ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
どうかツッコミは心の中で・・・
紆余曲折ありまして・・・汗
a0126929_22295456.jpg

結局こんな風になりました、レッスン室事情!?

イギリスの1930年代のアンティーク(と厳密に呼べるかは定かでないが)のテーブル。
かくして、カウンターテーブルはキッチンに無事戻りました。
あー便利。(汗)
誕生日プレゼントに、貴金属系をなにかと与えようとする昭和発想なオットに、「そういうものは要らんのだよ」と説得し。
家具、またかよ!?というツッコミは、皆さん心の中でお願いいたします。汗汗汗

この家具騒動は、発端としては生徒さんのリトミック、ソルフェージュ強化目的で、テーブルを必要としたということなのですが、それと同時にムスメの遊びの対象が、ひたすら床の上(もしくは限りなく床付近目線)の玩具中心から、成長と共に鉛筆、紙系になったことも加担しました。

結果としては、この位置にあった「小さな子用の低いテーブル」が、ムスメの部屋に必要となり、ここに新しいテーブルが来たワケですけれど、その間「あくまでピアノの下に入る高さのテーブル(一般的な規格ではほぼなし)が必要なので、キッチンのカウンターテーブルが脚を取り換えられて下に行き、その間あっちゃこっちゃと家具が文房具のごとくしょっちゅう入れ替わったのでしたが、なるべく「壁に向かいたくない」と思っていたレッスン室のテーブル配置、奥行きがあって横が短い(正方形に近い)ために、少し空間に出る形になったのでヨシとしました。配置は、部屋の中央の方が理想にはぴったりなので、そのうち動かすかもしれませんが。あ、いや、いっぺんやってみることでしょう。・・・割とすぐに。汗

そして以前のように、壁に横幅一杯ピタリとくっつけてしまうと、見た目は良かったのですが実際に私が指導するには、上から二人羽織のように覆いかぶさる形をとらざるを得なかったのと、リトミック対象生徒さんは、ここまで小さくない子も多く、以前の机だと大多数の子に低すぎまして。(もともとは、以前の狭小住宅で、ムスメがひょいと自分で腰かけられる椅子に合わせ、大人の座卓より少し高い高さで小ぶりなものを作ったのでした。)

ピアノの下に潜らせたカウンターテーブルも位置は良かったのですが、あのテーブル幅ではリトミックカード類が落ちやすかったのと、今度はキッチンにあれほど適切なものもなかった・・・と。まぁいろいろすったもんだ、家具ってのは使い勝手はつくづく頭の中ではなく、実際に移動して使ってみないとベストかどうかはわからんもんです!
しかし、このテーブルはまたまたムスメは気に入って、今日もお風呂の後にピアノを代わる代わる弾きながら、せっせと書いたりしていました。
a0126929_22383028.jpg

何気に、ワタシも今ここで譜読みしながらパソコン(音源)と辞書を開いたりするスペースが、楽器の「真横」に十分にあるのが想定外に使いやすくて!

ここ数日の忙しさに加え、キッチンにカウンターテーブルがない不便さ、それを探しながらどたどた過ごし、結局メジャーとアタマの中のシュミレーションを行き来して幾度となく突き詰めて考えると、北欧家具はもう飽きた。(爆)
あのシンプルで無駄のないフォルム、いいんですけど、探せば探すほど、あの時代の北欧家具はチェストならこの幅、テーブルならextensionするとこれくらいで基本このサイズ、などなど「決まっている」ことがよーくわかり、今キッチンに必要なのは北欧家具ではない。
そして、今はなきチクテカフェにあったような、小ぶりの食卓も兼ねた作業テーブルと、チャーチチェア的なイギリス良き時代に興味は行ってみたが、なかなか良いものに出会えず。

アイアンレッグとチーク材という、TRUCK系列も好きだけれど、我が家の家具は見渡せばそんなものばかりで。
時間の合間を縫って、それこそ20分だけ吉祥寺へ!とか散々廻って出した答えが、我が家の目と鼻の先にある古家具屋「レット・エム・イン」で最初にびびときたものでした。
a0126929_22321259.jpg

すっかり著名店になってしまったために、店主のブログでアップされた途端に買い手がついたり、休日に人が途切れることがないレットエムインですけれど(以前は人がいるのを見たことがないくらいだったのに?!笑)、そんな中で7月から売れ残っていたため、なんとなーく「みんなにとって魅力がないのね」と手を出す勇気がなかったのでした。笑

イギリスアンティーク、無垢のオークと意匠を施した脚にしてはリーズナブルなこのテーブル、いい味出てると思うものの、やはりこの時代錯誤な脚(そこが丁度ワタシの気分なんだけど?!)か、いや、この中途半端なサイズか?二人掛け・・にしてもねぇ・・・いや、極めつけはやはり高さ。75cmって、どんな椅子に合わせても高すぎて、しかも切れる形状じゃないし。
どう計ってもキッチンにあると邪魔だし・・・と、雰囲気もろもろこちらをレッスン室に持ってくることにしました。
高すぎるテーブル、しかし我が家にはそれにピッタリで用途を持て余していたベーゼンドルファーの立派な椅子を思い出し。レッスン室の雰囲気にもあっていると思うし、なんというかこのテーブルに「おまえは、ここに貰われてくるしか他に道がなかったよ。よかったねぇ」となでなで。

そんなこんなの理由で、なんとなく気になっていたけど二の足踏ながら、半ばこのテーブルにする理由が欲しくて、お高い家具屋を一通り見た気もしますが、かくして「買いま~す」とフラリとお店に行くと、店主喜んで(笑)「今夜店閉めたら運びますよ~」と。
だけどねー、もし持ってきて入らなかったら(脚は取れる形状をしていないとのこと)、その時は白紙に戻してください、と言うと「もちろんです、だけど・・・結構どうにかして入るものですよ!大丈夫」的な。
よっぽど売れなくて邪魔だったのかも。笑

かくしてブイブイッと20時半頃にやって参りました。
もうムスメを寝かせないといけない時間だったけれど、家具とオジサンやってくると聞いて、大喜びで小躍りする4歳。
かくしてドアを開けて、まずは最初の階段・・の前に曲がる・・え?曲がらないじゃん。。すでに・・・

・・・・えええ?!と、店主(推定同じ世代かちょい上)と四十路オンナで神輿のように担いで絶句していると、ひょいっとなにやら軽くなった。
・・・開けっ放した玄関のドアからオットが帰宅し、無言で担ぐ。笑
そして、「壁傷ついたらどうしよう!?(私)」とか、「もし引き返すことになったらまた売りもんだし傷つけたくない(店主)」的な発想のないこの方、ものすごい強引さでごごっと持ち上げ(結果としてはどこも傷つかなかったが、ヒヤヒヤ)、いける!いける!と、なんだか知らないがやる気満タン。

がしかーし。

90cmのテーブルに対し、レッスン室の入口のドアが72cmであった。ちーん。
(測りましょう!!家具は計画的に!!!)
ゼーコラ言いながら2階までたどり着いたので、戻りたくはないみんな。
しかし・・・・
ひっくり返すと、ふる~~~い1930年代につけたと思われる、さび付いた釘たち。
これ・・・全部取れば入るけど・・・でも、外した時点でなんらかの事情で入らなかったらもっと厄介・・・と、多分みんな同じことが頭をかすめ・・・たところに、幼馴染が下にいるとの情報ゲット。
電気工事士の幼馴染、どっちが本職?というほど「休日はドリルと板」な人種ゆえ、Hク~~~ン~~~♪と、らららら~~~~と玄関に飛んでいく四十路。(と4歳。)

かくして、電動ドリル(と幼馴染)を入手し、男手3名+四十路と4歳で、廊下でやんややんややりながら、入りました。
もう、出られません!
(うそです、現実的な釘にこの際変えました。)

あーーー、楽しかった。
忘れられない記念すべき誕生日プレゼントであります。大事に使います。
ちなみにワタシ、結構家具にはなんかのエピソードを求めます。オリジナルであるとか、古くから大事に使われてきた想像に想いを馳せる、とか。
ダレソレ巨匠の、とか、そういうのはどうでもいいのです。ウソモノ(合板とかスチールとか)が使われていなくて、いい味出ているもの、それが自分の好みの家具の基準だったりします。
きっと、サイズだけを検索にかければ用途にあったものは出てきたと思うのですけれど、家具は用途として割り切れないというか。暮らしの潤いの部分を、その家具の大きさと同じくらい、大きく担っているように感じるというか。

そして、昨日も今日も、生徒さん(やお母様)と、なぜ~か家の話、建築の話、建築家の話、断捨離の話、家具の話・・・と、ずっと家話で盛り上がっています。いっそ、ピアノじゃない路線にするか!?

と言いつつ、プーランクの「ぞうのババール」、楽しくさらいつつ、先ほどためしに初めて自分でナレーションしながらムスメに弾いて聴かせてみました。幼稚園児の反応も見たかったので。
すると、テレビもキライで話も長いことは聞かず、もっぱら喋る主張する専門のムスメ(そこが悩みっちゃー悩み)が、初めて目をまんまるにして話に「聴き入り」、ババールのお母さんが鉄砲で撃たれた瞬間(とその音楽!)を、そりゃもう岸田今日子もオドロキの迫真の演技と、ド迫力で演奏すると、身じろぎせず全身全霊で固唾をのんでいるではないか!

これだよこれ、カーチャンが見たかったのは、こーうーいーうーのー。
やればできんじゃん?!的な。
アンパンマンの玩具カタカタやりすぎて、集中力をどこかに置いてきぼりにしてきたかと心配していましたが、その後はワタシのフレーズも(プーランクですよ!?)さらりと覚え、音名で歌っていました。
とりあえず、絶対音感OK。 (注:絶対音感は、人生に於いて、特段なんの役にもたちません。)笑

そんな人は、幼稚園のベントー生活始まって、カーチャンは朝のタイミングに下手すると3種類のゴハンを作ることになって面倒で倒れそうです。。(白飯党のオットの和定食、おかずを使いまわすものの、ムスメのお弁当、それと同じじゃ飽きるので、ホットサンドイッチなどの洋風ムスメよう朝食。)
a0126929_22505044.jpg

a0126929_2251081.jpg

a0126929_22511973.jpg

(出汁をとった後の昆布は、都度都度冷凍して、あとでまとめて佃煮に。)
a0126929_22553849.jpg

a0126929_22521570.jpg

時に卵サンドとトン汁だったり・・・

早く新学期始まらないかなー。

練習も忙しく、レッスンも忙しく、家具はひと段落したけど春だから植木屋行きたいし(笑)、あーいそがしー。か?
とりあえず、フと気がついたらそういう日に限ってパン生地を大量に仕込んだことを思い出し(つまりすでに過発酵)、失敗した日はぜんぶフォッカッチャにーーーー!
a0126929_2255578.jpg

[PR]
by pechopiano | 2015-03-25 22:55 | Comments(2)
不惑
こんな日が本当に来るとは思っていなかった・・・・まぁいつか来るとは知ってはいたけど、現実味がなかった・・・っていうあたり、来る巨大地震への備えを彷彿とさせるワケですが、とにもかくにも、不惑の頃を迎えました、自分。(地震への備えしなきゃなー。)

ま、これと言った志もないわけですけれど、健康家庭仕事、もろもろ現状維持出来れば十分。
そして、もちろん今後長く続く子育ての時期はあるとはいえ、どっぷりと身も心もすべての時間を子育てに浸った時期を抜け、その前までの自分が手にしていた音楽へ戻っていけそうな手応えの最近です。
細切れでない、集中した練習時間も確保でき、やらねばならない譜面も積まれ、自分のための時間をまた少し手中に収めることが叶いそうなこの先10年をどんなものにしていくのか、そんなことを考える自由を手にした感じもします。

a0126929_12171483.jpg


現在のレッスン室のテーマは、「昭和レトロ喫茶」風!?
結婚するときに、親しいヴァイオリニストのお母様が、細い細い糸を一本一本紡ぐことから丁寧に編み上げて、贈って下さった素晴らしいレース編み。
留学中に、彼女の家の味わい深い古びた皮のソファにこれがかかっていて、その佇まいに目を奪われ、それがお母様が編まれたものだと聞いて感激したこと、それを覚えていてくれて、贈って下さったのです。

テーブルやソファに気軽にかけて、とは言われたものの、編み目を見れば見るほど、気の遠くなるようなその作業に思いを馳せ、とてもじゃないけどそんな風には使えないよ・・・と、いつかしっくりいい場所が見つかるまで、時折そっと箱から取り出しては、彼女のユニークな手紙の文字をなぞりながら、またうっとりと仕舞いこんでいました。

少し、このレッスン室のカラーとは異色かもしれないけれど、ベーゼンの上に「そうだ・・」とはらりとかけました。
ピアノ以外の音楽家の方って、もちろん楽器の扱いに対してはとても丁寧で、敬意を示してくれるのではありますが、にしてもやはりピアノ弾きが一番ピアノに対して優しい人間であるように、割と気なしに楽器や楽譜をコンッと置かれたりします。笑
そんな小さな音に、びくりとしなくて良いように、この傑作をかけさせていただいた次第。

今までだって、ベーゼンはずっと一緒だったのに、レースもずっとあったというのに、こういうのはやっぱりタイミング。
なんだか、誕生日プレゼントのようです。

そして、相変わらず朝に昼に夜に、気楽な家ご飯ライフです。
a0126929_1223871.jpg

(ざっくりマフィンは、自家製酵母だとより一層風味豊かに感じられ、はまっています。)
a0126929_12234352.jpg

(ベジブロスでとったスープを使って)
a0126929_12241556.jpg

ポトフな夜。
a0126929_12243888.jpg

レッスン後に秒速晩御飯用意!な日も、ベジブロスがあればあっという間に栄養たっぷりなかぼちゃのポタージュ。(自家製塩豚入りのひじきと根菜の煮物、パプリカとキノコのチーズオムレツ、向かいの八百屋さんで半額になっていた五穀米のお餅、など。)

誕生日当日は週末だったので、昼は母に、夜はオットにお祝いしてもらいました♪
a0126929_12264569.jpg

a0126929_12275637.jpg

a0126929_12282072.jpg

いつもの、「徒歩五分」にしてトーキョー1♪だと思うビストロにて。^^
[PR]
by pechopiano | 2015-03-18 12:29 | Comments(0)
珈琲まわり事情
どうでもよさそうなことですが。
(どうでもいいことに、暮らしの楽しみってもぐってたりする。)
a0126929_1133237.jpg

なんの変哲もない、メリタのコーヒーサーバー。

ストレート(ブラック)で飲む豆と、主に生徒さんのお母様方やお客様にお出しするラテ用のエスプレッソ用の豆は、焙煎度合の違いはもちろん、購入するお店も変えています。
というのは、以前の家の近くにあるお店が、毎月「今月はこの豆を50%増量!」という企画をやっており、大体ふた月に一度のペースで、有機の珈琲豆がそのターゲットになるのです。
このお店は、お豆も比較的リーズナブルで、外国のお菓子(カルディで取扱いがあるような)や珈琲関連器具、賞味期限が近づいてきたゆえに破格になったジャムなど、掘り出し物があって結構楽しい。

ですが、豆の味はなんていうか、どれを飲んでも大差ない、全て同じ?と思えるほどに、没個性。
ということで、個性が吹っ飛ぶほど深煎りにしてある必要のある(ラテ用の)フレンチローストやイタリアンローストは、オーガニック豆にしては大変リーズナブルという、理にかなった(?)チョイスによって、ふた月に一度、まとめ買いをしに顔を出します。

そのお店で、値下げに値下げを重ねて行っていたメリタのこのサーバー、なんてことないですけれど、筆記体が可愛くて、ツボ。だけどプラスチックハンドルはいやだな・・・と、もう一年近く、このお店に行っては手に取って、同じ感想をもって、棚に戻していたのですけれど、800g近い豆をエスプレッソ用に挽いてもらって(冷凍庫保管)いる間に、400円になったこのサーバーの取っ手のねじを確認。

・・・・とれるな、と確信してついにレジへ。
400円とはいえ、他にもあるしなぁと思って躊躇していた期間が長かったのですが、一つ別の用途で使うようになったため、まぁ空席ができたタイミングだったのもあり。
早速・・・

a0126929_11134046.jpg


とりました。笑

ついでに、ドリッパーは銅製のものとオーガニックコットンの晒で作ったネルを愛用しているのですけれど、これが1~2人サイズでして、大人数の時や沢山淹れたいときにかなわず、KONOの大サイズも買い足しました。
とりあえず、ネルを縫うまでは・・・と家に残っていたフィルターを使いましたが、引っ越し祝いに友人たちに頂いた「KONE」の金属フィルターを乗せて淹れることにしました♪
a0126929_11171793.jpg

ということで、「KONOKONEMELITTA」です!?

KONEは本当にダイレクトに豆の味が伝わるので、ネルより更に「濃い」珈琲が抽出されます、端的に表現すると。
うっすらと珈琲豆の油分のドット柄もポチポチ浮かぶ程度ですので、フレンチプレスよりは全然フィルター寄り。
ワタクシの珈琲器具使用歴感想といたしましては、濁り度合で説明しますところ、
フレンチプレス(極濁)→エスプレッソマシーン→KONE→ネル→ペーパー(クリア)です。
ま、言うまでもない当然の結果なんですけれど、ラテ用のエスプレッソはそれに適切な抽出法ゆえ、必要でまた美味しく感じますが、フレンチプレスだけはどうーしても、苦手。。

KONEは、単独でサーバーに乗せたときより、KONO(紛らわしい・・)に乗せた「ダブル仕様」の方が、抽出の速度がゆっくりになり、更に濃さが増すようにも感じますが、不思議と味わい自体はクリアになり、雑味が単独使用よりもとれたような感じがしました。
ということで、バタバタしていたのでお気に入りのもう一つのお店(ストレート用)へ本日レッスンがゆっくり開始なので、行ってこよう~♪もう今日は散々珈琲飲んじゃったけど、店主の淹れてくれる一杯が格別なので、頂いてこよう~~~♪
a0126929_11244241.jpg

a0126929_11245497.jpg

木のフタがぴったりだったのが、嬉しい誤算。^^

↓ スカイツリーが見える立地の友人宅で、久々に子供を親に託して(!)女子会。
じょっじょっ女子会っ♪
a0126929_11255448.jpg

美味しいアルザスの白にはじまり、いやーーー、良く飲んだ。。。引火したらよーく燃えそうなほど。子連れの集まりももちろん楽しいけれど、「母」からの開放時間も、とっても大事!!
バリバリと高い意識で社会に貢献している友人たちなので、経済の話から資格取得の話、芸術の話もバカ話ももちろんで、皆の持ち寄り料理がまた華やかで、本当に楽しい楽しい時間でした。
友達に恵まれることが、人生の豊かさに直結するな、といつも思います。私自身もそろそろ(?)どっぷり子育てだけからは抜け出ようと、姉の言葉を借りるところの「人生子育てだけじゃないヨ」も、実感を伴ってくる春。
レッスンの充実と、自分の集中した練習時間確保、読書の時間も少しずつとれるようになり、暮らしの楽しみと家庭の安定など、息巻いて走りつづけなくても、バランスをとれるようになってきたように感じます。ま、好きなことだけを、とことんやってるってこと!?笑

ムスメも親の仕事を理解して協力し、休日にやむを得ないレッスンの時など、本を読んで待っていてくれることもかなうように。
a0126929_11332845.jpg

(こそっとのぞいた。笑)
a0126929_1135675.jpg


お櫃におにぎりなどなどセットして、食べておいてもらうことも。
a0126929_21334033.jpg

折り紙で作る独自の作品(?)も、お絵かきも、家!な最近。
a0126929_11352585.jpg

ニヒルな「おうちクン」、色んなところに描いていて、このカオが私は結構好きなので、こっそり溜めてます。笑

朝食カット。
a0126929_1137308.jpg

(焼うどんと、しらすとキノコの出汁巻き卵、キャロットラペなど)
a0126929_11381170.jpg

(朝から塩麹トンカツ!そしてキャベツ入り肉団子のトン汁!おあげさんの炊いたん。)

珈琲じゃないのも飲んでます!?
a0126929_11385276.jpg

(休日のティータイムに、国産無農薬紅茶をフルーツティーに。ムスメと楽しみました♪)
[PR]
by pechopiano | 2015-03-12 11:39 | Comments(0)
プチ・風邪
半日、風邪ひいておりました・・・。

もう、なんだかんだとバッタバッタどったどったと忙しい日々の中、勝手に名付けた「生徒さんレッスン強化月間~~~!」と、一人盛り上がり、ホラ、レッスン室もやる気をみせたことだし、一人ひとりファイルを作ってキッチリ今後皆を引き上げていくぞ!と、レッスン室の力仕事からファイリングと譜面屋系の事務仕事まで。

そのタイミングで譜読みで目を使いすぎて頭痛になり、子供の用事で奔走し(あと1、2か月ほど続く予定)、お受験シーズンにつきお休みしていた生徒さんのレッスンもまた開始となったり、演奏会を控えた生徒さんのレッスンが連日だったり、色んな事が重なって時間が無くなっていましたところ、するりと風邪菌が・・・。

ムスメが喉が痛いと数日前に言った後のこのタイミングでまんまと喉が痛くなり、ムスメは薬を飲んでいるので元気なのですが、「もらったな~」という感覚が。
この冬、二人ともインフルエンザにかからず、幼稚園も欠席することなくピンピンしていたのですが、油断したかなー。

ま、少し前から肩が張って頭痛がひどく、未病状態だったのですけれど、そこに追い打ちをかけられた感じ。
今日は幸い土曜日だったので、昼までベッドにいたのですが、買い物に出たムスメとオットがどたどた帰って来て、お昼はオトーチャン任せ。
すると、まず、買ってきた牛丼。笑
そして、オット特製(?)「サッポロラーメン」。
a0126929_042941.jpg


・・・・・すんごい色のチャーシューと韓国海苔の「乗せ方」はラーメン屋らしく、で、え?餅?!
栄養素とか、お考えにならないらしいが、本人はニコニコしているので、ツッコミは最小限にとどめておきました。
友人(男性)が、1歳のムスメちゃんと共にお手製のアクアパッツァを食べていた、だなんて口が裂けても言えません。
いいんです、いいんです、世の中には奥さんが風邪ひいて機嫌が悪くなるご主人も中にはいるようなんだから、甲斐甲斐しくしてくれる気持ちが大事ってことで。

・・・・絶対倒れられないと思った本日。。

でも、やっぱ店屋物では細胞からは元気になれないので(笑)、夜はどうにか作りました・・。
a0126929_0113798.jpg

もう、なんでもかんでも有機野菜をつっこんで(こういう時、宅配頼んでいて本当に良かったと思う)、昨日届いたばかりの玉ねぎ、インゲン、人参、セロリ、新じゃが、春キャベツ、大豆、に塩麹しておいた鶏もも肉と、オーガニックトマトピュレで煮込み。
人参が沢山届いたので、キャロットラペと、麦とろごはん、ダッチオーブンで焼いた「べにはるか」の焼き芋、という素材重視(?)なゴハンを並べただけでも、体の細胞が元気になってきた感じ。

サッポロラーメンを残したムスメ(笑)も、夜は完食。
「オカーサンのお料理、美味しいねぇ、最高だよぉ~」って、呟いた先を見たら、それはダッチオーブンが焼いただけの焼き芋でしたけれどね。。

a0126929_0115522.jpg

ちなみに、コレは先週届いたものなので、昨日にはほぼ全てなくなっていたものですが、大体の一週間分の食料。きざみアナゴは、ちらし寿司に使ったもの。
先週は、これにプラスしたものが銀鱈(近くのスーパーで4尾)と、ミルクくらいだったので、大体8千円くらいでした。

そう、ひな祭りだって「ゲッ!今日じゃん!」と、一人レッスンのキャンセルが出たそのタイミングでどたどたっと秒速ちらし寿司!
a0126929_0124080.jpg

(海苔は、園バスから降りたムスメが刻みました。)
a0126929_0131238.jpg

と言っても、余裕のある時に「そうだ、来週はひな祭りだからアナゴを注文しておこう」と宅配食材の中に注文を入れ、「そうだ、そろそろひな祭りだから干しシイタケを戻しておこう」と冷蔵庫に準備してあり、「そうだ、ひな祭りも近いことだから(酢蓮根用の)酢と寿司飯ようの酢を用意しとくべな」と、冷蔵庫にある程度準備はしてあった。
和食って、つくづく下ごしらえ。
a0126929_0162618.jpg

レッスン合間に小刻みにキッチンで下ごしらえして、(枝豆とコーンと野菜たっぷりの…)
a0126929_017520.jpg

コロッケがメインだった晩御飯など。

にしても、連日本番前で大大ピンチな音高生のレッスンが連日だったのですが、昔師匠に「ず、頭痛がする・・・」とあまりにピンチな本番前にレッスンしてもらった時のことを思い出しました。
自分のしたことって、つくづく跳ね返ってくるのねーーーっ。と思った昨日。

朝は、和食だったり
a0126929_019562.jpg

a0126929_0201798.jpg

↓焼きたてカンパーニュ、いつも粗熱をとった後に入れておくお櫃(笑)が、この日はちらし寿司で本来の使われ方をしてしまっていたために、「せいろ」にて保管され(笑)…
a0126929_0205816.jpg

a0126929_023596.jpg

有機野菜のポタージュ(人参、セロリ、おじゃが、玉ねぎ)と、ベランダのベビーリーフなどで洋風だったり。

a0126929_0251026.jpg

食いしん坊の4歳は、園から帰ってオーブンが稼働しているタイミングだったりすると、手も洗わずに真っ先にチェック!(注:椅子に乗ってます。)

ソルフェージュとピアノも好きなようです。(自分で書いた音符を譜面台に乗せて熱唱中。)
a0126929_0253113.jpg

[PR]
by pechopiano | 2015-03-08 00:26 | Comments(2)


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧