ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
ひと段落
師走の、年賀状だとか大掃除だとかそういうものはさておき。
ひと段落しました、今年の予定。はーはーはーはー。
(本当に走り抜けた感。)

だって!!

生徒さんのクリスマスコンサート&我が家で大パーティー♪が、一昨日。

パーティー♪←なんて音符なんてつけちゃってますけど、なかなか準備が大変っちゃー大変です。
でも、去年やってみたらものすごく好評だったので、今年もすぐ隣の音楽スタジオで演奏をした後、皆でぞろぞろ民族大移動して我が家で乾杯!
ということで、ワタシのメインの仕事は、決して一緒に弾くことでも、司会をすることでも、会場の設営(椅子並べるだけ・・)でもなく、「料理」この一つにつきます。

生徒さん同士が連弾することもあり、サクッと終わるかなと思いきや、去年の倍の時間がかかりましたが、なかなか皆さんよくお弾きになり、明日音校の選抜演奏会に出演する子や、来年から音大生の子など、ソロもちらちら。
最年少は年少さん、オドロキの4歳ホヤホヤは2曲をサラリと演奏し、続く6歳の連弾も、センセイと一緒でなくてどうなることやら、と思いきやお互いよく聴きあってどうにかなってました。
コンサートのアットホームな雰囲気をそのまま自宅へ移し、、、盛り上がりに盛り上がって、20名で最終ラウンドは0時近くまで・・という相当な呑兵衛たちの宴となりました。いやーー、、、盛り上がりすぎだろ?!笑

ということで、一人4役くらいのワタシに、コンサートの写真などまるで撮っている時間はなく(オットのカメラに残っていますが)、宴会も「始まる前」と始まってすぐのゴハン写真くらいですが、忙しくとも楽しい晩となりました。皆の心に残る日になったようでなにより。
皆さんのお持たせもあり、二つのテーブルに乗りきらない量の料理とお酒お酒!
a0126929_12443878.jpg

a0126929_12445874.jpg

a0126929_124548.jpg
a0126929_12451170.jpg
a0126929_12451746.jpg



鶏肉はマストとして、鶏手羽の酢醤油煮、ローストポーク(母作)、鶏肉のパテ(生徒さんのおばあちゃま差し入れ)、なにやら素敵なオードブル(こちらも)、キッシュ二種類(下のパン屋さんのものとお持たせ)、パテ・ド・カンパーニュ、たらもサラダ、フルーツサラダ、キャロットラペ、鶏飯、おいなりさん(生徒さんのお母さま差し入れ)、サンドウィッチ(母作)、フルーツサンドウィッチ(生徒さん作)、つくねバーグ、チャウダースープ、ミートパイ、春巻、シュークリーム、スノーマンのクッキー(生徒さん作)、などなど、思い付くだけでも盛り沢山!
お帰りの際には、ジップロックにつめておもちかえり頂くという、お土産つきパーティーつきクリスマスコンサート、でした。

ちなみに。

a0126929_13213198.jpg
a0126929_13214090.jpg


コンサート直前のレッスンは、りんごのお持ち帰り付き。笑
季節柄、沢山の頂きものを有難く頂戴している我が家ですが、、、それにしても時に、午前中に「リンゴ2箱、午後にもう二箱、翌日ひと箱・・・」という重なるときは重なるもので。
そういうリンゴというのは、あまりスーパーでは見かけないような立派な「リンゴ中のリンゴ」的面持ちでいらっしゃるため、新鮮なうちになるべくみんなのおなかへ!と。

レッスンが立て込んでいる最中に、鶏手羽のスープをとりたいときは、、、
a0126929_13244118.jpg

部屋も温まって、スープも極とろ火のとろっとろ、ガス代かからない、といいこと尽くし!

もう、今年は働きに働き通した一年だったので(自分のための時間ゼロに等しく)、師走の残りは「ご褒美期間」(でた!)とさせていただこうかと。
まずは。
a0126929_13373517.jpg
a0126929_1337439.jpg
a0126929_13375125.jpg


ママ友に誘われて、勇気を出して潜入してみた「ずっと行ってみたかったお店」。
うむ。
多くは語るまい。
・・・・というのは、ココは以前の我が家。以前の以前の祖母の家。
今は小さな素敵なお店になって、とっても評判がいいので入りたくて仕方がなかったのですが、えー、あー、その、不動産売買の時にいろいろありまして。汗
普段、「妻以外には」親切なオットでさえも、最後に弁護士として書面を突き付けたような経緯があり。
でも、ここの奥さんは最初のやり取りからとても素敵で可愛らしい方だったので、ゼヒともご主人が居ない時に、入店したいと虎視眈々と?!

母は何度も行って、ワインの好みだけは違うけど、お店のセンスに(なんと言っても母にとってここは、結婚した40年以上前から「義母の家」だった家が、ここまで変わった!と)ビックリ感激で、特に夜は非常にリーズナブルなお値段でおなか一杯になるような、オリジナルで丁寧なコースを頂けると、お気に入り。
しかし、散々このお店の報告をした後、決まって、
「でも、アナタはやめときなさいね、ホラ、いろいろあったし。」で締めくくられるのでしたが、友に誘われて、眼鏡かけてキャラ替えして行ってきましたとも!!
店内暗いですしね!!店主に背を向けて座りましたしね!!


即、ばれましたね!!!


おまけに、ばれてないと思っていた母も「お母さま、よくいらっしゃるんです~」と、こちらもバレバレでした。
ばれたとかばれないとか、別にこちら、なにも悪くないはずなんですけどねー、なんでこんなにコソコソした客なのか?と我ながら滑稽でしたが、とにもかくにも美味しかった!キレイでアイディアも素敵♪
とても入りにくい店構えにもかかわらず、店内満席、そしてケーキを買いに来るお客さんも。(ケーキ、、、、絶品!)

しかしばれた経緯というのが、母子ともども「カゴ」だったのは驚き。
母なんて単発で行ってるというのに、(ワタシに)顔も似てるし、着ているものや雰囲気、「持っているカゴとか」でわかったそうです。
おそるべし、かご。
昼間に(くだんのご主人の居ぬ間に)また行きま~すと伝えました。

更に、待ち構えたように・・というより、正確に言うと「待ちきれなくて」少し前から念願のリビングメンテ!
a0126929_13513062.jpg

この2年弱、(こう見えて)家のことをいじってる場合じゃなかったので、その間にふつふつと溜まった「あそこをもっとこうしたい」的な部分を、幼馴染とおなじみの工務店のおじちゃんに電話してアレコレと。こういうことに着手すること、首をながーくして、もう11月なんてキリンになるのではないかというくらい待って待って計画していた、「家のいろいろあれこれ」メンテです。


a0126929_13523383.jpg


これでわかる方がいたら、それは何屋なのだろうか?家具屋か?という図ですけれど、何気にこの大きなテーブルの鉄脚をですね、ずらしまして。
広がりました。12センチずつ。(わかるかい!!)

これは、私が中学2年の時に実家を新築し、その際に両親が買った「真っ黒で巨大な座卓」でした。
それを、私がまだ学生の頃に「リビングも椅子生活に」と、両親が二人でフーフー言いながらやすりで表面の黒い塗装を落として新たに表情を変え、脚も付け替えてテーブルに。

その「パパとの思い出だから、これだけは手放さないんだ♡」的なことを言っていたはずの母は、今の住処に入れるにあたり、この分厚い重厚な木の奥行きを削り、しかし案の定舌の根も乾かぬうちに、「アンタ使わない?」と話を降られ続け、まぁこちらも丁度(件の前の家から引っ越して)我が家のテーブルも小さく感じたし・・と、我が家に来て鉄脚に変更させて使うことに。

それが、なにも考えずに脚を付け替えたもので、「惜しい!あとちょっと!」のところで椅子が2脚しか入らなかったのを、少し広げて3脚ずつ入り、8人余裕で座れるようにしました。
結局、このテーブルは何回変わったのだろう?5回か?さすがにこれで最後か?いや、まだあるのか?

それから、書き物をするときにこの上が暗かったので、ランプを吊るしたく、その工事を幼馴染にお願いして、ついでに植木の入れ替えだとかラジオがどうだとか、あれこれあれこれ。笑
ランプは、3年くらい待った渡辺さんのもの♪♪
a0126929_1403721.jpg

このタイミングで手に入ったということは、もう、ご褒美ってことで!!(でた、何度目のご褒美発想。)
ムスメは公文のプリントを、私は横で学校関係の書類記入、オットは向かいの席でスキーキャンプの書類記入など、灯りのもとにみんな集まって、このテーブル下に虫みたいな習性が起こっています。
a0126929_140553.jpg


私の育った実家では、いつからかラジオがかかっていたのですが、この年齢になると親の習性の再現レコーダーのようになっている自分に苦笑いするのですが、先のオーディオ熱と相まって、一日中クラシックが流れるようにしてます。
それにしても、この地域はFMの電波が入りにくいということで、アンテナつけてみてもあまり変化がなかったので、幼馴染に教えてもらったやり方で、使用済み(で、将来このように使いたいととっておいた)i phone5sをコンポにつないで、すべて解決~~~!
a0126929_1442093.jpg

インターネットラジオは雑音がないから本当に快適。
主には友人のご主人がナビゲーターの「OTTAVA」、我が家も一日中かけたり、BBCのニュースやクラシックを流しています。ムスメが毎日ネイティブから習っているという英語、卒園したらどうやってこの発音を維持しようかと思っていたので、とりあえず美しいブリティッシュイングリッシュを流してお茶を濁す!?
a0126929_1443940.jpg

ちなみに、この玩具のようなJBLの箱は、ハーマンの最安値(?)のポータブルスピーカーで、レッスン室で音源が急ぎ欲しい時、スマホからBluetooth接続であっという間に目の前のこのちっこい機械から大音量で聴けたときは、ビックカメラで感激で叫びました。汗
すごいのねー、世の中のスピードが!もうFMがつながらないだなんて、どうでも良くなってしまった。
ということで、音環境がとても便利になって、部屋も明るくなって(笑)植木もすっきりして、ウォルナットの座卓もオイルメンテして、年内にやりたかったこと、全部叶いました。
a0126929_144565.jpg


そしたら、タイミングを見計らったかのように、ムスメが1年半ぶりに体調を崩しました。
色々、やるべきことやり切って、コンサートでも無事弾ききって、その後のパーティーでも食べまくって喋りまくって遊びまくって、の嘔吐です。
我が子ながら、心得ておる。
[PR]
# by pechopiano | 2016-12-19 14:05 | Comments(0)
師走の合間のほんのひと息
もう、師走に突入。

信じられないスピードで駆け抜けられてしまったような気がしますが、ちょっと牛乳買いに出るだけでも、街中どこもかしこもクリスマスのイルミネーションがぴかぴかで、賛美歌なんかも聞こえちゃったり、幸せな気分に浸れます。

a0126929_1255013.jpg


デモ。

日本人ですからね、基本的に寒くなったらおでんとか鍋とか、週末はもうそんなんばかりです。
牛筋のおでんは、ややこってりすぎるとのオットの感想なので、骨付き鶏肉を入れたおでんにしました。ほどよく濃厚で美味しかった!!

下のパン屋さんも、無事に、というか恐らく遥かに彼らの予想以上にお店は地域に温かく迎え入れられ、1周年だそう。


昨日牛乳買いについでに、スーパーで奥さんをお見かけしたとき、なんとも幸福な表情が溢れていて、こちらも嬉しくなりました。
数年前になぜか思い立って巨大なナマコのように焼きまくったシュトレン、今年は忙しくて手が出なかったところ、「一周年の感謝を込めて」と、素敵なシュトレン頂きました。
a0126929_13145957.jpg

・・・その手前の写真は、物欲のとどまるところを知らない6歳児の、毎日更新されるたびにブツがふえてゆく「サンタさんへの手紙。」
サンタ、ってのは言えば何でも持ってくるであろうシモベのような扱いになっている気がしてならない。しかもオットとナニガシを確認したところ、ヒジョーにバカっぽい(失礼)おもちゃ。
サンタは格式高く姿勢を見せるべきか、もういっそ僕になっちゃうか、悩ましい12月。

一方で。
a0126929_1312521.jpg

久しぶりにちょっとだけ配置換えをした我が家。
うちで一番ヴィンテージな(?)オーディオをリビングに。
レッスン室にあるより、ここの方がよっぽど使うと思って、ポカポカ日差しのなか植木の剪定しながらエンドレスカザルスでした。老後のような過ごし方だけど、癒されました⁉

そしたら、毎日「人をダメにするソファ」を大いに利用しながら、デュプレのエルガーに首ったけ。
a0126929_1333931.jpg

a0126929_1335487.jpg

a0126929_1341053.jpg

段々オーディオに迫ってます。笑
a0126929_1345286.jpg

蛙の子は蛙?
連日オーディオに熱心に耳を傾けてます。

もうすぐクリスマスコンサートもあるし、一番仕上がっていなそうなこのムスメのレッスンにも力を入れつつ、、、
a0126929_13152187.jpg


ムスメの月例会からの仲良しママたちと、久々に急きょ我が家で軽めランチ。
a0126929_136848.jpg

とってもいいこと、あったので、ようやく恋しかったこういったのんびり楽しい時間を過ごせて、安堵を挟みつつ・・・怒涛の12月、やることと楽しいイベントいり交ぜてハッスルハッスル!
[PR]
# by pechopiano | 2016-12-06 13:10 | Comments(0)
もうこんな季節・・!
あまりに久しぶりすぎて、もう遡れないカンジなので、最近の買ったものからいきたいと思います。

って、え?
セレブな東京都下マダムのつもりですけれど、ナニカ?

無印が10%offで、ルミネカードあるし、『人をダメにするソファ』気になってたし、折角の10%offを無にするような送料なんてお支払したくないし、車ないし!
ということで、ガテン系セレブとしては、『どこまでもチャリで』。

無印のお姉さんに、『車ですよね?』(注,車だとしてもパーキングまで持っていくのも厳しいですよね?の確認)に対し、『イエ、自転車です』の答えは、明らかにレジに並んでいた隣の人もワタシを見た。はっきりと、見た。
どこをどうにも装えなかったらしい不躾な失笑のシャワーを浴びながら、伊勢丹チャリ置き場へ。(すんません、無料なもので。)
伊勢丹のチャリ置き場で、おばちゃんに『無理では?』と話しかけられ、5分格闘。
無理だな、さすがに今回ばかりは。
と遅まきながら悟ったが、ルミネで買ったものを、伊勢丹が預かってくれるとは思えず。
よって。
強行手段で、フツーにハンドルにかけて運んでみました。

a0126929_2317974.jpg


二三度、『ち、ち、ちぎれる…なら外袋だけにしてっ』(クッションの中身ドバーだけは勘弁‼)という、半年に一度くらい訪れる、意味のないチャレンジののち、自宅に無事到着です。
隣町から命がけの旅を終えたその足で、ソファを下ろしたら今度はムスメの幼稚園へ猛烈ダッシュ!(反対側隣町。)
お話の会という読み聞かせ会の担当日だったのですが、2~3駅分を馬車馬のように。
そして、こんな感じ。
a0126929_2319787.jpg


少し前の日記に確か夏休みがどうとか書いていたと思うのに、もうこんな季節!

a0126929_23204065.jpg

ツリーを出し手飾りつけをしながらの何かの会話の中で、『お母さんがオランダに住んでたじゃない?』と話しかけたら、『え?洞穴?』と聞き返されて爆笑。空耳ナイス。

a0126929_23232512.jpg

秋の始めにたんまり届いた、北海道のめぐみを使って、
a0126929_23234718.jpg

コロッケ祭りしたり(笑)
a0126929_2324240.jpg

久々ゴパンカーニュ焼いたり、いつもの日々は続いていますが、もうしばらくどたどたしそうなので、、、

日記は簡素に短くちょくちょく!で更新を目指したいと思います!

以上、生存確認でした。。
[PR]
# by pechopiano | 2016-11-27 23:25 | Comments(2)
秋の恵
秋の運動会も無事終了し、運動音痴と決めてかかっていたムスメの走りが、フツーに早くてフツーにびっくりした嬉しい一日でもありました。幼児のリレーって、やる気の問題だったのね。。。

秋と言えば!
栗・芋・南瓜!

a0126929_1213307.jpg

涼しさによって、酵母が安定してきて、パンが美味しい!!!
オット母上が毎年送ってくださる北海道の絶品南瓜による、ふわんふわんな南瓜パン♪

a0126929_12143391.jpg

a0126929_12144835.jpg

カットすると、わたの部分からカビが生えやすいので、すぐにエンバランスに保管するのですが、そうでない分は蒸篭で蒸して、このようにパンなりスープなりカボチャコロッケなり。
なにかの本で、揚げ物をするときは、グリルを開いて、その下に広告を敷いて油切をしている、と読み、「そのひと手間だ!」と、そのひと手間で揚げ物の後片付ウンザリがちょっと軽減するアイディアに唸り、早速取り入れました!
誰だったか忘れたけど、ありがとう!助かってます!

栗と安納芋の入ったカンパーニュ・・・・。
a0126929_12172841.jpg

ええそうです、水分量間違えまして・・・。
折角酵母が安定してきて美味しいパンの季節になってきたというのに、久々のカンパーニュということで気を緩めすぎました。
でも、我が家のゴパンカーニュの特徴はそのままで、外側バリッの、中もちもちは死守。

安納芋はダッチオーブンで焼いた残りなのですが、栗はムスメが「食べたい」というので、運動会代休だった雨の月曜日に買い出しに行きました。
色々疲れもあり、つい、真空パックされている甘栗でごまかそうと手にとったところ、本物の栗の入ったネットを握ったムスメに一言、
「そういうんじゃなくてさぁ、ちゃんとやろうよ!」とカツを入れられました・・・。汗
そんなこと言うムスメに・・・・あたしがしたよね、食育頑張っちゃったよね!(後悔?)

仕方がないので、圧力鍋で炊きました。ま、あっという間でしたけど。
そして、実に楽しそうに手伝って、その後絵まで描いていました。(栗剥き中の自分らしい。)
表情怖いけど。。そこに窓ないと思うけど。。
a0126929_12244565.jpg


でも、安定のチョコチップ入りパンもあり。
豆乳プチパンです。^^
a0126929_12253632.jpg


パンの他に、こちら、フルーツビネガー2種。
a0126929_12265323.jpg

去年大量に仕込んだ有機のすもも酢と、甘夏生姜ビネガーが底をつき、今回は冷凍のオーガニックストロベリーとブルーベリーの、「ベリー酢」と、「キウイ&ラ・フラン酢」。
過去最高かも・・・。っていうか、自画自賛のおめでたい性格ってラク。美味しい。
チューハイやビールもお風呂上りに飲むけれど、最近はヤクルトかフルーツビネガーという健康的な平日にしております。その代り、休日は、飲む!

ちょっと健康を意識して(?)、まだまだ暑い日もあるけれど、体を温める季節になってきたということで、ショウガを多用しております。
冬野菜、それも白菜が大好きなワタシとムスメ。
まずは、キノコと白菜、根菜の生姜餡かけ丼。
a0126929_1230476.jpg

どどんと!
オトーチャンはラーメンに乗せたり。

a0126929_12302754.jpg

生姜を意識しすぎて「真っ茶色弁」になった、夜ごはん用のお弁当。
雑穀と生姜の炊き込みご飯、肉団子の酢豚風、焼き芋、根菜と牛肉の時雨煮。
a0126929_12315682.jpg

作っておいて、帰宅したらスープと共に「玄関開けたら二分でゴハン」。

a0126929_12323129.jpg

こちらは、昼用お弁当。
お友達と食べるおむすび弁当は、それだけで十分楽しい♪

a0126929_12331687.jpg

a0126929_12335387.jpg

晴れ間が貴重に感じる今年の秋。
晴れた日は、家じゅうのリネン類、ソファカバーにカーテンを引っ剥がしてゴーゴーと洗い、その間カーテンレールの埃や、ソファの間のゴミを吸い取り、家じゅう秋の大掃除♪
ぐりとぐらのように、窓を開け放つ前後(春と秋)に我が家は大掃除週間をとっています。

そして。これは。
a0126929_123533100.jpg

a0126929_12354314.jpg


備蓄と実用を兼ねた、水。

ちょっと気の利いたビストロあたりで、よく富士ミネラルウォーターの瓶(フジとは限らないけれど、ここの瓶が一番好き)がテーブルにドンとサーブされていたりして。
独身時代から、何度か使っていたのですが、その都度上記の大量に仕込んだビネガーやら、シロップやら、色々作って入れてどなたかに差し上げたりして、今現在はなかったので、震災の備蓄もかねてひとケース注文しました。
我が家は浄水器は最高級のものを使っているので、これで毎晩沸騰させた白湯を冷蔵庫にスタンバイ。
a0126929_12374929.jpg


a0126929_1238093.jpg

a0126929_12381137.jpg

性懲りもなく、ネルも時々縫ってます。笑
[PR]
# by pechopiano | 2016-10-06 12:38 | Comments(4)
弁当ライフの終わりと始まり。そしてススメ。
夏休みが終わり、預かり保育のお弁当ライフが終了しました。
a0126929_12344236.jpg

a0126929_1234552.jpg

(キャベツや根菜、スパイスがたっぷり入ったキーマカレーはムスメの大好物。)

が。

「夜ベントーライフ」が始まってます!?

a0126929_1236519.jpg

a0126929_12361729.jpg

(後ろは、久々の湯捏ね葡萄パン♪)
a0126929_1236506.jpg


色々シーズン柄忙しく、本当に忙しく、はやりの時短家事の本を色々買っては、生徒さんのお母さま方と自分のためにもレッスン室の待合室に置いていますが、その素敵時短ライフの頁をめくる時間が当方まったくとれないほどに。

朝の時間も昼の時間も夜の時間も足りない!ということで、思いついたのが「レンジでそのまま温められるお弁当箱」。

いつ思いついたのだろうか、とにかく「!」と。
最近のお弁当箱は、プラスチック製でもレンジ対応のものが多いだろうと思うのですが、我が家のお弁当箱は、金属か曲げわっぱが主流で、プラスチックも少しはあるけれど、なんとなくレンジにかけるのは抵抗があり。

そこで、出先のスマホから色々検索してたどり着いたのが、萬古焼の蓋つきお弁当箱。
こういうの、数年前に結構出ていたような気がしたのだけど、最近は見かけなくなっていたので(ワタシが買い物に出かける時間がないだけかもしれないが)、シンプルな造りと色と、リーズナブルな価格に嬉しくなって、とりあえず3つ購入。

とりあえず3つ、というのは、我が家は3人家族ではありますが、誰がどこで食べるかは、曜日によって変動的でして、私の仕事が遅くなる日は母に来てもらってムスメと一緒に食べてもらっていることもあり、そういう日も「とりあえず3つ」作っておくと、丁度良く。
平日の晩御飯は基本的に職場のオットにも、翌朝の分としてつめて冷蔵庫に置いておくと、これまた朝便利。

そしてこのお弁当箱は、陶器のおひつとして使われているものと同じ素材ゆえ、レンジで温めると、ゴハンがふっくら艶々で美味しい!のが嬉しい誤算でした。^^

レッスンやら家事やらの合間にちょこちょこ野菜を軽く調理したり、作りおきタワーと冷蔵庫の食材在庫、各々の好みも多少考えながら、根菜と牛肉丼の人とか、ピーマン肉詰めがメインの人とかとか家族の顔を思って詰めて。ご飯は薬膳雑穀米を炊いてみたり、丼ものっぽくしたり。
a0126929_1250208.jpg

a0126929_12503777.jpg

a0126929_1251440.jpg

数日前にチラと立ち読みした女性誌で、有元葉子さんが「家に帰るとお弁当が待っている嬉しさ」と、お弁当特集で語っておられたのもまた、丁度気分いいです。笑(レベル全然ちがうけど。笑)

とにもかくにも、出ずっぱりだった週末にも大活躍だった陶器製お弁当箱。
帰りが微妙な時間帯になり、ムスメが好きな無印に居たこともあって、『MUJIカフェで夕御飯食べて帰りたい!』と言ったのを、お弁当出来てるし、と思って帰宅することができまして。
疲れている日の疲れている時間帯に、手ごろに丁度良い塩梅のゴハンがささっと頂けそうなシチュエーションだと、帰宅して簡単なものとはいえ並べて片付けて・・の一連を思って、つい「まいっか」と安きに流れてしまうところを、帰りさえすれば本当に「即食べられる」(そして支払いなし、ここポイント)と引き留めてくれますです。

帰ってきて、お味噌汁と温かいお弁当を食べると、やっぱり家でリラックスするし、あーよかったな、と思うので、ぽっとできた時間でおかずをちょこちょこ作って詰めておけばいいこのスタイル、週の半分くらいずっと使いそうです、ワタシの仕事スタイル上も。

ちなみに、詰めているとよくわかるのですが、銘々にゴハンよそっておかずよそって・・・より、格段に量が少なくなるゆえ、何気にダイエットにも一役買っている感じがする!?
お皿だとお代わりすることが多いのだけど、お弁当箱って「そこで完結」しているため(そして、折角洗い物も少なくて済むため)、食事もそこで完結。笑
海外では日本のお弁当がミラクルボックスだと言われるのが、夜食べてみて実感。
ちょっとおなか周りがすっきりしたような(気がするだけかもだけど)。
そして時間は確実に短縮。
お弁当箱、買い足そうかな。(←悪い癖出没。)

そして、ムスメの度重なる催促により、冬に仕込んだ我が家のお味噌を、解禁!
a0126929_12513541.jpg

味噌を舐めるのが大好きな不思議な6歳児、味噌ツボ抱えて味噌ばあ現る・・・ってな感じに舐めてから満足して、この日は寝ました。

コチラ、少し前にいろいろ作った夜中。
a0126929_12541813.jpg

塩麹にヨーグルト、自家製ヨーグルトによる酵母による自家製イングリッシュマフィン(しつこい、笑)、そしてグラノーラはココアバージョンにしたら、ムスメに大ヒット!今日は幼稚園から戻ったら、バニラアイスにこれを振りかけておやつとするそうです。
a0126929_1254299.jpg


と。
ヘルシーぶってみましたが、土曜日のランチの図。
a0126929_12563781.jpg

吉祥寺の本格派バーガー、オットと同じ量(厳密にはそれ以上)を平らげる四十路。
ヘルシー弁当ライフ、帳消しか!?
[PR]
# by pechopiano | 2016-09-12 12:57 | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
ひゃーーー!!!彩ちゃん..
by pechopiano at 00:14
はじめまして、ステンレス..
by ヒコ at 02:21
> pomさん 疲れが..
by pechopiano at 23:22
ご返信いただきありがとう..
by pom at 15:11
> pomさん あは、..
by pechopiano at 23:40
> missviolet..
by pechopiano at 23:36
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧