ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
走れない、という盲点
今日は、朝から忙しく、全然歩きに行けないし、昨日は結構カロリー摂取したし・・・で、夕方ようやくカラダが空いたので、「ヨシ、いっちょ買い物ついでに歩くべ!」と、傘も持たずにでました。
・・・・だって、15時くらいから晴れてきてましたし、「ホント、最近あんまり天気予報当たらないよな~」と空を見上げていたので。

先日遊びに行った姉宅で、パスタと言ったらプッタネスカ(「娼婦風」ですね。トマトソース)が大好物の姉が、作らない割にはソースの研究には余念がない様子だったのに刺激され、丁度賞味期限が切れそうなアンチョビもあることだし・・・と作っておいたわけです。↓

a0126929_21332242.jpg


そしたら、美味しい。笑
娼婦が、夜遅く(明け方なのか?)帰ってきて、サッと作れるという辺りからネーミングされたというだけあって、ケイパーやオリーブ、アンチョビなどの、日本でいうところの「梅干し、佃煮、ニシンの缶詰」みたいな保存食で出来るところも、常時材料が揃っていて尚ヨシ。
ヒットだったので、残りのアンチョビを全部使って、ソースを大量に作っておこうと、オーガニックトマト缶を散歩ついでに仕入れに行ったのでした。

おもてに出た時、ぽっ・・・と、ポチッまでもいかないくらいに、頬をかすめた「ような気もする」雨。
一瞬、今日は室内干しして、最後の乾きだけ晴れてきた外に任せようと、テラスに出した洗濯もの(9割乾いてた・・・)を取り込もうか考えたけれど、そのままズンズン行ってしまった。。。
そしてスーパーから出た私が見たものは、雷と豪雨・・・・・・。
ちょっと半べそ。(T-T)
しくしくしくしく俯きながら、洗濯もののために徒歩5分の道のりを、大急ぎで家に向かうも・・・・、妊娠して以来初めて、「走れないっって!!!!」と、かなりもどかしく思いました。
もう大分お腹が大きいので、あまりせかせか歩くと、すぐにお腹が張ってきちゃうので、革の靴と鞄を必死にトマト缶でかばいながら(無理だっちゅーねん)、「聞いてないよ~~~!!」と、空に向かって内心叫び、いやいや、、、「言ってたよな、散々・・・天気予報がさ・・・」と、中途半端にあたった予報を逆恨み。

途中、同じく傘を持たずに、「ちょっと出て見た風」のおじいさんが、それはそれは大事そうにダックスフントを抱えて、ちょっとマイッタな・・・という照れ笑いのような表情で歩いているのを見た時、私もちょっと可笑しくなりました、客観的な自分の姿が。笑
イヌなんて濡れたって、本人(本犬)は一向に構わないだろうに、おじいさんってば、自分はずぶ濡れなのにダックスを必死に抱えてる。
ダックスも、気持ちを汲んでのことなのか、「感謝申し上げマス」といった表情で、大人しくおじいさんの目を見上げながら、腕に抱かれている。
思わず私も、「まいっちゃったねぇ~」と、お腹スリスリして、ずぶ濡れのままちょっと頬をゆるめて帰宅しました。
油断大敵ですな、走れないんだから。。。

さて、昨日は久々のビストロでした。

a0126929_21461470.jpg


「ブルゴーニュのお料理とワインを楽しむ夕べ」という会にお誘いを受けて、神楽坂のMaison de la Bourgogneというお店に行ってきました。
・・・・って、ワインを楽しむ?!?!
お誘いを受け、現在お酒が頂けないので・・・と一度はお断りをしたのですが、何故かワタシが「料理に造詣が深い」・・との何らかの完全なる誤解により(笑)、参加させて頂くことに。
外からは何度か見ていたお店でしたが、中に入った方がずっと落ち着き、更にお料理もどれも美味しく頂きました。
ポーチドエッグがあまりにも美しい出来なので(笑)、コツを聞いたら、手順はワタシと全く同じで・・・・要は腕ね、ということもわかりまして…。^^;

濃厚なお料理たちに・・・ノンアルコールとは、殆ど拷問に近い状態ではありましたが(笑)、皆さんワインに本当にお詳しく、(ワインの)資格試験の内容を話し合ったり、フランス大使館にお勤めだったり、大手お酒メーカーにお勤めだったり、食とお酒に造詣が深くて、素敵な方々でした。
専門分野の研究などで、日々お忙しい傍ら、こうして、アフターファイブ(っていう言い方は、もう死語?)を愉しめる、沢山のスウィッチを持った人生っていうのが、理想だな~とますます思う最近です。

出かける前に、夏野菜を、クリステルの鍋に大量に煮込み(ラタトュイユ)・・・

a0126929_21354319.jpg


ポテサラはいつもの手順に、少しヨーグルトを足してさっぱりさせ、、、

a0126929_2136293.jpg


パンも今朝用に焼いておき・・・

a0126929_21361694.jpg


今朝は、パニーニとラタトゥイユと、ポテサラ・・・と。
全部、前日に作り置きしておけるものになりました。笑

a0126929_2136374.jpg


いつも、ペロッと食べていますが、買い物をしていると実感する、凄い野菜の量ではあります。
この程度の朝食(え?十分大食い?)の中に、野菜だけでも「にんじん、キュウリ、玉ねぎ、とうもろこし、ズッキーニ、トマト、茄子、いんげん、ピーマン、エリンギ、にんにく」が入っています。(all organic!)
ビストロで、たまにお肉中心を楽しんだりするには、やっぱり日々の野菜の底力が必要かな、と思いつつ、どちらも美味しく頂ける日々に感謝。^^

ちなみに、パニーニ用のパンは、フォカッチャでも勿論美味しいけれど、天然酵母で焼いた「ハイジの白パン」にすっかりハマッている最近は、こちらの方が軽くて、パニーニにも良いんじゃないかなと思い、2時発酵の時点で形を変えて幾つか焼いておきました。
・・・断然、こちらの方が好みでした♪^^
大きさの割には軽くて、お腹にサックリ収まり、今日はシンプルにハムとチーズのとろ~りパニーニでしたが、プッタネスカソースを使っても良いし、しばらくまたハマりそう?!
(二次発酵も、時間をいつもより長めにとったら、モチモチ度合いが増して、すごく美味しい!)
[PR]
by pechopiano | 2010-05-20 21:43 | Comments(2)
Commented by Jin at 2010-05-21 10:47 x
私も遭いました、雨に!
丁度ぺちょさんと同じ位の時間に仕事で外出していたのですが、濡れ鼠になってしまいました。
ところでパスタについてですが、私は昔、ヴォリュームのある、カルボナーラやミートソース系なんかを好んで食べていたのですが、ここ何年かはペペロンチーノがパスタの行き着く先なんじゃないかと勝手に思ってます。勿論具だくさんでおいしいのもいいんですが、麺の味で勝負!となると・・・という感じです。うどんの釜揚げに通ずるところがあるのかもしれませんね。(年のせいかも・・・)
でも、これもおいしい店というのには、トンとお目にかかれない。ぺちょさんを見習って、じぶんで作るしかないのでしょうかねえ。
今もありますが、”壁の穴”という店(御存知?)で20年位前に食べた時は感動するほどおいしかったのですが・・・。思い出を美化してるだけなのか?(笑)いまは、量を増やして質を落とす、という感じです。
Commented by pechopiano at 2010-05-22 20:24
「壁の穴」、知ってますよー。
その感覚、わかります。私も20年くらい前まで「このバナナクリームパイよりも、美味しいケーキなんて、世界中にないだろう」と思い込んでいた、地元の小さなケーキ屋さんのパイを、数年前にフと思い出して食べました。
・・・・え?これだったっけ??と、随分色褪せた遠い味に、「作り手が変わったのか、自分が変わったのか・・・?」とちょっとショックだったことがあります。
で、恐らく後者だと思うんですよね。
自分が、というより、この20年で日本の食が、本当に(もともとの日本人の繊細な舌の追求の末、の現象ですが)レヴェルが高くなり、もっともっと美味しいものが「普通に」流通しだしたのだと、私は思います。

ピアニストのM.アルゲリッチ氏にして、「世界で一番美味しいパスタは、イタリアにあるわけじゃない。渋谷にある。」と、言わせしめる東京です。笑
事実ヨーロッパで「日本のどこ?」と聞かれて「トーキョーだよ」と答えると、「う~ん、デリシャスな地だよね、あそこ!」と言われる確率非常に高いです!
<< もう・・・・やるトコないハズ?! あっちぃ~~ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧