ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
いやはや

卒園しました・・・・から、ひと月以上たって、
「入学しました」からも大分時が経過しましたようです。
子育てって、いったいいつになったらラクになるのですか?と声を大にして問いたい。
世間は「母親」を使いすぎだとも思う。

ま、元気で暮らしているだけありがたいんですがね。
というか、小学校に入ってこんなに親が忙しくなるのは、
他でもない自分たちで選んだ選択肢なので文句は言いませんけれどね。
(十分毎日言ってる。)

地元の公立小学校も、決して悪くない評判の地域なのですが、
わたしたちはいわゆる「お受験」を体験してみました。
その言葉自体揶揄されている響きをもつように、
現実的に子供の学齢期が見えてくるまでは、知りもしないで否定派ですらあったのですが、
私のところの生徒さんたちに、公立に通う小学生が少ないこともあり、
お母さま方から勧められました。
どこの学校を、ということではなく、「お受験」自体を勧められまして。

結果としては、非常にざっくり2年弱を振り返ると、それに「向いていた」ように思います。
お教室と呼ばれるものを、走り回っていたいような男の子に強制するのは悪影響だと思うけれど、
毎週何度かその「お教室」に張り切って出かけ、一番に「できましたぁ!」とやることを
まっすぐに目指し、沢山の仲間(ひとつの世界と言っていい)が出来、
水を得た魚のようなムスメの姿は、本人はもとより、
常に見ていた私たち両親を喜ばせてくれさえしました。

結果として、ざっくりこれまた振り返りますと、
小学校受験は、結果は必ずしもついてはこない。



オットの言葉を借りるところの「これほど下馬評がアテにならない世界もない」というのは、
自分たちも周囲を見ても苦笑いするところもあるのですが、
それでも10倍近い(あるいはもっと)学校ばかりを狙ってみた我々は、
つまり「何が何でも私立か国立(公立回避)」では決してなく、
一年以上かけてじっくり初等教育を施してもらいたい学校に多々出向き、建学の精神に触れ、
行きたいと本当に思った学校だけに挑戦しました。
この2年弱は、悲喜こもごも、良い時ばかりではなかったけれど、
私たち家族にとっては結束して、
また夫婦で先の長い子育てを共に語って論じる良い機会となりました。

それでも、まぁまず通らないであろうと思った学校にご縁をいただけたり(その逆も然り)、
これだけの狭き門をよくぞ突破し、「ついてたね!」ってな感じに喜びの春を迎えられました。
「ご縁」
っていう言葉、気取りやがって、的なニュアンスに聞こえますでしょうか?
かくいうワタシもそのように感じていましたが、
でも本当にそれしか言いようがないように思います。6歳が受ける試験の合否に関しては。

私立はどこも学校のカラーがあり、
受験に向けてどれだけ(いわゆるペーパーと呼ばれる)頭脳が明晰であっても、
カラーに合う子を学校側は取りたいのであって、決して秀才を探しているわけではなく。
このあたり、結婚相手に求めるものは、
経歴よりもまずはどうしてもフィーリング、的なものと同じで。

初めての子供で初めてのお受験、そりゃもう右も左もわからず、
とりあえず頭良けりゃ全部受かるよね?受験だもんね?と、1万枚のペーパーを解いてきました。(本人の背丈を軽く越える。)
毎朝、毎晩、幼稚園からの戻りも遅いのに、子供もよく頑張りました。
父も母も、本当によく頑張りました。。(休日の毎週のお教室通いのお弁当も含め。。。)
毎日仕事で生徒さんにお教えしながら、ムスメの教室通いをし、学び、
それをまたムスメと共に毎日自宅で学習するわけです。
暮らしのすべてが試験材料ともいわれる小学校受験、それゆえあらゆる季節の行事や、
日常の些細な事まで手を抜くことなく、また息つく暇もないような心理でした。

今でも一番覚えているのは、「それなら行ってみるか?」と試しに行ってみた大手のお教室。
4、5歳児相手に何をするのかと斜に構えてみていると、そこは幼児教育のプロ、
カラーボールを使いながら、段々に幼児に「記憶」の要素を引き出し、
「推理すること」の流れを引き出し、面白さとやさしさと規律と・・・・
私が思っていた「早期先取り教育」とは全く違う種類のものでした。

文字を書かせるわけでも、計算をさせるわけでもなく
(そういうものは、8歳ころに脳が仕上がってきた段階で、後から追いつかれる)、
数字を使わないけれど「旅人算」の概念を入れて行ったり、いわゆる脳トレゲームでした。
それから、いわゆる「非認知能力」。
45分の授業を日に何度も受けるようになる少し前に、椅子にずっと座りながら、
ひとの話しに耳を傾けること、ぐにゃぐにゃと姿勢を崩さないこと、
疲れても「あと少し」頑張ってみることを、先生たちは段々に、着実に力をつけさせてくれました。

もとからムスメは、あまり動き回ったり体操するよりも、手先を動かしたり自分の考えを、
自分の言葉で話したり、パズルをするのが大好きだったので、要するに教室が楽しく、
いわゆる「向いている子」だったように感じます。

小学校に上がって、今日が初めての授業参観だったのですが、
他の子供たちも教室で切磋琢磨して「幸運なことに」狭き門を突破してきた子供たちゆえ、
親の期待や先生に注がれる眼差しもかなり熱いのですが、それはすなわち教育熱心
という言葉にくくれるため、それゆえ伸びるフィールドが用意されている、とも解釈できます。

お教室で「できました!」を一番にやりたかったムスメ、今日も一番に「できました!」と
生き生き先生のところに得意満面で持っていき、自信に満ち溢れた笑顔を何度も。
今後はそれが続くときと、沈むときと、山あり谷あり色々あるであろうけれど、
半年前までお教室で見ていたムスメの「やる気本気モード」が
久しぶりに今日、学校という場面で見られて、ようやく本当に心から、
「お受験させて、良かったのだ」と思えました。

受かっても、落ちても、泣き、一定以上はただの運だとわかっているからこそ、
「こんなことをやらせてしまって良かったのだろうか」という葛藤は
入学式を迎えた日であっても、心のどこかにほんの僅かな不安のように抱いていましたが、
今日のムスメの表情で、このような学校に入れたことを、
我が子には最良の選択だったと確信できました。

そんなわけで。

a0126929_10352403.jpg


a0126929_10352433.jpg


a0126929_10352400.jpg


入学式の日は、おじいちゃんとおばあちゃんも駆け付けてくれ、皆でお祝い!
(態度悪すぎて母親にこっぴどく叱られるムスメでしたが。)

a0126929_10380644.jpg


チェロも毎日頑張っています!
先生が貼ってくださったシールも、音程を巡って親子喧嘩が勃発するため、
「ええい!もう、耳で判断しろっ!」と外したら、その方が良さそう。

朝ごはんは、、もう土井さんのように「味噌汁さえあればいいよね」?

a0126929_10352326.jpg



鶏ハムにしばらくはまっていました。




a0126929_10345916.jpg



a0126929_10345939.jpg


a0126929_10345832.jpg


a0126929_10350708.jpg



ミートソースがあれば、ゴパンカーニュに乗せてチーズトースト。
パンでも味噌汁。杏仁豆腐付き。

a0126929_10350776.jpg


a0126929_10381748.jpg


a0126929_10381743.jpg


この日は鶏飯。
しっかり味だったので、お味噌汁はエノキ、焼き葱、蕪という白い具で。

a0126929_10381750.jpg


a0126929_10381822.jpg


玄米餅にもはまっています!

a0126929_10415240.jpg


こんな感じの大きさのものを3升分!
送料無料の5千円まで買うと、有機無農薬栽培玄米のお餅が格安!
冷凍して都度都度おやつにも焼いてます。

a0126929_10380773.jpg



a0126929_10380831.jpg


a0126929_10380702.jpg


友人の新居に呼ばれたときのお持たせ。
ご主人が「京ちゃんのパンは最高だよね!」と言ってくれているとのことで、
うっかりキャラメルパウンドケーキを焼いたところに、ゴパンカーニュ追加。笑

a0126929_10380528.jpg


a0126929_10380587.jpg


a0126929_10380613.jpg



a0126929_10352594.jpg



レッスン室、模様替えしました!大々的に!!

ムスメの小学校は、他よりスタートが遅かったので、春休みが長く、
その間に「来るべき書類や教科書をセットできるように!」と
大々的に整頓しました。
でも、なぜかレッスン室から。笑

土間の部分に、以前この家に越してきたときに購入した北欧のヴィンテージテーブルを
持ってきてセッティングしました。(しばらく母のところに預けていました。)

生徒さんたちが増え、流れを見ていたら、お母さま方はソファ雑誌を読んで
寛ぐ方ばかりではなく、書き物や作業をして待っていらっしゃる方が多くなりまして。
(母親って、本当に忙しい・・)

椅子もしばらくダイニングのを持っていっていましたが、ウチも来客が多いので
どう考えても足りず、行きつけの(?)古道具屋さんにて、北欧チェア発見!
まだ張替前だったので、以前ここに張替をお願いした椅子がありまして
(亡き父のデスク椅子、今後のムスメのデスク椅子)、その時の革の残りを
まだとっておいたので、丁度それを使って張り替えて頂きました♪
オットからの誕生日プレゼントっていう丁度の額で買えて、満足。^^

a0126929_10350957.jpg


こちら、数年前の誕生日にやはり買ってもらった、同じ店でのイギリステーブル。
(家具ばっか買ってるな。笑)
超、愛用してます!作業台としても朝や昼、ムスメとさっと食べる時もここ。

そして肝心のムスメのスペース。


a0126929_15320839.jpg


ここはしばらくこのまま、どうせリビングで勉強するのだから、と
お絵かきやら公文やらお手紙書いたり使っていますが、ガラガラにスペースを確保!

小学校に上がるとき、どの家も「名前つけの嵐」に巻き込まれてひーひーとは思いますが、
この、こと「黒か紺」のようなものに片っ端から名前つけって。。。
無理があるんですけれど・・・・。

そして終わった!と思ったそばから今度は水着だのエプロンだのタオルだの夏服の上着だの、、
毎日毎日追加注文がくる。。。
このひと月ほどは、連日のような保護者会に学校へ出向き、子供に3食食べさせ、このような名前つけやら大量の書類攻撃が途切れることなく、その上通常業務(仕事)と家事、という、
なぜ、、、ここまで、、、、??
と、毎晩軽く悲鳴でした。。
(ピアノとチェロも毎日レッスンしているので、自分の時間などあるわけもなく。)

有難いことに、チェロのレッスンが日曜日の朝(平日だと距離的に厳しい)に入れて頂け、
子どもは土曜に休んでいますが、ワタクシ土曜も仕事や学校関係入っていますゆえ、
入学式以来、休みなしです。。。朝、ゆっくり起きたい・・・!!

a0126929_14371213.jpg


ということで、朝少しでもばたつかないようにと、前日に3つ万古焼のお弁当箱に
3人分のゴハンを詰めてから寝ました♪

a0126929_14374287.jpg


オットの実家でとれたタケノコを、オット母上が下処理してくれ、
更にそれをオット父上が持ってきてくれた、という、至れり尽くせりゆえの
タケノコご飯と、根菜炒り豆腐、鶏肉の揚げないから揚げ。

でもやっぱり朝は猛烈ダッシュ・・・。





[PR]
by pechopiano | 2017-04-29 15:41 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧