ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
遅れ馳せのストライダー
今更、ですが!
a0126929_12491461.jpg

買いました、ストライダー。
対象年齢2歳からですけれど、4歳2か月ですがナニカ??

春のリゾナーレで体験してみて、あまりの成長しなさっぷりを嘆き、もうこりゃ本気で運動アカンぞ・・・と覚悟しながら叱咤激励(時折ヒステリー)しながら、平和な空気みなぎるリゾナーレで浮いていたワタシでしたが、めげずに「欲しい」と言い続けたムスメ。
あんた、どの面下げてそんなことをっ・・・というほど、何十分やっても一つも成長せず、ズリズリと跨ってただ一人歩くだけのムスメでしたので、7月の誕生日にリクエストされても二の足踏んでいました。

というか、実はそのタイミングの頃、年中さんのお友達が、ストライダーを経て晴れて自転車に移行したとかで、「お下がりで良ければ」と言ってくれていたので、喜んでそれを待っていたのです。
年齢的に「今更感」も否めないし、何と言ってもあのリゾナーレでの姿で、疑心暗鬼なワタシとしては。。汗
ですけれど、その有りがたいお話は、会うたびにちょっと期待していたワタシでしたが、一向にその話にはならず、忘れちゃったような?笑
ムスメも同じだったようで、バイバイしたあと必ずこそっと「ねぇ、いつストライダーくれるの?」と。笑
4歳女子も、アラフォー女も、思考回路はそう変わらず。汗

ということで、自分のことならノホホンと待っているか、買うにしろやめるにしろ思考の着地点があるっていうものですが、子供のものなので、まぁ、じゃあ、買うか?ということに。
オットがしきりに「年齢的に遅いの?これで本当に補助なし自転車にサラリと移行できるの?」と気にしていましたが、今日の日曜日イヴェントで、結構な距離のある神社まで歩き、その途中に自転車屋さんがあったので、そこまでちゃんとお散歩して行ったら・・・という条件で買うことに。

そしたら!

あれから一度も乗っていなかったというのに、スルスルッとコツをつかんで乗るではないか!?
これには全く期待していなかった・・というか、すぐにやめるんじゃないか、とか、どうせ乗れやしないよ的な目線の我々は、嬉しい裏切りであったため、大袈裟にほめたたえ、すっかり気を良くした娘は帰りは一橋構内で乗り回すことに。
親の目には「すっ、すっっごいよ、この成長!!」と感涙ものでしたが、そこをまぁ、3歳になるかならないかくらいの、オムツの坊やが、さーーーーっっっと軽快に走り抜け(ムスメの6倍くらいのスピードでもって)、親子三人目がテンになりましたが、ムスメはそれを見て即座にまねて、また(ちょっとだけですが)進歩!

やーーーー、ヨカッタ。
思ったこととしては、やはりなんでも適正な「時期」ってあるかも、と。
うちの慎重派ムスメにこれを2歳で与えていたら、嫌になっていただけかもしれず、こうして半年前はまったくモノにならなかったものも、その間なにもせずにただ時が熟しただけで、こうも楽しめるのであれば、やはり何事も(習い事の類も)「今だ」という時期を、フライングしないよう心掛けたい。
ピアノも、3歳ジャストくらいの頃は、全然言うこと聞かなかったけれど、今は1年くらい(ゆっくりさんタイプは)かける楽譜を、ほんの2か月ほどで終えたので、子供の教育は、やはり焦らない方がいい気がする。(大袈裟?)

そして親がやっていることを見ているせいなのか、もしくは袋好きは女子の宿命なのか、まだ「びゅんびゅん乗りこなす」とはいかないくせに、「荷物をかけたい」と。
「アンタまだ、そういうレベルじゃない」と引き止めようとするも、頑固女子が言うことをきくわけもなく、ストライダー関連のグッズが入って渡されたビニール袋をさげて運転することにしたようで、、、
a0126929_12512439.jpg


更にやはり母親の姿が刷り込まれるようで、ワタシのストライダーにも籠をつけて、と。
そんなワケで、こんなんなりました。
a0126929_12531799.jpg

どこから見ても、親子~~。笑

赤やピンク、オレンジなどの女子色を選ばず、「青!」と即答して揺るがないムスメでしたが(母は黒希望)、そのチョイスに満足したオットは「ええ?!折角のストライダーにカゴかよ~~」とビックリしつつ、そこら辺は母が理解。
このようにある意味目立つことすると、てきめん盗難防止にもなります。(オランダ留学時代に経験あり。)

深まってきた秋、まだまだ日差しは強気ですが、外遊びができる気温なので、今日もこの後早お迎えをして(月曜日の定番)、このまま一橋大学構内でツーリングする予定らしく。ムスメいわく「オカーサンの自転車にはもう乗らない」のだそうで・・・・あの・・・全然まだそのレベルでは・・・。

秋と言えば・・・の、立派なかぼちゃを二つ送って頂き、カットしなければ保存食になるので、一つはハロウィンまで目で楽しもうと♪
とっても大きいので、カットした方の一つは、かぼちゃサラダ(クリームチーズが沢山あったので)、煮物、ポタージュ、バター焼き、後はケーキやパンのために蒸篭でいっぺんに蒸して、ペースト状にして鮮度保持タッパーへ。
順次、美味しく頂いています♪♪
a0126929_12591747.jpg


秋の朝ゴハンはやっぱり炊き込みご飯が多くなります。
a0126929_12595668.jpg

a0126929_130855.jpg


ムスメの隠し撮りがブームのようで、なにかしら毎日激写されています。。。
オットが買ってきた雑誌(プレジデント)に、ツッコミを入れながらソファに陣取るの図。
a0126929_1315812.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-09-29 13:02 | Comments(0)
ひと息
横浜通いデイズがひとまず終了。
オーケストラだと、ひとところに通うという面ではサラリーマン的な要素(?)もあるので、たまにこういうお仕事をすると、日々のありがたみを感じる機会にもなりました。
というか、単に横浜が遠いっていうのも大きいかと思うのですが(笑)、朝家族にご飯を用意して、洗濯(は夜)して、自分のお弁当をざっと詰めて、ざっくり部屋を片付けたら7時台には電車に乗る、という日々、まぁもともと会社勤めをしたことがないから「懐かしい」とは言えませんが、久しぶりでありました。
音楽家の合わせって、オケじゃない限り朝ゆっくりですし。^^;

満潮をちょいと過ぎたあたりの通勤電車に揺られて、長時間拘束されてお仕事をする日々を送ったら、やはり日々これを毎日やってくれて稼いできてくれるオットは(世のお父さんは)本当に立派だな~と。ごく身近な感想でありますが。
朝、キッチンから「いってらっしゃ~~い」と、ムスメと共にオットを見送る日々が、逆転して(ムスメのバス時間まで、オットに居てもらった)、キッチンから「いってらっしゃ~~~い」と言われるのは、とても不思議でしたが、たまには逆の立場になってみるのもいいか!?

で、今月いっぱいはとりあえずレッスンと普段の暮らしなのですが、家にいるのが大好きな自分としては、やはり楽しくて楽しくて。楽しくてー。
こんなことやりました。異様にカウントが大変な(笑)打楽器的ピアノが終わった翌日に、早速。
a0126929_13203264.jpg


ベッドじゃなくて布団がいいんだと言い始めたオットのベッド、ヘッドのないタイプで、ウォルナット材なのでまぁ置きようによっては、やりようがあるか?と、2Fからリビング(3F)の奥の畳の部屋(一応ムスメの部屋)に。
ここはあえてドアをつけなかったので、ベッドを置くのはやや不満だったのですが、今寝室がレッスン室の奥にある関係で、夜中にワタシが練習をしたいとき、ムスメの布団をここに敷いて寝てもらったことが何度かあるので、ならばソファ的な要素も含めて、置いておくことにしました。
掛け布団をかけなければ、ソファ的にも使えるかな、と。
一反買いした例のワッフルリネン、やはり登場です♪

模様替えするときは、思い立ったらすぐやりたいタイプなので、この巨大なベッドをウンセウンセと再び分解し、部屋を掃除して棚を入れ替え、ホームエレベーターに乗せた・・・ところで、乗り切らないということが判明。汗汗
早速母に電話をするも、3日に1日は二日酔いのこの方、電話にまたしても出ず。怒
怒っていても立てかけた巨大な木材がエレベーターに入ってくれるワケでもないので、「どりゃぁああ~~~っっ!!」と、階段一段上がるたびに、気合いという名の怒号をあげながら、引きずりあげる。
ああ、ほんと、私ってぴあにすと。

で。
前日からの脳みその疲労に加え、全身疲労も重なり合って仕上げました。
でも、待てないのよね、やると決めたらその日のうちに全部やりたい。
ということで、ミシンでダダダとリネンの端っこを縫って、満足!早速昼寝しましたとも!
3Fなので、近隣の屋根ばかりが見えて、ある意味見晴らしがいいともいえるのですが、残念ながら真裏の家が、昭和な瓦屋根でございますために、今月中にここに(ムスメの安全対策もふまえて)手すりを外付けし、そこにグリーンを這わせようと、ルンルンしています。
最初は、ベッドをこちらに持ってくることに、心の中でブーイングでしたが、やってみたら案外よくて気に入っています♪

そして、グリーンがすこぶるよく育つ家なのですが、1年近くずっと階段に居を構えていたアイビーが、少しくったりしてきたので、療養させることにして、新登場のコチラ。
a0126929_13331020.jpg

コトネアスターという名のかわいいやつです。
(友達の「コトネちゃん」というムスメちゃんを思い出した。)
もうすぐ赤い実をつけるらしく、色のあるものはあまり好みではないのですが、クリスマスあたりにはいいかもしれません。

そして、演奏会後に激しく疲れたので、今年も山の上ホテルの結婚記念日ディナーを、オットがその日を提案してくれたため、家族三人プラス母、という不思議とりあわせで言って参りました。笑
a0126929_13373075.jpg

a0126929_13374570.jpg

a0126929_1338181.jpg

a0126929_13382729.jpg

a0126929_13381341.jpg


ワタシは横浜、オットは霞が関で仕事だったので、実家に預けたムスメをピックアップに行くには、あまりに無駄の多い道順ということで、、、母に連れてきてもらって、皆で食べようということだったのでした。
いつもムスメがお世話になっているお礼も兼ねて、とオットが言ってくれたのは、嬉しい言葉でした。ポイント高し!?
激務のオットと不定期な時間の仕事のワタシゆえ、ま、ほんと~うに世話になっているのですけれどね。^^;

バタバタしているうちに、秋の日は釣瓶落としと言うがごとく、朝晩はすっかり冷えるようになり、ひと段落したら出そう、出そう、と思っていた冬掛けを出しました。幸い、とっても晴れてくれたので、仕舞う布団も出す布団もお天道様にふわふわにさせてもらえ、、、ああもう、こういう「なんてことない家事」をするのが、つくづく好きです!!笑
家で仕事ができる幸せをかみしめつつ、総歩数としては外とそう変わらないんじゃないかというほど、家の中を駆けずり回って遊んでます!?
レッスン室の奥の寝床、籠る感じが落ち着くのですが、これからの季節、ますます布団でぬくぬくするのが幸せになりそう。
a0126929_13425622.jpg

[PR]
by pechopiano | 2014-09-24 13:43 | Comments(2)
多忙な9月
8月末に、「寒いっちゅーの!」という東京を後に、三重に避暑に。

三重県って、全然避暑地じゃありませんが、コチラも寒かったですので、まぁヨシとしますが、多忙なオットのおかげで、、、ハプニング続出な旅でしたが、とにもかくにも行ってきたのだ。
洋裁のプロフェッショナルな生徒さんにオーダーした、シックなリバティのシャツコート(ドレスコート)が、ぴったりの気温でしたのが、幸い。
a0126929_17111181.jpg

レッスンの時に、お持ちいただけました。^^

こういう、なにかの予定を入れたときに、一枚誂えてもらう・・・なんていうのは、旅への期待感などとも相まって、ワクワク感が増します♪

a0126929_17123772.jpg


ゆったりと、時間を気にせずのんびり・・・・は、いいですが、いかんせん4歳が時間を持て余すので、近くの水族館へ行ってみました。
その、小規模な名もなき(一応あるけど…)すんごいディープな水族館が、アラフォーのツボ!!
この昭和感!!

a0126929_17134734.jpg

天井の低さといい、魚の「囚われた感」といい、品川あたりの洗練水族館の魅せ方とは、概念がまったく違い…。
a0126929_1714342.jpg

(マンボウ、囚人のようにみえます。。くろい・・。)
一番の見せ場は、なんと、海女さんの餌付け!?し、品川じゃ、あり得ん。
a0126929_1714574.jpg

ゾクゾクします、ひっそりした暗闇の中で、ギロリと深海魚に睨まれたあたり。
・・・昔読んだ川上弘美氏の小説の一描写を思い出しました。
a0126929_17414798.jpg

96本も足(手?)があるタコが、標本にされているあたり、もう、、グロイというか、怖いもの見たさ的面白さの、水族館でした。(たこ足はっぽ~ん、烏賊じゅぽ~ん・・ぢゃなかったのかっ!?)

そんな寒い三重から、まだ寒い東京に戻り、私を待ち受けていたのは、凍り付くような分厚い譜面の山。。。汗
a0126929_1721483.jpg

・・・瞬時に現実に戻って、ねじり鉢巻き譜読み開始!
と、その前に、本当に寒い日だったので、ショコラショーをたっぷり飲んでから♪

現在、レッスン室の奥に寝室があるので、ムスメを上の階の畳の部屋に寝かせて、深夜までガシガシ。
そして、今月はオケ2本、定期演奏会もあるので、横浜通いデイズです。
a0126929_17214340.jpg

芸劇でドソロもあるので、緊張していますが、やはりワタシはオケが大好きなので、本当に嬉しい楽しいお仕事でもあります♪
にしても、途中ピアノ、チェレスタ、ハープシコード持ち替え、しかも移動時間2小節!とか、、、無理言うんじゃねぇ・・・みたいな曲も。。。
作曲家もリハの時にいたので、「いかにしてどこで(どの小節で)隣の楽器に移るか、ステマネも交えて、移動を計算したり。。^^;)

子育てしていて、オットも激務となると、親の手助けは必須ですが(演奏家の労働時間が、必ずしも保育園や幼稚園の延長とはかみ合わない部分も多々あるので・・)、ムスメはばあばの家で可愛がられて、それはそれで良いバランスをとって、楽しんで成長しているようにも思えます。

レッスンの生徒さんも、ぎっちぎちに入っているので、今月は宅配のお野菜の中に、多少手抜きできるものを注文したり、後は色んなところからいただく、立派な秋の恵みで、調理せずとも「そのままで美味し!」の秋にさせて頂いております!?笑
a0126929_1725446.jpg


こちらは、オットの関係で毎年頂いている、稲城の立派な立派な、本当に大きくて瑞々しい梨!

とはいえ、生徒さんのお母様たちのお茶菓子に、フと出来た時間で、サクッとかぼちゃのケーキ、焼いたりも。
a0126929_17263076.jpg

a0126929_17264611.jpg

(かえって、気晴らしにもなります。)

そして・・・これは気晴らしにならないだろう!?
そんな忙しいときに(8時間半リハで、腕がじんじん・・・)、何も今やらなくても・・・というツッコミどころ満載ですけれど、、、バスタオル、新調しました!

私たちの結婚式の日、アレコレ考えた引き出物に選んだのは、マークス&ウェブの、オーガニックコットンのタオルでした。
「タオル?粗品みたい」・・・と、感じた年配の方もいらしたようで、それは少し残念でしたが、まぁ引き出物って、全員が納得するものっていうのを選ぶのは、ムツカシイ!
カタログは味気ないし・・・と、自分が絶対にいいと思い、高品質で、シンプルなものを一つ、というテーマを掲げていたので、こちらの肉厚なタオルを何枚かあわせたのでした。

a0126929_17283413.jpg


極上肉厚だったタオルたちも、丸6年、我が家はお湯で洗濯をするので、ガンガンに洗われ続けた結果、ほぼ同時にバスタオルの方がくたびれてきました。
(バスタオル4枚、足ふきマット4枚、フェイスタオル10枚を愛用。)

そこで、暮らしに沿った考えから、バスタオルは不要だ、フェイスタオルを何枚か使用する(子供ならばちょうど一枚、男性も一枚でも足りる・・・ウチのオットは・・、女性なら髪に一枚、体に一枚)が理想的と思ったのです。
そこで、買い足すならばフェイスタオル、とも思ったのですが、それはまだ我が家の分が朽ちていないので、ずっと憧れていたリネンのタオルを縫うことにしました。

増税前に一反(!)買いしたワッフルリネン、ことあるごとにハンドタオルなどにして、お友達のお宅にお邪魔する際にプレゼントしたり、ムスメの幼稚園用を縫ったりしていたのですが、水を通してくったりと、特有のリネンのすばらしさを発揮するようになってきたので、自信を持ってこちらをバスタオルに!
実際には、バスタオルとフェイスタオルの中間くらいの大きさなのですが、これからしばらく雨が続くようなので、このタイミングで縫い上げてしまい、夜干してもあっという間に乾くリネンの特性を、存分に発揮していただこうかと思います!
a0126929_1741016.jpg

ついでに、、今日遊びにいったお友達にも、一枚大き目キッチンタオルにして、コットンフィールドで入手したリボンを縫い付けました♪
新しい我が家のアイテムに、心躍っています。^^
[PR]
by pechopiano | 2014-09-06 17:35 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧