ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
珈琲事情と、
少し前の話になりますが、仲良しママ友さんたちから、新居祝いを頂きました。

頂きました、っていうと受け身ですけれど、正確には「なにがいい?」と言われて、リクエストしたのが、これ。
a0126929_1428586.jpg

↑リクエストに即答するあたりが図々しいかどうかという議論はさておき、とっても良いのです、これ!
「Kone」というステンレスの珈琲フィルターでありまして、ネットで時折見かけては、「ふーん、いいなぁ。味はどんなかなぁー。エコだよねー。」と、どうにかして購入に至るそれらしい理由にたどり着こうとしていたのですが、いわゆるフレンチプレスで淹れた珈琲が苦手な自分としては、「ペーパーとフレンチの間」と聞いても、今一歩勇気が出ず。というものの、興味も失われず。

ふうむ、こうやって、値段の如何にかかわらず、「あったら素敵だけれど、なくても困らないもの」を贅沢品と呼び、そしてそのようなものを数多く所有することが、「断捨離」の逆をいくことになるのよね・・・ぶつぶつ。
だけど、去ったのだ。あっけなく。
断捨離ブームが。
(ブームだったのか?)

あ、いや、無駄を省いて生きたい気持ちはずっとありますが、あの引っ越しが決まったあたりからの11月末(つまり移動日)までの、「捨てたい、捨てたい、ああ捨てちまいたい!!」の病は、どこへ行ったのであろうか。
私が思うに、あの頃はおそらく「狭すぎる暮らし」に限界が来ていて、今度こそ広々暮らすのだ!!と息巻いていたのが、(当然なんだけど)広いスペースに暮らすようになったら、「別に捨てなくても広々できるじゃないか」というところに着地しただけのことのような・・・。汗

とまぁ、言い訳はともかくとして、「あったら素敵ねー」の筆頭にあった、このちょっとした贅沢趣向品を、もし頂けたならば、頂いた方とも毎度ティータイムに分かち合えるかな?と。
以来、毎日毎日、日課のように愛用させていただいています。

想像していた通り、そして製品のつくりから容易に想像できるその通りに、まさに「ペーパーとフレンチプレスの間、いや、ペーパーに近いけれども(フレンチプレスほど濁らない)、珈琲の油はうっすら残るコク」でありまして!
ネルともまた違うストレートさ、みたいなものがあり、ネルよりむつかしいかもしれないのは、結構淹れ方によって味が大きく左右するところ。
適当にじゃっと淹れちゃうと、ほんと、残念なお味になる。
その代り、いいお豆をきちんと挽いて(中粗びきくらいがよさそう)、沸騰して一呼吸させた湯をゆっくり蒸らして・・と丁寧に淹れれば、ペーパーよりも豆の違いがダイレクトに伝わって、美味しい!そしてコクうますっきり!(って、誰なんだ?わたし。)

とにかく、いいものです。
KONO(ややこしいが、KONO式の方の話です)のドリッパーを愛用しているのですが、ペーパーが円錐式はどこでも手に入るわけでもないので、これがあると便利です。よっぽど悪い豆じゃない限り、ペーパーではなくこちらのダイレクト方式で飲むようになりました。^^
昼ご飯も家で(もしくはお弁当持参で)、コーヒータイムもこのように・・・と、引っ越してからは以前にもまして、外で頂くことが皆無なほど減ったのでありますが、先日夜中に雷にうたれたように、食べたくなったのがコチラ。
a0126929_14295336.jpg

巷で流行りの(?)パンケーキ。
あ、もしかしたらブームは収束したのかもしれませんが、夜中(空腹であった)、ネットで出てきたこの画像に食い入り、頭から離れず、「ついで」ではなく、これを食べにのみ、わざわざ阿佐ヶ谷まで行ってきました。
星乃珈琲、知らなかったのですが、阿佐ヶ谷に住む姉は知っていたようで、「知られざる人気店」だったようです。
チェーン展開している喫茶店ですが、珈琲美味しくてびっくりしました!
店内も、こういった「カフェ」ではない喫茶店の良さを実感する落ち着きで、あの「ついたて」って大事ですね、何気なく一席ごとに、確実にゆるやかに仕切る、っていうついたて。
素敵なカフェはたくさんできている国立市ですが、こういうのもできたらいいのになーと、出来ても家でKoneで飲んでそうですが思いました。

気分だけでも・・・と、お買い上げ。
a0126929_14302593.jpg

本当は、これも目的であった・・・。断捨離、全然向かないようです・・・。

生徒さんのお母様たちにお出しするカップと雑誌、時々ね、変えるのがこちらも楽しいので、開き直って楽しむことにしました。あははは。

ちなみにアラフォーのオンナですけれど、ホワイトデー間近は大忙しでして、昨夜は生徒さんに先月頂いた「友チョコ」のお返し作り。
a0126929_14305789.jpg

今年は・・というか、今年も、我が家の定番のオートミールチョコチップビスケット(しほさんアレンジ)と、ライスパフのチョコ固め。フェアトレード&有機チョコを9割使ったところで、チョコが足りないことが判明し、ガーナを投入。ライスパフは、ひなあられの残りでございます。残り物を贈り物にして、すみませぬ。
a0126929_14312148.jpg

春休みに突入した私立中の生徒さん、「午前中レッスンにしてくださいー」と言われ、さきほど来たのだが、このあと学校のボランティア活動へ行くとのこと。
レッスン後、昼食をとりに自宅へバスで戻る・・・予定が、「きゃー!もうバス行っちゃったかも!」と。

7,8年ウチに通っているのだけれど、いつだって定刻にレッスンが終わらないでしょうに、なーぜギリギリの時間にするかなぁ。笑
聞くと、いったん家に戻ったらお昼を食べられそうになく、ウチで食べてきなさい、ということで鍵盤の後はフライパンを握りました。

「友チョコもらって、お昼まで(デザート付。笑)・・って、ほんと、すみません!!」とウルトラ笑顔でたくさん平らげ、お腹も膨れてお茶とともに寛いでから学校へと向かいました。
キッチンから眺める彼女が、小学校1年生だった頃を思い出し、「こんなに大きくなって~~~」と、じーんと。

最近は忙しくてなかなか練習が捗らないようだけれど、休まないしやめないし(笑)、距離もあるのにどうにかこうにかしてやってくる、可愛い可愛い生徒さんです。^^(見送るとき、「恐縮しないでいいから、練習してきてっ」と伝えましたが。笑)
本格的に音楽の道へ進む子も、あくまで趣味なんだけれども、通学も部活も勉強も忙しいのに決してやめないで細々と続ける子も、小さな時から成長を見続けさせてもらっている、ということ、子供を産んでから特に、その意味を違う角度でとらえるようになった部分があります。

以前は「レッスン代を頂いている以上、確実に上達させないと!」が大前提で、その大前提が大きすぎて、他をあまり考えなかったのだけれど、こうやって「練習はしないけれどもやめたくない」という生徒さんが多いことに、(生徒さんからみたら)「ずっと小さなときから親しく知っている学校外の先生と、音楽だけではなくお喋りしたり、ついでに弾いたり(笑)」、とにかく毎週「通う場所」としての役割が、とても大きな意味を持つような気がします。
実際に、私にとって決して「他人の子」という距離ではないし、レッスン時以外にもちょこまかみんなのことを考えたりするし、有りがたいことに(今は)沢山のレッスン申込みがあって、対応しきれない曜日もあるものの、いらっしゃるほとんどの方のお母様が、「ゆったりした雰囲気の中で、とにかく楽しく、のんびり音楽に触れさせたい」とお考えのこと。

時々、「こんなにお茶ばっかりしてて、弾くのは半分くらいだし、いいのか?!」と思うこともあるものの、今日の彼女の、ニコニコしながらあれこれ将来の話や学校の話を聞いたりしていると、いいのかな、今はこれで、と思ったり。
私の方も、自分の子育ては少人数でも、こうして縁あって来てくれた生徒さんの成長を見つめられること、とても幸せです。はっきりいって、こちらが楽しませてもらってます!笑
自分の子供にも、そういった「小さなころから成長を見続けてくれる大人」としての師を、そろそろじっくり探したいと思う、このごろ。
[PR]
by pechopiano | 2014-03-13 14:31 | Comments(0)
<< 春うらら おひなさん♪ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧