ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
からっとスカルラッティ
明け方は、シトシト雨が降っていて、夜明けにまだ少し濃紺のドレスの裾を引きずったような空の後、小春日和な本日。
湿度はあまり低くありませんでしたが、楽器が鳴る鳴る!!
先日の寒い午後、自分が所有している(いた)合計3台の愛しい楽器の調律を、最も信頼する技術者さんと日程調整をしていたのですが、「ベーゼン、なるべく早く早く」と言いつつ、彼の判断で(暖房器具を「たまに使う」のと「常に使う」のでは、狂い方が違ってくるので)「12月入ってからにしましょう」と告げられましたが、仰る通りでした。
ピアノのプロは、ピアノ弾きじゃなくて、調律師だよなー、とつくづく思って見上げる、小春日和。

今日は、あえて「一番素晴らしい音色」で弾いた気がする!
曲との相性もありますが、なにより楽器はさることながら、ニンゲンも生モノですからね。
こんな気持ちで楽器に向かったことが、なかったのかもしれない?!・・というほど、今日は我ながら素晴らしい響きに(楽器のおかげが大分ありますが・・)、恍惚でした。
カラリと晴れたブルーを窓越しに感じながら、スカルラッティのソナタを弾いたのも、ピタリと合ったのかもしれないけれど、ものすごくハッピーだと、ものすごく音も良くなるらしい!
「ピアノの椅子に31年目」で発見。笑

ちなみに、高校生の時、スカルラッティのソナタを、「壊れたレコードのように、一日中弾き続けていたい・・・」という、これまた壊れた願望が炸裂していました。
スカルラッティ、ハイドン、モーツアルトのソナタに共通する、底抜けの乾いた明るさっていうものが、たまらなく好きだったのでした。
そういう根源的な欲求というか、好みと言うか、そういうものは結局生涯変わらない気がします。フツフツと身体の芯から再沸騰した「スカルラッティ熱」を、余すことなく堪能♪
ちなみにスカルラッティのソナタ(ソロ)は、特に弾く予定がないのですが、灰色をした別珍の重厚なカーテンがかかっているような、ラフマニノフの響きから、一時の解放です。

↓ 「ちょこまか食い」な、ヘンテコな食事の摂り方をした本日なので、夜は鶏がらベースの白味噌コチュジャン韓国風スープだけで。

a0126929_19581661.jpg


若干コチュジャンの腕力が強かったらしく、白味噌ちっくではなくなってしまいましたが、お野菜のほかに、摩り下ろしたにんにくと生姜がたっぷり入っていて、これ以上体温高くなっても眠たいだけなんだけど、身体の芯からぽっかぽかです。風邪予防にもなりそうですが、ああ、眠い。。
豚コマを使わず、常備してある塩豚を、厚切りにして入れたら、そこからも味わいがじわーっと流れ出し、おまけにとっても柔らかくて、意外にもシチューのようになってました。

↓通りかかった薬局で、どう考えても薬を待っているとは思えないエルモが、ドデンと一人分の席を確保していました。

a0126929_19584513.jpg


エルモ、お呼びでないのでは??
[PR]
by pechopiano | 2009-11-25 19:58 | Comments(3)
Commented by Virdis at 2009-11-25 21:52 x
・・・まるで自分を見てるようです・・・   真っ赤なエルモ
普段、こんな感じです・・・わたくしは・・・

さてさて、赤と言えば、、、 今、我が家に、図書館で借りてきた赤い本があります。
表紙の左上に、お子様が書いたような白い文字で、題名が書いてある本でして、、、 
相変わらず、興味を持った物は何でも確かめる習性が炸裂しております。
個人的に、ハチミツクレープとベイクドチーズケーキに惚れました。

スカルラッティって、名前はよーく知ってるのですが、悲しいことに曲が思い浮かびません。。。
自分的には、ラフマニノフの独特な曲調が大好きでして、中学生頃には、その世界観にどっぷり浸かってよく聴いていました。 その当時は、ピアニストではホロビッツとブーニン、キーシンに夢中で、CD屋で物色してた記憶があります。
今は是非、pechoさんの奏でる曲を聴いてみたいものですね~。

演奏の機会があるときには、些細な情報でもいいので、是非是非、こちらで公表してくださいね。

横断幕掲げて、目立たないよ~に、こっっそりと聴きに行きますから。。。
Commented by lbizkorea at 2009-11-26 11:41
こんにちは。
韓国料理レシピが満載のブログ「アナバコリア 韓国料理レシピ集」です。
韓国料理に興味がありましたら、参考にしてみてください^^
Commented by pechopiano at 2009-11-27 21:42
ええっ?!Virdisさん、エルモなんですか?!笑

・・・・実は今は「白装束の館」とか言われる、白を代表としたナチュラルカラー好きの私ですが、大学生の時は赤が大好きでした。
赤い革の鞄がお気に入りで、うっかり赤いコートを羽織って学校に行ったら、目の前からやってこられた師匠に、「キョーコちゃん、消防士みたいよ~!」と笑われた経験が。^^;

図書館での本、可愛らしい世界が広がった、ポエティックなアレですね。^^
お料理家、と一言でくくれないほどの、独自の世界観とこだわりで、素敵な仕事をする同世代(同じ年の同じ月生まれ)の方には、尊敬を覚えます!素敵ですよねぇ。。。。ぶつぶつぶつ。。。
スカルラッティは、弾く予定が残念ながら今のところありませんが、演奏会情報のカテゴリーを直せるよう教わったのに、放置していたらまた忘れた、という有様です。。時間を見つけてそのうちきっと!笑
<< 続・小春日和 秋なのか冬なのか >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧