ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
ちょっと自由になるげつようび
なんたる解放感!!!!

木曜夜からずーっと基本ふたり、時々オット(土日朝と、日曜夜)、時々実家に奉公に出しましたが、ひゃー、ちかれる!笑
幼稚園に行くようになってから、踊りも歌も絵も増え、遊びの種類が豊富になったのは喜ばしいことなんでしょうけれど、なんといっても一人で遊ばない!!
「いっしょにあーそーぼっ♪」という第一声から朝が始まり、「まだ遊びたかった!」で夜が更けてゆく・・・といった塩梅に。

4歳まであと一週間、これくらいになってラクになる部分もあるはあるが、こんなにも「ずっと全部一緒に遊ぼう!」では、正直本気で身がもちません。
入園以来、実家に行く回数が激減したため、祖母が(ムスメにとっての曾祖母)首をなが~くして、おもちゃもシールも用意して待っていてくれるのですが、その祖母、以前は「長いこと幼稚園に預けて可哀想じゃないのかねぇ・・」と言っていたその祖母までもが、「・・・こりゃ、幼稚園行ってもらわないとかなわない!もたないね!笑」と、ヘトヘト。

うちの子、テレビ嫌いなので(珍しいのですが、ワタシの影響かと・・)、「これ見てて」的なDVDなどで時間を一分たりとも稼げないのがつらいところ。
「あそぼ、あそぼ、あーそーぼ!!」で、食事を作るも片付けるも、すぐに「来て来て来て」となる4歳弱に根を上げ、テレビで釣れない代わりに「お茶」で釣ってみた。
「どこにもいかないで、家でずっとオカーサンと遊びたいの♪」
って、言葉だけ聞いたら母親冥利につきそうですが、現実はそんなん倒れそうですがな・・ってことでお友達宅1Fの素敵なカフェに、しばし逃げ込んできました!?
a0126929_1358678.jpg


金曜日が、幼稚園からの台風メールで休みになったという、そのプラス一日だけでもこの疲労感。。そして今日は早お迎えの日ですけれど、いつもより一時間半遅くしました・・。
母にも笑顔になれるための充電時間が必要なのだよ。。

といっても、だらりんと出来ない性分でして、今日は以前からどうにかせねば・・と思っていた玄関。↓
a0126929_141069.jpg

たまたま、髪を切ったことをメールに添付した際の写真ですが、、、後ろのド・オレンジのビニールテープには、厄介なワケがあるのですけれど、、、修正までもう少しかかりそうではありますが、とりあえず「工事中」なここを少し目立たなくして、玄関の収納に、金物粗大ゴミを入れたままにしておいたのを、「月曜日はリサイクル屋さんが来てくれる日」ということで、ぜーんぶ無料で持って行ってもらえました♪
IKEAで簡素な棚を入れようかな、とサイズを計って思案中。ああ、こういうことを一人でいじっていると、楽しくて癒される。。笑

あとはちまちまと。
a0126929_1454511.jpg


a0126929_1455554.jpg


ムスメの気楽なお洋服は、「白Tシャツ」と、赤ちゃんのころから変わりません。
白?と思われそうですが、石鹸で落ちないシミがついたら、このように過炭酸ナトリウムでお台所でささっと煮沸消毒ついでに漂白できるので、私のとっては「気楽」な白なのです。
子供が清潔感ある白を着ているのが好きなのと、大人の服に熱いお湯は傷むのでしませんが、子供のTシャツくらいならガンガン洗って、ガンガン殺菌(?)しても、へこたれる前にはサイズアウトします。
ちなみに最も安全で無害な漂白作用の過炭酸ナトリウム、ワタシは主にキッチンで、食洗器の洗浄剤として使用しています。

量が少なくて済むとはいっても、食洗器の一般的な洗剤も、口に入って喜ばしいものでは決してなく、過炭酸ナトリウムは布巾の漂白にも使うし、こうしてちょっとしたシミ漂白、そして食洗器と、キッチンに欠かせないので、ガラスのジャーに入っていつもキッチンにスタンバイしています。
a0126929_1413095.jpg

思いっきり逆光で、どーれだ?状態ですが。
ちなみに、激落ち君的スポンジも、ガラスのジャーにぽいぽいっと入れて、同じ場所にスタンバイされています。
必要なものが必要な場所にあると、掃除が料理のついでの日常化するので、掃除の時間をわざわざ確保しなくても、キッチンをピカピカに保てるように思います。

うちの食洗器は、現在は販売中止になってしまった業務用ホシザキの、家庭用のもの。
驚きの、5分で終わる、幻の食洗器。
血眼になって探しましたが、その時すでに販売中止で、、、なぜこんなにも素晴らしいものが販売中止になるのか、世の中でもっとも合点がいかないよっ!と鼻息荒くしていたところに、友人の母上が「そんなに欲しいなら、あげるよっ!」と、信じがたき懐の広さでもって、譲ってくれた可愛い可愛いホシザキちゃん。

見た目は・・・大分アレなんですけれど、、それ故新しく入れたステンレスのスタイリッシュなキッチンの一部にこれを組み込むことは、工務店が一瞬「えっ・・」と黙りましたが、ひょっとしてうちの家電の中でどれよりも価値があるような気が・・・。
ドイツの有名な食洗器を使っているお友達も、五分で「ぴぴぴっ」と鳴って、ピッカピカのグラスが(温度で)ほぼ乾いた状態で出てきたときは、本気で仰天していました。
絶対、日本のモノ作りは世界一だと思われ。すごくすごく、理に適ってるのです。
ボタンは、スタートと「標準」「強力」のそれだけ。
ガーッッとすごい音がして、バシッと洗って、高温の予熱であっという間に乾く!(ので、もちろんのこと、乾燥機能いらず。)
5分で終わるのですから、電気代もたかが知れています。そして、他の物でも「業務用」にヨワイワタシ、業務用っていうのは余計な機能がなく、一つに特化しているため、壊れないんですよね、単純作業なので。笑
こういうものが(おそらく)採算が合わないと生産中止になってしまうのが残念でなりません!

・・・と、熱くなってみましたので、お昼は夏野菜の牛すじカレー。
この蒸し暑いニッポンで、牛筋をとろとろになるまで下ごしらえしたのだって、焼酎とシャトルシェフ(保温調理ナベ)ですよ、あなた!沸騰したら、その後は鍋任せでとろっとろ。。。日本の製品ブラボー!

それにしても、すっかり暑くなっちゃって、リビングのエアコン本格稼働も近い。(まだ粘ってるアラフォー。)

a0126929_14252743.jpg


久々のパテ・ド・カンパーニュにオットが思いのほか喜んだようで、毎朝ちょっとずつ食べていました。
暑かったり雨だったり、どこにも出たくないなぁという日は、キッチンの窓からひょいと目の前の旬野菜の八百屋さんを覗き、「あ!キャベツ大量に届いたぞ。(近くの畑でもいだものを、直に運んできてくれるので、採れたて)じゃ、コールスローで!」と、献立を、窓から首をだして決める最近。
同じ旬野菜八百屋のもぎたてフレッシュコーンと、焼きソーセージ、無農薬人参などで。
ホウレンソウ炒飯と炒り卵プレートは、ムスメが「ワタシはこれで」と持って行った、きままな朝。
[PR]
by pechopiano | 2014-07-14 14:29
<< 道のりは遠い 七夕ランチ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧