ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
日記さぼり気味週間?!
日記の更新が、全然ままなっちゃいません12月。

・・・・激多忙ゆえ、ってことにしておいてください。笑
今月、どのくらい更新できるかは、神のみぞ知るって言う感じですが(?)、先日日曜日には、嵐の様に突如姉夫婦&母がやってきて、一時台風一過みたいな雰囲気でした。
ワタシの知らぬ間に、待ち合わせ場所をウチに設定するのを、なんとかしていただきたく。。
とか言いながらも、お手製バナナケーキでおもてなししました。まるで、素晴らしく良く出来た妹のように、書けて満足♪

a0126929_1237910.jpg


バターは、まさかエシレは使えないので(^-^;)、カルピスのバター、黒糖と有機バナナ、全粒粉という身体に優しいスイーツであります。
皆、うちをカフェだと思ってくれてるのか、私がケトルを火にかけると、「ブラック」「あたしも!」「あたしはチャイ。濃厚なやつねー!」と、注文が入ります。
ご希望に応え、キッチンでせっせせっせしました。笑

a0126929_12374141.jpg


↑これはコーン茶で頂いたときのショットですが。

それから、 「主観をいかにシステム化するか」というお話を聞きに行ったりもしてきました。
東京大学法学部出身で、マッキンゼーで組織運営システム再設計等のコンサルティングを主にしていたウンヌン…という、私には遠~い世界の職歴を有されつつも、私が最近考え始めた漠然とした長年計画に、ピタっと興味の軸が合うお仕事を、現在表の顔として(?!)されているので、是非お話聞かせて頂きたい!と行ってきたわけです。

仕事の都合で少し遅れて行ったら、既に思っていたよりも沢山の人がおられましたが、皆さんベンチャー企業・・とまでは言わなくとも、個人でお店なり事業を切り盛りしている方も多く、話を聞いているうちに(非常に無知ながらも)父もオットも自営の身としては、感覚的にすごく良く理解できるものもあり、あっという間に時間が過ぎました。
と言いつつも、実際真っ先に興味があったのは(こちらも手掛けていらっしゃる)コレクティブハウジングについて、だったのですが、それは遅れていったからか、あまり話には出ませんでしたが。^^;

まだ頭の中が、新ワード(笑)で整頓されていませんが、感覚的には十分ヒントになったことも多々あり、自分が一番無知なのでは?と思う割には、結構トンチンカンなりに質問してみたり、いつの間にやらぺらぺら喋っていたり、ちょっと学生時代に戻ったようでした。(桐朋学園時代も、教授と意見しているうちに話が膨らんで、一時間つぶしそうになったことが何度か・・・。悪気は全くないのですけど!)
全然関係ないことですが、そして私が少し遅れて行ったから、そのような光景に映っただけかもしれませんが、割と気楽な会だったのに、いきなり皆さん熱心にノートを広げて鉛筆を走らせていることに、最初はちょっと戸惑いました。
これも、色んな「ノート法」もあるでしょうし、外山さんの「思考の整理学」なんかにも、一意見が書いてありますけれど(あくまで個人的意見にとどまっているようにしか思えませんが・・・笑)、楽譜を教科書として、耳から吸収して身体を通す教えを受けてきた身としては、あの「一斉に、言葉を追うようにノート」っていうのに違和感を覚えます。

ま、実際にはそんな「書いてばっかり」の方はおられなかったのでしたが、昔某著名Violinistのレッスンの時のことを、また思い出しました。
非常に勉強熱心なViolin弾きが、師匠が言葉を発するたびに、弓を鉛筆に持ちかえて、一語一句書き留めていた時、ピアノの前に座っていた私は冷静に師匠の顔を見ていたため、友人が鉛筆を取る度に、それを睨みつける師匠のカオが嫌でも目に入るわけです。そのうち見る見るうちに激昂して、「おまえ、いちいち書くなーーっっ!!」と怒鳴ったことが、衝撃的だったのでした。

突如怒鳴られた側としては、そりゃもうビックリなのですが、(私も、全然違う理由でしたが、デームス氏にBeethovenのピアノコンチェルトのカデンツァの途中で、突如譜面台を倒されたことが・・・・。意味不明なドイツ語で激昂する師。ああ、意味分からなくてよかった・・・^^;)、それでも「表情のやりとり」を見ていた私には、なぜ彼が怒り狂ったのか、手に取るように分かりました。
大事なことは、言葉尻じゃないのに、そして、レッスン中に記憶できる限りのことが、それこそ十分に今の自分にとって響くことなのに、全てをとりこぼさないようにと、全てを「書く」行為によって、なにが一番ビビッと響いたのか、また何がその本質なのかが、全部同じぼんやりした色で塗られてしまう。

そんなことを、ほんの数秒の空気でビシッと伝わってきたきっかけがあるので、以後私は留学先でレッスンを受ける時も、「もう、二度とこの巨匠にはお会いできないだろうな・・」というシチュエーションであっても、自分の譜面には殆ど何も書かないできました。全身全霊耳にすることに集中。本当に記憶したこととは、文字で記録出来て、レコーダーのように後から再生できる「言葉そのもの」ではなく、むしろ生まれた瞬時に消え去ってゆくような音と言葉の「感覚」だろうな、と。
譜面に書くとしたら、フィンガリング、くらいかな。(講座だとしたら、話の途中で出た、本の名前をメモする、程度のことでしょうか。)
あとは、殆どdying messageなみ。笑
よって、経年した楽譜を再度開いても、直接ヒントになるような「アドヴァイス」は残されてはいませんが、ひとたび音にすれば、デジャヴュのような感覚が蘇ることもあります。もちろん、音楽はいつも再生じゃいけないけれど。

というワケで、なんのメモもとっていないワタシは、何ら面白い話もここに書けないワケですが(汗)、頭の中には貰ったヒントが割とお花畑状態です?!
10年もしない間に、淘汰されていく言葉に埋もれるのが日常ですが、そうして形作られる数年後の自分の思考や行動が、楽しみだと思う最近。

写真がたまっているので、2,3。

普通に、和食党の朝ごはんですが、、

a0126929_12394391.jpg


突然ピッツァトーストが食べたくて仕方がなくなり、煮物があったのに、急きょ「葉酸ピッツァ(笑)」になったり、

a0126929_12404140.jpg


夜なんだけど、どこかのチェーン喫茶店のメニューにあるらしい、「カレーポテトサンド」という名前を聞いただけで、それが頭から離れなくなったので、バゲットサンド。
夜にこんなもん食べて。。。^^;

a0126929_12421474.jpg


でも、この日は時間がなかったので、ちゃちゃっとかっ込むのにはちょうど良かった♪
蒸したおじゃがと、玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、ケイジャンスパイス、カレーパウダーなんかで和えたらそれらしいジャンキー風味が出てくれました?!
有機ベビーリーフとハムの下には、チーズもとろけてます。カロリー高そうだなー。野菜のスープと一緒に。
[PR]
by pechopiano | 2009-12-08 12:47 | Comments(0)
<< 食育レポ?! 師走スタート >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧