ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
終了~(たぶん)
まだチマチマと秋の掃除週間を引きずっていましたが、本日予定していたものは全て終了。
ちなみにラストは、廊下の壁紙をベローーンをやられましたのを放置していたので、そこを。。
a0126929_1311087.jpg

やられたっ。。

・・・って、女の子ゆえか、そういえば家具に油性ペンで書かれた~とか、シールをべたべた貼られた、とかそういうことはなかったのですが、はがれかかっていたここは、どうしてもはがしたくなったらしい。笑

以前廊下にあった手すりをとった部分に、パテ(ゴム)を塗りこめたところに汚れがつきやすく、その汚れを取るのと同時に、廊下の壁の修復と掃除をした午前中でした。
ちなみに使用したのは、激落ちくん&ウェットシート、です。
a0126929_1331858.jpg

そして家じゅうのカーテンを洗った先日、ついでに窓掃除をしたのですが、窓やサッシなどの「かなり雑巾が真っ黒になる」掃除は、雑巾しぼりの手間が頭をよぎっただけでやる気が失せるので、いつの頃からかワタシはこういう類のために、100円ショップで大判のウェットシートを買っておきます。
用途は窓掃除用だったり、床の雑巾がけ用だったり様々ですが、50枚くらい入っている大判のものならば、なんでも構いません。

ビニール袋を片手に下げて、廊下を順々に降りるついでに件のウェットシートを惜しげなく使って(何せ100円)、ぽいぽいと使い捨てし、どんなに大胆に使っても、一軒家でそこそこ広い我が家でも、家じゅうがきれいになるまでに、100円使い切れません。笑
時間も疲労感も、雑巾で拭いて、それを洗ってまた戻って・・・とやるのの数分の1。
もちろん、なんらかの化学薬品が入っているわけですが、それがまたそれゆえあっという間にきれいにしてくれるというか。笑
普段の床掃除は水拭きのみですが、年に二度の念入り掃除週間の時は「いかにラクに終えるか」を意識して使っています。

掃除をこまめにするためには、ものをため込まないことと同じくらい、何の手間もかからないほどの手軽なやり方にする、というのもテだといつも思うわけです。
ということで、廊下の壁の念入り掃除、終了です。^^
今度壁紙めくったら、おやつ抜きです。怒
a0126929_135281.jpg

先日ムスメと大量のレアチーズケーキを作ったので(レモンの代わりに姉上旦那さんからのすだちを使用し、これにてすだちも全て消費♪)、お友達を急きょ読んで日曜日のティータイム♪

そして、最近ゆる~くというかなんとな~くハマッている「焼かないお菓子」、ゼラチンとヨーグルトの取り合わせのデザート。
免疫力は菌や酵母から!と息巻いて、ゼラチンとヨーグルトの取り合わせのデザート。子供が寝た後にササッとすぐ仕込める手軽さもよく。
ヨーグルティアは、この季節はR-1を種菌にしますゆえ、やや糖分を加えます。その気分ゆえか、生クリームの代用として使い、温度が低ければ菌も死なないであろうということでのことなのですが、ちょっとした手作りデザートがあると、来客の多い我が家もすぐ対応できてヨカです。

昨日はチョコレートムース。
カカオ豆に含まれる、インフルエンザ予防もチラと考慮して。
a0126929_1394917.jpg


同じく、子供が寝た後は、オットに頼まれたスーツのパンツの手直しついでに、そろそろ寒くなってくるので・・・と、去年洗濯してお裁縫カゴに宿題として入れたままにしておいたカシミヤのレギンスを取り出す。。。
大枚はたいて買ったワタシのレギンスですがー、数年前に股の部分が裂けてきましてーーー、でもカシミヤですよ、奥さん!! 捨てるわけにはイカナイデショっ!と何度か縫い直したんですけれど、どうにももうレギンスとして履くのは無理が出てきて、でも捨てきれず・・・のそれが出没。

ついでに、ムスメのオムツ入れにでもしようかとウン年前に買っておいた、リバティyoshieのビニールコーティングの端切れ。カゴを買った時、包まれていた薄くて丈夫そうなコットンの袋など。
リバティはコーティング生地ゆえ、張りがあってコレはコピー譜入れて持ち歩くのに適しているし、絶対ジャストA4の筈、と長年の楽譜付き合いのカン(?)で縫ったらジャスト。
コットンの袋も「かさばらないエコバッグ」にして、件のレギンスは私のレッグウォーマー(今履いてます。ズレないしぽっかぽか!)、ムスメの腹巻、ムスメの毛糸のパンツに生まれ変わりました!
a0126929_13131313.jpg

さすがに地味よね?と、おへそのところにリボンをつけてあげようと思っているのですが、ムスメは大喜び!
お友達が毛糸のパンツをはいていたと、去年の冬に羨ましがっていて、だけど探しに行っても化繊の激しいキャラのものしか見つけられなかったので、買わずじまいだったのでした。
カシミヤ100%の毛糸のパンツなんて履いたら、以降の人生、化繊はもう履けないだろか?!なんて。

サテ。
断捨離をテーマに生きていたはずの最近のワタシですが、久々大人買い!?
a0126929_1316399.jpg

南部鉄のココットです♪♪
先日のオニオングラタンスープで使用してみて、いいなと感じたので、買い足しました。
一つ目は近くのお店で。
使ってみて、洗った後の手間(南部鉄は完全に乾かさないと錆びるので、刻印されている文字の隙間に水が溜まるのではないか、という懸念があったので、まずは一つ使ってから、と)、重さや洗いやすさ、コンロに乗せられるか、オーブンに幾つ入るかなどなど、全てOKと感じたので、ココットとオーバルのを3つずつ購入いたしました。

形については、オーバル型の方がやや入るというのと、ドリアやグラタン、オイルサーディンなど長細いものもこれで銘々出したいな、と思って。
一方ココットの方は、やはりオニオングラタンスープ、冬のシチュウや煮込み、炊き込みご飯をよそってサーブしても素敵かな、と。

我が家は3人家族なので、3人で形を揃えて使え、また客人のときは、大きさにそう変わりはないので6名まで同時に使える、ということでのチョイスです。
キッチンの窓際に並べてオブジェとしても可愛く、片付けをしながらニンマリしています。笑
この冬の楽しみがまた、増えました♪

大量のおじゃがと玉ねぎですが、お友達にお裾分けもしつつ、着々と我が家で消費。もう半量以下です。
巨大ル・クルーゼのオーバルに大量の煮物さえ作っておけば、仕事のあとに2分でゴハン、が可能なのと・・
a0126929_1322348.jpg


ヒットはじゃがいものフォッカッチャ!!!
a0126929_13224295.jpg

a0126929_13225220.jpg


もっちもっっっちで、外側はオリーブオイルたっぷり&クレイジーソルトたっぷりなので、カリッと香ばしく、MKの大容量を駆使して1キロ近い重さのあるフォッカッチャですが、バリッと焼けました。^^
ムスメと無言で食べ続けてます。。。

そして本日のスープは、塩麹につけた鶏もも肉を使った、焼き葱と舞茸の冬瓜スープ。
鶏は、我が家で一番人気の肉なので、東都生協で大袋でいつも購入しておき、割とすぐに解凍しながら塩麹につけておきます。
a0126929_132576.jpg

a0126929_1325207.jpg

今日は本当は、鶏はムスメが幼稚園の芋ほりで採ってきたサツマイモを使った炊き込みご飯にしようかと、冬瓜スープは豚で作ろうと思っていたのですが、生姜と長葱に焦げ目をつけながらごま油で焼いていたら、本能的に鶏肉を入れてしまった。
サツマイモご飯は明日にしよっと。スープはちなみに、昆布鰹と鶏ガラを半量ずつくらい。

今日の午前で掃除週間&完全冬支度が終わったので、夕ご飯の準備も済んだことだし、今日はちょっとのんびりしてからレッスン&練習にしよっと♪
[PR]
by pechopiano | 2015-10-29 13:26 | Comments(6)
そろそろ今年も
晩秋、12月の手前の11月の、その一歩手前の最近、ぐりとぐらのように冬支度を始めました。
ワタクシは大人ですので、マフラーとボロ布を全身に纏ってゴロゴロと「全身雑巾」になって掃除をしたりはしないのですけれど、この時期の気分はいつもぐりとぐらです。

大掃除というものは、特にやらない理由として、師走は忙しい。これは間違いなく、例年忙しい。
そして以前にも書いたと思うのですが、そんな忙しい&窓開けるのが寒い時に、家じゅうの掃除だなんてナンセンス。そりゃ、元旦に新しい肌着を身に着けるように、切り替えとか節目は大事だけれど、でも時代は21世紀。
掃除だってロボがするような時代に、もうちょっと効率よく考えようよってことで、私は春と秋の、「窓を開け放つのが気持ちが良い季節の始まりと終わり」に、窓を開け放して、念入り掃除週間と位置付けて、いつもの雑巾がけの範囲を増やしたり、少し洗剤を使ったりして、やることにしています。

まずは。

a0126929_23103886.jpg


月一ジャバ。
嘘です。メーカーの売り文句ですが、前途の通り半年は経っています・・・。
でもジャバしている間に、お風呂の壁も床も排水溝の奥も・・・まぁ、3日に一度くらいやっているので、そんなに汚れてはいないように感じるのですが、何せジャバは半年に一度なので、京都で買ってきた棕櫚のタワシ使ってゴシゴシしたり蛇口磨いたりイロイロ。
ですが、写真撮ってみても、お風呂場はいつもこんな感じにシャンプーボトルの類もこれだけだし(シャンプー、家族で同じものを使っています。パックスナチュロンの石鹸シャンプー)、石鹸も大人買いしているいつものものだし、きっと大掃除をしたことは、家族は誰も気づいていませんが、自己満足。

次は・・・
a0126929_2313539.jpg

カーテン。
a0126929_23132535.jpg

・・・が乗っているチークのソファはどうしたか?と問われたならば答えるが、ばらして欲しくないという前期高齢者がいるので、それはおいといて・・・
a0126929_23163037.jpg

(かなりいい感じのリラックスしているらしい。)

カーテンの次は、洗濯槽を・・・と思ったところで洗濯機が壊れた!!!
メーカー修理を呼んだのですが、「8年目だと経年劣化ですね・・。直しても3,4万かかるし、その後半年もつという保証はないですよ」と言われ、仕方がなく新しいものを。
a0126929_2318276.jpg

洗濯機は最優先事項だろ?と、即予定を変更して、すべてを投げ打って、チャリで隣町のビッグカメラへ行きましたが、ナニヤラ改装中で品ぞろえ悪く、高価で余計な機能満載の洗濯機ばかり。。
取り寄せたら11月頭と言われ、いやいや、無理でしょう・・と、対応の悪さに絶句しながら、スマホで調べた最寄りのヤマダ電機へ。

不安になるくらいローカルな場所と雰囲気でしたが、店長が程よい距離で、物色するワタシの視界に入るように近づき、これまた程よいさじ加減で「お探しですか?」と声かけ。
「縦型で(オランダ時代にドラムウォッシュ使用していた結果、縦型に限ると実感した)、余計な機能がついていなくて、洗濯槽に滝すすぎとかの穴が開いていないもの」と伝えると、すぐさまその意味を汲んで、いくつかを説明しながら紹介してくれました。
その中から、「店長のイチオシ!」をまさに選び、急いでいることを伝えると「明日配送しますよ」と。
値段も、結局ビックカメラで見たのとは大差はなかったけれど、この対応と、生きるカタログのごとくの洗濯機への知識、ほどよいセールスと親切心、設置も旧洗濯機引き取りも含めた値段で、サービス券を山のようにつけてくれる。

「大体なんとなくわかるんですよ、洗濯機壊れた方は急ぎですからね、血相変えて来店なさいます。笑」と言われ、プロだねぇー、この対応にこそ、お支払いいたしますよ!と気持ちよくお買い上げ。

やっつけ仕事ではなく、どんな仕事も誠心誠意やれば、自分もお客さんも皆楽し!これ基本。

早速やってきた洗濯機は、急ぎゆえに残念ながら我が家のカラーではない「赤い蓋」ではありますが、見えない部分なのでまぁいいか、と。
それに、前より容量がちょっと多くなってすごくいい感じなのです。
少し前から風呂の残り湯洗濯をしている我が家、付属のホース(最近のは大抵ついてるのかね?)も、別で買ったものより全然便利。ちなみに、以前別で買った「湯ぽぽん」という汲み取りポンプも同じ日にお亡くなりになり、これは保証期間内なので修理に出されていますが、今後は控えのものにしようと決めました。付属品は便利!

が。
一つ難点は。

良くしゃべる・・・・。
店長じゃなくて、私じゃなくて(ワタシもなんだけど)、この洗濯機が!!!

意味不明な「聞いて」ボタンまで・・・。
a0126929_23205822.jpg

「聞かねーよ」と、早速つっこんで無視することにしましたが、終わりの音もピーッピーッではなく、♪そ~どれみ~そ~・ふぁみれ~ど~し~どぉ~っ♪って二度程鳴ります。。

ガスコンロといい、洗濯機と言い、新しくなるとトークが煩わしい!!
誰か黙れボタンを開発してほしい・・・。
そんな洗濯機クリーナーとしても、そして主に食洗器の洗剤として、また布巾の漂白にも使う、我が家で絶対に欠かせない白い粉、それは過炭酸ナトリウム。

にしても、毎日なんでこんな重量級段ボールが届くんだ?この家は?・・と、宅配の人は思っているに違いない。
a0126929_2323394.jpg

左二つはオット母上から届いた北海道のおじゃがと玉ねぎたち。ありがたやー。
そしてそのお隣が「過炭酸ナトリウム20キロ」業務用。笑

小麦も北海道から25キロ業務用買いしていますが、この度愛用している石鹸やさんが、過炭酸ナトリウムも量り売りの業務用を供給してくれることになり、送料無料値段などを考えて最安値で頼んだのが20キロ。
お買い上げのお客様にイロイロプレゼントをつけてくれるという選べるサイトがあり、懲りずに過炭酸ナトリウムを追加するワタクシ。(もう一つも、我が家で長年愛用して大人買いしている無添加固形石鹸。)

過炭酸ナトリウム、主に食洗器の洗剤として使っており、無味無臭無害(地球にも人体にも)で、嫌な臭いは一切なし、ホシザキの、8分で洗い上げる業務用食洗器に大匙一杯くらい投げ込んで、いつでピカピカにしてくれる頼もしいヤツでございます。
洗濯槽クリーナーとしても、布巾や衣類の漂白にも使えるので、我が家では洗濯機と食洗器の近くに二か所おいておきます。
こうやって、ドカンドカンと愛用品が一年分くらい届くと、心から安心する、冬眠クマタイプ。

ちなみに、食べても食べても減らない魔法の玉ねぎ(笑)は、毎年恒例の・・
a0126929_23244173.jpg

(実に10玉豪勢に投入~!)
まずはオット大好物のオニオングラタンスープをば。
a0126929_23253294.jpg

夕食にオニオングラタンスープと、件のおじゃがを蒸篭で蒸したものや、コーン、ツナ、チェダーチーズにソーセージなどの、子供が好きなものを生春巻きで巻いて揚げたもの、タコご飯のおむすびなど。

丁度ハード系のパンが残っていたので、明日の朝オットが飲んでいくらしいオニオングラタンスープに使って、めでたく次のパンへ、の予定。

ところで。
色んな家電がスバラシイ日本ですけれど、ワタシはいつも飴色玉ねぎを作る時にため息交じりに思います。
「珈琲豆焙煎及び飴色玉ねぎ製作機」あっても良くないか??
同じようなものよね、原理としては。乾燥してるか否か程度の違いで。
作ったら絶対買うのにーーーー!!!

a0126929_23304134.jpg

食べ物繋がりで。
縁日のチキンステーキを見ると、必ず足を留めて「うまそう~~」というオットのための、週末ゴハン。
a0126929_23313020.jpg

寒くなってきた日はやはり鍋♪
高校生の頃に双子山部屋で教えてもらったちゃんこ鍋(笑)の、鶏肉団子は、以来登場しない冬はありません。お相撲さん、ありがとうー。笑
が・・
…最大の誤算は、夕食時にパンが焼き上がるタイミングだったこと。
鶏肉団子と塩麹鶏の鍋に秋刀魚の塩焼き、、、に、焼きたてパン…
説得を試みたところで、お米にするとは思えない5歳なので秋刀魚の隣にチョコチップパンもいます。。

オットは野菜がたんまりとれる鍋を4杯もお代わりし、買ったばかりの血圧計をその間4回も使用して最低値を叩き出すことに躍起になり、ふと見ると秋刀魚はキレイに骨だけに。そう言えばこの人は魚を猫より上手に食べる人だった。
a0126929_23354231.jpg

食後、父娘で歩いてすぐの「夜の本屋さん」へスキップランランで出かけて行き、地味ながら幸福な休日というやつかもしれない、とのんびり片付けた週末の夜。

ウィークデイの5日の内、3日は母子二人で夕食、1日はばあばを呼んで(レッスンが20時近くまである日)、そして金曜日だけはどうしても30分ほど一人で食べて待たせています。
通称「待っててねご飯」。
a0126929_23383158.jpg

この日だけはテレビの前に置いて、デザートのような好物も置いて待っててね、と言うのですが、彼女も一人でのんびりできるこの時間が結構好きなよう。
が、こちとらレッスンの合間、隙間時間の10分弱で出せるように仕込んでおかないとならないので、もうどうにもこうにも時間が取れなかった日は、残り物やポタージュを蒸篭にセットして、ダッシュで点火しに行って、「玄関開けたら2分でゴハン」を実践。笑
a0126929_23402848.jpg


a0126929_2340484.jpg

コーンチャウダーや
a0126929_2341887.jpg

秋野菜と押し麦の塩麹スープなどの汁ものがたっぷりあると、それだけで気分がぐっとラクな、一応働くオカーサンです。。

a0126929_23432555.jpg

そして割といっぺんに訪れる「色々発酵や酵母で仕込む日」。
ヨーグルトは暑い季節はダノンのBIOを中心に酸味が少ないタイプを培養するのですが、これくらいの季節からは明治R-1。
この一カップで2L.できますがな。
しかし果たしてどんな菌が培養されているのかは定かではないものの、ヤクルトも一本入れちゃいます。中で殺し合ってないと信じて・・。汗
BIOは低温で8時間だけど、R-1は割と高めで11時間設定。LG21の時は空気を入れない様に工夫、などなど菌も色々好みがあるらしいのですが、大分つかめてきました。前途の通り、本当のところはちゃんと培養されているかはナゾだが・・。

a0126929_2349586.jpg


こちらはそのヨーグルトでヨーグルトゼリー。
ムスメが遠足だった日、沢山歩いて帰ってきたらつるりとしたものを食べたいかと。
今日はレアチーズケーキを二人で作りました。明日がやってくるのが楽しみ。^^

ところで、掃除なのですけれど、私はいわゆる超自然派、ではありません。
重曹と石鹸のみ、ではなく、基準は「人体に入りそうな、あるいは触れるもの」限定がナチュラル派。
木の匙や木べらは吸い込みそうなので、合成界面活性剤は使わない、衣類の洗濯もアトピーのオットが居るし子供も小さいので同じく、シャンプー石鹸はもちろん。

が。
トイレ掃除や排水溝掃除はガツガツ簡単に落としたいので、使います。
つまり、地球にやさしい理由ではなく、自己愛的理由。(身もふたもない・・・。)
a0126929_23555895.jpg


かといって、わざわざ買わないのですが、結構ジョイなどの合成洗剤は幼稚園のイベント(!?)などでもらうことが多く、捨てないで使います。
掃除のプロが使うのは、ほぼ一種類だと言うので(化粧品も入っているのはすべて同じだとか)、こういったものが一つあるとなんにでも使えます。
トイレ掃除、換気扇掃除、ナント洗車までしていました。
ホント、何でも使えます、食器以外。

もひとつついでにワタシが最近探し当てたもの。
a0126929_024653.jpg

ラグ。ラグラグ。

基本的に、ラグは不衛生なのと見た目もラグの敷かれた空間が好きではなく、床にはなにも敷きたくないのですが、床暖をつけるにはまだ早く、なにもないと夜は肌寒いというこの晩秋の時期だけ、ホットカーペットがちんまり登場します。

これまたいーつーも、毒づいているのですが、無印のホットカーペットに一畳が出ているというのに、ラグにそのサイズがない・・・。昔、無印の冷蔵庫の横のポケットに、無印のお茶ポットが数ミリで入らないということがあって毒づいたのですが、ホント、詰めが甘いよー。
と言いつつ、ムジのラグに落ち着いたのですが。汗

90×180のラグ、ネットで探すとヘンチクリンなデザイン、化繊ばかりで、かといってギャッベは厚みがありすぎてそもそもホットカーペットの熱が通らない。
キリムはどうかね?と、いっそのことインパクトになるデザインのものを探し求めてみましたが、運良くか悪くか丁度良いサイズが見当たらず。
しかも、6まんえんくらいしそうなので、本末転倒だと。

そこで、無印からオーダーできるウールのカーペットを見つけ、オーダー・・・しようとしたら、特注ってのはかなり高額になるとわかり、ばかばかしくなって興ざめ。

が。
そこでフと、厚みといいシンプルさといい、素材といい肌触りといい、ベストだと思ったものが、「50×180」だということにハタと気付く。
そっか!
a0126929_09933.jpg

裏で縫い合わせればいいんだ!!

ということで、こちらも取り寄せてもらったら、大満足!
キリムよりも厚みがあって立派で、ウールコットンとのことだけれど、裏側の編みにコットンが使われているけれど、表面はウール。これだけの肉厚なウールの手仕事が、一枚6千円(縫い合わせて1万二千円)は、お得だ!と自己満足!
a0126929_010175.jpg

新入りチークソファに縫ったリネンワッフルとも違和感なく、なかなかくつろぎの晩秋です♪

a0126929_011178.jpg

a0126929_0111886.jpg

a0126929_0122855.jpg

自転車に乗って、赤ちゃんの頃からの庭、近所の癒しスポット「一橋大学」で、ランチを♪
[PR]
by pechopiano | 2015-10-25 00:13 | Comments(4)
京都に行ってました♪
今月あたまから、3泊4日で京都へ行って参りました♪
a0126929_1123317.jpg

電車好きのムスメ、はじめての「のぞみ」です。

前日には、小学校の頃からのワタシの仲良しが、ムスメのために今シーズン秋冬のお洋服を仕立てて「旅行に間に合うように!」とダッシュでもってきてくれまして♡
a0126929_1124475.jpg

(子供の頃から、私の友人の中でお洒落ナンバーワン!な彼女の見立て。)
a0126929_11245175.jpg

(ムスメとの旅行は、アレコレと持っていくお洋服を選ぶのも楽しい一幕ですが、帰ってきたら鬼のようにアイロンがけ!の図。笑)

オットは仕事でいつも「長期の旅行はいけない」が口癖ですが、一方で私たちが出かけるのを渋るタイプの人間では全くないため、それなら母とムスメと「そうだ!京都行こう!」と思い立ったというワケです。
というよりも、目的が一応ありまして・・・
a0126929_11272335.jpg


↑これでわかる人が、いったいどれくらいいるのだろうか?と不思議だったのですが、いざ行ってみたらもんのすごーーーーい長蛇の列!!
a0126929_1128817.jpg

京都のお洒落なママさんの子育てブログ(さんにんひぐらし)を、ムスメを授かる前から愛読していたワタシ、「いいなぁ、こんな風にワタシも娘と暮らしてみたいものだ」と思っていたそのブログは、娘さんが一年生になったのを機に閉じられたのですが、やはり共感する方が多かったようで、メリーゴーランド(京都と三重にある素敵な絵本やさん)の店主や、kitoneの奥さんなど、どなたも私が心惹かれて拝読しているブログ(お店)の、同じ世代の子育て中にしてお仕事中のママさんたちが、「大人も子供も楽しめる、子供のイベントを」と発足したもの。

京都は、10代の頃から30になるあたりまで、毎年京都フランス音楽アカデミーに修行に行っていた、私の第二(第三?)の故郷という位置づけでして、このタイミングに「そろそろムスメも沢山歩けるだろうし」と、初めて3泊して、京都で遊んできた、というワケです。

a0126929_11321052.jpg
a0126929_11322439.jpg


もう、テントやブースは高尾山リフトとも比べ物にならない人込みだったのですが、なんとか「食べるジュース」げっと。
あまりに美味しかったので・・・
a0126929_11333011.jpg

家でも、頂き物の立派なラ・フランスが熟れていたのを幾つか使って、キウイ、バナナ、姉旦那さん実家からのすだちなどと仕込みました。

え?ワインが見える??
a0126929_11342824.jpg


子供用には、ワインを煮たててアルコールを飛ばして作ったシロップ・・・の残りのワイン(の、残り????)を使って、大人には白サングリアをば♪

・・・・と、話は京都に戻りましてー、
ブースも混んでいましたが、ムスメは数ある子供イベントの中でも、「籐編み」をやってみたい!と列に並んでじっと待ち、
a0126929_11371034.jpg

しっかりと、籐編みのネックレスを作りました♪こんなオチビでも出来たことが嬉しく、帰宅してから革の紐をつけてあげたら、お出かけの時は必ずかけていくお気に入りに。

a0126929_11381449.jpg

(フと見ると、そのブログの主のお嬢さんらしき女の子とムスメが一緒に期せずして写っていて、なんだか不思議な気持ち。)
a0126929_11391660.jpg

a0126929_11393238.jpg


ムスメは存分に楽しんだようで、皮で自転車につけるガーラントも作りました♪
a0126929_11412388.jpg


今回、ホテルは三井ガーデンホテルの京都新町別邸というところにしたのですが、新しくってとっても気持ちの良いホテルでした!
a0126929_11431332.jpg

なにより、大きなお風呂好きのムスメに・・と、炭酸風呂の大浴場があるところを選び、これが大正解!
歩き疲れたワタシも、途中一瞬具合を悪くしかけた母も、ここのお風呂で芯から温まり、シャキッと過ごせました。^^
a0126929_11435290.jpg

(京都のおばんざい朝食ということで、朝食がウリでもあるホテルでした。)←こんなに食べてるのは、ワタシではなく、やる気満タンすぎの身近な前期高齢者。

食事は、夜は子供がどの程度で力尽きるか、それがどの辺なのかがまだ想定不可能だったので、どこも予約しなかったのですが、まず着いた日の昼の一食目は決めておりまして。
a0126929_1146122.jpg

「おめん」

これは、私が10代の頃、京都に修行に行き始めたころに、先輩ピアノ弾きのお姉さんが連れていってくれた、具だくさんのおうどんのお店。
今や、ニューヨークにも支店があるそうなのですが、きんぴらなどの具材を沢山入れるこのうどんが、昔から大好きで、家でも時々やります。^^

夜は、ホテル近くのイタリアンに行って運よく貸し切り状態だったり、先斗町のこともムスメに教えたかったので、なが~い通りを一通り歩いて、ワインと「串カツ」!
a0126929_11491152.jpg

いや~~~~~、ムスメがあまりにもよく食べて、今まで嫌いだったエビもここではぺろりと平らげ、色んな意味で良かった。笑
10年前にお気に入りだった、先斗町のおばんざいと日本酒のお店はなくなっていたけれど、楽しい晩でした。
a0126929_1275697.jpg

最終日は、ホテルすぐそばに感じの良いバルがあったので、呑み直し!?
a0126929_1151295.jpg

a0126929_11511433.jpg

(将来思いやられる?笑)
そして、唯一予約したのが、地元の人でも予約がなかなかとれないというコチラ!
a0126929_1152323.jpg

ゴルゴンゾーラといちじくのナンチャラ、とか、すごい量のワインに釘付けになりつつも、昼だったしよそ者初心者だし・・ということで、定番を・・・。
a0126929_1153075.jpg

(前菜のサラダですでにノックアウト・・・)
a0126929_11532315.jpg

a0126929_11533472.jpg

今度は、夕方行くぞ!!

寺とか城とか、そういうものは「一つ見ればあとはだいたい同じ」な、我々母子、ひたすら心地よい空間を求めてふら~りふら~り。
a0126929_11545137.jpg

kit !
a0126929_11552255.jpg

a0126929_11554228.jpg

(ず~~~~っっと入ってみたかったkitoneへも!)
a0126929_11562760.jpg

a0126929_11564376.jpg

(ここら辺は別に東京でもいいんだけど、楽しい散策ということで。)
a0126929_11571810.jpg

a0126929_11574536.jpg

(つまみ食いもまた楽し。ムスメは本当によーーーーく歩きました!!)
a0126929_11584286.jpg

(京都裁判所へも一応ゴアイサツ?!)

a0126929_11591430.jpg

京都へ行ったら必ず立ち寄っておく、お決まりポイントの・・・
a0126929_11594860.jpg

Yes,一保堂!笑
なんとなく、一応いつも寄っておきますが、子連れでは初めて。
一応表千家の母もお抹茶を購入し、ムスメも「正統派日本茶の淹れ方」を習い、一服。
a0126929_120376.jpg

a0126929_123968.jpg


そして、私の青春ともいえるこの場所へ。
a0126929_123225.jpg

関西日仏会館。
この日の昼は、関西日仏会館の手軽なカフェで食べました。
その昔、ル・フジタという絶品のフレンチがありましたが、ワタシがこの日仏会館に通っていた時代にマスターが亡くなり、カフェに変わりました。

石造りの重厚な階段や廊下のソファに腰掛けると、稲畑ホールからはイヴァルディ師匠がくわえ煙草で颯爽登場するような(センセイも禁煙して久しいが、笑)、またはチェロケースを抱えた友人が「昼食べに行く〜?」と現れそうな、なにより若き日の自分がラヴェルの譜面片手に出てきそうな(笑)、そんな感覚がしてならない。
a0126929_124599.jpg

a0126929_1251354.jpg

京都の、ワタシの、青春の場。

・・・ということで、写真載せるだけでも盛りだくさん過ぎて疲れてきたので、「一応寄っておくかっ!」と、手ごろな(?)世界遺産、二条城で〆たいと思いマス。
a0126929_1263246.jpg

a0126929_1264885.jpg


ムスメは「もうあと5日お泊りしたかった!」と言っていますので(笑)、また行くとします♪
a0126929_1272576.jpg

[PR]
by pechopiano | 2015-10-15 12:08 | Comments(11)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧