人気ブログランキング |

ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
東京都立多摩総合医療センター
昨日は、散歩コース圏内にある「東京都立多摩総合医療センター」へ。

と言っても、散歩じゃなくて、整形外科へ。
ここはもと「府中病院」でありまして、去年、実に立派な新病棟が完成して、隣の癌センターや脳神経外科・内科に旧病棟を受け渡して、でっかくオープン。(って、電化製品店か?)
更に隣接している小児総合医療センターでは、都内最大級の総合周産期母子医療センターとして、私が妊娠中にめでたく(八王子の方から)最先端医療ごと、こちらにお引っ越ししてきてくれました。
「小児ERや小児三次救急など、全国をリードする先駆的な医療を提供するとともに、海外でも例が少ない「こころ」から「からだ」に至る高度・専門的医療を推進する病院として、2010年3月にオープンした都立小児総合医療センター」だそうで。
なんという、タイミングの良さ。心強いです。なんたって、徒歩圏内ですから。

とはいえ、ムスメじゃなくってワタシがちょいと注射一本チクッと打ってもらうためだったのですが、予約時間に間に合うバスに、目の前で行かれてしまい、、、歩いたら間に合わないので、初・タクシー。
CURIOのベビーカー、伊勢丹で売り子さん達が組み立てて下さったおかげで、、、たたみ方を知らない。。
駅前のバス停からダッシュでタクシー乗り場に駆けつけたワタシは、ぜいぜい言っていて、もともとベビーカーっていうのは、「カラカラ」と比較的穏やかに押されるものとしての印象が強いであろう上に、「スミマセン!府中病院(旧名)までなんですけど・・・!ベビーカーたたみ方分からなくって・・・ゼイゼイ(←単に走ったから)」・・・と告げたために、運転手さんは小さなムスメを一瞥するやいなや、トランクにベビーカーごと(たたまないで)ドカンッと積んで、勿論閉まらないトランクの蓋に、臨時のつっかえ棒(?)のような処置をして、「さあ、早く早く!」と言わんばかりの手際の良さ。

タクシーだとものの数分なのですけど、彼はバックミラーで何度もムスメをチラチラ気にして、、、、

何も聞かずに・・・


小児科の救急病棟へ・・・・。



・・・・・そっか・・・、だよね???そう、思うよね??やっぱね???と、冷静になったワタシは、まさか「私が整形外科にチロッと行くだけ」とは言いだせず、思わず、、
「R(ムスメ)!!もっ、もうすぐだからねっっっ!!大丈夫だからねっっっ!!!」と、実際にはタクシーの後部座席で抱っこされている、ご機嫌なムスメの物凄い笑顔を隠す。
救急に法定速度ギリギリみたいな勢いでキュンッと乗りつけてくれた運転手さんに、「あっ、ありがとうございましたっ!!」と、本当は全然特に急いでいないんだけど(間に合ったし)、とりあえず後にひけなくなって、ひとまず小児病棟へダッシュ。汗
人の親切心に、胸が痛んだ火曜日。

にしてもー!

ここはどこぉ~~~?!?!?

a0126929_11483975.jpg


ちれぃい~~~~~!!!!(注:きれい)


a0126929_1149954.jpg


病院ゆえ、どちらかと言えばお年寄りが多いのですけれど、ハイテクなシステムに全然ついていけない。
品川駅で、羽田のチェックインをするようなカウンターに並んで、携帯電話みたいなトランシーバーのような(実際にはポケベルに近い機能の)呼び出し機器を貰う。

a0126929_11493914.jpg


予約されました・・っていうメッセージにホゥと一安心して、その機械が呼びだしてくれるまでは、病院内のどこをほっつき歩いても良いと言うので、早速探索♪
おっ!ドトールだぞ?!

a0126929_1150251.jpg

ドトールも、院内にあっては、至極フレッシュなスポットに感じます。

ローソンで、ちょっと前に話題になっていたウチカフェシリーズなんていうのもチェックしてみたり、書いてみると地味なんですけど、何故か楽しい。笑
うわー、綺麗だねぇ~と、高い天井に癒されるのは、何も都内のホテルのラウンジじゃなくっても良かったのだ、と再認識しながら、キレイな食堂のメニューをチェックしていると、ベビーカーにかけた機器から呼び出しメッセージが。
「えーー、もう~~?!まだで良いよ~~」と、病院で待たされる苦痛な時間とは逆の心境になりながら、残念ながら整形外科へ向かう。
で、肝心の注射をチュチュッと打った後は、小児病棟へ。
授乳室も沢山あるし、広くて新しくてキレイで新鮮で、ここはムスメを連れていくにの、何の心配もない場所だな~と、気に入ってしまいました。

今度出産することがあったら(今のところ考えていませんが)、是非、ここがいい!と思いました。
ま、ここはリスクがある妊婦でないと受け入れてくれないため、私の初産は×でした。(妊娠時は34という、ギリギリ高齢出産に入っていなかったため。)
けど、もしも2人目が欲しくなったら、今度は是非Vバック(帝王切開の人が、次回普通に出産すること)したいという想いがあり、そうするとかなりのリスクがあるため、普通の病院は受け入れてくれませんので、もしも2人目を考えることがあったら、ここにしたいな~と思いました。
っていうか、誰かここで産まないかしら??毎日お見舞い行くんですけど??笑

小児病棟、噂には聞いていましたけれど、見た目も立派で、ムスメやムスメの従姉妹(オット妹さんの子)は、この立地に暮らしていることが、恵まれていると思います。
病院にはお世話になりたくないけれど、でも万が一、ということがあるのが子供。
いざと言う時は、救急車を呼ぶより、車でここに駆けつける方が断然早いという距離なので、心強いです。
そして、私たちも高齢になって病院のお世話になることがあったとしたら(実際に、私の父は何度かここに入院した経験アリ)、最先端の医療がここにあるし、家族にとってはものすごく便利な距離で、私もその頃自転車でお見舞いに来たりしたし、こういう視点で暮らしの拠点を考えたわけではありませんが、とても心強いです。
それにしても、医療はサービス業と言われて久しいけれど、まさに~~と感じた、ホテル並みの設備でした♪

そして、偶然にも、ここに通っている叔母にばったり会い、まだムスメと会っていなかったので(会いたがってくれていた♪)、感激の御対面!?
お腹がすいて、授乳室に向かう途中だったムスメでしたが、とびきりの笑顔で抱っこされて、叔母は嬉しそうにきゃーきゃー喜んでくれまして、良い一日でした。^^

写真は、「サッポロ一番」が好きなオットに、オーガニックなサッポロ一番を?!
a0126929_11531937.jpg


温麺ですけど、夏に頂いた素麺がまだ少し残っていたので、鰹昆布出汁と、鶏ガラの半々であっさりスープを。
豚ひき肉と九条葱、椎茸、生姜、豆板醤を炒めて、もやしをトッピング。
化学合成物質に慣れてしまった舌には物足りないかもしれないけれど、こういう方が身体に絶対いいので、ムスメには「これがサッポロ一番っていうヤツよ」と、教え込もうと思っています!?

こちら、たまには豪勢に?と、黒毛和牛をたんまり買って、すき焼き風の丼ゴハン。
とはいえ、ゴボウ、ニンジン、葱、厚揚げ、椎茸などのお野菜も沢山入れました。
黒毛和牛・・・美味しい。。。

a0126929_11564478.jpg


こちらは、京都週間だった先週(?)、出町ふたばの「豆大福」、手に入ったので祖母と母と3人でお茶♪

a0126929_122448.jpg


甘さ控えめの餡子も、舌触りのいい食感ももちろん美味しいですけど、正直、行きつけの和菓子屋「三芳野」の豆大福、全然負けていないというか、ここの白玉餅の餡子のなめらかさと安全さ(国産無農薬!)の素晴らしさが圧勝だね、ということに。^^
丁度、病院からの帰り道(帰りは、お散歩を兼ねて、ベビーカーでてくてく帰宅)に、位置していたのでたんまり購入してしまった。・・・だ、ダイエットが?!

「一保堂」のいり番茶と急須は、東京で「京都週間」をやっていたワタシに対し、実際に京都へ行っていたオットからのお土産。
炒り番茶、リクエストしたら、、、物凄いサイズが3つ届きまして。汗
現在、我が家はたき火をしたようなスモーキーな香りに包まれています。
今は、基本的に番茶類ばかりしか飲めないので(珈琲も時々飲んでしまうけれど)、こういうパンチのあるものも、気晴らしにいいです。強烈だけど・・。

a0126929_125241.jpg

by pechopiano | 2011-01-26 12:05
<< そして本当に多摩総合医療センター… 生後半年 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧