ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
開店?!
きましたきました。
a0126929_10162748.jpg

ネットのレビューを見比べて、迷いに迷った結果、「ドウシシャ」というところの電動氷かき器(かき氷器、じゃないのね?^^;)に決めました☆

アイスロボという同じく電動のものも人気があるようで、その二つで迷いに迷ったのですが、
赤と緑と黄色だかなんだかの、狂気の沙汰のような色合いにどーうーしーてーも、我が家に入れたくない気持ちを払しょくできず、通販生活でかつて同じものの色違い(白)が出ていたようなのですけれど、今は販売終了とか。。どうにかこのアイスロボの欠点がないかと荒さがし的レビュー拝見。笑
すると、氷をかくスピードが若干遅いとかで、底辺が溶けてゆくというのをいくつか見つけ、晴れて諦められました!?

ま、ドウシシャの外観かて、目くそ鼻くそっていうレベルなんですけれどね、、、とりあえずレビュー通りにフワッふわのお店のような氷がすごい速さで出てきます♪
欠点としては、製氷機の氷ではなく、付属のまあるいカップで作った氷を使用、という点。
ですが・・・
細かいこと言わなければ出来るんじゃ?と、「言われたとおりにやる前に」まず製氷機の氷でやってみましたが、全然大丈夫でした。あは。

この専属カップが二つしかついていないので、買い足す必要ありとのレビューもあったのですが、作ったそばからビニールに入れて保管しておけば済む話なので、付属の二つで十分です。
で。
まずはやはり。
a0126929_10344974.jpg

(これで半量という量がしこたま出来上がった梅酵素シロップ、にて。)

ワクワクしながらスタートすると、もんのすごいジャリジャリの目の粗い氷が出てきて、あっけにとられた初日でしたが、目の粗さ調節機能がついていたのでした。。お気をつけあれ。。

気を取り直して!
やってみたかったものとしては!
a0126929_10404693.jpg


じゃじゃん!
「ミルクマンゴーかき氷」!

思えばHBの時もそうでしたが、「基本の使い方」を一回やったかどうか・・・ののち、すぐ天然酵母だとか変り種に手を出した自分、今回もガムシロップ的なものを小鍋で作って、それをミルクに混ぜ、例の製氷カップにて凍らせまして。
あま~くフワフワのミルクかき氷をまず。
a0126929_10422321.jpg


マンゴーシロップは売られているものには怪しい薬が沢山入っているので、近くのスーパーを3,4軒チェックして、最安値で最も大きなシロップ漬けのマンゴーが沢山入った缶詰をどさどさ購入。
シロップの半量とマンゴーを、FPの低速で5秒ほど撹拌したら、ゴロゴロマンゴーのシロップの出来上がり♪
練乳も少したら~りとかけて・・・
a0126929_10443786.jpg


ごろごろマンゴーのミルクかき氷、ムスメは「本当に美味しい」ようで、一言も発さず真剣にしばらく食べていました。笑
a0126929_1045529.jpg


ちなみに、ミルク一カップずつくらい、マンゴー缶かて425gで100円チョット(2缶分まるまるシロップにして、1缶をトッピング用に刻みました)で、あと二人分を4クールくらいいけそう。
1人分あたり50円になるかどうか程度??笑
お店で食べたら・・・・。

レベルも味も本当に美味しくてすごいな、と思う最近のかき氷ブームではありますが、それにしても・・・かき氷、だよね?所詮・・という疑問が払しょくできなかったここ数年。
我が町にも、雑誌のかき氷特集に載るような、天然氷で国産の果物、安全なお砂糖を使った素敵なかき氷屋さんがあるのですが、そして国産果物の値段、お店の店舗代に光熱費に人件費に・・・とざっと考えると、それは至極まっとうな値付けだとは思うものの、、、でもやっぱ「かき氷、だよね??」と思っていたわけで。笑

灼熱の最中、行列を作って、時にスコールに怯えながらもあんなに並んでまで、、、など諸々考えると、「そのものの適正価格」に敏感になってきた最近の自分は、どうにも首を傾げてしまい、結局毎年、そのお店でいただくスタンプカードの一つ目を押してもらったら、2つ目を押してもらったためしがないまま、ひと夏すぎるというパターンでありました。どうにもばかばかしく思え。
素敵なお人柄の方たちで、お店もとっても素敵で、応援したい気持ちはあるのですが、ワタシがなにも応援しなくても、とっくに行列なので。笑

そしてこれは、パンにも言えることなのですが、「安全で美味しくて」というものを求めると、大概値段が跳ね上がる。
なので、作れるものは自宅で作ることにして、そうでないものにお財布を開きたいこの頃。

ちなみにオプションとしましては・・・
a0126929_10573798.jpg

(通気させるために靴干し中ですが・・・汗)


「(家の)お外でプールとかかき氷とかやりたい!」とずっと言っていたムスメ、以前の狭小住宅のただひとつ、今より素晴らしかった点は、屋上テラスでした。
我が家の中で一番広いスペースで(笑)、完全に安全で、完全に屋外で。
そこで、小さな小さなムスメのプールを引っ張り出したこと、あんなにちいちゃな記憶でも、しっかりと刻まれているようで、夏になると必ず「前のおうちはよかったよねぇ」と言っていました。

そんなワケで、車が場所をとっている玄関先ですが、少しずらしてスペースを。
ムスメも「これでももう○○さん(←件のかき氷屋さん)行かなくったっていいもんネ!」と大喜びです。
IKEAのテラス用テーブルセット、最安値の4,000yen。それに、電動かき氷器5,000yen弱で、毎夏楽しめそうで、二人でかき氷屋さんで注文したら、1,500yenはこえることを考えると、お安いもんです♪

自宅前の旬の八百屋さんも、夏になって無農薬野菜の種類がどどんと増えてきました!
窓を開けていると、呼子のお兄さんが「今日は無農薬のナス、ピーマン、ししとう、それにトウモロコシもありますよ~」という声が威勢よく聞こえてき、かき氷を食べたらお財布持って、アナウンス通りの無農薬野菜全て買いに。
a0126929_1118563.jpg

「地元のおばあちゃんが趣味みたいに作っている」ゆえに、農薬も撒かない・・・という畑からの産物らしく、無農薬とはいえスーパーよりずっとお安かったりします。
この立地に感謝!笑

a0126929_11191315.jpg


件の夏野菜の揚げ浸し、生姜焼きなどで夏の週末の夕ご飯。

a0126929_11202247.jpg

ベランダと玄関のグリーンを入れ替え、元気なユーカリ3種にまんぞく。
梅雨の貴重な晴れ間を無駄にせず、家じゅうのリネン、洗いまくってます!

a0126929_11205187.jpg


カレンダーの裏を使って、大きな作品にとりかかる4歳。
[PR]
by pechopiano | 2015-06-29 11:21 | Comments(4)
溶連菌感染症ふたたび(三度?)
先週ぐったりと夏風邪にやられていましたが、金曜の晩くらいから持ち直し、土日はすっかり治ったと信じ切っておりまして、こんな優雅なこともやっておりました。

a0126929_1041457.jpg

ホテルで優雅に・・
a0126929_10412381.jpg

a0126929_1042372.jpg

a0126929_10424883.jpg


Yes,女子会っ!
独身時代からの仲間の女子チーム7名で、子供ももちろん預けて(笑)、おしゃべりはつきない。
こんなに優雅なランチは久しぶり♪
いつもは残り物もしくは夕食の仕込みついでにつまむ家ゴハン、または、オベント持参・・・

a0126929_10455262.jpg

a0126929_1046549.jpg

a0126929_10462062.jpg


↑コレは、オット用なのですが、「具だくさんおむすび」か「具だくさんサンドウィッチ」を毎日持っていくということにしたとのことで、具だくさんって・・・そんなにコメにもパンにも挟めネェんだよ?・・と思いつつも、この日は前日の夕食に登場させた塩麹トンカツを使った、自家製パンのトンカツサンド&豚そぼろおむすび。
この日、風邪はすっかり撤退したと疑わない自分、演奏会だったのですけれど、こんな時でもオベント持参。(結局お食事ご用意して頂いていたので、帰宅してからオムスビ食べましたが。笑)

ホテル女子会の時も、365日愛用の山葡萄のカゴバッグから水筒が見えるのを、友人たちに笑われましたが、徒歩5分以上の距離は、水筒持参ですとも!笑
たまに、幼稚園の製作グッズ収集で「空のペットボトル数本」と言われると、わざわざ買いにいかなくてはならないという・・・。
ムスメも出かけるときは、まず「水筒水筒!」言う水筒ラバーに育っております。

コチラ、オットに変わりましてムスメ朝食プレート。
a0126929_10522228.jpg

(before)
a0126929_10524031.jpg

(after)

緑の野菜は苦手傾向ですが、このほうれん草炒飯だけは、大好きでぺろりと食べます。
オトーサンの影響で、野菜ジュースを飲みたがるようになったので、牛乳の消費が減りました。
一時期、牛疑惑を抱くほど、牛乳飲みまくっていたムスメで、やや体型が心配でしたが、納豆と牛乳ブームはかなり下火になってきました。

ここにもチラと写っているナッツ、カシューナッツとくるみとアーモンドを、それぞれローストして小瓶に入れているのですが、ムスメはくるみ、オットはカシューナッツ、ワタシはアーモンドが好きなため、うまい具合にバランス良く減っていっています。

と、話は逸れましたが、、、、
先日演奏会が終わったすぐ後くらいに、ハタッと首筋が痛いことに気が付き、扁桃腺がまだ腫れてる?とびっくりしました。弾いた直後だからかな、と思いながら過ごしていると、夜からぐわんぐわんと腫れあがって左側を向けないほどの痛みに。。
治ったんじゃなかったのか!?と驚いて、朝イチで徒歩2分の「ちょっと素敵な椅子があるからちょっと気になっていた耳鼻科」へ行ってみました。
そしたら!
プレミアム(雑誌)がぞろーり揃っていて、小躍り♪
名前を書いたら銀行に行こうと思っていたのをやめて読むことに没頭。笑


・・・・って笑ってる場合じゃなくて。。

アスファルトを歩くだけでもじんじん痛くなった扁桃腺だかリンパだかの首筋、待ってる間に唾液を飲み込むのも至難なほど痛くなってきまして、呼ばれた時は結構ヘロヘロ。
触られると激痛なので!と、背もたれの高い大きな診察椅子におっかなびっくり座り、鼻から内視鏡を入れることに。

きえーーーー!
耳鼻科ってなんだか怖くて、小学生の頃以来だったのに、いきなり内視鏡って!?とアタフタしましたが、これが全く痛くなかった。。。すごいのね、最新の技術は。小学生の頃は拷問だったよ、耳鼻科・・。
しかも、「熱は?」の問いに、「それがまったく出ないのです。先日もすごく熱があるな、と思って何度も測ったんですけれど」と、キッパリ熱を否定したら、白い目で体温計を渡され、計ったら7度5分でした。。
家で計ったら、6度1分でした。っていうか、いつ計っても6度1分です、ウチの体温計。汗汗汗

で。
念のためにと検査された溶連菌感染症、、、デシタ。

2年前になったことを伝えたのですが、「またこの菌が悪さしてるらしいよ」と言われて絶句。またなるんだ、これ。。
2年前に比べたらヘでもないと思っていたけど、二年前はバットで頭を3日間殴られ続けるような激頭痛はあったものの、耳下は腫れなかったような??
色々あるのね、溶連菌。

何が哀しいって、「お酒はダメね、当然ね」と抗生物質をたんまり処方されまして・・・。

「だめだ」と言われると余計に欲するのか、はたまた単なるアルチューなのか、「今夜はサケが飲めねえ・・」とやさぐれた気持ちでいたら、冬にシュトレンを仕込んだついでに沢山のドライフルーツをラム酒漬けした瓶に視線が留まり・・・。
ま、近々焼こうとは思っていたんだけどね、何せ抗生物質が良い働きをし、頬はリスみたいだけど元気になってるし、ムスメは芋掘りで疲れたとかで奇跡の19時台にご就寝だし(嬉)、ということで、炒ったナッツとドライフルーツたっぷりのパウンドケーキさっくり焼きました。
a0126929_10594740.jpg

このドライフルーツの水切り(正確には「ラム酒切り」)が、たまらん!!!!
これを使う時は、滴ったラムをロックもしくはストレートで頂こうと思っていた、芳醇な香りづけと甘味が加わった素敵な飲み物、、、


・・・・・紅茶を淹れて、そこに混ぜる分なら、多少アルコール飛ぶし、いっかな?

・・・・・・・・・いやいやいやいや。

ってな戦いをしていました。(アホ?)

a0126929_1102241.jpg


トコロデ。

a0126929_1112667.jpg

(day 3)
a0126929_111463.jpg

(day 5 !?)
梅シロップから、どうせなら酵素シロップとやらにするべ?と、毎日かき混ぜてみたら、もんのすごい元気なシュワシュワ。
手の常在菌が酵母も酵素も決め手的なことをきくけど、ワタシの手は黄金の菌が住み着いているという解釈で間違いないですかね?

このままこれでパン焼けそう…。
a0126929_113527.jpg

焼きました。

・・・ウソです、いつもの不死鳥のようなヨーグルト酵母によるゴパンカーニュ、です。
こちらは、お持たせように♪
これ持って電車に飛び乗ったら、隣に座った小さな男の子がずっっっと鼻をクンクンしながら袋の中を見ていました。(焼き立てだったので。)ごめんね、あげられなくって・・と、可愛い視線に心が痛んだ午後。^^;

早速、焼き上がったしっとり焼き菓子と、梅酵素シロップで♪
a0126929_115377.jpg


・・・・・幸せ。。。

ちなみに、この季節は毎日プシュプシュフル稼働なのがコチラ
a0126929_1162043.jpg

我が家はソーダストリウム愛用!
冬場はあまり使いませんが、夏は家族3人とも「しゅわしゅわ」が好きなので、これまたとっくにモトがとれたアイテム♪
折角最高性能の浄水器があるのだから・・・と、お水をさらに煮沸してまろやかにしたものを一晩冷やして炭酸水をたっぷり冷蔵庫に完備しているのが、夏の風景です。^^

a0126929_118817.jpg

アイスコーヒーも忘れずに。(&オットのおむすび。ホウレンソウ炒飯のものと、ひじきむすび。)

a0126929_1185460.jpg

今日は濃い目の味付けの煮物むすびと、自家製パンが少し前のものなので、フレンチトーストにして無縁せきベーコンとゴーダチーズを挟んだホットサンドイッチ的な、の2種。

おむすびはどこまで出来るのか?!の可能性をゆる~く探索していこうかと思います☆
[PR]
by pechopiano | 2015-06-24 11:10 | Comments(0)
ひさびさダウン
2,3日前から、ちょ~っと怪しいなぁ・・・と思っていた自分の体調ですが、ドカッとやられてます本日。。
一年半ぶり、かなぁ?年末年始に溶連菌で大変な目にあって以来、ピンピンしていましたが、そう、ワタクシどちらかというと夏風邪に罹りやすいのだった・・・。(その半年前に手足口病をやり、その一年の二つが、人生で最もそして死ぬほど大変な症状だった・・・。)

思えば、2年前の手足口病の前後には咳喘息にもなり(というか、そこまで放っておいたら悪化した)、咳をし過ぎて肋骨にひびが入り、そりゃもう病気のデパートみたいでしたが、それに懲りてお風呂の後の「水奉行」をやり始めてからは、無敵になったと思っていたのでしたが、忘れたころにやってきた!

ウチは、体感温度3人とも違うため、この「定まらない夜の温度」というのも厳しくて、まだエアコンを点けていない代わりに夜窓を開けていたら、半袖+夜風ってのがまずかったようです。
免疫力下がったところで、アデノウィルスにやられたっぽいなーー・・・・という感じですが、夏風邪も基本薬飲まないで治したいので、少し様子をみます。とはいえ、レッスンも休めないし、さらわないとならない曲がまだ・・・・。。

元気だった数日前は、牛筋ちゃんをどどんと下ごしらえ!
a0126929_14353143.jpg

(たっぷりの焼酎と生姜、葱などをシャトルシェフの大鍋に放り込み♪牛筋や鶏がらスープをとる時のために、有機葱の青い部分は冷凍して保存しておきます。生姜は、本体はスープに使って、皮は有機なので同じく下処理に無駄なく利用。)

というのも、なーんで、、、こんな忙しい時期に貴重な牛筋が紀ノ国屋さんにどどどどん!とあるのを見つけてしまったのだ?…自分。(買わずにはいられないではないか!)
紀ノ国屋さんの牛筋は、もちろんのこと紀ノ国屋で扱う牛肉の筋なので、イイトコの牛さんに決まっとるということで、ない時は「キャンセル待ち」状態だったりするほど。
でも、鶏ガラのところを必ずチェックするクセがついているので、つい。
そしたら目を疑うほどの牛筋ちゃんが!!!!

ナニも自分は悪いことをしているつもりはないのだが、つい、キョロキョロと左右を静かに(しかし素早く確実に)確認し、「まままままさかっ・・」と震える手でどさどさカゴへ入れた週アタマでした。
盗人よりある意味盗人らしい素早い作業でした。

で、翌日の金曜日にはまたまた宅配の肉やら野菜やら届く日なので、冷蔵庫(冷凍庫)にスペースを作らないとならないため、急ぎヘンデルとグレーテルを煮るようなシャトルシェフ大鍋で牛筋仕込みをば。
流しが油ギッシュになるなど、下処理の後処理がやや面倒ですが、やっちまえばこっちのもの!
a0126929_14382339.jpg

早速牛テールならぬ「牛筋のスープ」。コラーゲンの塊!みたいなトロットロ♪
a0126929_1438449.jpg


家族はもちろん、ワタシの一桁の頃からの親友が、またまた素晴らしいメゾンのお洋服(ムスメちゃんのお下がり)や、育脳グッズをたーんまり持って遊びに来てくれたので、この牛筋をふんだんに使った煮込みで、ガード下系ランチをば。笑
a0126929_14401074.jpg


a0126929_14405433.jpg

妙妙板という育脳パズルの応用編で、曲線のピースも入った巧巧板というのを入手し、育脳的に(?)は、年長からやるらしいのですが、こちらはあっという間にやってしまったことを伝えると、今度は立体!?
3人の母、いったいナニモノ???笑

それから、面白かったのが数の概念が入るらしい100までのピース。
a0126929_1443742.jpg

彼女から、これについての説明を受けたとき、正直「これだけ見たら、ワタシは恐らくお店で手に取すらしないな。」と思いまして。
と言うのも、2歳の終わりには100までカウントできていたムスメには、必要ないかな?と単純に思ってしまうわけですが、これが否否。

大人である我々にとっては、この碁盤のように1から100まで位ごとに整然と入っていて当然ですが、子供は音で数を覚えているにすぎず、これを並べていくことによって、仕組みが目で入るし、更に親の私はムスメの並べる様子を見ていると、どのように数字を捉えているのかが手に取るようにわかる。
つまり、脳みそを提示されているように。

ピアノを教えていても思うけれど、小さな子レベルのピアノならば、手ほどきを受けた親なら教えられそう?と一見思いますが、このパズルのようにプロの視点と分析というのはまるで違うわけです。子供が、なにが理解できなくてそれはなぜなのか、どういった脳みその使い方と仕組みなのかということへの知識と実経験が似て非なるものなのですが、こういう幼児教育に特化した会社が作ったものに触れてみて、改めてそれを思い知らされました。

食後の片づけをしながらキッチンから覗いていても、非常に面白かったです。
毎日本場の英語に触れている効果もあってか、小さく「セブンティ~ファ~イブ♪」と、我が家に有り得ない発音で呟きながら置いて行ってるのもまた、興味深く。(発音聞いて、月謝払い甲斐があるってもんだ!?と親の財布のひもはかくしてゆるくなるのね・・・。汗)
子供の教育関連の出費って、「よろこび」なのね、ということを知るもうすぐ5歳児の親。(20年後に「あれはなんだったのだろう・・」という遠い目がついてこようとも。笑)

食べること、暮らすことにばかり重きを置いてきたワタシのゆるゆる子育てですが(そして今でも変わらないのですが)、この「文部大臣」とお呼びするワタシの幼馴染も然り、生徒さんのお母様方が丁度同じ世代で、それゆえ子供も同じ世代(少しだけ上)のため、「これはやるべし」「こうあるべし!」と、ユーモアたっぷりに、それぞれの非常に説得力ある子育て論をお持ちで、レッスンのたびにこちらがレッスン代をお支払いしなくてはならいのでは?と本気で思うほど、色々教えて下さいます。もう、普通にお友達として飲みいこ!的な話にもなってます。笑

ということで、育脳は頼りになる諸先輩がたにお任せしている結果・・・
a0126929_14533537.jpg

(クマちゃんの神経衰弱。トランプではなく、クマという点は子供の興味を惹くだけではなく、何種類もの捉え方があるようです。・・・・考え付きもしないよ・・・。笑)

a0126929_14543273.jpg

朝起きるなり、ゴハンにも水分にもひとつも手を付けずに、ひたすら立体パズルを解く快感に浸る4歳。

・・・・・も、ホント、持つべきものは友!!

で、ワタシは相変わらず・・
a0126929_14555832.jpg
a0126929_1456910.jpg


ミシンカタカタ~とか。
(夜なべのリネンワッフル生地のバスマット。前夜に縫いあげたあと、肌触りのために一晩吸水させて翌日からりと完成。)

結婚式の引き出物にもしたマークス&ウェブ製のバスマット、肉厚で大好きでしたが、丸7年毎日洗っていたら、4枚同時に同じところからほつれた!
(バスマットは毎日変えます。)
面白いなー、人間の寿命みたいだなー、と思いながら、この忙しくとも幸福な7年に思いを馳せたり。(丁度、友人の結婚&妊娠というサプライズで嬉しい報告を受けていたところなので。笑)

テレビをつけるのは、アイロンの時と梅仕事の時のみ。
a0126929_14581885.jpg

a0126929_14583223.jpg

沢山仕込んだので、半分は、酵素シロップにしようかな~♪

そして、、、
a0126929_14591458.jpg


中国人による「爆買い」が話題になっているようですけれど、日本人も粛々と爆買いしてますヨー、な図。
独身時代から、全身のみならず、手洗いする食器も全てこれで賄っている無添加せっけん「白雪の詩」。
色々試した結果、これが一番コスパもよく、泡立ちも良く癖もなく、浮気せずに随分たちますが、消費税引き上げのためか、段々値上がりしてきたような?

今までは、近所で買えるドラッグストアいくつかで調達していたのですが、そういえばネットだったら割安なのかな?の検索すると、やっぱり割安。
マツコデラックスさんが最近テレビですすめてた?とかでやや品薄でしたが、爆買い、しました。
ムスメは見るなり「ええええー、こんなに沢山なんて、お金がもったいないよ!」と言ってましたが、「絶対に使うもので腐らないもの」は、無駄ではないと話しました。ストローは?と言われて答えに困りましたが・・・。汗
[PR]
by pechopiano | 2015-06-17 15:00 | Comments(0)
ひと山越えてまたひと山
どたどたしているうちに、梅雨入りしたようです。

連日「こんどはどの譜面だ??」と、譜面山から譜面を引っ張り出すところから格闘しているのですが、ワタクシ断捨離と片付けは苦手でないと自負しながらも、アレですね、譜面だけはもうどうにもなっていませんね。。。
音楽家のミナサマならばご理解いただけることかと思いますが、学者が本を手放さないように、ピアノ弾きも譜面は捨てません。それこそが財産だし、ある一面、確実にもう二度と手に入らないものであり。

でも、それがきちんと分別されていないことへの言い訳にはならないので、これをどうにかしようというのが、ワタシに残された恐らく最終片付けどころミッション。(大袈裟?)
だーけど、これがほぼ不可能なんじゃないかってくらい、そりゃもう多岐にわたって長きにわたって。。。そしてまた、不思議なことに「あの譜面、確かこの辺」というカンが、まだ打率8割を超えてるもんで、ますますもってタチ悪い。(つまり本気で困ってない。)
だけど、本日運悪く2割のほうでガサゴソ譜面山を捜索中なので、こんなこと書いてるわけで。汗

言い訳はともかくとして。

朝ごはんとか。(???)

a0126929_12472029.jpg

梅雨入り前の、久々の雨だった日。気圧のせいか、家族そろってこってんぱーーーに眠りつづけ、誰も起きてこない&「ハッ!?!?ナニ?!ってかどこ!?ってか誰っ?!ってか何時っっっ!?!?」みたいな起き方をした朝。
だのに、ゆるゆる朝食を摂って、「あははは、みんなで寝坊だねー」「あの時計って、トコロデ早すぎないか?あの時間はまことか?」なんてやってました。(まことです。)

a0126929_12485256.jpg

またある時は「つけめん」的な。
仲良しママ友さんの義母さんが、一般販売はしていない幻の麺っていうものを入手されているらしく、お裾分けをよく頂きます。
こーれがコシがあってものすごく美味しい。細いうどんのようなものでも、ゆで時間17分とかかかるんですけど、ものすごく、美味しい。
根菜ラバーな我が家なので、和風つけめんです。
a0126929_1252456.jpg

ところで今年は紫陽花が早いそうで。
またまた素敵なおばあちゃまからのお庭の紫陽花。純和風はオット好み朝食。

a0126929_12531938.jpg

a0126929_12533122.jpg

コチラ、ちょっと久しぶりの新しい食器。

独身時代に「番町皿屋敷」の異名を頂戴し、長らく皿につぎ込む時代を経由していましたが、子供が生まれたあたりから、作家ものより丈夫な磁器へと移行。
北欧ものももう食傷気味だし、皿熱が復活することはもうなさそうなのですが、オーバルの使い勝手の良さは実感していたので、今度はイタリアの業務用をば。

早速、朝食にズッキーニの肉巻きとサラダを乗せて使い勝手かくにん~♪
似たような分量であっても、オーバルってホントにまとまりがいい。
南瓜とにんじんのベジブロスポタージュは、10年以上愛用の作家さんもの。楽焼です。^^

そして、相変わらずのパンを連日焼く日々。
色んな方から色々頂き物をしたため、ゴパンカーニュを二日連続で焼いて(ひとつは我が家分)方々にお配りしていました。
そうこうしているうちに我が家分のカンパーニュも43歳と4歳にむさぼり食べられてすぐに残り僅かになったものの、オーブンが結構渋滞。
今は時間に余裕もないし、こういう時のために!と、久々に「自家製酵母だけどボタン一つで焼きまでおねがいする」コースをチョイス。
a0126929_12583465.jpg

とは言え、黒ゴマとくるみを鉄フライパンで炒っておき、ぴぴぴの合図で投入。
あとは頃合いを見計らって、てっぺんにチーズを削って乗っけて焼きました。
a0126929_12585184.jpg

ボタン操作だけで、ここまでやってくれるMKに感謝。
a0126929_1259913.jpg

ムスメはカリカリになったチーズを何度も確認しにきて、「明日の朝まで待てない・・・」とべそべそしながら寝ました。笑
a0126929_12591968.jpg

a0126929_12593082.jpg

(手抜きなのにめちゃめちゃ美味しかった・・・。)


そして昨日怒涛の参観月間な6月の皮きりとして、午前に参観、その後年中にして初めて園ママのお友達とランチをしました。
ほんっと、保育園(よりさらに?)並みに母親同士の交流の必要を迫られない園でして、ヒジョーにラクでなんのトラブルも起こりようがないというスバラシさなんですけれど・・・いっくらなんでもこのままだと、「顔見知り」程度で卒園しそうな勢い。笑

マンモス園ゆえ、ひと学年を11人のグループにわけて、それが10パターンというシステム(どこが少子化?)なのですが、同じグループのママさんたちが揃いも揃ってお洒落で素敵な雰囲気の方々ばかりなので、ラッキ~♪と思っていたまま・・・一年以上たっていた。。汗
そんなワケで参観の後お喋りしながらランチして、その後公園へ。
レッスンまでの時間だったので、たっぷりの時間はとれなかったけれど、親子で満たされました。

にしても、座卓になった元ダイニングテーブルを脇に寄せたのみならず、ついに対極に大きなダイニングテーブルも寄せ、いよいよ体育館化著しい我が家・・・。
a0126929_1313144.jpg

a0126929_1314855.jpg

かけっこにボール遊びにヨガに走り回っております。汗
ま、さすがに来客がない日限定だよ!と、走り回れる空間に大喜びな「もうすぐ5歳」にくぎをさす。

そんな4歳の終わり、かつて、ここまでハマッた遊びはないかも?な「妙妙板」。
改めまして、「巧巧板」(←現代ネーム。)
あーまーりーにーも、はまりまくってこれをやらない日はないほどでして、ついに応用版も欲しくなって先日届きました。
a0126929_1325013.jpg

思えば、随分小さなときからパズル好きだったため、三つ子の魂ナントヤラなのだと思われ。
文系のオットと、文系にも行き着かないワタシの子供とはとても思えない理系アタマ?なのか、人の話全然聞かないけど、こういうものは大得意。
「もう、、やめなさいって、寝なさいって・・」と止めるまでひたすらやり続け、無理やり布団へ連れて行ったら、「はぁ・・・やっとワタシ眠れるんだ~」と安堵の声。


・・・・だから、だれも強制してませんが???
[PR]
by pechopiano | 2015-06-10 13:02 | Comments(0)
続・洗濯
久しぶりに(?)本業の方が大忙しな日々を送っています。
もう、なにが本業かよくわからない日々でもありますけれど(笑)、たとえどんなにピーンチ!な曲であっても、演奏していると「こんなに自分の精神を満たしきるものはない・・・」と絶句してるし、家事に家じゅうを奔走していると「超楽しい~~」とニヤついているし、親子ともども休みの日に緑濃い大学通を家族で歩いているとシアワセだな~・・と実感するし、生徒さんが入れ替わり立ち代り来る日は、いちいち(こどもたち)面白いし、、、まぁ今は手がちょっと痛い(ピアノ&家事?)とかなんとかアチコチ大騒ぎしながらも、賑やかなモンです。^^;

とは言え、金曜日から3日間あまり家に寄り付かなかったら、あっという間に家が薄汚れた感じがしていました。。。
というのも、エアコンを入れる前のこの季節、窓を開け放していると風も強い日が結構あるため、深夜に帰宅してお風呂に入ったらそのまま2Fの寝室に直行・・とかやっていると(リビングは3F)、床がザラリとしてきます。

リフォームするときに、とても贅沢だけれど他を削ってでも・・と、無垢の床にしたのは、見た目の良さももちろんですが、合板のペタッがどうしても苦手で、夏場に素足でサラリと過ごしたかったからです。
以前の狭小住宅の時、ここをケチッてしまったことを、毎日毎日雑巾がけをしながら後悔していたので、もう引っ越すことはない家ゆえ、清水ジャーンプでございました。
(ま、正確にいうと、清水ジャンプをすることを妻が勝手に決め、オットに「飛んでくれ」と告知したようなものだが。)

a0126929_12433522.jpg


そんなわけで、贅沢したからにはきちんと保とう!と、夏はルンバは休暇に入り、もっぱら毎日雑巾がけです。
とは言え、雑巾がけには広すぎる我が家、一休だって不平を言うだろうというサイズなので、HOKY(ホーキイ)という、やる気があるとはとても思えぬネーミングの雑巾がけグッズが活躍しています。
要はクイックルワイパーのカタチをしているのですが、ステンレスと黒の柄で、なかなかスタイリッシュ。濡れた雑巾をガシッと挟み込み、ずれたことは一度もなし。
広いスペースもノーストレスで、たったかたったったーーー♪と、あっという間に雑巾がけ完了!という優れものです。
こんな見た目も使い勝手も素晴らしい、日本らしいすぐれた良品に、ナゼ、こんな本気度合いが見えないネーミングにしたのか、そこを聞きたい。

a0126929_12483166.jpg

今日は「不意打ちのように来る」ベントウ日だったので、月曜の朝の解放感に更なるプラス1。

ところで。
そんな晴れた灼熱の月曜日は、洗濯日和でありまして、冬物の衣類洗濯は終わっているものの、最終お洗濯は、いえのもの。
a0126929_125035100.jpg


ずっしりと、このサイズでも米俵みたいな重さのギャッベは、洗濯こそしませんが、固く絞った雑巾で汚れを拭き、天日に干して仕舞います。
レッスン室の待合室が土間のような床なので、冬場は足元が冷たく、どんなラグでも恐らくダメですが(汗)、ギャッベは本当にスバラシイ民族の知恵だと驚嘆します。
しばらくお暇をば。

a0126929_12504750.jpg

こちら、リビングのソファに冬場はスタンバってるロロスツイードの、ウールの肉厚ブランケット。
とっても大きくて肉厚で、これまた北欧の人々の丁寧な仕事に触れられて感激したひとつ。
どちらも我が家に手放せない冬のウールとなりましたが、こちらは洗濯機でガシガシと洗ってしまいます。最初に洗おうかどうか手に取った時、お値段が頭をかすめてなかなか勇気が出なかったのですが、服も家も清潔感(というか清潔であること)が、もっとも大切なので、洗って少々ヨレても味よ、アジ!と思って。

結果として、本当にスッキリ「きれいになった!」という感触が感じられるし、肉厚なウールはビクともしないし、本当にいいものの底力を知るきっかけになりました。

洗濯、カシミヤのセーターもショールも、ウールのワンピースもスカートもパンツも、ダウンジャケットにウールのコート、なんでも洗ってクリーニング屋に持っていかない我が家ですけれど、洗えないものとてあります。
それは・・・
a0126929_12575214.jpg


ずばり「イギリス」。

伝統的なウールのラップスカートと、カッチリが身の上のトレンチコート。
そして、オットのスーツ。

この3種類に於いては、クリーニング屋へ連行いたします。
ヨレたら味じゃないので。笑
ということで、ワタシの中ではっきりしました。
「イギリス(トラッド)は、洗えねえ。」

ちょっとおしゃれして出かけたい場所ところは、洗えるリネンや洗っちゃうカシミヤなどでも良いかとチョイスしているのですが、「ちょっとあらたまった場所」の時に、上記を使います。
ということで、テイストも80代のイギリスのおばあちゃんでも着ていそうな上のタイプ、これらはずっと長くクリーニング店に出しながら毎年ちょいちょい着続けると思いますが(ラップスカートはもう1枚、伝統的な色合い柄のものを所有しています、数年前にイギリスでもっとも由緒ある老舗から、完全オーダーで個人輸入した思い入れのあるスカートです)他の、言ってみれば普段使いの洋服たちは、自分でメンテナンスするゆえにも、ある程度長くは着るものではあるけれど、「一生もの」ではないと思います。

そういう風に考えると、やはり最近思うのは、ものの「適正価格」。
どんなに素敵なデザインで高品質でも、これは恐らく自分でクタクタになるまで着倒すな、と思ったら、ある程度の値段でストッパーがかかるというか。

話がちょい逸れましたが、最近暑いとオットは湯船に入らないので(でもオンナ二人は必ず入りたい!)、残り湯はお洗濯に再利用しています。あんまり大人数だと抵抗あるのですが、たった二人入っただけのお湯が勿体なく思えて。結構水道代に差が出たのでモトがすぐとれそう。
a0126929_1354593.jpg

ちなみにかさばるホース類は、この上の黒いIKEAの柔らかい容器に入っています。
これは、以前節水を心掛けたときにキッチンで使ったのですが、結果邪魔だったので今ホース類を入れるのにピッタリでヨカッタヨカッタと。

そんな、クリーニング代もケチる(?)わ、お湯も節約するわ、更に洗濯機のコードは、常にこのように使った後は抜いています。笑
待機電力のことを言われるようになってしばらく経ちますが、これって「結構かかるもの」と「実際はゼロのもの」の2種類あるのって、ご存知でしょうか??

ピッという音でスイッチが入るものというのは、常に電流が流れていると考えて良いようで(電気工事師談)、洗濯機を含め、家電だったら例えば炊飯器、HB、(形にもよるけど)電子レンジ、テレビ、エアコンなど。リモコンでつくものはほとんどがそう。
だけど、ミキサーやオーブントースター、フードプロセッサー、などの類の指でギュッと押すかひねるかするもの、実はこれらは、待機電力はほとんどかかっていないようです。

我が家は、家電を駆使して時短しているので、家電は結構ある方だと思うのですが、キッチンの家電はまとめて節電タップを使って切るようにしているものの、例えば洗濯機など単発で置いてある家電や、実際には待機電力ゼロのものにまでいちいち節電タップを取り付けていると、タップも安くはないので、かえって無駄な出費なのです。
ということで、洗濯機のところは、直接抜き差しにしていますが、毎日やるとコンセントがダメになる可能性があるので、このようにたこ足配線用の安いタップをかませて、こちらに負荷がかかるようにしています。ちょっとしたコツですが、家にあるもので買わずに出来るし、洗濯ものをとりだす時にスッと抜くことはなんでもないことなので、習慣にしています。

a0126929_13191616.jpg

何せ忙しかった(というかまだ続く・・)ため、ちょっと久々の焼き菓子ですが、ムスメは大喜びで、何かにつけて「じゃあ、アレ食べていい・・かな??」とガラスのジャーに入ったコレを指さします。
a0126929_13204115.jpg

そんな4歳、誰も強要どころか促してすらいないのに、お風呂上がり後に、一人で机で書き物をずっとしている。そっと見に行くと、「ワタシ、「ぬ」の字がちょっとニガテだから、練習しようっと」とひたすら自主練。
一度も自ら教科書的なものを開いたためしのない子供時代を送った我々、あっけにとられながら「アレは神の子かね?」と絶句。どのDNA持ってきたのか、本当にナゾ。笑
[PR]
by pechopiano | 2015-06-01 13:23 | Comments(3)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧