ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
-
昨晩、ワタシのお気に入りの看護師さん(「まいうー」の石ちゃんにそっくり)が、彼女の特徴である「ノックと同時に既にベッドの脇に立っている(つまり、ドアを開ける方がノックよりも先に行われる)入室の仕方」で、どうですか〜調子はぁ〜っ…と、いつもより若干興奮気味にやって参りました。

彼女が伝えたかったことは、「今からお産になりそうな方がいるから、お産に入っちゃうと、ナースコールの対応が遅れがち」という事柄で、私の目には懐かしいポケットベルを白衣のポケットからチラリと取り出しました。
「繋がらない時は、こっちの番号に押してね」と、見るからに人の良さそうな、褐色の笑顔で仰るので、あぁこれから、この方たちにとっての、さしずめ「本番」なんだな、と想像しました。

少しの興奮と、紛れもない喜びの間に見える、誇り。
良い仕事なんだろうな…ということが、瞬時に伝わってきました。
現場にいる人の表情は、それについての説明や文章などよりよっぽど、的確な説得力で、その仕事内容を悟らせる力を持っているようです。

私も、「これから産まれそうな方がいらっしゃるのですね!?!?」と、つい興奮!
これぞまさに「明日は我が身」なワケですから、なんとも言えない臨場感が胸に迫り来るワケです。
安産だと良いですね〜!!と掛けた私の言葉を背に、石ちゃんは、ウンウンと軽い足取りで、踊るようにあっという間に退室していかれました。

朝、「昨日の方は、もう産まれました??安産だった??」と聞いたら、すぐに産まれたそうで、なんでも3人目のお子さんでベテランだったそうな。…いいなぁ〜♪
一方で、我が家の逆子ちゃんは、どうやらワタシが起きている時間は、一緒に起きているらしく、結構遅い時間までずっと本を開いると、「もしかしたら、キミも頭を下にしようと躍起になってる??」と思わせるような、活発な動きをし続けています。…なんだか知らないけど、やたらと切羽詰まった動きっていうか、限られたお腹スペース内を、それなりに傍若無人にゴゴゴゴ…と。汗

なんだけど、どんなに動いても、頭は右か左であって、一瞬たりとも下にはこない。。。
こりゃ、帝王切開決定だな…と、ワタシとしては確信していて、そしてそれはどちらかと言えば諦めに似た感情なんですけれど、先ほどやってきた若い看護師さんから、「帝王切開、…イヤですか??」と逆に聞かれたので、イヤっていうか、初産が帝王切開だと、次もそうなるって聞くし…とか、自分としても自然分娩と帝王切開の良し悪しに、曖昧なラインしか持っていないな、と再確認。
更に彼女は「私は帝王切開が良いですけどね〜」と、サラリと言うのでびっくりしたら、数々の分娩を見ていて、陣痛のただならぬ苦しみに加え、自然分娩で上手く産まれるというのは、分娩中の数々の「上手くいった経過の重なり」の結果であって、実際には(逆子でなくとも)自然分娩の形というのは、あまりにもリスクが高い、と。

最近は、分娩時の事故は殆どないし、皆普通に生んでいるかのように思われるけれど、「分娩中に危険が生じて結局帝王切開」というパターンも、かなり多いと。(…確かに、周囲にも多い。)
それはやはり、いかに自然分娩での出産が大変なことかということと同時に、帝王切開がいかにリスクのない安全な出産かということで、先生いわく「究極の無痛分娩」だそうで。

そんな本音を看護師さんに言われて、かなりびっくりしたのですが、そうは言っても、じゃあ逆子でもないのに「帝王切開して下さい」と志願する(そして実際に行う)人は、いないですよね??と聞くと、それはいないと。
いわく、手術というのは医療行為であるから、どんなに(自然分娩が、不条理なほどに)苦しい行為だとしても、何もわざわざ医療行為を施さないで収束するものには、手を施さない、という理由だとか。

勿論、それは彼女の個人的意見が多分に含まれているし、帝王切開は術後が痛くて大変だと思うのですが、傷と痛みの回復と程度にも寄るけれど、自然分娩も結局切る場所があるわけで、術後しばらく痛いことには変わりがないらしく。
彼女いわく、ですが、あの痛みとリスクを天秤にかけたなら、私なら帝王切開を望みますね…と言われ、「ものは考えようだな…」とも思うし、また、案外私はそれについて深く考えてみなかったな、と。

ま、いずれにせよ、ちょっと気が楽になりました。
私には「子供はお腹を痛めて産むもの」とかいう感覚は、勿論のことないし(笑)、10ヶ月もの間、体内で命を育んできた感覚と身体の記憶が失われるわけではないし。
・・・ただ、じゃあどうして自然分娩してみたい…っていう気持ちがあるのかとフと考えてみると、、
結構驚いたことに(!?)他でもない、その「ただならぬ痛みと苦しみ」っていうのを、一度経験してみたいのだったりします?!(^_^;)←マゾ!?
いや、多分これはただの好奇心。未経験者の、知らないが故の、無謀な興味。(笑)
[PR]
by pechopiano | 2010-06-11 09:11 | Comments(2)
Commented at 2010-06-11 16:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jin at 2010-06-11 16:15 x
非公開コメントになってしまいました。伝わりましたでしょうか?
<< - - >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧