ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
のんびりした立春
寒~い立春となりました!
2月は一番寒い季節だから、覚悟はしていますが、それにしても春が待ち遠しいなぁ~~。

昨晩、オットから「帰れない」という連絡が入り(弁護士にはよくあることのようで…)、この寒い中寝る間も惜しんでお仕事とは、なんだか自分ばっかりヌクヌクお布団に潜っちゃ、申し訳ないなぁ~・・・・と思いつつ、ベッドに入ったら1分もしないで寝付いた気がする。^^;
ちなみに昨日、全国のどれくらいの人が豆まきをしたのでしょうか?!
私が子供の頃は、夕御飯の後くらいのタイミングで、どこの家からも大きなお父さんの声で、「鬼は~~~~そとっ!!」っていう声が聞こえてきて、「あっ!始まったぞ!ウチもウチも!!」と皆で豆を握ったものでした。(鬼役は、ご多分にもれず父。)

だけど、生徒さんに聞いてみても、クリスマスやハロウィンなんかはイベントとしてあっても、豆はどこの家も撒かないらしく、加えてウチが角地ゆえなのか、昨晩耳を澄ませても、どこからも掛け声が聴こえてこなかったのは、少し寂しい気がしました。
かく言う我が家も、「あっ、買い忘れたよ、豆」と思って帰宅した時は、もうお腹ペコペコの時間だったし、雪もちらついていたので、オットに買ってきてもらうことに。
その後、流れが変わったために、豆がない。。

う~む、今年は七草粥も食べなかったし(まずいから好きではない、という情緒なしの理由により)、豆も撒かずに子供産むのかぁ?と思うと、さすがに迷信無視しすぎ?と思ったので、乾物コーナーを、時報ギリギリにゴソゴソ漁る。

・・・・あったあった、、、「うずら豆」なら!

っていうことで、代役を担ってもらって、小声で1人でパジャマで(笑)、時報駆け込み豆撒き、を致しました。
コソッとね。笑
(今、開封されたうずら豆が、背後でコトコト煮られています。)

ちなみに去年の節分は、早々に眠っていたワタシの枕もとに、深夜帰宅したオットが、ビール2本片手に、大豆を(既に)ボリボリかじる音を響かせながら上がってきて(笑)、ハイ、ビール・・・とプシュッとプルタブを抜き、なぜ~か眠気眼で冷えたビールで乾杯。(?)
「アリ?マメ撒かないの?食べちゃってるの?」と聞いたら、窓をガーッと開けて、3階からポイポイッと豆を投げて「鬼は外っ!福はぁ~ウチっ・・・・・ボリボリボリ」と、ビールと共に流し込み、私の口にも大豆を押し込む、といった、なんとも罰当たりな節分でした。笑
でも元気に1年過ごしたので、ま、今年もこんな感じでだいじょぶでしょう!?
(子育てもテキト~になりそうだな~。^^;)

だけど今日は、夕方まで何の予定もなかったし、オットを朝送り出す必要もないとなると・・・・・


確信犯・朝寝坊!!

♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャンシャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪

目覚まし切って、とことん寝るぞーっ!とそれはそれで、のんびりしました。
朝、いつもの時間に目覚めた時、ゴミだけ出しに行ったら、さ~~むいのなんのって!?
だけど2度寝して、ぬくぬく起き出した頃は、もう陽が燦々で、気持ちの良い立春となっておりましたが。

ちょっと罪悪感(?)があったけど、何せこんなことがかなうのは、今のうちだけ。
気儘なスタジオ時代(独身時代)に戻ったみたいな気分で、ブランチは昨晩仕込んだ、具沢山のミネストローネと、ワッフルを焼いたりして、ゆっくりのんびり。

a0126929_21272541.jpg


ミネストローネなので、何を入れてもそれらしくなるのですが、今回はベーコンやソーセージではなく、平田牧場のミンチ肉を使い、サツマイモやカボチャも入れたら、お野菜の甘みがグンと強くでたスープになりました。カレー粉などの隠し味で調整しつつ、すんごい量が出来上がっております。

ちなみに、最近は「朝の炭水化物抜き」を希望されています。(写真の色、悪いな…。)

a0126929_21263866.jpg


これは数日前。メインは、鶏の柚子胡椒焼き。前日から、お酒とたれに付け込んで焼いたので、味が浸み込んでいます。じっくり焼いた葱が甘くて美味しい♪
椀の中は、お豆腐の茸餡かけ。お味噌汁は・・・大根と韮かな?(数日前なので忘れましたが。)
柚子胡椒って便利ですねー。最近冷蔵庫の中で再会して(笑)思い出したように使ってますが、うちでは好みの味なので大活躍してます。・・・存在すら忘れなければ。^^;

お皿もお椀も、昨年軽井沢で購入したものなのですが、とてもリーズナブルでデザインも気に入った漆です。
思い切って結構揃えたけれど、しみじみ漆って素晴らしいなと思います。
熱いものを入れても手に熱を伝えないし、たとえばトーストも、磁器に乗せると湿気がこもってしまうけれど、木のお皿や漆のお皿は湿度を適度に吸収して逃がしてくれ、まさに和洋どちらにも優れています。
子供にも、プラスティックのものは使わせたくないけれど、漆ならば割れないし、、、と、考えるだけでも漆はえらい!・・・と使えば使うほど思う最近。

こちらは、鰹のたたきサラダと、お雑煮もどき。

a0126929_21261428.jpg


シンプルなので、出汁には丁寧目に味付けして、下茹でした大根とにんじん、片栗粉をまぶして下茹で済みの鶏とたっぷりのセリ、餅巾着は小さなお餅を二人で半分ずつなので、これくらいなら良いかな?と。寒い2月に温まる汁物。真中のちょこんは、蕪と蕪の葉の浅漬け。前日の即席漬けです。

さて今日は久々に、我が街の並木道を、1人でじ~っくり味わいながら歩きました。
都心に出るにはちょっと時間がかかるけれど、子育てするには最適な街だと思う、くにたち市。
広~い並木道は、秋は銀杏、そしてこれからは圧巻の桜並木となり、初夏から夏にかけてはグリーンが目に鮮やかな、豊かな通りです。
今の私は、見た目には1人だけど、来年は、今日行き交った沢山のベビーカーを押すママさんたちの中に紛れるのかな?と思うと、自然とお腹に話しかけて歩いてました。(初めて。)
それにしても、男の子なのだろうか、女の子なのだろうか。
まだわからないから、名前はもちろん、話しかけるにも、「あーっ、えーっと、、、」って、名無しで話しかけてるんですけど、めちゃくちゃ不慣れな感じ。^^;
お腹に居る時から、呼び名があったっていう人を良く聞くけど、男女のどっちを想定してたのか、聞いてみたいもんだ。

途中、明日食べようかなと思ったアップルパイ(ここのは絶品♪)を買ったり、、、

a0126929_21224590.jpg


デカフェのミルクコーヒー(家で詰めてきた)を片手に、ベンチでちょっと休憩。
a0126929_2123470.jpg


ちなみに、スタバのタンブラー、クリエイトなんとかタンブラーという、中の柄を変えられるタイプのものなのですが、このグランデサイズ(大きい)は、ずい~~ぶん昔のものらしく、今現在は作られていないそうで、昔の飲み口は開きっぱなしで持ち運べなかったのでした。
が、蓋だけ200円くらいで変えられるというので、変えて以来は、珈琲はこちらに入れて持ち運んでいます。密閉ではない、と言われたけど、いえいえ、立派に密閉です。倒れても一滴もこぼれないし、保温性はないものの、水筒よりも気楽な使い方をする際には、かなり便利な優れモノです。

・・・で、2時間くらい歩いたかなー。
南武線の駅までひと駅分、ゆったりした気持ちで歩くと、「へー、こんなところにこんなものが!」という、、、案の定食材ですケド、、、発見があって面白かった、長閑な1日でした。
独身時代に戻った気分だった、立春の日。^^
[PR]
by pechopiano | 2010-02-04 21:28 | Comments(0)
<< 決死の・・・ 二月のスタート >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧