ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
とんでもハプニングな日
今日は、もんのすごいハプニングがありました・・・!

昼間、幼稚園の年長さんのお友達・・・というより、母親同士が似た者同士ゆえの友人関係ゆえの、子供たちの付き合いでありますが(笑)、とにかくムスメ2人と母二人で我が家にてランチ会♪

a0126929_23465379.jpg

彼女の素敵すぎるおうち、特に外観の素敵さは、多摩一じゃないかと思う私は、どういう経緯でああいったお庭が出来たのか聞いたり、自宅の1Fを貸店舗にしているという点も同じ、そして有機野菜と健康志向ということなど(食洗器に使う過炭酸ナトリウムのことまで)、泡飛ばして(泡もの呑みながら)喋りまくって居る間、5歳同士の女子は、遊んだり喧嘩したり遊んだりを繰り返し、何度目かのちょっとした喧嘩の時、ムスメが機嫌を損ねて、「モウイイッ!」とか言いながら、廊下に出て、我が家の引き戸をバシッと閉めまして。

その時、ワタシはかき氷をかいている最中で、溶けそうなので手が離せないわけで、まぁそのうち機嫌を直すだろうとシロップかけていたら、友人が「ねぇ、このドアって、鍵とかかかったりする?」と。
いやいや、かからないよー、押さえてるだけじゃないー?と、相変わらずかき氷器とにらめっこしていると、開かない開かないとドアの両側から。
削りきったかき氷を冷凍庫に一端仕舞い(←最重要事項)、どれどれ?と見に行ってみると・・・・・ガッツリ開かない。。。。

割と軽い造りというか、上のレールで釣ってるだけのモノレール扉みたいな造りなのですが、まーーーーーー、梃子でも動かない!!!大人二人で真っ赤な顔をしてもびくともしない!!!!
どゆこと!?!?と見上げると、外付け(廊下付け)のレールが、やや斜めっているような??・・とにかくよくわからないけど、何か固いもの、固いもの・・・・・そう、それは扉の向こうです。。

1人廊下に取り残されたムスメに、「その後ろの棚のドアを開けて!」「(分別してラベリングしてあるので)トンカチがあるの、わかるかな?ドライバーって書いてあるところ!」と説明してみると、彼女の背でやっとの高さのトンカチに、どうにか手を伸ばしている様子。
でももし、もしそれがドサッと箱ごと落ちて来たら、重たい工具が入っているから相当痛いな・・・気を付けるんだよ!!としか言えない自分。

もどかしくて心配していると、これ?と、手にしてきたのはまさにトンカチ。
ぃよくやったっ!!それを、ドアの隙間からこっちへ・・・・と手渡ししてもらって、内側から叩きまして。
この際ドアもう壊れてもいいが、ただガラスが割れると非常に危険なので、見に来たがるムスメを追いやってドンドンガンガン。

・・・・・しかし・・・・。
まっったく動く気配なし。なんか、勢いで釘が違う方向に刺さってしまったのか??と言う感じ。
ガッチリと食い込んでいる感じで、それにしてもナゾ。

次は、ドアの隙間から携帯を渡し、上部のレール部分を撮影して私に見せて、と。
これまたスマホは手慣れた現代っ子、「ハイッ」と見事に写真を撮影して、使える助手のごとく手渡し。
a0126929_23373465.jpg

しかーし・・・・
残念ながら、キミの仕事は全部カンペキなのだが、カーチャンさっぱり原因わからず。。。

近くに住む母に、こういう時こそ電話を掛けるが、こういう時に限って繋がらない!!
(肝心な時に必ず役に立たない人)。ほらね、っていうくらい案の定だよ。。。
もしも、ここでもう一人の5歳児が「トイレ!」と言ったらどうしよう!と部屋に取り残された側は思いつつ、しかしその5歳児は「ええ?!じゃあ今日お泊り!?」と子供らしい心配をしている。笑
一方で、親とはぐれていない側であっても、非常事態ゆえに時折泣き出したり、情緒不安定に。

しっかし、本当にどうしたものか、考えた末にやはり外側から誰かしらに叩いてもらうかレールのナニガシかを外してもらわない限り、ぜったいに動かない感じだったので、ストーカーのごとく母に電話をする傍らで、比較的冷静なムスメに伝えることにしたワタシ。

「向かいの、八百屋さんに行ってこられるかな?」
(ものすごいタイミングの良さで、数日前に「はじめてのおつかい」をさせてみたところ。)
「ドアが開かなくなってしまって、閉じ込められてしまったから、助けに来てください」と、言えるかな?と。

とにかく、状況を打破するには、ドアのレールがついている外側(ムスメが残された廊下側)に、大人が必要なので、こちらはリビングの窓を全開にして、八百屋さん(って結構外に出てくるよね、)の姿が見えないかと願いながらヤキモキ。
我が家からすぐの八百屋さんとはいえ、一方通行ゆえに結構なスピードで車が来ます。
行かせるかどうかはものすごく、揺れました。
こういう時って、一瞬で何百通りの「最悪の事態」が数珠繋ぎで「こうこうこうで、こうなったらば」が出てくるもので。。

先日、1人で「はじめてのおつかい」をさせたとはいえ、車事情からワタシが彼女の背後で(写真撮ってるくらいだから)車が今来ていない、ということを確認して送り出したし、来たらいくらでもその小さな手を引っ張って危険を回避させられる状況下でやったわけで。
思えば、生まれてこの方、道路を一人で渡らせるなんて、まだ一度もしたことがないのが幼稚園児。
冷静な子だと思っているけれど、でもこういう多少なりとも緊張感と不安がある状況下で、もし気が動転してパーッッと走り出した時、車が来たら・・・私は守れないんだ!!、と。
そんな可能性が1パーセントでもあるならば、母が携帯に気付くまでこの状態の方がいいのか?とか、いや、でもこの子なら出来るよな、と冷静にも思うわけで。

フと道の反対側に目をやると、道路工事交通整備のためのおじさんが一名。
一瞬、この名前も顔も知らないこの人に、私がいま上から大声で状況を説明すれば、幸い鍵はリビングからモニターで解除できるし、ムスメが道路に出ないで済む。
けど・・・・、この人がひょっとして奇人変人で、状況を知った途端にムスメを連れ去ったら!?とか、奇想天外なことが、ホント一瞬でどんどん出てくる。。
友人も、「いや、あのおじさんはやめとこう・・」と冷静に。笑

次に思いついたのは、隣の美容室のお兄さん。お兄さんって言ってるけど、お互いお姉さんとお兄さんだった頃から隣人で知っているゆえで、40代。
子供同士も顔見知りだし、良く知っているいい人なので、スマホから美容院の電話番号を探し出して電話。
・・・・居ないし。。。(いつも居るのにさーーー。。笑)

そんなこんなしているうちに時間は経ち、ムスメは「行ってこられる」と静かに頷く。
そこで、上記の事情を話すこと、それから靴を履いてドアを開けたらまず、家の敷地内で上から見下ろしているオカーサン(私)の真下に来なさい、と説明。勝手に道を絶対に渡らないように!と、何十回も。

ムスメは「わかった」と、降りて行って、ほどなくして「おかーさーーーーんーーー」と大きな声で言いながら、上を見上げながら、実にそおっとそーーっとゆっくり出てきた。
そうそう、大丈夫!
出来るだけ冷静に、「そこにそのままいて!」と窓全開で叫び、車の往来が上からは確認できないこと、そして音がしないことを確認し、ムスメに「今車が見えるか、ゆっくり少しだけ前に出て左を見て」と言うと、ものすっごいへっぴり腰、究極の慎重派らしい姿勢で「今、一台来ましたぁ!」「行きましたぁ!」と。
次は来ていないということと、私も耳と目で確認し、「今だ!わたって!!」とGOサイン。

シュタッと道を渡ったムスメは、素早くお店まで駆けていき、お客さんがレジに一人いるのを邪魔することなく待ってから、顔見知りの優しいお姉さんの店員さんに事情を話している。
よくは聞こえなかったけれど、丁寧にな言葉遣いで、落ち着いて「ドアが開かなくなって」「締め出されて」という言葉が要所要所で聞き取れました。

ほどなくして、お姉さんの姿が。

ここで、馬鹿親かもしれないけど、大人がムスメと出てきてくれたことで、「ああもう大丈夫、車に一緒に気を付けてくれる、命は危なくない」と涙が出そうに。笑
大袈裟な解釈だろうけれど、5年目で初めて、「どんな大地震が来ても(幼稚園にいたら物理的には守れないが・・)、どんな無謀運転車が来ても、いつも私が絶対守ってあげられる」と、ひいてきた小さなムスメの手をはじめて「離した」気がします。

もう1,2年したら、それは毎日のことになるのだけれど、今日は私にとっても大冒険の日でした。
もし、車が来そうな気配でムスメが飛び出しそうになったら、止められなくても、ジブンここの窓から飛び降りるな、と。
そしたらまあ、多分ムスメは車に気付いてどうにか止まる確率が高く、ワタシは半身不随か、とか。でも降りずにはいられんだろな、とか。笑

で。
お姉さんがやってきてくれ、再び手渡したトンカチなどを使ってもらってみても、ビクともしない。
椅子があれば・・ということだったので、またムスメに「洗面所にあるIKEAのお風呂椅子、あれ持ってこられる?」と頼み、小さな助っ人階段降りてササッと運んでまいりました。
しかーーーし、やはり開かない・・・・。
彼女が説明したのか、うちの向かいには心配そうに見上げる八百屋さんのお客さんたち。
(全員女性。)

時間が経過し、お店の方にも人がレジを待っているのが見え(小さなお店なので時間帯によっては店員さんは一人)、途中一度お店に戻ってもらい、そして再び来てくれた時は、今度は近くのお店の割とたくましい若い男性を連れてきてくれました。
やはりここら辺は男女でぜんっっっぜん違うのを見せつけられましたが、彼はしばらく格闘した後、ドアごとゴゴッと外してくれました!!

も~~~~~う、嬉しくって嬉しくって、お礼と頂き物で素晴らしい焼酎があったので、それをお渡しして、呑み助だというその男性も「ええっ!?むしろいいんですかっ!?」とピョンピョコ帰ってくれ、お互い笑顔笑顔!笑
ムスメの言葉を信じてお店を留守にしてまで手伝ってくれた彼女もまた、呑み助ということだったので、こちらには後で日本酒とビールとチーズを(どこまで呑み助だらけ?笑)しこたま購入し、夕方お店へ。
いやーーーーー、本当に大冒険な一日でした。

後から、ものすごくほめたたえながら、使った言葉を聞いてみたら、
「私のうちに、きてもらえませんか?」
「どうしてですか?」
「ドアが開かなくなってしまって、しめだされてしまったからです」
「あらあら?!」

だそう。

百点満点ではないか!我が子ながら!

a0126929_23471155.jpg

そんな「今日の一等賞!」と、我が家半年分の小麦ちゃん。
今年ははるゆたかの生育が良かったらしく、はるゆたかの中のはるゆたか、スーパーはるゆたかをば!(大盤振る舞い!?)
それでも半年分で1万円に満たない我が家のパン事情です♪

a0126929_23484345.jpg

a0126929_23485484.jpg

あとは、グラノラにも再びはまり、夏は爽やかに桃と自家製グラノーラ。(主に朝。)
a0126929_234929100.jpg

お友達にもリネンのタオル(一反買いをちょこちょこタオルにしてます)とグラノーラプレゼント。
[PR]
by pechopiano | 2015-08-27 23:50 | Comments(4)
病気のデパート
お盆もサックリ過ぎ、暑さは続けど会話は秋を意識するような8月後半戦。
日記を放置して、華々しく海外旅行などに繰り出していたワケではありません。。。

ずっっっっっっと、、、

誰かしらが病んでいました。。。。。

いや、正確に言えば、病気のリレー、某政治家の表現を借りるところの「病気のデパート」でございました、我が家。。

もう随分前のような、この間のような気がする「溶連菌」三度目だったワタクシ、生徒さんの発表会を控え、夏の菌につくづく弱いとウンザリし、どうにか熱が下がった辺りで発表会終了。その後、一瞬咳が止まって完治したと思った辺りから、おひとり様時間を地味に楽しみ、翌週のお盆ウィークに向けて、ムスメと色々繰り出そうと、レッスンを入れずに体力温存していた・・つもり。
幼稚園の面談や、体操教室の参観など一通り終えた足で、まずは5歳の誕生日プレゼントの自転車を買いに吉祥寺へ♪

a0126929_1230812.jpg

(5歳ですけど、補助有です。。ちなみに、夜乗っているのはワケがあって・・)

結局灯台下暗しということで、最初に見た地元のお店で買ったのですけれど、シブ色チョイスのムスメに満足満足!ぎらんぎらんのプリンセスな自転車に一瞬心奪われたムスメでしたが、母がフランスで買ってきた自転車のベルが映えるのは、コチラじゃない?といったら、ビッケのカーキ色を選んでくれてホッとしました。

吉祥寺ではルイガノを見に行ったつもりが、とっくに閉店していたので、話題のパレタスでアイスキャンディーをば。
a0126929_12325611.jpg

まさか、このアイスキャンディーまでもが疑いをかけられることになるとは、この時は夢にも思わず・・・。

自転車求めて三千里、吉祥寺を相当の距離行ったり来たり歩き、くにたちの自転車屋も駅を挟んでいくつも周り、よく歩いたなーとムスメを褒めつつ、ホヤホヤの自転車に跨って自宅に戻る際、我が家の2軒先の本屋さんでイベントをしているではないか。
よく若者が集まってイベントをしているのですが、スパイスを沢山使った本格派のカレーを無料でふるまっている。
ご近所さんの顔も沢山あり、皆楽しそうで、その地元産野菜を使った本格的スパイスカレーが、疲れて夕ご飯作るの面倒だな・・という自分に救いの手のように燦然と輝き、ムスメと二人で頂いて参りました。
・・・嗚呼、これもまた、、疑われることになるとは・・・。

ええ、要するに、翌日の昼前からムスメがぼぉーっとぐったりし、「ワタシ具合が悪いようなので、ちょっと寝てきます・・」と殊勝に寝室へ行き、そのまま熱ドカーーン。
そして、毎度のことながら、病院がことごとく仕舞ったそのタイミングでの発熱。
(かつて、大雪で交通機関が麻痺した土曜日の午後、というタイミングもありました。徒歩圏内の病院は月曜まで閉まり、緊急の小児科かて、道がふさがれて手も足も出ないという、どうしろってんだ?のタイミング。)

このたびは、お察しの通り「すべての小児科がお盆休みに入ったその瞬間」でありました。
ながいよ、ながいよ、1週間開かないよ、病院!!
幸い、お世話になっている大好きな小児科医がどうにか診てくれたので、食べたものを二人でつぶさに記憶を辿って話し合い。
センセいわく、時間帯からして「そのアイスキャンディーが怪しい」
オットは「カレーが怪しい」
ワタシは「そこらじゅうで(まーだ!)手を口に持っていくのが怪しい」

ま、結局は原因はわかなかったのですが、ウィルス性の胃腸炎だろうと最初にセンセイが睨んだにしては、症状が重く、熱もしつこく下がらないということで、いわゆる食中毒の細菌性の胃腸炎を(カレーを犯人と見たて)疑って検査をしたものの、それはシロでした。(カレー作ってくれた人、3日間疑ってごめんね。)

いつもは数時間で熱が下がり、食欲旺盛なムスメが、丸3日高熱&何も食べないということをしきりに先生も気持ち悪がり、ただ便が出た途端に元気になったので、素人判断で「悪いものがやっと出たから元気復活したな」と母は納得したわけでした。
a0126929_130040.jpg

a0126929_1301310.jpg

(離乳食の頃を思い出して、水筒でお粥、しました♪生米から炊くお粥の美味しさに目覚めたムスメは、冷ご飯を戻したお粥は食べなくなったので、懐かしいと思いながら、いつ食べたいとなってもいいように準備していました。このやり方だと、離乳食時に外出でも持っていけるし、夜セットして朝とろ~りの絶品お粥で、大人の朝食にもオススメ。^^)

んが。

この便が「黒い」ことに、小児科医は顔色が変わり、黒いというのは内蔵のどこかで出血しているということゆえ、いくら元気でも見逃せる症状ではない、と。
最初の2日に鼻血を出したので、その分に於いては、恐らく血を飲んだためということで解釈出来たのでしたが、黒い便はずっと続いたのでした。
それ故、お休みに入っているというのに、その親切な小児科医は携帯に何度か電話をくれ、検査結果に異常がないこと、でも血便が続いていることから、大きな病院で検査、それも最悪全身麻酔で内視鏡という手段(おそらくやらないと思うとはいえ、可能性の話)についてお話くださり、いやーーー、、心配で心配で。。

最初の2日間は、夜中にお腹が痛いと5分おきに訴え、更に熱によるものとは思うけれど、うわ言と寝言(いずれも意味不明)を大声で叫び、まっったく眠れませんでした、ワタクシ。。
救急にも電話をし、車で行くかどうか深夜にウロウロし、嘔吐の処理など、眠れぬ日々があったわけです。
いやー、高熱で脳がやられるというのは間違いだということは、もう常識ではあっても、うわ言というのはやっぱり怖いですね、見ていると恐怖、どうなっちゃうんだろうか、と。

そんな騒ぎの後、回復をみせたものの顔には湿疹、むくみ、そして血便、と。
心配で眠れませんがな!
そんなこんなで、治りかけていたジブンの風邪でしたが、頂いた薬を飲むことなどすっかり忘れ、睡眠不足と病院梯子によってよからぬ菌をもらったのか、、、咳、華々しくふっか~つ!

ムスメが(血便以外)完全復活した週半ばからは、習い事の付き添いで冷房直下にまる3日間当たらざるをえなかったのも悪化の原因かもしれませぬ。。
相変わらず病院は大人のだってやってないし、ムスメのトイレに駆け込んでは小児科医と連絡を取り、どうやってこの一週間が過ぎたのか、もうよくわからないカンジ。

んが。
ある時!
待ってましたの、茶色い普通便!(今更ですけど汚い話でスミマセン。)
トイレで証拠写真とばかりに写メを向けまくっていた手を、拍手喝采にかえました!!

んが!
油断大敵、その次はまた真っ黒。。。。

・・・・内視鏡??(恐怖)
そんなことがぐるぐるぐるぐる続き、どうせ眠れないのだからと色々つぶさにムスメが食べたものを夜中じゅう考えながら検索したりしていたら・・・


OH!!!!

イカ墨パスタ食べたヨネッッッ!?!??!



(どうして忘れるんだろ?こんな重要ポイントを。。)


日数的にもドンピシャな黒い便だったこともあり、心配してくれている小児科医に、お礼とふかーい陳謝を留守電に残しました。。
イカ墨パスタ食べてこんなに謝ったの初めて。

そんなこんなそんなこんなしているうちに、ムスメのお誕生日会の日になり・・
a0126929_12563954.jpg

(もう、パソコンで印字するだけの余裕すらなく、30秒手書き・・・年々ひどくなる・・)
a0126929_13325978.jpg

a0126929_12582082.jpg

a0126929_125840100.jpg

a0126929_12592974.jpg


何が食べたい?の問いに「春巻きとコロッケとピザ!」という、デブ路線まっしぐらな返答が来たので、そのようにいたしました。

にしても、夏は(夏も)ごく地味な我が家ですけれど、それにしてものんびりしようとした時間が全て介護になり、自身も体調が優れず、病みすぎ!!病んでる!!!と発狂寸前になり、急きょ危機感を感じたオットがリゾナーレを予約したので、行ってきました。
まぁ、、お誕生日会の翌日ということで、準備片付け諸々の疲労が蓄積した中ででしたので、、本当は日を選びたかったけれど、、、文句は言うまい。笑

a0126929_1341382.jpg

a0126929_1343580.jpg

a0126929_1345065.jpg

(ウェルカムドリンクに、ナンチャラアワーに・・と、やたらとスパークリングを飲ませてくれるサービスがあり、満足。体調悪くても飲むわよっ。)
a0126929_1355424.jpg


そして、ヘロヘロになって帰ってきた暁には、今度は咳の止まらぬワタシの耳がおかしい。。。
大人の中耳炎は放っておくとえらいことになると聞いたので、伴奏に審査に、この夏の残り仕事で耳も(当然)酷使するため、早目にお盆明けの耳鼻科へ。
中耳炎ではなかったものの、「右耳の鼓膜が緩んでへこんでいる」とのこと。
なんだと?へこみたいのはこっちの気分だよ!こんなに気を張って一人走り続けざるを得なかった8月のワタシに代わり、鼓膜は勝手にゆるんでいるだと!?!?許せん!!

そんなひどい夏でございました・・・。
まぁ、子供は元気になったし、私の耳も時間の問題らしいので、ヨシとしますが、今日やっと12日ぶりにべったりだったムスメと離れて、またまた記憶を失うようにソファに吸い込まれて寝ましたら、体が戻ってきた感覚。
この間、夜はもちろん通して寝かせてもらえなかったし、昼間もウトウトもさせてもらえなかったので、体調万全でない中、厳しかったです、ホント。子育てって、割と拷問。。。
a0126929_13123038.jpg

a0126929_13124235.jpg

昨日の午前は、「はじめてのおつかい」。笑
向かいの八百屋さんへ、牛乳とトウモロコシを買いに。(この後、トウモロコシが10本届いたのですが・・。)
a0126929_13134518.jpg

アレ?牛乳2本入っているけど、まいっか!

a0126929_13141570.jpg

a0126929_13143459.jpg

a0126929_13161780.jpg

その後、ムスメの希望で近隣の美術館で参加型の催しをしているということで、行ってきました。
バスが大好きなので、バスを二つ乗り継いで。
a0126929_13171718.jpg

これは病む前。笑
地元で「涼しくて広々していて遊べて」っていうのをアンテナ高くして探しております。
あーーーー、いつか長い旅に行きたい!!!!!

オベントショットをば。
a0126929_13202681.jpg

具だくさんおにぎらずなど。もう、どれでも好きなのもってけー。
a0126929_1320564.jpg

おむすびの時も・・・
a0126929_13224835.jpg

a0126929_1323172.jpg

今日は、ムスメが幼稚園バスでどこかに連れて行ってもらえるとのことで、食べやすいものを・・という園からのメールにて、サンドウィッチ。
昨夜焼いた白パンで照り焼きチキンきんぴらサンド。(このサイズはオット分ですが。)
[PR]
by pechopiano | 2015-08-20 13:24 | Comments(0)
夏休みの中休み
夏休みの中休み、つまり働く日々に戻っておりました。
といっても、演奏の仕事は8月はナシ、生徒さんの発表会も終わり、レッスンもゆるやか・・・ではありますが、9月からに備えた準備手続きモロモロとなどなど。
とは言え、ちょこまか二子玉川に出没したり、それなりに楽しいことも♪
a0126929_15201379.jpg

↑KOHOROとリゼッタの間にあるペーパークラフト的なお店の玄関が可愛かったので、今後の参考にパシャリ。

相変わらず、かき氷器が活躍しておりまして、メインはかき氷!なゴハン会をやってましたり。
a0126929_15223832.jpg

a0126929_1523117.jpg

ランチのメインはピッツァ♪
一枚目は夏野菜ゴロゴロとひき肉のトマトピッツァ、二枚目はてりやきチキン♡
そして・・・
a0126929_1524887.jpg

生徒さんの親御さんから、とっても素敵~~~~な器を頂き、早速早速使わせて頂きました!
吉祥寺の大好きなお店、OUTBOUNDのお皿は、触れたことのない不思議な風合いと色合いで、包みを開けた瞬間に、いっぺんで好きになりました・・・。
コドモも、器が儚いこと、そしてそれらが大切に扱われるべきなことは、もうとっくに承知の年齢になったので、一緒に楽しんで毎日の食卓に登場してもらおうと思っています!

そして、3ヵ月検診の頃からの仲良しメンバーで、喋るわ喋るわ喋り倒すわ・・・で、うっかりメインのかき氷を忘れそうになりそうでしたが、数日前から「マンゴーミルクでっ!」とオーダーをお受けしてましたので(笑)、マンゴーミルクかき氷、大人気でした!
a0126929_15314070.jpg

「買わせ屋」の名に恥じぬよう、ママ友をうならせて「かき氷器」ポチらせました。笑
ホント、このお得感ったら!
ドウシシャの電動は、6人分もアッッという間に削ってくれます♪
どこそこのテレビでは、どこそこの雪ナンチャラという(同じようなミルクかき氷)を求めて、長蛇の列でどうだこうだという噂を聞くにつれ、ヒジョーに満足感に浸っております!?
友人たちは、近くのスーパーでマンゴー缶の大きなものでも一缶135円だったと(2,3人分は作れます)レポしてくれました。

そうこうしているうちに、自由をこの世の春といわんばかりに謳歌している60代が、おフランスからご帰国なさいまして・・・・

a0126929_15342485.jpg


Yes,エシレ!!!

TPPが遅々として進まぬので、バターをわしづかみにしてきてくれた模様。
しかし、天罰といわんばかりにスーツケースが紛失の憂き目に遭い、それゆえ溶けかかったのではないのか?という不安をそそるお姿ではありますが、ふんだんにいただくことにいたしました!

夏のオベントライフも毎朝どたどたしつつも…。
a0126929_15391847.jpg

どうせ半日レッスン室に籠るし、ダラダラしないようにと、夕方までレッスンの日は、いっそリビングに冷房を入れず、自分の分のお弁当も作ってレッスン室に持ち込んでます。

枝豆コーン入りコロッケ、南瓜のバターソテー、餡かけ野菜炒め、塩麹鶏。
オトーチャンは「ファミリーマートとかにあるわかめおむすびが食べたい」とかいうメールが来た日、ええええっ?それのどこが具だくさん!?と心の中でツッコミながらわかめむすび。
a0126929_15421035.jpg

ちなみに、一番大きいお弁当箱がムスメのもの、丸いわっぱにゴハン詰めて残り物乗っけたのがワタシのもの、件のおむすびがオットの。
量的に・・・・ふつう逆じゃなくて??
ちなみに、試に「好きなのとっていいよ」と言ってみたけれど、迷うことなくもっとも大きなのを当然のように持っていくムスメです。
しかも、朝食をモグモグしながら「うわぁあ♡おいしそ♡今すぐ食べたい♡」って言いながら・・・。
どんなに暑くとも、食欲の衰えを知らぬ5歳です・・・。

オマケ♪
a0126929_15485919.jpg

これが、ワタシの一日の終わりの今の楽しみ、「桃のサングリア」♡
立派な桃を、次から次へと頂き、桃好きとしてはいっそこのまま桃の間で息を引き取りたいほどでしたけれど、なにせこの気温なので、野菜室に保管してどんどん消費する以外には、贅沢にも白ワインを3本程と、どどんと桃を幾つも投入し、ハチミツ少々と、あとからシナモンスティックをば。
全ての一日の仕事を終えて、涼しい部屋で照明を落として頂く時の至福感ったらっ♡
[PR]
by pechopiano | 2015-08-04 15:41 | Comments(0)


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧