ草にしてみました。
ラグ、どうしても汚らしく見えがちなので、イ草の方が好きで・・・。季節感無視ですけれど、さっと雑巾で拭いたり、天日に干せるし、肌触りが好きです。
a0126929_23462293.jpg

20代前半に、骨董屋で買った一枚欅のちゃぶ台、きれーに掃除して、ワタシの練習中にムスメが遊べるようにピアノの下にそっと入れました。
いつのものか知らないけれど、一枚の欅っていうのは今はあまりないらしく、更に釘や金具が一つも使われていない様↓は、日本の職人さんだなーと嬉しくなります。
(↓そんな裏側事情。)
a0126929_23464368.jpg

さて、これに寄りかかって、立ってくれるかねぇ?笑

はたまた、こんな演出は1歳児には要らんかね?
a0126929_23491484.jpg

(むしろ、生徒さんにうけています。)
[PR]
by pechopiano | 2011-10-21 23:49 | Comments(0)
ついにっ!
(つかまり)立ちましたっ!

・・・・・って、え??1歳3ケ月目前ですけど、なにか??

今まで、何度か無理やり立たせてみたことはあったけれど、本人が嫌がるし、「遅くに歩き始めること自体は、足腰にとってむしろいいのだから、無理強いはしちゃだめ」だと聞いて以来、放っておいてました。
ファーストシューズを目の前に持ってきて、恨めしそうに「あぁあ~、履かせたいなぁ~~」と、やってはいましたがー。

今朝、洗濯かごを屋上まで運び、(もうムスメが重たくて、我が家の急階段を、片手に抱っこして連れて上がるのが無理になった)、「連れてケー」と、階段下からぎゃんぎゃかバッシバッシと叩く音に、「あいよー、チョト待てー」と降りて行ってみると、この姿。
a0126929_2135198.jpg


a0126929_21353856.jpg

・・・・あっ、でも辛っ?!

自分から両方の足の裏を床に着けて立つということが、こんなにもヒトとして新しいことなのだと、この姿を見て呆気にとられている自分の中に見つける。

もっとも、今回「7月生まれの会」の幹事なワタシは、昨日、会場予約に(一日間違えて)行ってみたら、そこでは12月生まれの会をやっており、お友達の「10ヶ月になるかならないか」の子が、当然のようにさっさか歩いていましたけどね。
もしや、それを見て「本気でそろそろ立たねば」って焦ったとか?

段差を座って移動したり、どう考えても「立っちゃった方が、ラクだと思うけどねー」みたいなシチュエーションでも、まだ頑固に座っておりますが、まぁここからはあっという間・・・でしょう。(願望。)

言葉は結構理解しているようで、「お出かけしよっ!」と言うと、自分からマントを被ってました。
祖母作の、リネンとコットンのリバーシブルマント、「Rちゃん、いつもシックねぇ~(笑)」と、行きつけの無農薬八百屋の奥さんに言われますが、本人もこの色が結構気に入っているようで、「くぁあいぃ~~(可愛い~)」と、羽織りながら必ず言います。
a0126929_2136821.jpg

でも、残念なことに、このマントでは今日はもう寒いくらいになってきました。
っていうか、定着した秋の気候が欲しい。。。

・・・・っしかし、こうも寒暖差があると、なんだかけだるい~。
風邪は一応完治したようだし、どこがどうというワケではないが、低気圧のどんよりした空に囲まれると、「なんか、なんもしなくていっか!?」という、よくわからないサボリモードが現れてきます。
今日は床暖つけて、「しゃーわせーぇ・・・」と、夕方のレッスンまでは床に転がってました。
本日やっと自力で立ち上がったムスメに、上から目線で見降ろされた気もしなくもないが。
も、今日は早く寝よっと。

↓ もち米シュウマイ、豚赤身の挽肉よりも、刻んで入れた白菜と椎茸と玉葱の方が、よっぽど分量の多い野菜シュウマイでしたが、挽肉ブームなムスメに半分以上とられました。
a0126929_21444436.jpg

a0126929_2146987.jpg

っていうか、終わりの方は、もう「早くとったもん勝ち」みたいに、本気で奪い合う。
蒸篭の本格シーズン到来で、シャトルシェフ&蒸篭セットが、常時コンロに乗っている時期が来たようです。
a0126929_21383387.jpg

そして。
早いとこ寝よ・・・っていいながら、ナニやってるかって?

a0126929_21385632.jpg

み~つけたぁ♪
賞味期限の切れたとらふぐひれ♪(かまうものか!)

北欧のダンスク小鍋に、有次のチロリっていうあたりが、、、ま、ナイスコラボとは言い難いが、、、卒乳して迎えた晩秋の夜、これを、、これを待ってたのだよっ!!と、とろ火であぶって、熱燗にポン。ああああ、、、幸せだ~、あったまる~。。。
a0126929_21392942.jpg

a0126929_21394534.jpg

アイロンがけが残ってますが、寝ちゃおーかなー。
[PR]
by pechopiano | 2011-10-19 21:39 | Comments(2)
風邪、撤退
熱は(多分)出ないで、朦朧としながらもなんとか行動してました。
シルクを身につけるといいって聞くので、寝る時もシルクのアンダーウェアを着て、少々暑いながらもグッスリ眠ったら、風邪が撤退していくことに決めた感じがしてます。
というか、これは育った環境によるのか否か、オットは調子が悪いとすぐに薬を飲む習慣なのですが、私は、薬って・・・・、一体いつ飲んだかしら??というくらい、全く飲まない。
帝王切開の時に、点滴で色々入れられた前後は、一体自分がいつケミカルなもの(日々の栄養剤?の類もしかり)を摂取したか、思いだせないほど。

父が「薬はすなわち毒であって、毒をもって毒を制するという仕組みだからウンヌンカンヌン・・・」というタチで、しかして母は頭痛持ちなのでちょっとアタマが痛いと、すぐにバファ○ンを手放せないでウン十年・・・というタチなので、、、あんま環境関係ないか?
とりあえず、ゲホゲホやって鼻水ズルズルな母にぴったりくっついていても、ぴんぴんしているムスメは、極力ノン・ケミカルで育てたいと思っています。
(だって、風邪ってひいたとしても、薬飲んでも飲まなくても、悪化するときはするし、治るときは治るし。)

ということで。



昨日は晴天の日曜日!

朝ぱらから朝食食べながら、プチ・大掃除に入りました。
(って、そんなことしてたら風邪ぶり返さないか??と言われそうですが、風邪、ぶり返したことないもので・・・。汗)

年末の大掃除って、どう考えても不効率。
寒い中、窓をあけっぴろげて、それが師走だというだけの理由で、キンキンに家を冷やしながら掃除せねばならぬだなんて、ちょっと考えの足らない古来からの風習だと思うので、秋晴れの晴天は大掃除にもってこいです。
花粉症でもないので、春先もやりますけれど、この季節の大掃除もまた気持ちが良いもので♪

割と毎日が大掃除チックな我が家ですけれど、それでもカーテンを洗って棚の奥まで拭き掃除して、窓のサッシをアワアワにして、ステンレス(ステンレスのものが多いです)に重曹スプレーしゅっしゅかしながら手垢を落として、ソファ退かして・・・って、力仕事も入ってくるついでに、ネジも回して色々手直し。たのし♪
風邪の撤退に、むしろ一役買いそうなほどの気持ち良さです、掃除オタク的には。

↓ カーテン洗っている最中にお茶。・・・カーテン、ない方がスッキリすることが判明したので(曇りガラスシートにしたし、シルエット全然うつらないようだし)、真冬まではこのままで。
a0126929_22373112.jpg

最近人に言われて改めて思ったのは、私の家はいちいち特注もので出来ています。
理由は第一に、我が家が狭小だから、例えばお風呂は(階段下の凸凹スペースゆえ)ユニットバスが入らなかったり、手洗いシンクだって、最小のものでも置いたら人が通れない、みたいな家だからなんですけれど(笑)、カタログから選ぶ既存のものに、どうしても魅力を感じないということも、理由。

家自体が、建て売りの真逆、みたいな家なので、中も案の定、といったところですけれど、気に入ったもので揃えた分、掃除はやはり手間がかかります。
子供が生まれる前から、ナチュラル掃除思考でしたが、今はより一層、ケミカルな洗剤置けないし。
キッチンも食器棚もオープンゆえ、こまめな掃除は必須だし、電気だって天井からレールでぶら下がっている分、こまめに拭きとり掃除をしないと、あっと言う間に埃の帽子状態。
子供に手がかかっていない分、家に手がかかっているようで、ナルホド、人間平等に出来てるんだな。^^;

掃除しながら改めて眺めたら、出来上がったものを購入したのって、換気扇(Arietta)と、オーブン&コンロ、トイレの便器2つ、洗面所で使っている実験用流しと、蛇口類・・・だけでした。
あとは全部特注。ステンレス屋にも大分お世話になり、「なんでそんなに知ってんの?」と時折言われるようになるまで、オタクっぽくステンの素材や接着剤類まで詳しくなりました。。。
小さくとも、立地が便利で気に入っている我が家なんですが、先日「思っていたより更に狭い敷地で暮らしていた」ことが判明し、更にびっくり。かなりびっくり。
いくらなんでも、狭すぎないか?っていう家に3人仲良く暮らしておりますが、掃除をしていると、あっと驚く坪数に、ぷっと我ながら笑っています。

しかし、たったこれっぽっちのスペースなのに、毎日隅々まで綺麗に保つのは、なかなか大変。日々の掃除が届かない範囲がある家は、やっぱり私には扱えないかなぁと、狭小住宅を雑巾片手に這いずりまわりながら、友人の大きなオウチに羨ましさも感じつつ、「ま、いっかぁ!」と、小さな小屋に身の丈を感じるのでした。
人間、やろうと思えば大抵のことは出来るし、住もうと思えば、どんなトコでも住めるもんだな。^^;

でも、そんな「家話題」が好きなので、仲良しの「家好き」ママ友さんたちが、本日遊びにきてくれました。
昨日、掃除しながら紀伊国屋さんで仕入れた、比内地鶏の鶏ガラスープを、シャトルシェフで半日かけてとったので、それを使った「冬瓜と茸の春雨スープ」と、朝イーストで焼いたパニーニ用のパンを使った、シンプルなハムチーズのパニーニ、それにお持たせの立派なソーセージや、お茶は頂いたカステラと共に、可愛いちびたちを、目がとろんとろんになりながら、3人でひたすらトーク。笑
a0126929_22381625.jpg

(オット実家のお庭で育ったブルーベリーを、母上がジャムにしたブルーベリーヨーグルトも、ジャムが美味で独り占めしたいくらい・・・ですが少し。笑)

他のママ友さんたちも、丁度「子供が生まれて家を構えて・・・」という人生の時期に差し掛かっているゆえ、お家探しに熱心で(そういう話題、好きなので情報交換とて~も楽しいのです!)、その中では仕方がないこととはいえ、数人のママ友さんたちが、市外にお家を構えることになったり・・・と、少し距離が離れてしまう寂しさがあるので、今日の2人は「くにたち永住組(3人とも駅徒歩圏内に一戸建て)」という、嬉しい仲間。
くにたち、特別快速も停まらなければ、大型施設があるわけでもないのに、いざ・・・と探すととても高いと、昔から聞いていたことを、皆口々に言い、マンションでも諦めた~・・・みたいな発言と共に遠くへ行ってしまうのが寂しく、、、「ウチみたいに狭小住宅にすれば!?」っていう発想は・・・フツーないですかね??やはり・・。汗
なんとか住めてるんだけどなー。。。^^;

ま、なにはともあれ、愉しい楽しい一日でした♪

こちらは、数日前の「7月生まれの会」にて、この日はハロウィンの仮装で・・・っていう楽しいイベントお達しがあったのに、、スミマセン、全然抜け落ちてフツー恰好(っていうか無印)で登場させました。。
色んな事を考えて、子供たちを愉しませるママ友さんたちに、すごーくすごーく感心。
こういう子供目線って、ワタシ、結構抜けてるもんで。。。

↓ でも、かなり堪能しているヒト。
a0126929_2239042.jpg

こちら、最近の食卓。
a0126929_22391862.jpg

オット実家で御馳走になったポトフが大層美味しゅうございましたので、レシピを頂いて忠実に再現。

牛すね肉を2時間煮るのですが、それはシャトルシェフにお任せで、玉葱を半分にカットしたところにクローブを刺した香りが、ブーケガルニとともにふわぁっとスープから香って、素晴らしく美味しいポトフでした。ムスメも沢山食べました♪お肉、とろっとろで、大人も大満足。(だけど、かもめ食堂のDVD見ながら作ったので、パンじゃなくて鮭のおにぎり。笑)
ポトフって、適当にあまりの材料で作る、手抜き料理の王道だと思っていたのに。。汗

コチラ、ムスメも喜んだ韮と桜エビの、米粉入りチヂミ。青菜を嫌がるので、こうしてカリカリにして身体に入れ込むっていう作戦で?!
a0126929_22402632.jpg

(海老、完全OK!)

だけど、これは大好きな「大豆と合挽肉の、ミートボール」。
a0126929_2241780.jpg

飴色になるまで炒めた玉葱に、味の濃い(有機)ミニトマトを潰しながら水分飛ばして炒めたチャツネに、前日戻して炊いておいた(シャトルシェフで)大豆と、国産合挽をミックスして、チーズも少し。オーブンで15分ほど。
スパイスも、(ケイジャンとかナツメグとか)もう普通に大人と同じく入れています。
何が1歳にとっていけないのか、それは親の私が見ながら判断、っていうことで、お陰でばくばく食べます。

ちなみに・・・(余計なワタシの気楽なランチがうつってますが)
a0126929_22413478.jpg

大豆を大量に炊いたら、真空パックにして冷蔵庫へ。長持ちします。

オマケ。
a0126929_22415751.jpg

ご存知、マリメッコのウニッコ。(と、まだ仕舞われていない実家の扇風機。汗)

北欧土産のリクエストに、ウニッコのモノトーン、とリクエストして5M買ってきてもらいました。
で。
縫えないワタシは、祖母にワンピースを縫ってもらいました。あは。
ファブリック用の綿というイメージですが、「ゼッタイこれ、ワンピースにしたら、かなり華やかになるはず!」と思い、華やかさが欲しい場っていうのもあるので、色ではなくインパクトでそれが叶うウニッコのブラックで。
もうひとつ、トップスも現在縫ってもらっており、更に「ずっと探していたんだけど、市販のもので気に入ったものがなくて・・・」と、どさくさに紛れて、かなり高額だった(けど既製品買うよりずっとリーズナブル)リネンを紛れて手渡し、黒のロングのキュロットパンツも作ってもらいました。

リネンの「ロングスカートに見えるけれどパンツ」な、ギャザーがたっぷりの贅沢なシルエットは、市販ではなかなか(最近「ストン」がおおく)見つからず、贔屓にしているセレクトショップには似たようなのがあったものの、イメージを伝えたら、「リトアニア(の大統領の服を作っている作家)に注文して、1ヶ月ほどで仕上がりますから、今から寸法を・・・」ということになり、ちょっとそこまでは今は気分じゃないなーと。
でも、85の祖母が作ってくれたパンツは、イメージど真ん中で、飛び上るほど嬉しかった!

85になって、孫を飛びあがらせるほど喜ばせられるようなおばあちゃんって、私はなれないだろうなぁ。
[PR]
by pechopiano | 2011-10-17 22:42 | Comments(0)
怪しい予感・・
つきつきつきつきつき・・・・・って、、、喉が申しております。。。まずい、風邪気味。。。

数日片頭痛を抱えておりましたが、喉の方と痛みを分かち合ったようで、どうやらこれは初期の風邪。
はやいとこ、治そうと鼻うがい&生姜摂取で頑張っております。ココアも風邪予防にはいいのですが、北欧土産のホットチョコレートがかなり美味しく(粉だと思ったら、チョコレートを砕いたものだった!)、風邪を理由に、眠る前にホットミルクに溶かして濃厚なのを飲んだりして、甘くて危険な夜更けとなってます。おいしー。。。

と、いいつつも。
予定はテンコ盛りであり、ずらすと先が読めないものばかりなので、今日は早朝から自宅で仕事をするオットを放置して、ムスメと朝寝坊。
その後、超スピードでゴハンを作り・・・↓
a0126929_14575173.jpg

(白菜とエノキの挽肉餡かけ、ひじきの五目煮込み、マッシュルームのチーズオムレツ)

片付け終了1分後に、来客。おおおお、間に合った!!

・・・・で、諸々打ち合わせを「スミマセン、この後予定つかえてましてっ」とケツカッチンなワタシは1時間で無理やり終えて頂き、ムスメを抱えてチャリにまたがり、実家すぐ横の美容院へ。

いやー、この美容院かて「もう、やだ!ロングヘア!飽きた!ダサイ!垢ぬけないっ!乾かすの面倒!ムスメがアタマ洗ってる間騒ぐ!!」と、急にキレた一昨日、「明後日切って~~!」と掛け込んで決めたわけで。。。
今日は実家も来客ありで、私も他の日はダメだし、、ということで、子連れで。笑

いつも、(石油系シャンプー卒業して久しいので)シャンプー持ち込みで行っていましたが、遂に、子供持ち込みっすよ。
しかしてお兄さん(私より年上だが)、こちらもムスメと同学年の生後半年の坊やのパパなので、「あいよっ!いいよっ!」と二つ返事で迎え入れてくれまして。
ワタシはとりあえずムスメを床に置き(え?置き?)、ほおぉうら~~とお財布を渡し(カード類が大好きなのです)、しばらくは大丈夫だったのですが、シャンプー台で私が倒れ行く様を見て、ギャン泣き。汗

午前中の打ち合わせは終始ゴキゲンだったし、基本本当にぐずらないので、まぁ大丈夫だろうと連れて行ったのでしたが、美容院では8割泣いてました。^^;
お兄さんの、ハリネズミヘアスタイルがだめだったのか、時々我々の目を盗んで、ワゴンに近づいていたずらしようとするところを、すかさずお兄さんに抱っこされて連れ戻されるのが嫌だったのか、とーにかくぎゃんぎゃんと泣いてましたが、ワタシもお兄さんも、1人目の子供持ちとは思えぬ「放置容認派」でして、「あー、ごめんごめん、ちょいと待ってて~」と鏡越しに語りかけて、その間驚くような速さでちゃちゃちゃっとカットしてくれました。(終わりの方、ちょっと抱っこしましたが。)

いやー、助かった。
私の放置っぷりも、「1人目とは思えぬ」と言われますが、ここらへんの教育方針(?)、美容師さんとも似ていたようで、気楽に通えます。

んで。

短くなった!
a0126929_14585971.jpg

本当は、ショートにしたかったのですけれど、私のこの(いつものことですが)「もう、ばあっーっと変えたいのよ、ばばばぁ~~っとさ!」っていう、適当な思いつきはキケンだということで、癖っ毛を生かしたボブの方が、子育て中はいいよと言われて、言われるままに。
天然パーマなので、無理にブローして伸ばすよりも、ちりちりっと毛先をいじってまとめた方が、本当にパーマかけたようなウェーブが出るらしく、そんな感じに気楽にまとめてもらって、大満足です。ああ、軽くなった~~♪

子育て中は、短いか、束ねるか、っていう二択だよねっていう話になり、彼の奥さまは現在後者らしく、私は今まで1年間後者だったので、今回前者になったというワケ。笑
ロングスカートが好きで(子育てに向かないけど)、パンツにしても、夏にハマッたリバティにしても、天然素材のお洋服にしても、ロングヘアだったりまとめ髪だったりすると、なんとなく重たい感じがしてきてしまい、更に身長も高い方ではないので(160弱)、残念ながらロングヘアにしちゃうと、垢ぬけなーい重い雰囲気になってしまうのですよ。。涙
年齢的にも、もう今回ばっさり切ったら、ロングはなしだなぁ・・・と思っていたので、あんまり感傷にふける間もなくチャチャッと切ってもらって、良かったかも?!

ま、なにはともあれスッキリしたアタマで、旧線路を越えて(くにたち駅は、線路があがりまして、踏切がなくなりました)駅の反対側にちろっと向かって、待たせた詫びに(?)、なかしましほさんのお店に寄って、玉葱ビスケットや、生姜クッキーをご本人から調達。
生姜クッキーは、ワタシの為にですが(よく作りますが、やっぱり、しほさんの作ったものにはかなわない!彼女のレシピだとしても。。)、ムスメには玉葱ビスケットをホイッと一枚渡して、再び自転車でくるりと戻ってきました。
ムスメは、ビスケットをぎゅっと握りしめ、その後立ち寄った何軒かでも決して離さず、眠たい時間だと言うのに「ビスケット落っことしちゃたいへん」といわんばかりに起きて握りしめ、立ち寄りスポットで自転車を留める度に、ちょっとずつちょっとずつ味わって、ついに帰宅したら、安心して寛いで食べてました。笑
また焼いてあげるぞー、多分今日ほど美味しくないけどー。

そんな食いしん坊、最近は本当に好みと主張が激しく、この日のランチはワッフルを焼いたのですが、その前にワッフルを隠して生野菜サラダを与えたら、わずか3口で拒否。
a0126929_150535.jpg

「もっと他に、なにかあんだろっ」と言わんばかりに、ぎゃんぎゃんと振り返り(背後にキッチン)、あったまきつつ、負けました・・・。ワッフル3枚ぺろり。

なので。
a0126929_1503410.jpg

夜、じゃが芋を摩り下ろしたベースのお好み焼きにして、中に昼食べなかったサラダをしこたま入れてやりました。ふふふふ。(完食♪)
うすーくソースも刷毛で塗って焼いたので、尚更おいしかったみたい。^^
(レッスンだったので、夕飯は実家で食べさせてもらったための、ムスメおべんと。秋鮭とほうれん草の細巻きと、カボチャコロッケもつけて。)

こちら、きりたんぽは、美味しかったのに、見るなり拒否。
a0126929_1515169.jpg

青菜を受け付けなくなってきました。(だけど今日の白菜丼は、最初拒否ってそのあと完食。)

山芋入りの、中華ワンタンスープもねぇ・・・拒否。むかっ。小麦が好きですね、、、ほんと。。。
a0126929_1521712.jpg

[PR]
by pechopiano | 2011-10-13 15:02 | Comments(0)
続・秋休み
実家の北欧旅行に伴って、勝手に秋休みを取得しててんこ盛りで遊んでいましたが、シメ(?)は、電車での最遠出、オットの実家滞在&鎌倉遊びでした。
普段忙しくて、年末年始や親族の集まりの時にしか、実家に顔を出せないオットに代って(?)、勝手に「遊びにいきまーす」と連絡をし、オットには「○日、行ってくるから」と事後報告。笑
自分が居なくて、居心地悪くないの?と聞かれましたが、「なんで?」と質問し返したほど、気さくで優しい御両親なので、秋休み取得に伴って一番最初に思いついたのが、「そうだ、(オットの)実家いこう!」でした。
だって、こんな可愛い盛りの子供、なるべく沢山触れ合ってもらわねばっ・・・・という名目のもと、自分がラク出来るし(あは)、愉しい時間を過ごせるので、もっともらしいこと言いながら行って参りました。

とはいえ、結構冒険ですよ、ウチから鎌倉までは2時間弱。
電車で2人で向かうのは、最遠出が友人宅への1時間半程度だったので、さーすがに鞄に「もしもぐずったらグッズ」を忍ばせて、ちょっとドキドキしながら向かいました。
んが。
全くぐずらず、特にゴキゲンというわけでもなかったものの、大人しくしてくれていまして、勿論電車が空いている時間帯に移動したため、乗っている方も余裕がありそうなノンビリした空気が流れており、ムスメは沢山の人に笑いかけられて、鎌倉へ到着。

秋の鎌倉は、「ご案内したいお寺や景色が・・・」と、文化的なお誘いがあるにも関わらず、ワタシがもっぱら寄りたいところと言ったら・・・・
a0126929_12392539.jpg

LONG TRACK FOODSだとか、
a0126929_12394524.jpg

ロミジャム(通称)だとか、、、

食べ物ばーーっか。

ま、厳密に言うと、食べ物っていうよりも、このスタイリストや著名人たちが、どんな空間のお店を作ったのか、その空気に触れてじかに詳細まで見たかったからなのでした。
でも、ロミジャムでは、お土産に幾つか買ったり、岡尾さんのお店でも、遊びのちょっとしたお買いもの、しましたが。
つくづく、寺とか遺跡だとか、文化的な香りのものに興味が薄く、「昔の建造物」は素晴らしかろうけれども、今の現在の暮らしに密着して、具体的なモノにしか惹かれないワタシ。
留学時代や学生時代に、嫌と言うほど(?)欧州の建築物に触れて、古い教会での音楽祭で弾いたり、そんなことをしているうちに、「寺は素晴らしくても、、、(ぶっちゃけ)どれも一緒!一個みればよい!」という結論に達してしまったのか?!

・・・いや、単なる食いしん坊なだけかもしれない。。。

かもめ食堂じゃないけれど、30代に入ってから、なんていうか「こうあるべき」みたいな軸から、自分の欲求や興味が反れていたら、それを(若い時のように)軸に合わせようとか、自分の方が不勉強でイケナイことなのでは・・・という、自制心のようなものが、、、なんちゅーか、ゆるんじゃった気がします。
切れた、っていうほど思い切ったことでもないし、我慢していたことがあったわけでもないのですが、なんていうかねぇ、結構真面目にピアノこつこつ弾いてきたし、努力もそれなりに一杯したように思うし、、自由になるっていう感じになってしまったのですな。

・・って、まぁそんなことはどうでもいいとして、オット母上が「キョーコサン、行きたいところあったら、言ってちょうだい~案内するわよ~」と、お申し出下さったので、わーいわーいと、文化も子供目線もあったもんじゃない、自分目線の鎌倉観光をして参りました♪
以前も、オット実家の帰りに、1人で鎌倉観光をしてきたことはありましたが、子連れでは初めてだし、小町通り以外の方面が、やはり探索しきれなかったので、落ち着いた鎌倉の街並みと、それぞれの家々の造りにじっくり見入りながら、時折生地屋さんやお洋服屋さんもウィンドウショッピングして、オット母上とべらべらべらべらお喋りしながら、楽しく散策。

ってなことで、ムスメはずーっっと、私につきあってくれまして、オット母上も「なんて、良い子なのかしらね~」と。
ま、そのうち言いなりにはなってくれなくなるんでしょうけれど、ムスメもうんと小さなウチから、私が色々連れまわしていたせいか、バギーであちこち連れていかれるのも、やぶさかでない様子で、きょろきょろそれなりに楽しんで興奮していました。

ランチは、初の釜揚げしらすと生しらす丼(&季節のお野菜天ぷらつき)を、お母上が御馳走して下さいました。
a0126929_12402589.jpg

伊豆でも食べたことがないなーと言うと、ここら辺の名物だそうで、しらすならば・・・とムスメも美味しそうにぱくぱく頂きました。

鳩サブレの本店の真っ白な外壁に、強く強~く惹かれたり、この建物は築50年くらいかなぁ・・・などなど、きょろきょろ建物の「使われてる様」な空気を愉しみながら歩いていると、ロミジャムの近くに鎌倉はちみつ園という、粋な建物発見。発見っていうか、どーんと建ってますけど。
老舗らしい内装と、塵ひとつ舞っていない空気に、いたくいたく感激して、「古くてピカピカ」という佇まいは、住まって(使って)こられた方の、美しい暮らしぶりの強靭な証なので、尊敬の思いで覗いてみましたが、、今調べたら、ここって最近改築されたそうで。・・・あそ、なんだ。
でも、お店にとって最も大切とも思えるショウケースには、指紋一つなく、玄関先から艶のある木の壁と言い、すべてが美しくて清潔で、いたく感動。
もう、今週は思いっきり断捨離した我が家でありました。(定期的にやっているのですけれど、子供が生まれてからは、特に定期的にやらないと・・。)

オットの実家では、お母上が美味しいポトフを作って下さっていて、いつもテキトウに作っているウチのポトフよりも数段美味しかったので、レシピを頂いてきました。
父上がワインを用意して下さったので、2人で一本空けて、ムスメもゴキゲンで、おばあちゃんのポトフに「おいちぃ」をやりながら、愉しい夜は更けて行きました。

ちなみに、特に教えていなかった「おいしい」のベビーサイン(ほっぺをたたく)、いつの間にかやるようになっていました。
最も、言葉での「おいしいぃ~」の方が先だったのですけれど。笑
最近は、つかまり立ちしながら、段差も越えていくようになりまして、、、
a0126929_1241828.jpg

ずりっと足をこすった時は、口をとがらせて「うぅう~」と、私に「ここ、さすって」と近寄ってくるのが可愛くて、少々の痛みならばソレもよし、と遠くで見守ってます。
1人「いないいないばあ」もするようになって、カーテンに隠れて、いないいないばあっと、私に披露して、拍手喝采しております。(自画自賛が得意。)

はじめての言葉、って、「まんま」とか「ばあば」とかいうのはずっと前だけれど、意味としてきちんと分かって使うようになった言葉は、どうやら「かわいい」が最初でした。
新しいお洋服や、ねずみのぬいぐるみ、テレビに出てきたキャラクターや、街で見た「可愛い」ものに対して、「かぁわいぃ~~・・・!」と使っているのを見て、確実に意味が繋がっているなぁと。
お友達の男の子たちは、もう、テレビの音に合わせてポーズをとったり、意味は繋がっているかはわからなくとも、「元気?」と聞くと、「げっきぃ~!(元気)」と、ポーズを作って(泣きながらでも、笑)答えたり、本当に可愛い可愛い盛りで、どの子も爆笑ものです。^^

今日からお仕事再開で、練習もやらないとだし、家事も毎日結構あるし、子連れでの遊びも入れているし、毎日忙しいですが、「充実」という実感を強くしている日々。
a0126929_1241418.jpg

ロングトラックフーズで、アメリカンダイナーなリーズナブルなカップ&ソーサーを一客。
昔は、気に入ったものは何でも6客揃えないと・・・と思っていましたが(作家ものが多かったし、作家さんのものは割れてしまったら、同じものを焼いてもらったとしても経年により土が変わってしまって、同じ風合いのものは手に入らないことが多いため・・)、最近は、最強のワタシの物欲カテゴリーだった食器類も、少なくしていこう、と方向転換。(だけど買ったんだけどね。)
思えば、暮らしの道具にしても、20代の入り口から既に、遊んで遊んで、遊び倒した気がします、これでも、この年齢でも既に。
ちょっと方向がまた変わってきたのを自分の中でも感じて、自己満足的に面白い最近です。

↓ オマケ

a0126929_1242177.jpg


実家からの、ムスメへの北欧土産。
なーんて、可愛らしいのでしょうねぇ、こちらの国の子供服は。
いつでも言われることだけれど、日本はどうしてこういうセンスの良い色遣いが出来ないんだろう。。。
子供服っていうと、ド・カラフルだったり、ただひたすらシンプルなだけだったり。。。
食事用スタイまでシックで素敵です。
幼稚園バッグにでもしようかと、シックなビニールバッグも貰いました。
子供のものと、美味しいものは、時間がたてば消化されるか、家から出てゆくものなので、遊びがあっても楽しい♪
[PR]
by pechopiano | 2011-10-11 12:44 | Comments(4)
遊びすぎ?!
さぶいっ。

・・・ということで、夕方帰宅して、早々に今季初の床暖スイッチを入れてしまった。
ぬくぬくぬくぬく、外が寒い中での温かい家っていうのは、これはまた格別に幸せな時間でもあるのですが、気持ちが良すぎて夜更かししそう~。

今週は、カクカクシカジカの事情で、レッスンもないし、連日遊べまーす・・・とママ友さんたちにお伝えして、連日遊んでもらっているのですが、ムスメはとってもとっても楽しそう!
人見知りマックスだった時期を通り過ぎ、最近は本当に人好きで、カフェなんかでも、隣の人が笑いかけてくれようもんなら、もうワタシにずっと背を向けて、その優しい人に愛想を振りまきまくって、自分が噛み砕いたおせんべいなんかを、親愛の証に「あいっ!」って差しだしたりして、周囲を困惑させております。
行きつけの無農薬八百屋さんなんかでも、「Rちゃん、すっかり人見知りおさまったね!」なんて驚かれるのですが、もう顔見知りになんて、超愛想良く、この外面の良さは・・・・、両親とも割と似た感じなので、ムスメも遺伝した(のか学習したのか)のだろう・・・。
ま、うまく世間を渡っていってくれ。

お天気の良い日は、我が家の4Fテラスでランチをしようと、今「旬」な話題に共通点がある我々は、秋風に吹かれながら、ビール片手に(素晴らしきかな、卒乳)盛り上がりました。
a0126929_2361946.jpg

(ぽかぽかスープをお外で頂くのは格別なので、シャトルシェフが大活躍♪)
a0126929_2363376.jpg

ムスメの初のボーイフレンドちゃんです。
ちっこいのが2人、時々絡み合いながら一緒に御飯食べてる様は、もう、かーわいいのなんのって。^^
シンプルでお洒落な出で立ちも可愛らしく、子供も秋になると「ナニ着せようか?」とワクワクする季節なので、母になる前よりも2倍楽しく感じます。

今日は今日とて、私好みのこだわり新築一軒家にお住まいのママ友さん宅へ潜入♪
もう、引き出しから洗面所、物置に至るまで全部見せてもらい(笑)、興奮して3人で語り合う!
3人とも、家を見ると、それぞれにこだわって暮らしを愉しんでいるので、そのツボドコロなんかを垣間見たり、情報交換したり、すごく楽しい時間でありました。
a0126929_2372660.jpg

↑ムスメは、お友達のストッケに腰かけてゴハン中。(祖母の新作チュニックを着ております。)

今日は男の子2人だったのですが、男の子の「ママべったり度合い」は半端ないって聞きますが、いやー、すごい。全然同じ月齢と思えぬほど、「ママ・ラブ」な坊やで、足元にママが居るのに、居るだけじゃ泣いてしまって、「抱っこ抱っこ」、テレビを見るときだって、ママとくっついてないと泣いてしまう、という、ママ冥利に尽きる時期を過ごしていました。
(個人差とてもありますが。もう一人の男の子は、かなり自立していて、ママが必要な時はトコトコっとやってきて、ちゃーんと甘えたら、またテレビの方へ行ったり。笑)

一方ムスメは、、、果たして、かなり手がかからないという言い方で済ませて良いのか??と、今日のオトモダチの姿を見て、「あるべき1歳児」について考えてしまった。。。
興味のある玩具や、ワイワイ大人が盛り上がってると、時々ぱたぱたーっとやってきて、笑ったり興奮したりするのですが、でも基本的に長いこと私の姿が見えてなくても「全然平気」。
なもんだから、ワタシはインテリア話題やら、オウチ話題でひたすら盛り上がり、フと「あり?」と、時々自分のムスメに目をやる感じでして、話題に夢中な時は、まるで独身時代と変わらない・・・。

今でこそ、卒乳ママさんが続々出てきたから話が合うものの、結構前から11時間ほど通しで寝てくれるので、とても助かるし、実は寝かしつけも・・・、私が居なくてもコテンと自分で眠ってくれるのですよねぇ・・・。
いや、贅沢というか、勿論すっごく助かるし、私が横に居ながら眠るときは、それはそれでモウレツに可愛いんですが、居なくても、大抵は大丈夫と言う一歳児。。。
欧米化?汗

実は。
真実の(?)告白をすると?!
朝起きて、ゴハンを作るまで結構遊んで待ってくれていて、良く食べて、食べ終わったらまた絵本に夢中で、飽きたらワタシの足元で何やら鼻歌歌いながら遊びだし(そう、皆もやってるのかと思ったら、今日「Rちゃん、鼻歌?!」と笑われたのですが、よく鼻歌歌いながら1人で遊んでマス)、一緒にテラスに行って洗濯もの干して、そのまま寝室でお昼寝(1~2時間)コトンと眠ってくれ、お昼御飯を済ませたら外出して、これまた愛想よくご機嫌で、夕方はピアノの音にも嫌がらず、楽しげにお絵かきしたりして過ごし、お風呂の時だけぐずるけど、夕御飯は母の晩酌に笑いながら付き合ってくれ、ちょっと遊んでゴキゲンで1人で眠りに着く・・・・と。

ワタシ、本気で「子育てしてる」、って語れないかも?と、むしろ今日の「ママ、ママ!」で、片時も離れない坊やを見て思った次第・・・。
いや、今現在がとても調子が良いのであって、過去(って言っても1年強ですが)はとても大変な時期あったし、この先だってこの調子でいけるとは思えないが・・・だがしかし、どこかでしわ寄せがきそうで怖いくらいに、今は全然ラクです。。。ってか、楽しい部分だけ貰っていて、子育て、こんなんで良いの?って時々むしろ不安になります。(人間は、しょーもないケチをつけるものだと、我ながら思うんだけど。)
こんな手がかからない子育てしている方の話を、むしろ聞きたい。・・・いいんでしょうか?で、その後、どうなりましたか?って。汗
いつか、大変になった時に、この日記自分で読み返して、「ああ、そうだった、ラクさせてもらった時期もあったんだ!」って思いだすことにします。

って、
あーーっっ!!
そうだ、ワタシ、帝王切開だったんだっ!
逆子だから、私の原因じゃないし、それだっ、きっとその詫び期間なんだっ!
(?)
私がいつか「子育てって、本当に大変・・・」ってぼやいたら、誰かに最近のことを指摘してもらおうっと。。

↓ 豆乳のパンは、やっぱりイーストで焼いた方が膨らみは良さそう。
a0126929_238286.jpg

オーバーナイトで二次発酵させて、
a0126929_2384887.jpg

今日はホットドッグな朝ご飯でした。

コチラ、ムスメ定食。
a0126929_239644.jpg

帆立入りシュウマイと、蓮根きんぴら御飯、ミネストローネ。・・・完食。
それでも最近は少し小食になってきました。
今日の男の子の方がずっと食べていたので、かなり嬉しくなりました。ここにも、「食事の終わりは必ず涙」な、エンドレス胃袋児がいるっ!!って。
彼も小柄でとっても可愛いんですけどね。よく「お出し」になるそうで。笑
[PR]
by pechopiano | 2011-10-05 23:09 | Comments(0)
ふたりぼっちな日曜日
夏の名残りを挟みつつ、秋も深まってきましたようです。

北欧旅行に行くとかで、実家にムスメを預けられない一週間があるため、レッスンをお休みにさせて頂いて、金曜日から体育の日まで、実に11連休♪(ってワタシだけですけどね、当たり前ですが。)
メインイベントは、結婚3周年に、(式を挙げた)山の上ホテルに、家族3人でお食事&宿泊でした。
a0126929_13452132.jpg

a0126929_13514927.jpg

天ぷらが有名な山の上ホテルですけれど、何気に中華料理も隠れた人気でして、ブライダルフェア(ああ、懐かしい・・)の時に一通り試食して中華料理に決めた私たち。
ウェディング・ケーキもチョコレート(茶色)という、「見た目より味重視」な式でしたけれど、中華料理は結婚式では珍しいので、ゲストに喜んで頂いたのでした。
以来、毎年秋には「記念日に」と、レストランから割引でのスペシャルディナーの御案内が届くので、一周年の時も喜んで出かけました。
確か、妊娠発覚直前だったか、とにかくお腹の中にまだムスメは居なかったので、紹興酒もたらふく頂いてご機嫌で帰宅しました。

去年は、生まれたばかりだったので、「預かってあげる」と実家に言われても、母乳だったし現実的じゃなかったため、やむを得ず欠席?!
それが、今年の案内にはしっかり「ベビーチェアの御用意あります」と、そろそろ1人くらいいるだろう?!との御配慮つきの一言が。笑
なにはともあれ、今年はスタート地点にムスメを連れて行けたことに、オットも私も嬉しい気持ちでいっぱい。

ということで。
初、お外の味、です。

これまでホテルに泊まるのは、イベントとして楽しいし大好きだけれど、一泊のためにムスメの御飯を完璧に作って持っていかないと(瓶に入れて煮沸したり)・・というのは、かなり準備が大変でした。行って帰ってきて、楽しかったけど疲れる面も。
ですが、もう大分胃腸の働きも頼もしくなってきた感触があるので、朝、すり胡麻(黒)とさつま芋の豆乳パンを焼き、鮭と小松菜のおにぎりだけ持って出かけました。
a0126929_1349618.jpg


前菜も、お刺身などの生のお魚以外は、ちょこちょこ与え、生意気にもフカヒレなんてぱくぱく食べました?!
ワタシは勿体無くて、第一この子がこれ以上お肌ぷりぷりになる必要はなーいっ!!と、ほんのひとかけらしかあげませんでしたが、オットは「美味しそうにするから」と、どどんと4分の一くらいあげておりました。私にゃできねぇ。。
シェフもご挨拶にテーブルにみえて、結婚式のエピソードなど交えながら、楽しく歓談。
また来年も来ます、と約束して、楽しい晩を過ごしました。
a0126929_13494924.jpg

ちなみに、紹興酒の勢いを借りて(?)、まだ食べさせていなかった甲殻類(海老、蟹)も、ムスメに食べさせました。
いつかは試さないと、と思っていましたが、甲殻類の(万が一の)アレルギー反応は、出た場合は量によっては最も重いと聞き、卵の比ではないほどの重い症状が・・・と聞いていたので、出来たら病院のやっている時間帯に、車をすぐに出せる状態で・・・と見計らっていたのですが、でも自分ではどうにも怖くて食べさせられなかったのでした。
んで、酒の力と他人が調理したもので・・・ってのは、最も「だめじゃん!」ってなツッコミどころ満載ですけれど、母子手帳片手に「んまっ、だいじょぶだろっ」と、紹興酒の勢いで。あは。

実は、ゴマも朝焼いたパンで初めて与えたので、本当はこんなに(日に3つも、しかも全部かなりアレルゲンとされるものを)いっぺんに与えてはいけないのですよね。。
とりあえず、全部大丈夫でぴんぴんしておるのが、なにより嬉しかった、山の上デビューでありました。
a0126929_1350215.jpg

a0126929_13503813.jpg

a0126929_13524822.jpg

もうひとつ、感激したのは、初「おいしい」を言いました♪
私が日々心を砕いて(?)作るゴハンではなく、また、山の上の立派な中華でもなく、、、部屋にウェルカムフルーツとして置いてあったオレンジに・・・ってのが、また、アレなんですけれど、、
オットより一足先に部屋に到着して寛ぎ、ちょっと喉が渇いている状態でオレンジを剥いたら、ハッキリと、はーーっっきりと、しかも五臓六腑に沁み渡る表情で(笑)
「おぉ~いしぃい~~~っ♪」・・・・と!
思わず、本当に聞き返してしまった。笑
a0126929_1351335.jpg

かぁわいいぃい~~・・・ってのは、もうしょっちゅう言うのですが(お洋服を着た時や、大好きなネズミのぬいぐるみを抱きしめながら)、「美味しい」っていうのは何度も聞いても、いつも食べるのに夢中で答えたことがなかったので、嬉しい言葉でした。
(今日は納豆ご飯に「おぉいしぃいい~~~」って言ってました。・・・アタシが作ったものじゃないのね?汗)

んで、オットは土日で名古屋に向かったし、実家は留守だしってことで、今日の日曜日はホントに「ふたりぼっち」な感じで、、、寂しい・・・んじゃなくって、すっごい開放感っ!!!!笑

いや、オットは普段忙しくて殆ど家にいないし、居ても手のかかる人じゃないし、実家はこちらが世話になってる身だというのに、なんたーる解放感!!!
「眠る前にすべきこと」(主に掃除、翌日の仕込み)を放棄して、ムスメと一緒に寝よう♪と決めて、とりあえずそれならば寄り道いっぱいして遊んでくることに?!
お茶の水から、友人とランチにLe Pain Quotidienに向かうべく、浜松町へ。
一度行ってみたかったので、満足満足。
お店の中も天井が高くて惹かれたのですけれど、テラス席には、同じくらいの子連れママさん(とパパさんもちらほら)が、ランチママ友会中だったので、やっぱ外の方が気楽よね?と、気持ちの良い晴天にも押されて、外へ。
a0126929_13535710.jpg

いやぁーーーー、、、くにたちとは全然違った。ママ友会の雰囲気が。笑
子供たちも相当身綺麗にしている点もですけれど、ママさんたちも、「今日、ここでこのパン食べるために、その髪巻いたんですかっ?!」と、聞きたくなるような、ロココ調とも表現して異論はないような巻き髪と、子育て中にしては・・なヒール靴、メイクは・・・何時間なんだろう?と、呆気にとられながらも、皆さん同じような綺麗な出で立ち。
いや、お顔もきっと美しいのでしょうけれど、綺麗というより、「綺麗にしている」という印象の方が強くて、ま~ぶしぃ~~~!!

それなりにお洒落していた、ホテル帰りの私でしたが、ナチュラルという名の野生化(野蛮化?)著しいワタクシと致しましては、「女度」って、こういう方々を交えた尺度なのだねぇ・・・と、感心しきり。
ムスメの方は、同じくらいの子たちに興味津々で、ワタシの手拭いで椅子にしばりつけられながら(汗)・・・
a0126929_13544820.jpg

必死に後方を振り返っては、なんとか気を引こうと雄叫びながら、パンを頬張っている。(皆に全無視される・・・。涙)

しかし、ここのパン、確かに美味しいですけれど、なんちゅーかやっぱ、都会の味でした。あ、いや、都会の値段でした。
サラダとビーフパストラミのサンドウィッチと、クロワッサンとカフェラテで、2000円ってのは、うん、確かに髪の毛巻いてくるトコだな。
もしかしたら、独身時代とか母になる前、こういう話題のパン屋さんに足しげく通えていた頃ならば、もっと美味しく感じたのかもしれないのですが、今ではすっかりパンは焼くもの(HBが、ですケレド)になってしまい、ブルターニュ地方のお塩と有機リュスティックでハードに焼きあげられたものより、海の精もしくは海人の藻塩と、はるゆたかブレンドで、モッチリ焼くものが主流になっている舌には、ムスメが2000円パンたちを拒否してばくばくと豆乳芋ごまパンに食いついている姿に同調する、くにたち小市民でありました。

テラスも、ウチの狭小4Fテラスの方が好きみたいで、秋晴れの最近は、ランチは屋上で♪
何時間居ても、ムスメは屋上が好きみたい。きもちいいもんねぇ。
a0126929_13551913.jpg

・・・・で、ツアーその後は、山手線で目黒まで行き、東急バスで二子玉川方面へ。
幾つか見て回りたいところがあったので、ムスメがパン屋で興奮して寝たのをいいことに、どっきどきの長時間バス。
電車の方が、なんだかぐずらないし、すぐに降りられるし、何と言っても広い(車両移動できる)ため、交通手段は電車が一番気楽だったりします。
帰りは、三軒茶屋経由で渋谷に出て、東横のれん街でたねやの栗大福を買って、井の頭線、JRと乗り継いで帰宅。

・・・・こんな移動、独り身だったらなんてことない日常ですが、子連れには結構な冒険で、だけれども一年前には考えられなかったことが今は可能になって・・・・と、いろんな角度から新鮮です。
子供がバスでぐずったけれど、後ろのおばさんが遊んでくれたり、前の席の妊婦さんに、私のベビーカー(CURIO)についてしきりに質問されたり(1月に出産予定で、ベビーカーを探しているとのこと。CURIOが第一候補だけど、実際に見かけたことがなかったので、アレコレ質問されて、その間にムスメの機嫌は直り、彼女もCURIOの購入を決めた、と。笑)、割とどこへでも連れていきやすいムスメではありますが、困った時は周囲が手や声をかけてくれるのだ、ということも肌で感じ、遠出も可能になってきたんだなーと思いました。

色んな考えがあるけれど、私は、何と言っても親の日常の中に子供の暮らしがあるわけで、子供を優先するあまり、親の愉しみや日常を犠牲にしてしまうと、息が詰まるし苛立ちも出ると考えるので、世間にとって迷惑にならない場所になら、どんどん連れ出して構わないと思っています。
あまり真面目に取り組みすぎると、子育てって長期だし、それだけでただでさえ時間も労力も持っていかれる性質ゆえ、自分が苦しくなってしまうので、頑張るところと、自分優先のところと、都合良く解釈してます。
一年は殆ど市内で頑張ったし、食育は割とマジメに取り組んでいるので、私は結構あとは自分の好き勝手。笑
a0126929_13555024.jpg

だけど、ムスメの好きな本のために、図書館通いもしています。(一番大きな市内の図書館が、工事の為に昨日から1月半も休館なのですがー。涙)
靴を脱いであがれるコーナーに紙芝居をピックアップして読んでいると、ムスメは興味を示さない代わりに、他の子が集まってきます。
で、やめられなくなります。汗
ムスメは、紙芝居に引き寄せられた他の子たちに、興味津々で嬉しそうなので、ま、いっか?!

a0126929_13561097.jpg

たねやの大福、おいしー!
昨日焙煎してもらった国立コーヒーロースターの新しいお豆を挽いて、ネルドリップで淹れて一服。
「ふたりぼっち」なゆるゆる日曜日の朝は、21時から8時までという、11時間睡眠に始まった!はずなのに、ちゃっかりお昼寝もしているムスメの寝ている間に・・・♪

今日のランチの「豆乳ハチミツ丸パン」も、たった今焼きあがりました。
a0126929_13563623.jpg

ハチミツも、今日が初。
豆乳100%で仕込みました。パンがもちもちして、ムスメが好きなのです。
ホシノ酵母で生地を練っているので、水分量が課題ですが。
・・・まだ起きてこないので、焼きたてアツアツは、母が頂くとするぞ。うしし。
[PR]
by pechopiano | 2011-10-02 13:57 | Comments(0)


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧