ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
これが噂のっ?!
いやーーー、週末寒かった!!!!
ビルの間なんて、本当に、吹き飛ばされるんじゃないかというくらいの強風寒風で、コートの襟を立てて帽子も目深にかぶっても、寒くて寒くて思考回路が完全停止。。。
恐るべし2月。
家にたどり着いた時は、もうホッと、本当に心と体の芯の両側からホッとしましたが、狭くたってなんだって、家の有難味が一番身にしみるのも、この2月辺りではないでしょうか。
それにしてもコンパクトな我が家に、突然こんな巨大な新参者が・・・・・。

a0126929_22231810.jpg


・・・・・・・・あはははははーーーーー!って笑い飛ばしていますが、それにしても随分とデカイじゃないのよ、図体が。

いや、これには紆余曲折ありまして、まぁ端的に話せば、我が強欲な母が、新居に巨大なプランターボックスを制作して貰いまして、、、その巨大な白いプランターボックスっていうのは、既製品のサイズじゃないので、幼馴染に頼んだわけです。
そうしましたところ、幼馴染の母親(ワタシの最初の師匠)が、制作途中のその巨大ボックスを見るにつけ、「どうみても、棺桶にしか見えない」と呟いていたプランターボックスちゃんが、思ったよりも遥かに良い出来栄えで、グリーンを入れたら「ナルホド、棺桶じゃなかったわけね!?」という説得力を持って、新生実家に迎え入れられたようで。

そこで必要になったのが、大きなグリーンでして・・・・、「アンタのとこの、あのグリーン(ワタシがスタジオ時代から7年ほどの歳月をかけて育て、巨大化したグリーン)、アレ、ホラ、子供生まれたら邪魔よぉ、大体オタク、狭いし♪」と、こうして文字にしてみると更に酷く思える言い分を、ノウノウト笑顔で発して、堂々と連れ去ったわけです。
「新しいの、アタシが買ってあげるから♪」っていう言葉を残して。
まぁ、くれてやるよ、確かに大きすぎるし、可愛がってよね・・・と、我々の行きつけの植木屋さんに行ったはいいが、今は極寒の2月。
青々と茂った、私の可愛いグリーンちゃんのような立派な輩は常在しておらず、デハ、コレコレこういうのを・・・とイメージを伝えて、入荷したら運んでもらったのです。

その、有様が、これっていうワケで。(A゜∇゜)

ま、すごく迫力あって、見栄え良くなったんですけどねー、だけどこの巨大なプランツ、子供生まれたら本気で邪魔なんだけどなー。笑

そんなことを、知ってか知らぬか、本日ウトウトッとしていたら、お腹の中で「うにゅっ・・・・」と、ナニカが!!!!

パチッッッと覚醒しまして、「えっっ?!今、なんか、なん~~~かが、動いた・・・よねっ?!」と、目を白黒呆気にとられていると、感動する間もなく、またすぐに「う・にょぉ~~~っ」って!!!!



こっっ・・・・これがウワサの胎動!?!?



時期的には、丁度「早ければそろそろ胎動を感じる」っていう時期なのですが、経産婦さんの方が、初産婦より2週間ほど早く感じるって言われているようです。
というのは、一度経験があるので、後から遡って「ああ、あれが胎動」って知っているということらしいのですが、数週間前に「ぽこぽこぽこ」と、やたらお腹が激しく言っていた時期の症状は、人に話すと「最初はぽこぽこではなかった」という人と、「まさにソレだよ」という人と、二極化。
だけど、確かに我ながらちょっと早いかな~?とも思っていたのと、それ以来一度もなかったので、「あんなに騒がしかったのが、一度だけっていうのも??」と、違ったのかな、で処理していました。

「ミミズが這うような感じ」という話は、実際にも聞くし、インターネットの意見や本にも結構見かけるようになって、それは今まで全く未体験だったのですが、今日の「うにょっ」は、確かにそんな感じでした!!
というか、やはり、「胎動=ぽこぽこ」だと思っていたので、話に聞いていなかったら、「????なんだ??なにか、居る??(←居るんだけど)」というフシギ体験なだけで、胎動とは思わなかったかも。

でも夕方にも、駅でもう一度「うにょっ」と、そんなに大きな動きではないのだけれど、内部で何か確実にうごめいた感を感じ、おおおおおおっっ!!!と感動してました。
だけど、何してたんだろなぁ、あの時。移動したのか??笑
つわりもない、体調もすこぶる良い、ただお腹が少し出てきただけ、という感じなので、本当に中に1人いるのかどうかは、実感しにくい部分があったのですが、今日初めて「ああ、やっぱ、なんか、居る!」って。笑
次の検診が楽しみになってきました!

こうなると、出産のことを少し現実的に考えるようにもなるのですが、丁度昨日の夜、偶然点けたテレビ番組が、「今時の出産」という特集で、始まったタイミングで点けたので、料理の下ごしらえをしながらじっくり見ました。
渡辺満里奈さんがゲストで出ていたのですが、彼女も確か夏に御出産なんですよね。あちらは2人目だけど。
最近の出産事情は様々で、海外の「水中出産」とか、ああいう際どい現実的でないものはともかくとして(笑)、愛媛の方でやっている、自然分娩の様子が大きくクローズアップされていました。
わざわざ東京から通う人もいるそうで、その様子や意見を聞いていると、、、、みなさん意識高っっっ!!!

「出産は、女性の人生の最も重大なイヴェント」という意識があって、私はどちらかというと「子育て」とか、その後の家族の絆とか、そういう「通過点」としてしかお産を捉えていなかったので、「なんとなれば現代医学の手で、どうにか無事に母子共、送り出してくれるだろう♪」くらいの意識で、、、恥ずかしながら「如何に産むか」なんて、特に考えていませんでした。
しいて言えば、無痛分娩にしようというくらい。(お腹を痛めて産む美学、のような日本的考えは、私には違和感なので、そこは世界のスタンダードに合わせたいと。。^^;)
実際に無痛で産んだ友人も、そうでなかった友人も「無痛分娩で良かった(無痛にすれば良かった)」と口々に話しているのを聞き、その後の体力の回復などを考えたら、実際に殆どノーリスクの無痛分娩ならば、是非選択しようと。

しかしですね。

すんごいものを見ました。

ブラウン管の中のワタナベさんも「なんだこれぇ?!」と唸っていましたが、私も同時に「なんだこりゃぁ?!」と声を揃えたのが、「ソフロロジー出産」。(←注:音が出ます。)


呼吸法が主だとは思うのですが、理念や蘊蓄はちょっとさておき、すんごいんですよ、出産のそのシーンをテレビで何例かその時撮って放映していたのですが、いわゆる「雄叫び」っぽい、あの恐怖心しか煽られないような、すごい苦しみの映像は皆無。
普通に看護婦さんと会話をしながら、ふぅぅ~~っって息を吐いたと同時に「オギャー」って?!?!

「なんじゃこりゃ」ですよ!!

臨月の妊婦さんが、一斉に薪割をしていた、自然分娩の施設も説得力あったけど、さすがに愛媛に通えないし、、、それよりはソフロロジー式分娩で産みたい!!と、初めて具体的に考え始めました。
朝オットに話したら、「だけど、もう決めちゃってるじゃない?産婦人科」と言われ、ソウ、私ももはや、あの「老境ルパン(←産婦人科医)」の据わった目で、「な~~んも問題なしっ!じゅんちょお!」と言われないことには、出るものも出てこないような、そんな大船的投影をしてしまっている。
二人目の為に(←捕らぬ狸が何匹目?)・・・・と、言い訳をしつつちょっと検索してみました。
ソフロロジーは、フランスを始めとしてヨーロッパで主流だそうなのですが、日本ではまだ取り入れている病院が僅かだとか。
東京には、たったの7つ。

そのリストを見てみたら・・・・・





なんと!!!!!










私が分娩予定の医院の名前が~~!!!









えええええ~~~~~~!!!!!!!








ルパンやるじゃーんっっ!!!!






・・・・・て、「まじびっくり」っていう現代語は、今日ほど当てはまったことはなく。

さーて、今のところ、一つのトラブルもなく、「超ついている」私の妊娠経過ですが、ここまでついているとなると、逆になにか、怖い。。。^^;
いざ出産のときに大どんでん返しにならぬよう、無駄な脂肪をため込まないように、日々精進したいと思います。ぜひとも。
もし、これで超安産だったら、本でも出そうかしら。笑
(ソフロロジーについては、よーく医院のHPを見たら、確かに同じようなシチュエーションでの分娩を謳っているので、今度聞いてみてレポートします。^^)

↓ せめてもの、出来ること。

a0126929_22252685.jpg


結局珈琲も紅茶も緑茶も、「ちょっとくらい」飲んでも全然大丈夫な感触ですが、「どうしても」飲みたい時以外は、やはり気をつけようと、最近のハマリもの。
「みんなのお茶」は、時々利用するオーガニック店で買いました。こちらは、乾物が充実したオーガニック店なのですが、雰囲気がちょいとマニアックなので、専らお茶類のみ。
この「みんなのお茶」も、「身土不二」を謳ってまして、はと麦、ハブ茶、大麦、玄米、どくだみ、浜茶(なんだ?)、柿の葉、ビワの葉・・・の8種類ブレンドでノンカフェインです。
とっても飲みやすくて、最近はコレを愛飲。
水筒に入れて持ち歩いても、冷めたものをもう一度火にかけても、えぐみが出ません。

ちなみに、知らなかったけど、こちらも葉酸が豊富だったらしい。妊婦にならないと、見過ごしてしまう栄養素だけれど。↓

a0126929_22255128.jpg


ラーメンだって、オーガニック。

a0126929_22272844.jpg


無かんすいの、完全無添加生ラーメンですが、味も懐かしい昭和のさっぱり醤油味で、イケます!
茸餡とセリと油揚げと、鶏肉だったかな、入れたのは。化学調味料を使っているか否かは、食後に最も実感します。ラーメンだけど、全然胃もたれせず。
(だけど本当のことを告白すると、ワタシは「ニューヨークバーガー」を、こっそり買ってみました。まずかったっす。爆)

こちらは、更新しながら食べてますデザート。

a0126929_22261423.jpg


湊かなえ氏の新作を本屋で手にしたら、背表紙にチラとベリー系の写真が乗っていたのを見まして、急に「昔懐かしフルーツポンチ」が食べたくなり、ミツヤサイダー買って入れました。
器のお陰で、ベリーにサイダーだけでも気分が盛り上がります!?

今朝は、、、「炭水化物なし」希望のオットかて、たまには麺とか食べたいかな?と勝手に考えて、春雨と野菜でチャプチェもどき。

a0126929_22265830.jpg


出汁巻き卵と大根おろし、お味噌汁、レンコンのきんぴら・・・・で丁度いい量だったらしく、「ええっ、こんなにっ?!」と春雨でひかれてしまった。^^;
そういえば、テレビの中の妊婦さんたちは、粗食だったなぁ・・・・・。( ̄‐ ̄*)←遠い目・・・
[PR]
by pechopiano | 2010-02-08 22:27 | Comments(2)
Commented by yoshino at 2010-02-12 00:28 x
こんばんは♪またまたコメントしてしまいます!
胎動!!「うにょ~~♪」おめでとうございます!!
なんかいるよ、ここに・・ってほんと不思議な感覚ですよね♪
女性だけが感じられる、感動&喜びですよね。

臨月近くになり、お腹の皮?も動いて、外からも「うにょ~」が見える様になると我がオットも、なんか感動していましたけど…笑。

そういえば蚤の市のお鍋達、サヨナラされたのですね。。
いつだったか、たしかお酢とお塩(だったかな・・)で磨かれて、キレイに蘇ったお鍋さんたちサヨウナラ…とか何故か私も感慨深かったです・・?笑。

私も夏に出産でホントに良かった・・・と思うこのごろです。
夜中に何度も起きないといけない時期が冬だとしたら・・・。。。寝ぼスケで毛布が大~好きな私には、かなり酷な事だと思います。
(6ヶ月の今でも夜中に2回くらい起きるムスコ・・涙。新生児期は5回とか・・・・でした。。。)
と言うわけで、夏出産、個人的には本当に良かったです♪

またまた取りとめもなく長いコメントしてしまいました・・。。
失礼いたしました。ではではまた~~♪
Commented by pechopiano at 2010-02-12 22:56
yoshinoさん、ありがとうございます!^^
「うにょ~」から一夜明けて、二夜明けて・・・・ウンともスンとも言わなくなって、ちょっと不安になっていたのですが、とても元気な様子を今日見て安心したところです♪
「うにょ~」の瞬間は、一瞬奇妙で、だけどすぐにピンときて、温か~~い気持ちになりました!確かに感動と喜びですねー♪
(臨月になると、お腹の皮の動きも見えるんですか?!)

夏出産は、最近周囲に「本当に良かったね」と言われ、確かに今のこの雪が舞う季節に授乳・・・ってのは、かな~~りつらいものがありますよね。。。かくいう私は3月生まれでして、母に「辛かった・・・」と言われていますが。。

今日、性別聞いたのですが、まだわかりませんでしたー。
どちらでも正直嬉しいのですが、最近街を歩いていて「かわいいなぁ・・!」と目がいくのは、小さな男の子ばかりです♪♪
<< 壊れてました・・・ 決死の・・・ >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> soleilさん ..
by pechopiano at 21:49
さっそく、お返事ありがと..
by soleil at 10:29
soleilさん、注文住..
by pechopiano at 09:53
rieさん、ものすっごー..
by pechopiano at 09:47
はじめまして。 突然の..
by rie at 14:18
高倉町珈琲、行ったことあ..
by pechopiano at 16:30
こんにちは。 今回の記..
by Jin at 15:56
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧