ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
船旅その2
ゆっくりする筈だった日曜日でしたが、やりましたぜ、怒涛のワイシャツ7枚アイロンがけ!笑

大変だから、クリーニングに出しちゃえば?と言うオットに、ちょうど雨で乾かないし、そうだねぇ・・・と頷きつつ、とりあえず下洗いを…とゴシゴシやっていると、ワイシャツのみ7枚も洗濯したことはないので、この際まとめて漂白しようと思い立つ。
合成洗剤を使っていないため、どうしても少しずつ黄ばんできている気がしまして、だけど折角オーガニックのタオルで揃えているのに、普段の洗濯に合成洗剤を混ぜたくはない。
ということで、昨日は「ワイシャツ徹底クリーンアップ」と題して、クリーニング屋さんに扮していました!?
綿100%のオットのシャツは、アイロン掛けもなかなか手ごわく、7枚まとめてというのは結構なお仕事なのですが、クリーニン屋に出したら1日2日は帰ってこないわけで。
お店の様に、ずらーーーっっと十数枚のワイシャツを、クロゼットに折り目正しく並ばせるのが、いつの間にかワタシの満足心をそそるようになってしまったため、昨日はオットが戻るまでには、そのようなカタチにリセットしたい!と疼いたわけでして。相変わらず融通のきかない性質しております。。。

昔から、お金を出し惜しみしないところと、異様にケチなところが共存しているらしく、基本的に「手間に払うゼニはねぇ・・」という感覚があります。
一人の時は、かなり不便であってもタクシーには乗らず、30キロのスーツケースであっても、宅配便を利用することはなく、自分がちょっとやってしまえば出来るものへ、手間賃のようなお金は払いたくない。
そんな理由もあって、たとえ1枚100円であろうとも、「モッタイナイ」の精神が、私の主婦の部分のプライドっていうことで!?
Ravelのツィガーヌの、あの厄介な間奏、「♪れれどしらしどれ ふぁふぁふぁど ふぁふぁふぁど・・・」の連打が、たとえ海の上の湿気たピアノであっても(あればあるほど)、「ふぁーどふぁーど」ってもしもなったら、死んでしまいたいカモ・・・( p_q) というのが、ピアノ弾きの部分のプライドであるように!?

そう、肝心な、ステージの写真を忘れたワタシは、ピアノ弾きなんだろうか??汗
ちょっとレトロな昭和のステージ!みたいな、もしかして舞台が回っちゃったりするんじゃ・・?!と思しき「エンターテイメント劇場」で、ピアノはもちろん白!笑
面白かったので、リハーサルの時に撮ろうと思って、すっかり忘れてしまいました。^^;
メインのステージでは、ViolinistのAちゃんが「震度3の中で弾いてる感じ」とトークしていた通り、ちょい揺れが伝わってくる感じでしたが、翌日のサロンコンサートは、震度5でした・・・。
一昨年も感じたことでしたが、床が定まらないと、テンポってヒジョーにとりにくいのね?!と、弾きながら自分のバスがうろたえていることに苦笑い。人間のビート感の居場所を知らされた気がします。^^
だけど、面白かったです、お客様はご年配の方が多く、豪華客船に乗るくらいなので、お金持ちのお上品な紳士淑女が多く、温かい雰囲気がすごく心地よかったのでした。

ソレデハ、ちょっとここらで写真を挟んでみます。(青葉マーク中。)
a0126929_14134715.jpg


ナニがそして、我々を最も爆笑に導いていたかと申しますと、このクルーズを企画している会社の、なんとも温かくユニークでひょうきんなやりとり!
「就職するなら、こんな会社がいいねぇ~~!」と毎度笑っておりました。
更に、4ドルフィンズという、お船専属のバンドがいるのですが、彼らの笑顔ったるや、まーったく邪気がなく、特に打楽器担当のオジサンの、マラカスを振る笑顔ったるや!!
「そ~~~んなに、楽しい楽器だったっけ??マラカスって!?」と、自分のマラカス感を揺さぶられるくらい、全身で歓びを表現しながら、シャカっシャカシャカッって。彼の細胞全部が、歓びで包まれている笑顔で、・・・あっち(マラカス)の方が、だいぶ面白そうだゾ・・・と一瞬ピアノよりも良く見えました。

お互い親から譲り受けた、良く働く肝臓に身を任せ、夜な夜なバーに繰り出しては、ある時は上品(?)に、ある時はクルーズの会社の方々と爆笑しながら愉しい晩を過ごしていました。
その中でも最も良く飲んだのは、利尻島にて企画されていた、「はしご酒クルーズ」!笑
見よ、この島全体を巻き込んだ、深夜の盛り上がりを!?

a0126929_14143015.jpg


1500円のチケットを受け取り、それを持って、利尻島内の指定されたバーを3軒はしごするのです。時間制限は1時間半で、地図を頼りにそれぞれあてがわれたバーへ行き、飲み干したら次なるお店へ。
私たちは7人程度でぐるぐるとまわり、段々ただの酔っ払いになっている我々を、愛ちゃんは引率者のごとく「ハイ、みなさん、次はこちらの道で~す」と、地図を片手にしっかり案内。
ハ~イとフラフラついてゆく、5,60代のオジサンオバサンたち。笑
はしご酒は楽勝な酒飲みの面々でしたが・・・・、島おこしとも思える街全体の盛り上がりにより、例によってかなり豪勢な夕食を頂いてクルーズに参加した私たちを、サービスのおつまみが襲うわけで・・・。く、くるしい・・・・。
隣に真新しい参加者がやってくるたびに、「これっ、これ、どーぞ!!」と、テーブルのおつまみを「置き逃げ」し、同じ腹もちで絶句する新参加者を後に、逃げるように次の店へ。笑

いや~~~、楽しかった。
景品の利尻昆布は当たらなかったけれど、とろろ昆布はもらえたし、なにより楽しかった♪
知らない最果ての島で、こんなにも酔っ払いきれる危機感のなさが、すばらしいですね。びば、さけ。

あんまり飲んだっくれ話ばかりだと、誤解を生みますゆえ、利尻の小学校で演奏した後に連れて行って頂いた、沼ツアー(笑)のショットを載せて、第三段へ続きます。
↓ オトタマリ湖。
静かな静かな風景でした。お天気が良いと、湖面に鏡のようにそっくり山間が映るそうで、この日は曇っていたけれど、それでも美しい、印象派の絵画のような風景でした。

a0126929_14155628.jpg


礼文島には、かもめがワサワサ飛んでいました。かもめ食堂を思い出しました、港町。

a0126929_1417932.jpg


つづく。
[PR]
# by pechopiano | 2009-06-22 14:17 | Comments(4)
帰港♪
♪ゆれるぅ~ 揺~れるぅ~よ 地面~は ゆれるぅ~~~~・・・♪

(中島みゆき 「時代」 、サビのメロディーでお歌い下さい。)


ガリレオ・ガリレイから4世紀近くの年月を経て、ワタシは今日は真実をお伝えできます。自信を持って。

「それでも地面は揺れている」


・・・ということで、5泊6日の船旅から、本日無事に帰港しました♪
廻ってきたのは、日本の最果ての地「利尻・礼文島」です。
2度目の「船の上のピアニスト」(正確には、オランダアムステルダムを含めると、3度目)・・・でしたが、自分は三半規管が弱い、という事実を何故かいつも忘れているわけで、しかしこれまた何故か、弱い割には船に御縁がやたらとある気がします。神津島へ激しく揺れる船で、演奏会へ向かったこともあったし、オランダのハウスボートも身近であったし。
・・・人生ってのは、結構そんなものです。

しかし、船酔いっていうのは「慣れ」が大きいとも聞く故か、今回はベタ凪の恩恵に授かった故か、一度も酔い止めを服用することなく、なんやかんやと無事4ステージほど演奏させて頂きました。
「こ~~れは、味しめたぞ・・・」と、船酔い克服を確信した帰路でしたが、、、先ほどから地面が揺れ始めています。。。ま、軽いので、ヒャヒャヒャ!と面白がっている程度ですが。^^;

それにしても、どんなに激しい難破船(は、やだけど)であろうとも、船の上でのお仕事、これほど・・・・美味しい話っていうものが、世の中にあって良いのだろうか???ありがたすぎる・・・。
文字通り「美味しい」お仕事であった報告は明日するとして、本日は新規ブログを利用して、いったいどれだけ写真が載せられるんだ??に挑戦です。

まずは、「にっぽん丸」全貌。
総トン数、21.903トン。このご時世にもかかわらず、大人気らしく、ほぼ満員の(乗組員合わせて)500人以上が乗船しました。
a0126929_237325.jpg


こんなデッキで、優雅に素敵な時間も過ごせます♪
a0126929_23104360.jpg


とある日の、デザート。
食事は、ものすごく贅沢で豪華。毎度フルコースながらも、味付けは実に優しく、お野菜たっぷりで、生まれて初めて頂く珍しい食材も沢山で、お客さんを飽きさせません。(詳しくは後日。)
a0126929_23125954.jpg


運航室、特別公開日に♪(凪日でないと、できませんね。)
a0126929_23141416.jpg


プールもあったし、図書室まであります。
a0126929_23151314.jpg


うおー、どこまで載せられるんだ?写真!?
・・・ということで、続く。
(↓ 日没寸前の、雄姿。太平洋に沈みゆく茜色の太陽は、どんな絵画にも勝りました・・・!)
a0126929_23171435.jpg

[PR]
# by pechopiano | 2009-06-20 23:18 | Comments(2)
移転しました
ちょっとばたばたしているうちに、ちょーっと日記を書かなかったら、突然使えなくなっていました、以前の日記帳。。。
ワタシの日記は、blog自体が流行る少し前に始めたもので、正確にはblogという形式ではないものだったのです。

前から、blogの方が、使いやすいよ~・・・と聞いてはいたのですが、特別に不便もないし、第一(ここまでツラツラ書きなぐっておきながら言うのもなんなのですが!?)、日記はあくまで単なる遊びなため、形式にこだわりはまったくありませんでして。
一日に何度もブログをちょこまか更新するようなblog victimと思しき状況を拝見すると、イコールそれがブログユーザーみたいなイメージが勝手に私のアタマの図式に出来てまして・・・^^;
ということで、この一方的な書きなぐり日記にして、「一日写真も文も1こ限定!」っていうローカルシステムの方が、ちょうどいいと思っていたのでした!?

何も知らずに、昨日新幹線に乗っていた時間があったので、携帯から書こうとしたら・・・・、「突然ですが、終わりました」みたいなビックリ展開!
えーっ、もっと早く言ってよー!!夏の終わりに、冷やし中華終わりましたっていうんじゃないんだからさー!と、ちょっとうろたえました。^^;

ってなことで、早くに知っていれば「これでおしまいですー」とかけたのに、それすら載せられなくなりました。。
ちなみにHPも、ずーーーいぶん昔に、Macで作ってもらったため、自力ではまったく動かせず、どこにもお知らせ出来ませんで(汗)、いっそこのままトンヅラ(!?)するのも悪くないと思ったのですが、、、一応続けたら??というお声を頂戴しましたので、コソッとこちらに移動です。
ちゃんと把握して使えるようになったら、こっちの方が便利かもしれないし。^^

ま、相変わらず、テーマもなければ一貫性もない、ただの日常劇場ですが、気が向いた方は気が向いた時にでも、暇つぶしに覗いてみてください。
時折、しゃべるように書きなぐった結果、あまりに長くなり、ご覧になると目が悪くなるかもしれませんので、適当なところで閉じてください。

ということで、初めてBlogに写真を、実験的に載せて見ます。・・・のっけられるかしら??

新幹線の中で、ダブルメロンパン中…の図。
愛飲の三年番茶を水筒に詰めて、メロンパンを買って乗り込むと、「おめざ」として、フレッシュジュースと新たなるメロンパンがやって参りました♪カスピ海ヨーグルト入りだそうで、美味しかったです。
メロンパン好きには、2つでも3つでも歓迎なので、感謝して完食!
ということで、ダブルドリンク&ダブルメロンパン。

a0126929_12122232.jpg

今月末で、有無を言わさず抹殺されるらしい、過去の日記。↓  それにしても、独裁的なやり方だな。笑
http://diary5.cgiboy.com/2/pecho/index.cgi?mode=out
[PR]
# by pechopiano | 2009-06-14 12:56 | Comments(9)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ユカさん、コメントをあり..
by pechopiano at 23:04
pechoさんお久しぶり..
by ユカ at 18:04
ebiさん、コメントをあ..
by pechopiano at 14:59
初めまして。以前からこっ..
by ebi at 13:00
すみません! 覚えてい..
by pechopiano at 22:50
覚えていらっしゃるかわか..
by もう一人のpecho at 01:11
こうこさん、はじめまして..
by pechopiano at 11:59
こんにちは!初めまして!..
by こうこ at 12:49
>彩ちゃん、そうだったの..
by pechopiano at 23:07
ヒコさん、こだわりのアラ..
by pechopiano at 01:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧