ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
さようなら
最後の掃除をしてきました。

小さな小さなわたしたちの家、小さかった頃の、おばあちゃんの家、もうすぐほかの人の家になります。

父が青春時代を過ごし、私にとっては長いこと、祖母の家であり、そうして私の新婚をスタートさせた、三角のケーキのような家。
売ることを決めてからいろいろあり、引き渡しまで一年近くもの歳月を有しましたが、お別れというのはどんなものでもやはり、寂しさを覚えます。

引っ越しも大変だったし、この家の掃除は、業者に頼んだら??としきりに母とオットから言われていましたが、リフォームしてこの空間を作った5年前の自分の心の記憶を撫でるようにして、半年かけてゆっくり掃除をして、次の人に手渡したかったのでした。

今の住処は、はっきり言って素晴らしく、身の丈にあってないほどの快適さなのだけれど、できのいい子だけが可愛いわけではないのよね、きっと、人間ってさ・・という心境になりながら、この家はこの家で愛おしい気持ちは変わらず。
とはいえ、それでは賃貸にしてずっと自分の名義にしておきたいか?と問われれば、それはやはり・・・手間のかかる子ゆえ、ヨメに出したほうが・・という、勝手な気持ち。笑

人間、慣れるのは早いもので、今の広い空間に慣れてしまった自分は、この小さなレッスン室で、大きなベーゼンと、いったいどうやってレッスンしていたのだろうかと不思議な気持ちになりながら、やはり大好きなウォルナットの床を磨きました。
a0126929_014447.jpg

無垢に水拭きはご法度、という建築家の言葉、そんなことはないんだよ、と5年間欠かさず水拭きをして、艶が出てきた無垢床に答えをもらった気がします。お坊さんが昔から水拭きしてるでしょ?、古い寺院はぴかぴかつやつやでしょ?!と。

大好きだったキッチン、ステンレスの質は、今のものよりこちらのほうが、グレードが高いと思います。次の方も、とてもお料理がお好きな方で、きっとビルトインのガスオーブンでパンもお菓子も焼いてくれるはず。
a0126929_01570.jpg

庫内の動作もチェックし、ガスのひねりもチェックして、懐かしい力加減に涙ほろり。
ここで、娘の離乳食づくりに明け暮れたなぁ。

留学先のユトレヒトから完全帰国する日、毎日手荒くガシャッと鍵をかけては慌てて飛び出していたドアを、あの日どうしても閉めることができず、うつむいて涙がこぼれそうなとき、飛行機の時間を心配して駆けつけてくれた友人が、何も言わずに肩を抱き、そっと私に代わって鍵を回してくれたあの日のことを、思い出しました。
今日は、誰も私に代わって鍵を回してくれなかったので、しばらく立ち去れずに途方にくれました。
ありがとう、なにもかも。
a0126929_021957.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-02-27 00:02 | Comments(0)
少し整頓!
この家に越してきてから三か月。
年末年始を挟み、風邪やらインフルやらの季節を挟み、前の家の売買やり取りなど諸々も含み、あっっっという間に日々を重ねた3か月でありました。

独身時代、もしくは子供がまだいなかった頃であれば、「よし!(部屋の)あそこにとりかかろう!」と思ったら、即日取り組むことができ、せっかちな性格なので、がががーっと一気に作業したい派でしたが、そうは問屋が卸さない(3歳が許さない)、という状態にも慣れ、「あそこ、手入れしたいなー、いつできるかなー」と3か月たちました場所がいくつか。

まず、洗濯機の置いてあるところの扉と、洗面所の扉が、「どちらかを開けているとどちらかが開かない」もしくは、いったんどちらかを閉めないことには人が通れない、など、無駄に広い割に「前の家と洗濯機事情が同じじゃんかヨッ!」と、毎朝ツッコミを入れ続けていた場所。

そこに、3か月たって昨日着手。
2m30cmくらいの巨大な扉、取っ払いましたっ。(洗濯機置くだけの場所に、こんな扉、いらんだろっ!?怒)
取るだけならば、どんなに話しかけてくる3歳がいようとも、思い立って1週間以内くらいにできそうなものですが、「ハシゴのぼってドライバー回して取って(現在、要る要らないの様子見一時保管中)、天井高からアイアンのレールとカーテンレールをとりつけて、長さ計ってリネンのカーテン縫って」・・が、腰を上げるのに3ヵ月かかったわけです。

リネン、思い切って一反買おうかとずっと問屋で検討していたのですが(いろいろと今後も使うはず)、ムスメの幼稚園グッズを縫うのに、手持ちのリネンで足りそうだったことと、以前の家で使用していたカーテンが少し余っており、それらを縫い合わせれば、足りそうだと気付いたので、昨日ほかにも家の整頓をしている際にまとめてやってしまいました!

ムスメが保育園に行っていて、手帳が白い平日、というのは月に一度あるかどうかなので、ここを逃しては・・・と、朝からねじり鉢巻き。
一番の目的は、そろそろ自分のことを極力させたい、という「お手伝い動線」を整えること。

a0126929_12365658.jpg


食事の時、「おかーさん、スプーンくださーいっ!お箸くださーいっ!ふきん~~」と、いちいち呼ばれるのもホント、疲れるので(笑)、先日ちょっとしたことから「カトラリー類やお皿の配置が頭に入っている」ということが発覚したムスメに、自分のことは自分でやらせようかと。

キッチンの棚の中を少し移動させただけなのですが、ムスメの高さで箸とスプーンが取れ、同じ場所にランチョンマットとお食事エプロン(サトイモとか、ころころころころ~っと、スカートまで転がっていったりするので、長いエプロンにしています。リバティのsleeping roseのコーティング生地で作ったのを、ずっと愛用させています^^)、その下に食事の時に使う口拭きのタオル類(3、のケース)、歯ブラシも一か所にまとめて、食事の時間になったら、自分でセットを取りにきてもらうことにしました。
そして、喜んでやっているうちに、何も言わなくても自分でとっていく習慣になりました。^^

お風呂も、休日にオットが入れてくれるとき、お風呂からの呼び出し音が鳴ったら、もうついていく必要はないはずよね?と思い、先日パジャマと肌着を入れた袋を持たせて、「自分でいっておいで」とすると、ちょっと興奮して得意げにオトーサンに報告している。笑

そうそう、自分でやらせたほうがこちらもラクだし、子供だってやりたいのよね?!と、この時期を逃さないよう、今まで洗面所の横のウォークインクロゼットに全ての服を仕舞っていたのを、パジャマと肌着を洗面所へ。
オットの肌着とパジャマはもともとここにセットしておいたので、ムスメのもここへ・・・と無印のケースを、家のほかの場所から移動して来たり、いろいろやっておりました昨日。

もともと、何かがひと段落すると、「さっ!大掃除しよっ♪」と、掃除や部屋の模様替えが趣味なこどもでしたが、三つ子の魂なんとやら、で、昨日は久々に集中して作業できて、楽しい日でした。笑
それというのも、収納や生活にまつわる雑誌や情報誌、毎月たくさん出ていて、こういうのをちょこちょこ買うのです。
どれもこれも、欲しい情報は少しずつなので、買わずに図書館で借りれば・・・という合理的な考えもあるのですが、私の場合、これはこんな用途も兼ねております。↓

a0126929_12452340.jpg


レッスン室の中の、主にお母様たちが待たれる土間スペース、ソファの前にガラスのローテーブルがあり、演奏会のお知らせやら、発表会のプログラム、その他に定期的に新しい雑誌を。
お子さんのレッスンの付き添いとはいえ、カフェラテとちょっとした甘いものを召し上がっていただきながら、雑誌をぱらぱら・・・という時間は、家庭を切り盛りする主婦には貴重な息抜きの時間にもなるかな、と喫茶店的役割も意識して!?笑

付き添いのお母様、とても多いのですが、全員、雑誌をご覧になっているのを、レッスン中にチラと確認して、心の中でにんまり。笑
ゆっくりしていって~~と。笑
その中で、最も好評(?)なのが、「暮らしを整える」系の片づけインテリア雑誌類。

皆さん楽しんで下さるし♪という立派な言い訳をもとに、私が見たいものを独断で選び、1,2か月に一度更新されています!?
中には、もう、レッスンそっちのけで熟読しているお母様もいらっしゃり、先日レッスンの後、「これ、参考になります~~」と、娘さんがコート着るまで熟読なさっていました。笑
皆さんにしばらくお読みいただいて、合間に私もちょろちょろとみているうちに、「ナルホドネ~」と、この「こどもへの動線」を取り入れることにしました。
お掃除上手って、たくさんいるのね!と、雑誌の写真の奥に思いを馳せて、刺激を受ける日々。

そして、載せたと思って載せていなかったことに気付いた、デンマークヴィンテージのテーブル。
a0126929_1252324.jpg


普段は、前のウォルナットダイニングテーブルより小ぶり。
ムスメと二人でも、距離を感じないのと、丸は温かみがやっぱりあるなぁと。
そして、先週末、なかよしママ友と集い、エクステンションで6名座りましたが、余裕~~~♪
懸念していた、中の天板を引き出す作業も、簡単でした。
5~60年代デンマーク製は、こういった、サイズが変えられるテーブルが多いらしいのですが、天板が内蔵できるものはそんなに多くなく、そこが決め手でした。
別に保管しておかなくて良いし、「よく広げる」わけでも「時々しか広げない」というわけでもない、まぁまぁの頻度の我が家に、ちょうどいいシステム。笑
いい買い物、したようです!
お雛祭り会に間に合ってよかった。

↓そんな食卓での、オット朝食。
a0126929_1255810.jpg

珍しく「春雨の炒め物的ななにか」とリクエストされたので、野菜をたっぷりのチャプチェ。
焼きソーセージと、ヒジキの煮物ご飯のお稲荷さん、お味噌汁。
[PR]
by pechopiano | 2014-02-25 12:55 | Comments(0)
福岡にも・・
ムスメ、インフル発症→もれなく親も発症(につき、予防薬をもらう)、そしてドカ雪再び・・という、「む、無理なんじゃ??」と思わしき日程の福岡行きでありましたが、どうにかこうにかギリギリ羽田にたどり着け、どうにかこうにか飛行機も30分遅れ程度で飛び、ついた福岡は快晴であった。笑

オトーサン大大大好きなムスメ、オットがいると、ほーんと助かる。笑
家族分の荷物を運びながら、ほぼずっと「だっこだっこ」いう15キロ強を抱きかかえて運んでおりました。
そして、夜は家族で酒盛り♪
a0126929_214586.jpg


福岡のお魚、美味しかったです。^^

初めての飛行機に、初めての飛行場。
もっと早めについて、たくさん飛行機を見せてあげたかったのですが、あいにくの天候とその事情により、電車がギリギリ羽田に着き、ターミナルまでほぼダッシュ、そして目を凝らして、「あれがっ、あれが、飛行機だよ!よ~く見て~!」という塩梅ではありましたが、十分楽しんでいたようでした。
3歳半にもなると、飛行機、全然困りませんので、出不精な我が家には、丁度良いタイミングのデビューだったようで。笑
a0126929_21511873.jpg


インフルあがりにいきなり外食というのも?と思ったタイミングなのと、赤ちゃんの頃から、お出かけの時は「なにか食べるものを持っていく」という習慣が身についてしまっているため、念のため、パンも朝焼いていきました。
a0126929_21553383.jpg

最近はまっている、自家製ヨーグルトによるヨーグルト酵母の、「安納芋パン」。
食欲がなかった時のムスメのために、ダッチオーブンで安納芋を焼き芋にしておいたのですが、大好物でも食べられず、余ってしまったので、それをパンに入れました。
インフルから完全復活したのと、パン好き芋好き相まって、8つ焼いたのに、二泊三日で6つ食べました。外のゴハンも食べながら、ね。汗
残りはオットのおなかに。笑
[PR]
by pechopiano | 2014-02-20 21:48 | Comments(0)
インフルのちお雛様
今年はやたらと風邪一つひかず、元気だねぇ~・・・なんて感心したその日に、やってきましたインフルエンザA型。
滅多に高い熱を出さないムスメですが、40度以上の高熱と嘔吐、そして時は土曜日の午後でありまして、外は大雪、翌日は車も出せない、チャリももちろん、さらに休診日ときたもんだ!と見事なタイミングでありました。(今はすっかり復活しています。)
そんなインフルの最中、一週間ほぼどこにも出られないし、外のドカ雪もあるし・・で、タイミング的にも良かったので、お雛様を出しました。

ムスメの部屋として一応使っている、リビング隣(というか中というか)の畳の部屋に、丁度良いだろうと寝ているムスメの枕元でゴソゴソ出していたら、猛烈モウレーツに怒り狂われ、「すわ、タミフルかっ!?」と思いましたが、去年は喜んだお雛様、今年は「怖い」と。
まぁ、これも一つの成長ですね、確かに怖いという感受性もわかる。笑

そうは言っても、姉が生まれたときなので、40年前に父が買った七段飾りのお雛様、出さないだなんてもったいない。というか、出さないことは今まで一度もなかったはず。
今の家は、スペースだけは贅沢にあるので、どこにしようかと母とうろうろうろうろしながら決定したのは、レッスン室!笑
ヘリンボーン張りの床と、ベーゼンドルファーと、完全なる不一致を見せてはいますが(笑)、しかしここならば一番多くの人に見てもらえるという利点も。

a0126929_2139262.jpg


案の定、生徒さんたちは楽しんでくれ、付き添いのお母様の中には、ひな人形に詳しく、とても興味深くじっくり何度も見ながら、いろいろ教えて下さったり、意外にも男の子が興味を示したり、とにもかくにも今年はココで良かったようです。^^

父が、顔で選んだという立派な立派な七段飾り、段こそ(仰々しいので)今は出していませんが、子供のころ、学校から帰ってきたら、和室にどどどーん!と出ていた日の、毎年の華やぐ気持ちを、いつも新鮮に思い出します。
「親に感謝」って、「折に触れて」って、こういう時。
[PR]
by pechopiano | 2014-02-20 21:39 | Comments(0)
吹雪~
天気予報は、たいてい大袈裟・・・の持論を、吹雪が吹き飛ばし中。

来週福岡に行くのが、今週じゃなくてよかったな、とか、新しい家に越してきた後でよかったな(なんとなく)、とか思いながら、家の中でまったり過ごし中。
なにより良かったのは、これが週末だったということなんだけれど。

雪を見て、室内からは大喜びするものの、外へ駆け出して雪だるま!というタイプでは全くないムスメで助かりましたが、むしろワタシのほうが、「ちょいと外へ出てみたい」タイプでして、冷蔵庫に食材はあるし、目の前の八百屋も営業中なのではありますが、ベビーカーを押して、最寄りのスーパーまで遊びに行ってもきました。
「無理な外出はお控えください」とニュースで言ってるのに、まったくもって不必要な外出でしたが、大喜び。(私が。)

リビングの窓から、駅のホームが見えるので、中央線の運行具合とかアナウンスとかを聞いて、子供よりも子供らしく、臨場感にひたっています。
雪国に暮らしていないから、時々のこんなのを楽しめるんだろうなぁ。

ところで、こんなものに載っています。
a0126929_1616873.jpg


1月30日発売の「SUUMOリフォーム 実例&会社が見つかる本」2014・春号(首都圏版)
です。
p.76~77の「Uさん」でございます。笑
周りが「築35年」とかいう説得力の中、一人「築4年」などなど、突っ込みどころ満載ですが。汗
あまりにもものがないリビングは、逆にあまり写っていません。^^;

でもその時あった、結婚当初に買ったダイニングテーブル、昨日の夕方から「座卓」になってますけれど。
a0126929_16214331.jpg


大人数で定期的に集まる場所にもなった我が家、やはりこれだと狭いので、エクステンションできるデンマークのヴィンテージのテーブルを購入しました。
そして、こちらも今後の暮らしの変化に伴い、脚を切ってしまうのは避けたかったので(また別の形で使うかもしれず、もとの形にしたくなることもあるかもしれず、)、いつも頼んでいるアイアンレッグのお店で、脚だけ注文。

いい感じですヨ。^^
無垢のウォルナットとアイアンのどっしりした脚の座卓って、既製品ではあまり見かけない気がするのですが、床のウォルナットと(当たり前だが)溶け込むようで、どっしりとして益々好みになりました。
床暖房にへばりついてぬくぬく暮らしていたいワタシにとって、そしてちゃぶ台大好きなムスメにとっても、大きな座卓はとっても良く、月曜日に届く予定の新し(くて古い)ダイニングテーブルより、冬の間はこちらに座りそうな予感。
オットも、今朝ゆったりとここで朝食をとっていきました。^^

現在ムスメは珍しくソファでお昼寝しているので、駅のアナウンスを聞きながら、無声の天気情報@TVつけながら、珈琲時間♪
[PR]
by pechopiano | 2014-02-08 16:24 | Comments(0)
facebookからまんまペースト其の4
そして、先々週にこちらも引き続き、仲良しママ宅へ。笑

現在、車を修理に出している(ちょっと擦っただけで大したことはないのだが…)から、車がない上に、この日「傘を持っていく」と聞かなかったムスメを自転車に乗せて出発すると、ほどなくして怒号のような雄たけびをあげて、自転車が止まった・・・。

傘、入れられましてん。

超、パニック。

今車がなくて、雨が降っても自転車でどうにかして保育園(片道15分)へ連れて行かなくてはならないってのに、何でこのタイミングでチャリまで壊れるの!!!!
しかも、このチャリ、、、国産ではないゆえ、すごい馬力でムスメを隣の市の保育園まで連れていくのには必須だったものの、、、壊れたときは非常に厄介。。。
だいたい、部品が自転車やに置いてないので、修理の人がやってくるしかない。(人件費~~)
そして下手したら部品の取り寄せ、イギリスから。(ばっきゃろ~~!!)

すんごい、すんごい顔で怒ってしまった。。。鬼夜叉のようだったに違いなく。通報されてもおかしくなく。。。反省。。。

「んがごぉっ!んふがごぉごぉおっ!!!」と押すたびに叫ぶチャリを押して、ついてこいっとムスメに怒鳴り、自転車屋へ。
「もう、パーツとか、見た目とか、どうっっでもいいので、とにかく動くようにだけしてくださいっ!!」と依頼して、タクシーへ。。。

タクシーで友達の家かよー。。。と情けなく思いながら、タクシーの運転手さんがお日様のような朗らかなおじ(い)さんで、車内で怒られながらひたすら「はいっ。はいっ。」と答えているムスメに、「いい子だねぇ~~」と声をかけてくれる。

そう、そんなにムスメは悪くないのに。
どうにもパニくって(先の一週間のことを考えたりして)、なぜこのタイミングなのよっ!!と怒ってしまい、わかっちゃいるけど怒りが抑えられなかった自分をたしなめてもらったようで。
降りるころには、「ごめんね、怒りすぎた」と謝れました。
(うん、そうだね、って言われました。汗)

帰りは、約束した通り、結構な道のりをてくてく歩き、「自転車、壊れちゃったのなおったかなぁー」と心配していましたが、ワタシの鬼夜叉プラス獅子舞ヘアスタイル駆け込みに、只事でなさを感じた自転車屋のお兄ちゃん、「とりあえず!とりあえず、乗れますからっ!」と、紐でくいくい括ってある自転車を差し出してくれ、修理代も良心的。

これだよこれ、あたしが求めているものは。
見た目どうあれ、リーズナブルにして働く!これなんだよ!
ということで、車も自転車も、国産が身の丈にあってるね、自分・・・と反省。
(車、見た目は「汚れ?」くらいのものだったのに、修理費ごじゅうまんえんだと。。保険会社が全額支払ってくれるのではありますが、外車はなにかとなにかと。。。)
雨の日以外、殆ど乗らない(のに擦った・・)し、今後ムスメが幼稚園に入ったら、バス登園ということもあり、ますます必要ないかな・・と、引っ越してからの立地も考えると、全く必要ないような気がしてきています。・・・いや、でもやはり「まったく」ではないところが、悩みどころ。。

写真は、そんなパニくる前に、鼻歌ルンルンだったブリオッシュ焼きたて。(チョコチップ入り。)
a0126929_12542555.jpg

自家製ヨーグルトを使った、自家製ヨーグルト酵母による、自家製ブリオッシュ。
・・・・・恩着せがましさ的しつこさ。
[PR]
by pechopiano | 2014-02-05 12:56 | Comments(0)
宅配食材事情(文章長過ぎ注意報発令中)
今朝は、お弁当ではなくオット朝食ショット。
a0126929_12463034.jpg

最後のoisixの宅配が終わり、赤い可愛いパッケージのミルクも、これで最後かと、そこだけはちょっと残念に思いつつ、宅配が一本化して、食卓にのぼる食材も東都生協メインになってきました。
(ホッケ、ヤムウンセンの中の紫玉葱、長葱、ワンタンスープの中のにら、ワンタンの中の挽肉・・が東都生協。)ヤムウンセンのエビは、皆様のお墨付きシリーズ。コーヒーも。笑

家族の胃袋を担わされている主婦以外の方には、全く興味のない話題かもしれませんが、宅配3社をやってみた感想を、独断と偏見にまみれてレポしたいと思いまっす。
(なっがーーーーーいです。)

もともと、大地を守る会とoisixの2つを利用していましたが、最も気になる判断材料として、お値段。
最終的にpc立ち上げて、3社のHPから「豚肉バラなら100gあたりいくら」的な(もちろん、バラ一種類じゃありませんが・・)数字を出し、産地や投薬、野菜であれば量と産地、放射能検査体制も含め、価格に見合った質かどうか、そして何より「我が家がよく使う食材が、最も割安なのはどこか」を検討。

種類の豊富さは、どこも同じようなもので(牛、豚、鶏のそれぞれの部位が何種類くらいあるか)、ざっとグラムで比較した値段が一番高いのは、大地を守る会。(肉、魚、乳製品、卵。)
だけれど、どれをとっても感動のおいしさと、確実な安全性、こんな細かい資料送られても・・・虫眼鏡くださーいっっていうくらいの細かいことまで、検査ばっちり。
豚バラひとつとっても、肉厚さも色合いも、臭みも柔らかさもダントツ。

一方で、oisix、どれもこれも割高な印象。
子供の離乳食が始まったころに、原発事故が重なったワタシにとって、とりあえず「放射能検査体制整ってます!」という宅配は、わらにもすがる思いで、そして気楽にインターネットで注文できるシステムも使いやすく、友人の使っている話もよさそうだったので、飛びついたのが正直なところ。
ただ、最初に野菜を注文した時、値段では「ホウレンソウ一束(の写真)、298円」など、まぁ無農薬野菜相当の値段かな、と思いきや、届いたホウレンソウが一般的な一束の3分の1から4分の1程度の量で、「ちいさっっ!!!」と叫ぶくらい。。
そして、「無農薬野菜など」と謳っている割に、ほとんどのものは「自社比」の半分の農薬だったり、オーガニックのものは僅か。
オーガニックでなければ・・・ということでは必ずしもないのですが、それをうたい文句にしながら、実際はもっと甘い、という姿勢に不信感。

大地とほぼ同時期に「お試し野菜セット」を買ったのですが、その野菜のレベルの差は、天と地ほどでした。
イメージとしては、大地を守る会は、今、隣の広大な大地から掘り起こしてきたばかり!というほど、大根の葉もぴーーーんっと立って土の香りが強く、一方宅配業者のダンボールに入って届くオイシックスのほうは、きれいに洗われて、「にんじんです。うふ。」といった行儀のよさできれいに入っている。

では、なぜ大地に一本化しなかったかというと、それはやはり大前提として「確実な(信じるとすれば)放射能検査を通じて、ゼロベクレルである食材のみを買いたかった」けれど、肉、魚までを大地で賄うのは、割高だったため、質と価格を抑えて、oisixに甘んじれば、野菜は大地、オイシックスではタンパク質、と分けて購入ができると考えたためでした。

大地は自社宅配制度があるので、いつも注文していた「こどもたちのための西の安心野菜セット」のみの注文だとしても、送料は変わらず。
対して、オイシックスは3000円以上(それも、冷凍だったら1000円を満たさないと冷凍手数料なるものもかかる)がボーダーラインとしてあり、味はともかく「安全な肉を買う」というだけの目的で、毎週3000円を満たすのは、だんだんばからしくなってきました。
実際には、肉だけではなく、調味料や出汁用の鰹節(海から来たものこそ、放射の検査が必要なので)などと合わせていたわけですが、だんだん注文するものが固定になってきました。
でも2年間の送料無料コース(正確にいえば、割安な料金で前払いしてある)に入り、なによりオイシックスをやめがたい一番の理由だったのは、「牛乳飲み放題コース」。
これは、正直捨てがたいものでした。

北海道の四つ葉の特選牛乳、紀ノ国屋さんだと278円~298円のものが、月額980円で飲み放題。(一度の注文につき3本まで。)
100円程度の計算になるのは、ミルク大好きな子供を抱えた我が家には、目に見えるお得感として残り、「何か起こるとなにかと怖いことになる牛」のミルクゆえ、これは捨てがたかった。。。
送料無料コースのパスポート切れになるまでは続けようと、オイシックスを続けていたのですが、11月の天下市で、出店していた東都生協に半ば強引に「おすすめですからっ」とジュースを勧められ、ムスメが飲んじゃったもんだから、仕方なくブースの中で話を聞く。

すると、(嘘かほんとか)大地をやめて、こちらに入る方が多いとのこと。
いわく「同じ生産者のものが多々ある」けれど、東都生協のほうが安いということで。
ソーセージ大好きなムスメ、無縁せきのものを買ってはいるけれど、豚肉、食塩、香辛料のみでできているシンプルさのものは、(そして鎌倉ハムに作らせているので、味は保証とのこと)東都だけ!と、これまた痛いところをついてくる。

お祭りハイ(?)も手伝って、そして引っ越し直前だったこともあり、なんとなく自社宅配の大地を、引っ越しを機にお休みしやすいな、ということで、とりあえず始めてみたのでした。
始めてみての感想は、まず種類が豊富。
「さんぼんすぎ」という、商品案内の新聞を開くのは、結構楽しかったりもするし、見やすい。
またインターネットでも注文でき、私が東都生協に求めるものは、どちらかというと大地的な「安全な野菜」を割安で、だったので、ネットには鹿児島限定オーガニックセット、とか北海道限定・・とか地域を選べると聞き。

なので、時間のある時に商品案内から選んで、ネットで合わせて注文、というスタイルにしています。
東都の一番いいと思う点は、牛肉!
ネットには「有機牛肉」なるものまであり、それはもちろん値段のステージがガクンと高いので毎度は買えませんが、そうでなくても牛肉が得意なように感じます。
一番不信感は、加工食品の原材料名が記載されていないところ。
これは、まじで即脱会しようかと思ったほど、疑問なのですが、問い合わせると紙面の関係上、今は載せられないけれど、同じ声が多いので、近々改善予定&電話ですべて答えます、とのこと。

・・・電話なんて、いちいちかけるかよ・・と思いっきり毒づきたくなりましたが、、、、考えてみたら加工食品(冷凍食品など)は、買わないのだから、まぁ関係ないか、ということに落ち着きました。
放射能検査体制は、「3.11どころか、ウチはチェルノブイリ原発の時からいち早く危機感を感じて、とっくのと~にやってまっせ!」という姿勢。
これは、実績がなによりなので、ここには信頼をおいています。

今まで、大地2,000円、オイシックス3,000円(3,000円が送料無料コースデッドラインなため、いつも3,021円っ!とか、みみっちく。笑)が、毎週なので、宅配でだいたい2万円程度、だけれど、ほかに紀ノ国屋さんや三浦屋さん、アヒルの家などでも買い物をするため、宅配をどうにかもう少し抑えた固定金額にしたいな、と。
そこで、「まぁまぁの野菜と、紀ノ国屋三浦屋レベルの肉」という東都生協一本化に落ち着きました。
いろんな意味で、中央をとった感覚でいます。

たとえば、鹿児島限定のオーガニック野菜(毎週内容は変わりますが、今度届くのはにんじん、安納芋、牛蒡)、それから900gの玉ねぎを別途、アジの開きが冷凍で4枚、ブリの切り身冷凍4切れ、鶏肉400g、無縁せきのソーセージ、平飼い卵6コ、白菜、+「みのりサポート」という、何が来るかはわからないものの、余剰野菜を格安で買えるという210円のサービス(先週は、にらと長葱だった)・・・を申し込んで、3千円。
これを、高いと思うか安いと思うかは、それぞれの家庭の食費によりますが、今までの2つの宅配を合わせた程度の量です。
(簡単に言えば、五千円が三千円になった。)

宅配が、だいたい月に15,000円程度までとして、それらを中心に献立を決め、もちろん足りない分は買い物に行きますが、宅配のいいところって、計画が前もってたてられるというところなので、プラスでちょこちょこ買っていくのも、この金額なら痛くありません。
宅配のもう一ついいところは、肉が鮮度を保つ然るべき方法で、冷凍されて届くところです。
これは、夜子供が寝てから料理に取り掛かるとき、とっても便利!いつでも冷凍庫に肉や魚があるのは、忙しい身には欠かせません。

東都のいいところは、国産の菜種油一つとっても、薬品を使わずにきちんと圧搾法でとった油が、オイシックスの6,7割の値段だったり、自社製品がたくさんあるところかもしれません。
オイシックスは、気を使った商品を、よそから仕入れて定価で売ってるので・・・・正直、買い物に困らない立地に住んでいるものへの利点は、ゼロに等しいと思います。

こんなに便利な場所に住んでいても(目の前八百屋だけど・・・汗)、久しぶりに普通のニンジンを目の前で買って食べたら・・・・びっくりするほどなんの味も香りもせず、、、これって野菜なのか?とじっと見つめてしまったほどでした。
改めて、野菜は特に、安全性というよりも「美味しさ」のために、きちんと野菜の味がするオーガニックを、なるべくムスメに食べさせたいな、と感じた出来事でした。

以上っ!

↓ セルリアンにてアフタヌーンティー。

夕刻だったので、このままアフタヌーンティーのサンドイッチなどで夕飯としてくれないかしら?ともくろみましたが、甘かった。。帰宅してから「ごはんはぁー?」とせがまれ、ガッツリ煮物を食べてました。

セルリアンの坐忘、ムスメが赤ちゃんの時から、渋谷近辺へ出かけるとココ、とお決まりになっているコース。
少々値は張りますが、アフタヌーンティーならば豊富な種類のお茶をたくさん頂け、ムスメもスコーンやちょっとした甘いものをつまめるし、何よりこの開放感によって、騒がれても全く困らない。し、閉塞感がないゆえか、騒がれない。

しかし、ロイヤルミルクティーは、頼むそばから飲み干される・・・。
a0126929_12485533.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-02-05 12:44 | Comments(0)
facebookからまんまペースト其の二

そして、ぐっと現実の日常に戻り・・というか、前日土曜日は仲良しママ会夜開催。
3人とも、旦那さんが留守とのことで、夕飯を我が家で。
二人から、新居お祝いをいただいたのでした。
それも、「何がいい?」と聞かれて図々しく指定するワタシ。
欲しいな~、でもその手のものはたくさんあるから要らないのか?・・・いやいや、コレ、欲しいだろう~・・・いや、我慢しとけって?!・・・ってな内部葛藤をしていたもの。
それについてはまた今度。素晴らしいです!

この日は、朝は家関係の最終事項の予定があり、午後はお料理家の先生方がお茶にみえ、夜はこどもたちと・・・ということだったので、「あらかじめ仕込んでおけるシリーズ」な晩御飯。

シャトルシェフには、前日からおでんを仕込みまして、今回は自宅用(おでん星人の40代がいるので)、土曜日用、そして煮込んだら別途器を移して冷蔵庫に保管しておいた、月曜日用(ヴァイオリニスト夫婦にベビーが誕生したので、新米ママは昼飯なぞ作れなかろうと、お祝いとともに駆けつけてきました)・・と、大量仕込みだったので、鰹と昆布(と、するめも入れてみた)出汁、そして噂の(すでに主流の?)オイスターソースの2種類を仕込みました。
最終的には残りをミックスして食べましたが、どちらも好きかもしれない。

鶏飯屋に行きたいという友人のリクエストもあったことなので、以前とっておいた鶏ガラスープで海南鶏飯的なものと、野菜の揚げ浸しなど。
カンパーニュは、家族に不評だった黒豆ごはんがまだ冷凍してあるので、それを入れた「黒豆ゴハン入り、チーズとレーズンとくるみのカンパーニュ」。食後のデザートは、マリービスケットを使った手抜きチョコレートケーキ。
留守がちだったはずのオットも、なんやかやとたんまり食べたので、あっという間にみんなのおなかに。

a0126929_12405386.jpg


一昨日も「超・お嬢様育ち」のヴァイオリニストの友人に「ママ友、つくるべし!」とそれくらいしかアドヴァイスらしきことは出来ませんでしたが、熱く語ってきました。
子育ては、相互扶助で!笑
行き詰ったときは、時に(ほぼ?)家族よりも親しい友人と話して笑い飛ばすことが、もっとも強力に即座に、ストレスをふっとばすよ~と。
その立場にならないとわからないことって、やっぱりたくさんあるしね。
[PR]
by pechopiano | 2014-02-05 12:41 | Comments(0)
facebookからまんまペースト其の一
a0126929_1237253.jpg
週末、リストランテASOの個室にて、ディナー♪わお♪
去年のことですが、オットが先輩弁護士から代打の仕事を急きょ任されたとかで、そのお礼にとディナー券をいただき。

引っ越しや年末年始など、もろもろひと段落したら、ということで、先週末になりまして。
どれもこれも美味しかったけれど、最後の熟成肉があまりに美味しくて、白目をむきました。
ムスメにもコースを頼んだものの、このひとは可愛いパンに夢中。

翌日月曜だし、代官山だし、早めスタートにしたつもり(18時~)が、すべてのお料理が終わったのが21時半。。。
次回は17時スタートにしようね!とそれとなく提案しましたが、「次回はあるのか?」と、すかさず突っ込まれる。
ありますとも。
a0126929_12381652.jpg

a0126929_12383715.jpg


a0126929_12384816.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-02-05 12:35 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧