ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ふんだりけったり
ひどい、、

それはそれはひどーーい、先週を過ごしていました。。。

a0126929_23233866.jpg

ノロ疑惑のヒト

通称「人をだめにするソファ」、だめになってる最中のヒトも、受け入れるらしいです。

ムスメの好きな葡萄パン焼けたんですけれどねー。
赤子の時から、熱は出さない代わりにとことん嘔吐系、胃腸系なムスメ。
結局、この葡萄パンは、食べられませんでした。

というのも。。

月曜日の早朝から始まった嘔吐、15分おきに胃の中空っぽになっても吐き続け、
金曜日まで、まさかの5日間、飲まず食わず(飲めず食えず)でした。

月曜の午前に病院行って吐きどめの座薬を入れてもらったのですが、
以前ならスッと効いた薬が全然きかず、午後になっても15分おきに嘔吐。。
先生から、あまりに嘔吐が止まらなかったら午後もう一度くるようにと言われ、
ムスメをなんとか説得して行ってきたのですが、家では横たわりながらも
自分の主張はハキハキ話すものだからまだ大丈夫と思っていたら、
先生から「脱水症状がひどい」と言われ。。。

点滴を入れようにも、手がぐったりしていて、
なかなか使える血管(?)も見つけられず、四苦八苦。
結局閉院時間過ぎてまで(いい先生なのだ・・)処置室にて点滴3本入れてもらいました。
小さな医院ゆえ、診察室とつながっているその処置室にて、点滴に繫がれて3時間ほど、
血色が良くなってウトウトとするたび、診察でぎゃんなきする子供の声で
ハッと目を覚ましてしまうため、ワタクシも中腰になって3時間、
ムスメの耳にそっと手を当てて音を遮断してきたり。腰がぁあ。。。

どうやら脱水症状が最もひどい数値だったらしく、
そういえば12時間以上トイレに全く行ってないことに気づき。。
帰る前にもう一度吐きどめの座薬をいれてもらい、19時半過ぎにようやくタクシーで帰宅して、
ヘルプ要請した母にも来てもらって様子を見たのですが、全然止まらない嘔吐。。
しかもだんだん感覚も狭まって、15分から10分おき、ついに5分間隔というよりも
もうずっと嘔吐状態で、何も飲ませられないし、飲んだら余計に吐くから八方ふさがり。

夜間に「もうだめだ!」と救急センターに駆け込んだのですが、嘔吐しまくる割に、
幼児教室で仕込まれたせいか、やったらしっかり症状を説明するし(笑)、
「ありがとうございましたっ!」とかやってるし(苦笑)、
先生も「3本点滴入れているし、これだけしっかりしているから今夜は大丈夫」
と結局帰されまして。。。
認知症サポートを頼もうと介護士を呼んだら、その時だけ老人がしゃっきりして困る、
という類の話をなんとなく理解できた気がしました。。

しかも嘔吐しながらも「食べたいーーー!!」「飲みたいーーー!!」と
泣き続ける食いしん坊ムスメは、つらさよりも食欲が勝ったらしく、暴挙に出たり!
「吐いてもいい!飲んでやる!!」
と、チビチビから始めてください、と言われたポカリスエットをガンガンごくごく飲み
(もちろん即吐く)、しかしめげないこの人、「吐いてもあま~~い~~」と、
めげずに再びポカリの続きをゴクゴク。。。

強すぎて、こ、こわい。。汗

それからもしつこくしつこく嘔吐を繰り返し、月曜日から金曜までびっちり5日間吐き続け・・・。

あまりに何も受け付けないので、5日目は10時前から16時半までノンストップ点滴。
4本大サービス。。

吐きやすい子、にしても長すぎる、と小児科医も首を傾げ、このまま週明けまで嘔吐が続いたら、
大学病院紹介する、と怖いお達し。。
その、寸前で止まりました、やっと。。。

いやー、なんもできねぇ、この5日間、でした。(当然だけど)。

で。

5日間のラマダン明けのヒト、卒園前の音楽発表会にて、全員合唱の指揮者をやって参りました。


a0126929_23365334.jpg



五日間飲まず食わずで、おかゆを辛うじて口にしただけにしては
(というよりも、一週間休んでぶっつけ本番の割に)
帝王チックに登場して振るヒト。。

なにはともあれ、治ってヨカッタヨカッタ。。
疲れが溜まっていたようです。。

その倒れる前日はしかし、大事を取っていたんですよねぇ、何かを予期してか。
「今日は一日家でゆっくり、小学生になるための部屋づくりしようか?!」
と提案すると、掃除好き女子はノリノリで、「いいねいいね!」と。

おままごとキッチン、沢山遊ばせてもらったけど、もういいね、とサヨナラし、
そこに大きな(前の家でダイニングテーブルとして使っていた)のを
工夫しておいてあげようかな、と工作好きのムスメのスペースを考えていたら、
「ワタシ、部屋が狭くなるのは嫌なの」と言われ、今のままでいいと。

a0126929_23250273.jpg
そんなわけで、おままごとキッチンを片付けて、そこに配置換え。
ついでに激落ちくんで磨いて、後からオイルメンテしました♪

本棚も、本がもう入りきらなかったので、
生徒さんの小さな子や、そのまた弟妹の小さな子たちが、
いつもレッスン室に置いてある数冊を順々に読んでいるのを思い、
そうだ!ここに置こう!と。
a0126929_23251065.jpg
玩具も少し。
a0126929_23250676.jpg
ムスメが今読んでいるものは、自室に置き、
時々ここに読みに来る、と。
そしたらみんな読めるし、絵本もここがいいね~♪とか、

ゴキゲンでやってたわけですよ、ほんっと。

a0126929_23244633.jpg
ダイソー大人買いっ。
a0126929_23245085.jpg
机の中(ワタシの)整頓。
これから学校の書類とか、どかどか来るのか??と構えて、
机の中というよりも、廊下にある一大収納スペース、
全てラベリングしたりして、来る小学生母を構えております。

そして、ようやーーーく良くなったので、「チェロだけは休みたくない!」と
うわごとのように言っていたチェロのレッスンへ。

ただ、一週間家と病院で嘔吐と点滴の日々を、
そうは言っても弱気にならずに頑張り、
久しぶりのレッスンも、ヘロヘロの割に集中して頑張ったので・・・

つい、嬉しくて帰りに買ってあげてしまいました。
a0126929_23253158.jpg
伊勢丹で開催していた一澤帆布でかってあげちゃいました。汗汗

へんな玩具を欲しがるので、そちらはお断りし、「必要なものなら。長く使えるいいものならば」と。

手提げかばんはいくつかあるのですが、チェロの子(楽器自分でもってくれませんが・・)は、
手がフリーになった方がいいということ、肩掛け鞄で「長く使えて・いいもので・容量入るもの」、
すなわち一澤帆布でしょ~ってことで!?

こういう形、ずっと探していたのです、ムスメに!
子どものものって、凸凹したものが多いから、自分で荷物入れると、
たった一度でほつれたり壊れたりしたものが多く、ここのものなら間違いないはず!

色も、朱色を手に取ったものの、ワタシが最近買った
「青ねず(ブルーグレー)」の印象が強かったのか、
この渋い色をチョイスしてくれました。^^

一澤帆布の方の、
「成人の男性で持つ方もいらっしゃるけれど、お子さんが持っても絶妙のサイズ感でいいですね☆」
との売り子トークにも素直に頷ける、いい買い物をしました。
一澤帆布がどのように作られているのか、のビデオも見て、
チェリストのような熟練した手をした職人さんの手作業を確認し、
大切に永く使うこと、約束しました。^^

この日は暖かくて助かってけれど・・・

a0126929_23252208.jpg
a0126929_23252677.jpg
おでんとお風呂をセットして、遠足気分でレッスンへGO!!
(たのしい。笑)



[PR]
by pechopiano | 2017-01-31 23:49 | Comments(0)
すべてたのしむ!
さっくりよりも、むしろもっちり、もしくはどっしり、が好きな傾向にあるため、
我が家のパンにはゴハンが入ったり、しっとりどっしり焼きあがる
ヨーグルト酵母が定番になっています。
ということで、湯捏も好きなので、気持ちに余裕があるときに湯種を仕込んでおいて、、、
a0126929_10470273.jpg

湯捏ココアパン焼きあがりました。
a0126929_10471298.jpg

(非常に紛らわしいのですが、冷ましているだけであって、
ストーブで焼いたわけではありません。)
a0126929_10465284.jpg

植木が伸び放題だなー。
ワタシの髪も伸び放題だなー。

色々と、また忙しくなってきてしまっているのですが、、、
(ムスメのチェロのレッスンを開始したこと、先生のお宅がとても遠いこともありますが、
毎日の練習や、毎日のくもんなど勉強の習慣づけも、まだまだ親が付き添います)
もう、年がら年中忙しいのは自分のサガだということを察しました。
人生で一番忙しくあるべき時期だし、もうすべて楽しみます所存。

で、以前にも増して午前中が勝負、な基本在宅仕事のワタクシ。
昼御飯前に片付けることアレコレの手順を、手帳を開いて考えながら、
ラテを一杯淹れる時間だけ座ります。
a0126929_10463426.jpg

ちなみにオットが朝食を摂る時間は、娘のチェロ朝練にぶつかるので、
相変わらず朝に夕に、陶器のお弁当箱は頻度高めのため、やや買い足しました。

a0126929_10520259.jpg

(白菜のチャウダーつき朝弁。)

というのも、私の仕事が在宅といえども20時近くになる日もあり、
そういう日は母に夕方から来てもらいます。
母も孫とのひと時を楽しんでいるらしいのですが、何せボトル(赤)持参でくるため、
この日は赤に合うものを前途のとおり勝負の午前中に仕込んでおきます。

a0126929_10514367.jpg


もう忘れたけど、とにかく赤いってことはトマト系のスープ。
デザートはダッチオーブンで焼いた焼き芋と残った林檎、レーズンで
アイスにかけたりウンヌン、など冷蔵庫にある食材でいくつか。

a0126929_10474297.jpg


余談ですが、、

久々に西友に行ったら、花畑牧場のモッツァレラが並んでいた。
クラフトの添加物入りのモッツァレラよりお安くて生乳のみのナイスガイ!
濃厚なトマト野菜スープに入れたら、ちょっとボルシチみたいな風味になった♪

冷蔵庫に常備決定。


↓ 大好物のイングリッシュマフィンを焼いた翌日、
はちみつバター食べたさに、朝食前に公文を大急ぎ片付けるひと。笑

a0126929_10501344.jpg

作るときはいっぺんに翌朝のオットの分まで仕込むので、お弁当箱4つ以上必要なこともあり、
買い足した・・・ついでに・・・

a0126929_10515645.jpg


割ってしまった急須と、直火で使える蓋つきラーメン鉢(煮込みうどん、そばも兼ねて)
の蓋がドングリみたいで可愛かったたーめーに。

色々買っても一万円もしない萬古焼、活躍中。

断捨離とか時短とか、「モノがないと家事は楽に」の流れですけれど、
それとは割と反対に暮らしています。
ある程度の便利家電があると、(手作りするハードルが下がるため)
節約になり、作るということは時短にはならないけれど家の中で完結するので、
ワタシのような、在宅の独楽鼠タイプには結局あっている気が。

a0126929_10503533.jpg


遠くまで、チェロのレッスンに通う日は、夕飯仕込んで(前途の午前勝負タイムに)、
炊飯器にゴハンもセットして(だからやっぱり鍋炊きより炊飯器、の時もあり)、
お風呂もタイマーでセットして、水筒に、おやつに(ムスメと作ったチーズクラッカー)

a0126929_10473401.jpg


・・・・と、道中と帰宅後を完璧にして、出た…ハズが・・・




a0126929_11161344.jpg


帰れない!!笑

中央線沿いの我が家から、最も縁遠い(通いにくい)と思われる沿線にある先生のお宅へ、
大きなチェロを抱えて、6歳児を励ましながら坂を上り下りしていくのは、
晴れている最近でも割と難儀でして、、、
ハテどうやって行くのが最も近く、もしくはラクか、を模索しながらの道中。

この日は前回とは違う駅で降り、バス、そして徒歩をやってみた往路でしたが、
地図ではわからない山、崖、谷の形状に絶句し、散々人の敷地と思われる道を経由した挙げ句、
行き止まりだったり、現代技術を結集したスマホのナビを使っても、とにかく辿り着けない!!!


もう、、変わったことするのはやめよう、、、
と帰路はJRの駅へ行く(と信じて乗ってみた)バスが、思いもよらない地点で無情の終点を告げられ、
6歳と共に何故か夜景の美しい寒風吹きすさぶ夜の遊園地に取り残され、
ここから最寄りの駅に行くにはゴンドラに乗るのがベストウェイだと。

ムスメは夜景に大喜びでしたが、ゴンドラ代にバス代に、、、
右往左往の徒歩を含めると、金銭的にも時間的にも、
どう考えても大人しくタクシー使った方が良かったような。。。

(でも先生のお宅の最寄りにはタクシーが止まっておりませんという事情も。)

そう、チェリストって車移動が基本なのだということを、今更思い出した。

・・・・12年後、免許とらせよっと。

とにもかくにも、夜の遊園地で降ろされたときは、もう爆笑するしかない惨状でしたが、
ハプニングも音楽も習い事も全部大好きなムスメと、楽しんでいます!老体にムチうって、
楽しみますとも!!汗

a0126929_10510306.jpg


a0126929_10511009.jpg

絵心のなさを大いに発揮している6歳児の自作本。



[PR]
by pechopiano | 2017-01-19 11:25 | Comments(2)
新年あけたらどったどた
さむい、さぁむ~い季節がやってきたのを実感。
濃厚ショコラショー♪
a0126929_10231986.jpg


今年は暖かいな、と感じていたけれど、お正月過ぎてやはり体の芯が冷え切る感覚。
そんな寒風吹きすさぶ中、ムスメのチェロのエンドピンを刺す板を買いにホームセンターへ。
もち、チャリで。^^;
「チェロ板」で検索したら、すぐに引っかかったのは、高嶋ちさ子さんのご子息の板でした。
ムスメと同じタイプの子供椅子を使っているナ、と有難く真似させていただきまして。
レッスン室に常備しておくものは、折角のヘリンボーンの床にベニヤ板だとアレなので、
ウォルナットの一枚板を取り寄せて自作することにしまして、
それにしてもいきなりやって失敗するのもいやなので、
安い板でとりあえずやってみました。

a0126929_10255066.jpg

(早速後ろの巾木が外れてますけど、後日トンテンカンテン直しました。。)
ゆくゆくは、これは3Fの子供の部屋に立てかけて置き、上でさらう時用にしようかと。

さすがの先生、こんな幼子で音もまだろくすっぽでない子供に、エンドピンのゴムをちゃっと外し
「響きが良くないから、ゴムは使わない方がいい」とすぐに使用を却下。
角度の変えられる鏡を用意することと、絨毯の切れ端とマジックペンもあると尚いいこと、
音程がずれていると色で知らせてくれるチューナーなど、
次々にオススメアイテムを教えていただき、早速すべて注文。
チェロ板も今の子供サイズだとこれで平気だけど、ここにはもう少し大きな板にしようかなー。
一応毎日朝晩、今日も朝練頑張りました。定着させるまで数年頑張らねば。


もう一つの頑張り習慣は、折角の今までの習慣づけをそのまま小学校生活でも、と
公文を(本人の希望で)始めました。ペーパーというたぐいのものが好きみたい。
ただし。
今までやっていたペーパーというのは、脳トレ的な、内容も多岐にわたっていて
本当に考えさせる図形や算数の概念を入れるものが多く、
それに比べると、ただひたすら単調な公文は、思っていたより退屈だったようで、
やりたいと言い出した割に、始めるまでにほんっっっと、文句がおおいこと!!怒

着替えるとか食べるとか、そういう生活習慣も、大人から見ると「さっさとやっちゃえよ!」と
思うことが多いのですが、そこをダラダラして、他の(音楽や公文の)時間がしわ寄せになり、
結果、カーチャンの雷がおちる、というお決まりパターン。。
まぁ、そんな簡単にことが進むわけはないのだけれど。。

一方で、赤子(正確には2歳の誕生日あたり)から習慣づけて、最近言わなくても
自らやるようになったのが、「徹底お片付け」。

こちらは、やりたいときとそうでない時のムラを繰り返しながら、そういえば最近は自分から
「元通りにリセット」という、暮らしの達人的な片づけをするようになりました。

a0126929_10260032.jpg
(やや関係ないけど、リビング久しぶりに模様替えしました。ソファがこれなら二つとも使える♪)

次から次へと自分の部屋の中は、興味の向くまま出しまくるけれど、部屋を変えてすること
(音楽も、ゴハンも外出も)の前は、何も言わなくても当然のように
遊びや作業とセットで片づけをするように。
他の分野もはやくこうならないかなー。
でも、片付けの習慣づけもここまでくるのに5年近くだからなー。。
a0126929_10255344.jpg
(休日は、「オカーサンが起きる前に公文の宿題を終えちゃったら、ご褒美あるよ」の、
おむすびとのくもんセット。笑)

そして正確にはまだですが(汗)、「学齢期」っていいな、と思いました。
子どもを産んで6年と少し、演奏会なんてひとっつも、というほど遠ざかっていましたが、
もう一緒に行ける訳ですよ!(正確にはまだですが。)

学齢期になったら切符代もかかるし、定期券も買わなくてはならないし、
ホテルの幼児料金が子供料金になってしまうし・・・とかいう面もあるわけですが、
その代り「未就学児不可」な場所へ行けることになっているのだから、
バランスよく仕組みが出来ているなと納得するわけで。...


親の小さなコンサートにはちょくちょく連れて行っていたり、
年に2回の発表会も赤子の時から見聞きしていたお陰か、ホールのマナーまではいかずとも、
音を出してはいけない雰囲気は、最初から知っていたようで、
今まで困ったことは特にないような気がします。

自分の発表会の時も、母親が舞台袖で独楽鼠のごとく働いて放置されているせいか、
一人で前の方の席に陣取って興味津々演奏を聴いていたりするようでした。
(生徒さんのお母さまからの報告によると。)

ということで。
長々と言い訳をしたのは。

あくまで正確には、まだですが・・・

オペラシティの受付にて、「お子さん・・・・おいくつ・・・」


「一年生です!」(断言。)


と、駆け込む母親の有無を言わさぬ表情に、すべて悟ったようで、
しれっと最前列にて聴いてまいりました。

その後、コンサートの後のお楽しみといったら・・・・、
子供の頃の自分がそうであったように、ちょっと素敵なカフェでお茶、ですよね。笑

a0126929_10255665.jpg
ル・パン・コティディアンと書いてあるちょっと素敵なパン屋さんに入りたいというので、
お昼を食べていなかった我々は、15時近くの遅めランチを・・と入店すると、
すごーく懐かしい見覚えのあるマーク。
留学中、よく見かけたような。そして気楽に食べていたような。
「るぱん」って勝手に呼んでいたような?
お会計の時に、「いろいろこだわりのオーガニックなお店だったのねー。
トウキョウにくるとこんな値段になっちゃうのねー」と思いつつも、
楽しい時間はプライスレスってことで、気にしないことに。?

ムスメもチェロを始めたことだし、これから先生の演奏会やお友達のコンサートなどに
出かけることが増えてきそうな予感です。

生まれてから6年、就学前教育を施したとはいえ、その前までは本当にひたすら
「食べて遊んで寝て」の幼児生活だったところから、こうして段々と文化的な空気を送り込み、
そしてそれを素敵で楽しいものとして、人生の原体験として刷り込んでゆこうと思っております。
いつ何時でも勉強はするものだけれど、それだけでは人生を支えきれない時があると思うから、
本気の学問と、本気の音楽を。


・・・・ということで、前途のとおり、「朝早くくもんやっちゃったらお菓子あるよ」作戦、
まんまとのっかってこの3連休は朝食前にさっくり一人で終え、
チェロの練習も先生と約束した1時間をどうにか守り、、、、

なんだけどー。。。

公文の宿題20分で終えるのに、なーーーぜーーーー、着替えが20分もかかるの!?!?

パジャマ脱いでは遊びほうけ、肌着を着てはゴロゴロして・・・・

a0126929_10532272.jpg
タイツ履く前に、リンゴ泥棒になっていました。。。。
やっぱ子育てって、ある日突然ラクにはならないのね。。。



[PR]
by pechopiano | 2017-01-11 10:58 | Comments(4)
2017年あたらしいこと
新年あけましておめでとうございます。

a0126929_11282021.jpg
なんか、管理画面が新しくなったので、よくわからないまま投稿してみます。
去年は、子供が生まれてから一番忙しく大変な年だったということもあり、この年末年始は子供が生まれてから最もなにもしないだらけきったのびきった年末年始を過ごしました。笑


a0126929_11293591.jpg
これは、実家の母のおせちでーす。
私がしたことといえば・・・・


a0126929_11301837.jpg


お雑煮(の準備)のみ!笑

そして、年末の仕事が片付きそうな時期には、最も近い休憩どころ
「リゾナーレ」にさっくり行ってきました。

a0126929_11592368.jpg


a0126929_11304631.jpg
a0126929_11304097.jpg
a0126929_11311059.jpg
a0126929_11305989.jpg
a0126929_11311059.jpg
a0126929_11312198.jpg


a0126929_11312827.jpg

新機能は、慣れると写真がアップしやすいらしい。

娘の小学校も無事決まり、お祝いとお疲れ様会を兼ねての旅行・・・
と、いきたいところだったのですが、
なんやかんやと忙しく、なかなかまとまった時間はとれない自営業夫婦。
それでも娘は、初めて「スキーキャンプ」なるものに参加し、
知らないお友達と先生たちと、2泊3日のスキー初体験を大いに楽しみ、
そのまま親を一切恋しがることなく(笑)、
おじいちゃんとおばあちゃんの家に連泊し、
お正月までいとこたちと楽しく居座る、という、
私にとってはこれほど休める時間はない(?)双方にとって嬉しいお正月でした。

どこに行っても心の底から楽しみ、(いつも別れを号泣で締めくくるほど)
親より楽しいことを最優先する、人生謳歌しまくるムスメですが、
「やりたがり」の性質を利用して(?)、私の念願だった
「娘を生んでチェロを習わせる」
のレールに乗せた年末年始でした!?

a0126929_11492090.jpg


(↑買いたてホヤホヤの日に、それらしく構えてみる、の図。)


習い事について。

『趣味だから』と、始めて趣味レベルにすらならない話はよくあることで。
80点を目指して80点をとれることはないように、
満点目指してようやく80点に届くかどうか、
というのが人間だよね、と常々感じる訳です。


だから、ピアノをはじめようと思って、の友人のアドヴァイスには、前途の理由で『安くて近いし』の目線で選ぶことを(無駄とは知りつつも)
なるべく熱く異を唱えています。

幸い、周囲にはお人柄、実力共に素晴らしいチェリストを存じ上げているので、

ここだけは親特権を与えてやれる分野かもしれないと、信頼する方に連絡をとりました。

ピアノよりもあらゆる面で、導入が多岐にわたり、且つ難しいところ、
辛抱強く懇切丁寧なレッスンは、今後の自分の指導の面を考えて襟を正す思いがします。


習い事には、こちら側の姿勢を含め、単なる技術の習得ではない
大切な側面があります。
それ故、師匠のお人柄ということも非常に大切な要素だと考えます。

a0126929_11320185.jpg


娘を通して、私も人生で大切なものを学ばせていただくことになりそうです。
先生の熱意の二時間にだらけることなく受けられた娘もまた、
これまで幼児教室で鍛えられた集中力と我慢の力が備わっているかもしれないと、
タイミングも良かったように思います。

頑張るぞ!親子で!

a0126929_11461071.jpg
a0126929_11314340.jpg


[PR]
by pechopiano | 2017-01-06 11:53 | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧