ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
最近のはまりもの(はまりごと)
発想と、やることが極端なワタシ。

以前の狭小住宅では、どんな大豪邸でも有り得ないような、高額電気代を叩きだしていたのですが(死活問題であった・・)、規模が3倍になったこの家で、電気代は半額以下、そしてついに先月はLEDの効果もあってか、最も電気を使わない4月、5月の都内3人家族平均というものを、下回った!!

俄然!!
やる気に!!

この都内のざっくりした平均基準というのは、密閉性の高いワンフロアのマンション家庭も含まれると思われ、以前の我が家はどう考えても平均より小さな家だったのですが、電気代は平均を大きく上回っていた。
んが、おそらく今の家は(ワタシの職場も含めるということもあり)平均的な家庭より規模が大きいと思われ。

なんか、苦手な分野で平均点より上回った気分!!!それも初めて!!!
だもんで、「待機電力」に目を向けまして、テプラで徹底マーク。
ビッグカメラで「雷ナンチャラカットつき、待機電力カットコード」を買い足し、、、まぁ、いつものことですけれど、これに支払ったモトを取るまでにどれくらいかかるのか、っていうのはさておき(汗)、燃えてます。
だって、LEDはてきめんであった、我が家の場合は。
a0126929_1251382.jpg

ムスメの部屋としてある畳の部屋は、普段使わないコンポやDVD、ミシンなどの部屋なので、こちらは一括で抜き差しできるコンセントにして抜いておき、キッチンのものを主に。
それから、ルンバ君たちが待機している、我が家の「コンセントステーション」のところにも。

ネットで調べたら、要は「使っていないけれど本体に触ると熱を感じるもの」は、待機電力が高いと考えられるらしく、いちいちぺたぺた触ってみたら、意外にも磁気で動かしているような(ミルク)クリーマーがあっちっち!
ミキサーはそれほどでもないような??など、とりあえず優先順位の高いものから、ヨドバシの待機電力カットコードにつないでみた。
a0126929_12512180.jpg

今こうして、「日々固定で出ていく金額」に目をむけるのがブームなわけですが、電気にフと感じたのは、LEDもきっかけですが、ルンバ君か、充電し終わったあと、常に蛍のように光って「いつでもオッケ~♪」的なサインを出し続けていること、それからマキタの充電器も、えらく早く充電完了するのに、その後「オッケ~~オッケェエエエ~~♪♪」の蛍サインがしつこい。
といったきっかけで、ウチは今待機電力カットしまくっております!!

ま、もうじきエアコンの季節がやってきて、それより前に、レッスン室の除湿機稼働が始まってしまいましたが。。
以前の家では、ドアを開けたらハイ、レッスン!といわんばかりに、玄関と直結型(?)にピアノが位置していたので、それはそれは湿度が心配で、過敏なほどに湿度計とにらめっこしていました。
ちなみに湿度計、3つ買ったのですが、3つとも全然違う数値を指すんです・・・。
一体どゆこと?「どれを信じていいのやら・・・」と調律師さんに相談したら、アッサリ「真ん中を信じたらいかがですか?」と。
・・・・なるほど、。うん。なるほど。・・・・いいの?それで?でも、ナルホド。

以前の家は、そんな具合に1Fにレッスン室で、たたきの分しか高さが道と変わらなかったため、「もし床上浸水したら!?」と、実際中学生の時に床上浸水(正確には、地下が浸水)したトラウマが拭えない自分は、こう、気持ちが落ち着かず、晴れて2Fにベーゼンが引っ越してきたとき、心の底から安心して眠ったものでした。もう移動しなくていいからね、安住の地を得たからねー・・・・と・・・しかし油断しすぎて、待合室に続くテラスの窓を開けっぱなしてました。
そしたら、即、湿気にやられたらしく、Dが一つ戻りが悪い。。。大反省。昨日から除湿機稼働!
何事も、「危機感」ってなにより大事な予防法に思えます。

そしてコチラは「はまりそう」な予感のフォッカッチャ。
a0126929_1305222.jpg


ピッツァ生地の配合を考えて実験していて、とりあえず今日ピッツァはしないし・・・と、起こした生地をフォッカッチャに。
とはいえ、何気にフォッカッチャ焼くの、初めて。

平らにしてー、人差し指でぼこぼこ穴ぼこ開けてー、オイル垂らしてー、岩塩振ってー・・・ベランダ菜園のイタリアンパセリとローズマリーを摘んできたところで、「これをかけたらムスメが食べないか・・」とクレイジーソルトに変更。
とりあえず200度のオーブンに突っ込んで、その後インターホンが鳴ったり対応したり電話したり・・していて、フォッカッチャのことが頭から消え・・・香ばしい匂いが階上から漂ってきてようやく、「あっ!」と思い出す。。。

・・・・焼き過ぎた?(というか、膨らんでる?!)

しかして、天然酵母フォッカッチャ、ふんわり柔らかく、味は最高でした。。。
水曜、木曜は、ムスメが帰宅するギリギリまでレッスンをしているので、レッスン時間の合間に、パンを焼いておいたり、炊き立てご飯でおむすびにして、わっぱに用意しておいたり、とにかくレッスンが長引いても、腹ペコのムスメが一人で10分ほど待てる準備をするのが必須。

最近、夜の「待っててねゴハン」には、おむすびが続いていたので、久々の夜のパン。
塩気が美味しかったのか、オリーブオイルのこんがりさっくりが気に入ったのか、赤ちゃんの時に初めてパンを与えたときのような興奮ぶりで、6つあったうちの(一つ、生徒さんに焼きたてを差し上げた)残り全部が私のものだ!!!と、言い張っておひつに入れて保管しておいたフォッカッチャ、全部抱えて離さないという事態・・・。
まだほんのり温かく、から揚げとともに、キンキンに冷やした白が進んだ夕餉でした♪

ちなみに、ずっとルクの巨大オーバルで大量にゴハンを炊き→冷まして冷凍→温めなおしておむすびなどにして→また冷えたものを食べる・・・・という工程だったのですが、おむすび率が高くなって、この一工程多い部分にヒジョーに疑問を感じ、友人宅で使われているストウブ14cmを購入!
一合ならば、ワタシが昼に炊いて、のこりをおむすびにして夜ムスメが、とか、一カップだったら家族三人でぺろりと・・・というのにベストなサイズ♪
洗いやすいし、気楽にいつでも炊き立てを頂くようになりました。^^
冷凍庫には、「急ピッチな時用」に、冷凍ゴハンも待機していますが、フタについている突起が、ストウブの美味しさの秘訣だとかで、本当に美味しいです、ゴハン!
a0126929_13252599.jpg

ちなみに今年の母の日は、これでした。オススメすぎて、皆を巻き込む。笑

こちらは、予定のなかった休日の、ムスメとゆったりランチの日。
a0126929_13242090.jpg

子供は柔らかいパンも好きなので、ヨーグルト酵母ちゃんのハイジの白パン。
新玉ねぎと新にんじんのドレッシングは、亜麻仁油が三浦屋さんでお安かった時に、たくさん買ったのを利用。「野菜に野菜をかけて食べる」感覚。
[PR]
by pechopiano | 2014-05-29 13:08 | Comments(2)
寝室移動
ここに暮らし始めたのは冬の入口だったのもあり、今まで一番日当たりのよい部屋で家族3人寝ていたのですが、一人体感温度が激しく高いヒト(オット)が、「焼け死ぬ・・」とギブアップしたため、大きく模様替え。
焼け死ぬって・・・あの、五月の入口なんですけれど・・・?
(ちなみに「年内いっぱい夏掛けで!」とリクエストするヒトと同一人物。大晦日でも夏掛け・・・。)

大きく間取りを変更しなかったので、細長いクロゼット形で手つかずだった、レッスン室の奥のスペースに、ベッドを入れてみました。
入るかどうか、やってみよう!とウンセウンセやってみたら、そのウナギの寝床にベッドが入るではないか。

私は以前の家のように、吹き抜けで広々とした寝室より、籠る感じの寝室の方が落ち着く人間なので、ウナギの寝床はとっても嬉しく♪
そして、場所が一番奥、ということで、1歳の終わりから一人で眠れるムスメといえども、さすがに寂しがって嫌がるかな??と心配し、IKEAに行ってベッド周りを演出してみた!
a0126929_1048110.jpg

お風呂上がりに、なにも言わずに様子を見ていたら、寝室のドアを開けて・・・愕然。あっ・・・と固まって、「どうしてお布団なくなっちゃったの??」と悲しそうなので、「さ~~、どこにお布団いったか、探してみよう~~!」とゲーム開始。笑

眠たそうでありましたが、ピカッと笑顔になって、家じゅうを探検に♪
レッスン室の待合室のそのまた奥にこの空間を見つけたとき・・・・、嬉しさのあまりピョンピョン跳ね、奮発した(?)ブタとパンダのぬいぐるみを両脇に抱え、
「うわぁーーー!コレふたつも買ってきたの?IKEAで!」と。
(・・・当たってます、ヨクご存知で・・・。)

子供スペースはあるものの、暮らしのインテリアには子供要素がまったくない家なので、このテント屋根は相当びっくり嬉しかったらしく、寝室変更導入、成功いたしました♪

早速パンダとブタに「レントとユウト」と名付けて嬉しそうにお布団潜りました。
おやすみのご挨拶のあと、私が洗面所に向かうと、小さな声で「あー、良かったなぁあ♡」とつぶやいているムスメの声が聞こえ、やや寝不足な中、仕事前の時間にIKEAダッシュして、レッスン前にだだっと仕上げた甲斐があったとコチラも大満足。^^

ちなみに、第一回目のIKEAの時に「ひとつだけ」と買ってあげた「最安値クマ」は、ロリという名がつけられていました。
a0126929_10483563.jpg

幼稚園に通い始めてからは、苗字を含めたフルネームで呼ばれることも多くなったためか、いつの間にか「青島ロリ」という立派な名前がついていたのに笑ったのだが・・・、そう、確かに「青縞(ボーダー)」!!
笑った笑った。

そんな3歳後半、ちんぴらのようだった「威張り散らしっぷり&ダダコネ」がスッと落ち着き、今は自分の都合の良いように、一生懸命うそをついている「嘘つき期」に入っておりますが(笑)、こーれが可笑しくて可笑しくて。
幼稚園に入ったら、「年少さんが飲みやすい形」として、ヒモのついた水筒にするよう言われ、、、ウチは水筒が沢山あって、コップでも直のみでも上手に飲めるのになーと思いつつ、やむなく「子供用水筒」を買うことになったのが、先月。

幼稚園から通達が来て、用意するまでに時間もなかったため、やむを得ず子供用のお店に連れていくと、案の定「絶対これがいい!」と、キャラものキティを選んだムスメ。
まぁ、仕方がないか、とそのピンクの水筒を持たせることにしたのだったが・・・
飲みづらかったらしく、水筒の中栓まで外して飲むため、時折こぼすようで。
またしても幼稚園から「Rちゃんが、ママに中栓を外すように言われた」と言ってますが?と、忠告を受け(言ってませんがな!笑)、ムスメに話を聞くと、ちょーっとバツが悪そうに、水筒が仕舞われている棚へ向かう。

「やっぱり・・・これがいい」と、赤ちゃんの頃のお出かけの時から使っていた、保温保冷機能のついたムスメ用のステンレスの水筒を取り出しました。
大人と同じ、蓋を回してとって直のみ、のスタイルで、大人と同じ仕様ですけれど、機能重視の方がいいと気が付いたか?!
a0126929_11112325.jpg


肩から下げられなくてはいけないらしいので(いろいろと、水筒についてウールサイよ、幼稚園!笑)、これまた昔使っていたリネンのおやつマットの端っこを縫いあわせて、リネンの紐(しかも無印のシーツ縛ってたやつ)を縫い付けて、即席水筒バッグをば。
a0126929_11113985.jpg



水筒のバッグだ♪と大喜びで、解決いたしました。
・・・最初っからそうすれば、お財布に優しいのですけれど、やはり一度は本人の欲しいというものを買ってやって良かった気もします。気が済んだみたいなので。笑
キャラもの、これで「大したことないな」って思ってくれたらいいんですけどね、そんなワケにはいかないでしょうけどね、、、。

オマケ
a0126929_11124784.jpg


ぺたぺたブロックで一緒に遊んでいた夕方、フックを互いの車につけたので、私が「連結しまーす」とやってみたのだが、サイズが合わずにフック同士がかけられない。
「合わないんだねー、ここ」とアッサリ手放したワタシに、ムスメがささっとストローを持ってきて、このように。
「オカーサン、こうやれば連結できるよ!」と。

・・・・かしこーい!!!(親ばか。笑)
少なくともワタシよりはーー!!!笑
[PR]
by pechopiano | 2014-05-15 11:01 | Comments(0)
水やりのお手伝い@実家マンション。
a0126929_22364057.jpg

やっぱりお庭があるって(そして管理は自分はしないって)いいなぁ~♪
丁度良い広さで、芝にグリーンのお世話をするのは、典型的な「体力のまだある老後の楽しみ」なのか、いやいや思い起こせばワタシが子供のころから、母はグリーンの世話が好きだった。
中学生の時から父が亡くなるまでの約20年間、ずっと暮らした国分寺の実家を時々思い出すのだけれど、それはいつも、「帰宅してリビングのドアを開けたら、大きな窓から母の手入れしているグリーンがたわわに見える」5月の風景。

いや実際には5月だけでなく、いつでも緑がそよそよしていたのだけれど、なぜかいつもぼんやり「あれは5月だったな…」と端を発して思い出す。
毎日見ていた風景だったけれど、そしてその時からも思っていたけれど、かなり好きな景色だった。
清潔に整った室内から、青々とした外の、庭の、緑が見えること。

どこに越しても同じことをやっている母だから、とことん好きなのだろうと思われ、時々「車出して」と言われるのは、決まって園芸の大きなお店に行くときだったり。(その戦利品が多々写っておるわけですケレド。)

件の前の実家は、駅からの立地も良くないし、隣接している家も間近だったけれど、母の趣味というか工夫によって、とても落ち着く家だった。
なんていうか、いつも思い出すのは「ジャズの似合う喫茶店風」のイメージ。笑
外も緑がたわわなので、どちらかというと室内はそんなに明るくないのだけれど、それが丁度なんとも落ち着く塩梅で。

なんとなく、「オープンで・広々として・明るくて」っていうのが今の建築のキーワードのようになって久しいけれど、そして自分は実際に今、そういう家に暮らしているのだけれど、あの籠るような心地よさは、好きな「暮らしぶり風景」の根底に、いつも横たわっている。

で、なんやかんや色々好き放題住処を選んだ母が、行きついた先が、ワタシに言わせれば「あの実家」ととても似通っている。
色々、良かったんじゃないか、と思いながら、ムスメの水やりをみた日曜日。
[PR]
by pechopiano | 2014-05-12 22:39 | Comments(0)
come back 日常
GWが去り、ようやく日常生活が戻って参りました。

GW前半は、家族でリゾナーレ小淵沢へ。
a0126929_14535156.jpg

隣駅からかいじに乗って、2時間もしないうちに小淵沢につき、そこに待ち受けているシャトルバスにて5分もしないで到着、という、このあたりの子連れ家庭には、最適とも思われるリゾナーレ♪
この小さなヴィレッジのような空間で、2泊のんび~りしてまいりました。

ストライダーもやってみた。
a0126929_15562630.jpg


後半はお友達を呼んでのホームパーティーなどなど。

a0126929_14545641.jpg

a0126929_1501833.jpg


最近、モウレツちんぴら反抗期が過ぎたようで、天邪鬼な反抗や、ダダコネも少なくなり、いつの間にかひらがなも勝手に読めるようになっていたし(誰も教えてないので、皆びっくり)、「オカーサン、おしっこ」と言わずに、お客様の時などは、そそそそーっとお手洗いに向かい、すべてを一人で済ませて、澄ました顔で戻ってきたり。笑
顔を洗うのも、突然自分からやるようになり、泡立てネットで丁寧に泡を作って(親のマネ、笑)、目を瞑って洗ったら、ごそごそシャワーも探して自分でかけて、拭いて・・・って。

ついでに、お風呂の後は(いつも私がそのままお風呂掃除をするので)、一人で拭いて着替えて、お茶を飲んで、「オカーサン、おやすみなさ~い♪」と声をかけたら、自ら寝室に行って布団かけて寝ております。
・・・・超、ラクになりました。笑

いや、いままでのわがまま王者っぷりが、半端なかったので、、、ああ、こうやって辻褄合うようになってんのね、子育てって!?と感激中。
ま、油断は許しませんがね。。。

a0126929_1675022.jpg

幼稚園から、大量の書類がどこどこ届くので、管理する場所が欲しくなり、お誕生日プレゼント♪と銘打って(?)、ずっと欲しかった北欧ヴィンテージのビューロー、オットに買ってもらいましただ。
a0126929_1681430.jpg

開くのだ。
(パソコンが入るスペースなど、色々細かい希望があり、希望通りのものが出現するのを待っていたのでした。)

アレ?ワタシのなんですけれど・・・?(注:GW中)
a0126929_14553059.jpg


ヨーグルト酵母ちゃんもずっとゲンキです。^^
a0126929_1611240.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-05-08 16:11 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧