ピアノ弾きの裏に、美味しい生活研究家のカオあり。ゴハンと暮らしと音楽を愛する日々。
by pechopiano
プチ巣ごもり的夏休み
「巣ごもり」。

ああ、なんて心地よい響きの流行り言葉。

・・・・ということで(?)、結婚して以来初めてと思しき、夫婦でまったり過ごす数日が、続いています。
今後、プチお出かけの予定はあるものの、「特に旅行好きではない妻&基本的に激忙しくて家に殆どいない夫」という取り合わせによって、気ままに起きて、ちょっと近所に出たり、ゆっくり食卓を囲んだり、途中仕事にちょいと出たり・・・という日々を楽しんでおります。
地味だな。笑

夫のご両親から、北海道からお取り寄せなさっという、素晴らしいとうもろこしが10本も届いたので、「もろこしファン」としては、狂喜乱舞して堪能中。
まずはシンプルに蒸して頂き、残った分は翌日のおやつ。焼きもろこし。

a0126929_21384836.jpg


そして昨日は、もちろんのこと(?)コーンポタージュをこさえました。
折角の素晴らしいトウモロコシなのだから、皮を剥ぐ時から丁寧に、裏ごしもして仕上げました。

a0126929_2139387.jpg


これほど、手作りの方が美味しいものっていうのも少ないかも?と思える、甘味がぎゅーーっっと詰まった、舌の奥の方まで浸透する滋味。
美味しい・・・・と、一言発した後は、ほとんど無言で、他のお皿に見向きもせずに、一気に平らげるオット。笑
ちなみに、他は鶏手羽のグリル、豚肉サラダ生春巻き、オーガニック野菜のオーブン焼きなど。
・・・実は、この前にcafeで結構つまんだ数時間後だったので、「明らかに食べすぎだよな」と思いつつ。
がっつりの夏、でございます。

そして、今日は・・・・。

折角オットが午後には仕事が終わる!ということで、17時の開店に行っても、入れるかどうか厳しいと言われる、人気の「○○ちゃん」(もう、名前書くのもやだ)に、16時50分に並んだというのに!!!

開店前なのに開店していて、挙句「もう今日はいっぱいだ」とか。


ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


ガッカリが強まると、怒りに変わる、という人間の心理の移行を、身を持って体感。
なんていうか、私の数歩前のオジサンは入れたし、椅子は一つあったのに、、、なんていうかなんていうか、「入れる気なし」っていう空気を感じました。
一見さんお断り・・・というほど気取った店ではなく(むしろ対極)、逆にズラリと並んだオジサンたちの雰囲気を見たら、明らかに浮く私を一瞥したのち、「今日はいっぱい」って。
・・・なんか、ずっと行こうと思っていた自分が哀れにすら思え、ガックリしまくるワタシを見かねたオットは、「もう、こんな店自分はどうでもいい。行かない。」と断言し、「・・・そうだよなぁ!」と、私もなんだか物凄くアホらしくなって、子供の頃から「いつか入ってみよう」と漠然と思っていた店に、キッパリ決別。
失礼しちゃうよな。客に媚びる必要がないからと言って、なんなんだその態度?!ちっきしょー。

ということで、隣町の美味しい焼鳥屋さん(今日は、そういう気分だった)に繰り出し、感じた1.3倍くらいの気持ちで「お・い・しぃ~~!!」と身悶えして、戻って参りました。
雑草抜きをしたオットと、同じく外仕事をしたワタシは、がっつり飲んでがっつり食べる!
その後、まだ夕暮れの余韻を抱えた空のもと、てくてくと「新しいところ探し」をしつつ、オットとふらふらお散歩しつつ、「今年一度もまだ食べていないかき氷」を、近所のベジタリアンレストランで頂いてきました。

a0126929_21401776.jpg


これは、台湾のスイーツでして、「雪花氷」というもの。
水を凍らせたものではなくって、ミルクやマンゴーが練りこまれた氷を削っているので、とろんとした口どけ。美味しかった♪
・・・食べすぎですけどねー。笑
明日からしばらくは、頂き物の立派な粕漬けのお魚たちがあるので、あとは握り飯ヒトツ…くらいで過ごす決意。(今のところは、ね。笑)
[PR]
# by pechopiano | 2009-08-10 21:42 | Comments(2)
めがね
映画「めがね」の、主な登場人物たちは、皆さん個性的な眼鏡をお召しになっているわけですが、必ずしも映画の「内容」としてではなく、ある意味とってつけたような(?)共通項として使われている、小物にしては強烈なインパクトの「めがね」たち。
今、オシャレアイテム(って言葉が古い…)として、かなり多くなってきたように思うメガネ人口ですが、かくいう私も、本当は「常にかけていたほうがいい」と眼科医に言われ続けたまま、裸眼で通してきていました。
お洒落で素敵と思わせたり、既にその人の顔の一部になっているかのような、「メガネの人」も、周囲には少なくないというのに、私が今まで(たくさん持っているにもかかわらず)かける習慣がつかなかった理由。
それはズバリ!

・・・・鼻が低い・・・・。

大きくはないのがせめてもの救い(?)と、自分を慰めているのと、子供のころよりは、大分人並みの高さに近づいてきた、と自負している。無理やり。
だけれども、鼻筋の通っていなさを痛感するのが、このメガネの着用感なんですねー。。。
最初のうちは、「たぶん、掛け慣れていないから煩わしく感じるのだろう」と思っていたのですが、数時間すると、ズリズリと下がってくる。いやもう、時折下がる・・・っていうんじゃなく、常にさがっている。極めつけは、斜めに下がっている。。。
この「ななめ」の原因は、数年前に(メガネのとても似合う)幼馴染が、「ぺちょ!わかった!耳の高さが違うんだよ!!」と発見してくれ、おおおおおっっ!!!と解決した喜びなんだか、いやむしろ、それって結局解決しないんじゃ??という絶望とも思える感嘆を、二人で上げたものでしたが、それはヨガをすることで、多少マシになってきました。
(要するに、人間の体はもともと左右対称じゃないとはいえ、それにしても骨格が歪んでいたのだと思われ。)

そんな自分の特徴をとらえた上で作ったメガネは、お店の方に微調整してもらいながら、なんとか視界にフレームが被ることは免れてきたのですが、それにしてもズリ下がる。
鼻筋はどうにもならないのと(シンクロ用の鼻つまむやつを購入しようと、本気で考えた時期アリ)、やたらと新陳代謝が活発で、汗をかくため、追いうちをかけるようにずるずるっといくわけです。
しかしここ1,2年、子供の頃から強かった遠視と、大人になってから入ってきた乱視が、すごいタックルを組み始めたらしく、昼はまだしも夜は相当キツイ。
乱視の方にはご理解いただけると思うのですが、夜は本当にバランスとれないっていうか、クラクラしてきてしまうのです。暗い店内も同様に。
ただでさえも、眩暈の気が強い自分は、眼鏡をかけるか、裸眼でもうちょっと頑張るか(ちなみに、コンタクトは演奏会の「初めてのプログラムを演奏する時のみ」使用)、瀬戸際に立たされていたのですが、先月ものもらいにかかったのをきっかけに、眼鏡を再び愛用し始めました。

そのタイミングでの映画「めがね」なので、もともとストーリーがあるとは言えないこの映画、キッチンにおけるホシザキの冷蔵庫の存在感を感じたり、風通しの良い開放的な食卓に並ぶ、有田焼や北欧の器たち、勿論その上に乗っている、シンプルで美味しそうな御飯たち、そういった「好きな人にはとことん好き」なものを眺める、絵本とも言えるし、また詩集とも呼べそうな映画でしたが、もちろんその中で最も存在感を放っているのは「めがね」。
眼鏡を似合う人たちを、キャスティングしたのかな?と思うほど、皆それぞれに似合う眼鏡をかけているのですが、エンディングロールにも流れる「白山眼鏡店」の文字に注目。

・・・この空気感からして、ここの眼鏡かな?という予感はあったけれど、、、何気にワタシも、持っているのですねぇ・・・・。ろくすっぽかけないくせに、こんなに良いメガネを!
豚に真珠(・・・真珠も唯一点けるアクセサリーですケド)、猫に小判、、、、、、裸眼に白山!!
何故かけなかったかって、理由は前途の通りなのですが、加えて一つ、ここの眼鏡はあまりにもインパクトがあるのです。
自分で選んだくせになんなのですが、作った当初は、いざかけてみると「・・・いくらなんでも、オサレさん気取りすぎかしら??」と、自制心とも羞恥心ともとれるブレーキがかかってしまい、お蔵入りだったのですが、この映画を見て俄然かける気になりました!

久々に取り出してみると、家で掛けてる安物の眼鏡とは比べ物にならない重厚感。
改めて、「老舗はすごい・・・」と思うわけですが、これも時代というか、数年前はちょっと恥ずかしかったこのフレームも、こちらの年齢がそうさせるのか、はたまた眼鏡ブームが後押しするのか、なかなか悪くないな、と。
ただちょっと・・・重いんですけどねぇ、、、特にハナペチャには。笑

次は、ホノカアボーイでも借りて、高山さんのお料理を目で愉しもうかな。^^

↓ うってかわって、ウチの朝ごはん。
色合い良くないですね・・・。メインはトマトと卵の中華炒め。一晩味付けをして寝かせた豚肉が、良い味だしました♪
モロヘイヤはオットの好物。古代米は、オットのお母様が送って下さったので、早速綺麗な色合いを愉しんで頂いています。

a0126929_11415473.jpg


こちらは、洋風(・・・といいつつワタシは玄米)の豚肉ソテーだったのだけど、食べ終わった後に、何か物足りないと思ったら、自分の方にローズマリー散らすの忘れてました。。。

a0126929_11425211.jpg

[PR]
# by pechopiano | 2009-08-07 11:50 | Comments(2)
初・ホームシアター
「ホームシアター」っていうほど、立派なモンじゃありませんが、数ヶ月前にやむを得ず大型テレビを購入したのですが、あまりにも綺麗な画面だし(AQUOSですけど・・・)、何といっても大きいので、一度はオウチでDVD鑑賞をしようと思っていました。

・・・思ったまま、テレビをトンと点けない自分は忘れていたのですが、今日は何も用事がない日だったので、前から「ホームシアターday」と決めていまして。

ただ、夕暮れから見ようと思っていたのに、結局こんな時間(21時過ぎ)になっていますが、案の定曇ったら曇ったをいいことに、また大型家事をやっていたらこんなことになったのでした・・・。
冷蔵庫&冷凍庫の大掃除、大通りに面した方の、メインの窓を大掃除。(ジョーロ持って、たわしと雑巾でゴシゴシ。)少し雑草抜きをし始めたところで、我にかえる。

・・・今日は、ゆっくりDVDだろっ!?

ということで、大体草むしりは男性の仕事だと思うので、ここは途中で撤退することに。

遅くはなってしまったものの、お風呂にも入ってしまい、冷房を効かせた部屋で今からつまみ片手にDVD見ま~す♪嬉しいな!
ずっと見たかった作品とは、、、
「めがね」

・・・・一部の人間にしか知られてないかも?!^^;

大好きな小林聡美さんと、尊敬するもたいまさこ氏のコンビと言えば、「かもめ食堂」の次なる作品。
かもめほどのヒットはないらしく、話も「かもめより更に、何も起こらない(笑)」らしいのですが、9月に第三段「プール」が上映される前に、見ておきたかったのです。
家は兎小屋で、テレビだってもっと大きい家庭も沢山ありますが、角地ゆえに音量だけは映画館並みにしても全く心配ないので、がんがんいっときます!

↓ キャスターをソファに取り付けてもらったので、大きめの革張りソファですが、今日はするする移動。

a0126929_2127418.jpg


そして関係ないけど、模様替えした様子。
ちょっと奥まった(というほどのスペースはないんだけど)箇所に、ダイニングセットを持ってきたら、落ち着きました、それなりに、の図。
簾で少し薄暗くなったのも、ヒジョーに気に入ってます。もしかして、冬も簾しているかもしれません。そんなクレイジーな家を見かけたら、ワタシが住んでいると思ってください。

a0126929_21274385.jpg


夏場なので、ちょっと久しぶりのお弁当。
メインはブリ照り&牛肉入りのボリュームきんぴら。

a0126929_21282223.jpg

[PR]
# by pechopiano | 2009-08-05 21:30 | Comments(10)
蘭蘭
久々に、辞書なんぞ開いております。

しかも!


オランダ語の辞書。。。


うーうーうー・・・・ ρ(-ε- )

ワタクシ、何を隠そう、オランダはユトレヒトという中世の香り漂う古都に、2年間住んでおりました。
日本で言う、大学院みたいなポストに居て、ちゃんと学生しておりました。ええ、だから、2年間。
だのに!!

オランダ語は皆目話せません・・・・・。

早い話が、覚える気は全くなく留学して(アレ?言い訳っぽい??)、というのは、あの移民で成り立っているような小さな大国(精神的にね、とても成熟して、割り切っていて、合理的で、健康的で、、、それゆえ非常に大らかな国)・・・では、言語の習得が小さなころから必修となっているばかりではなく、彼らは何ヶ国語でも、愉しんで自在に扱います。

・・・じゃ、オマエも見習って、留学先の言語くらい習得しろよっ・・・ってのが、まっとうなご意見。
そのとおり。
だけど、甘えたわけです、環境に。
だって学校には外国人も多く、レッスンだって共通語は英語だったりしたし、スーパーでも郊外でも子供からお年寄りまで英語がばっちりだったんだもん・・・。

ということで、通常2年もいりゃぁ、ちょっとはしゃべれるんじゃ??という周囲の期待(は、されてないだろうが)に、とくに言及しないようにしていましたが(?)、ちょいと「アオキサンなら、訳してくれますよね??」というオファーがあり・・・。

この、2年間、市場で黄金の人差し指と数のみのオランダ語で、立派に生き抜いてきたアタシを!!
訳せだなんて、そーんなこと、、、言って欲しくなかった・・・。笑

しかして、オランダに留学ってあまりメジャーじゃないし、とりあえずオランダで幼少期を過ごした、仲良しのヴァイオリニストの方が訳せるのでは??と匙を投げてみつつも、半分は責任を感じて文章に目を通してみました。

うーーーん・・・・

なんとなく、何を言っているのかの、想像はつく。
(そりゃそうである。要件はわかっているのだ。)

なんとか多少お役に立てないかしら?と、怪しい単語(というか、全部が怪しんだけど)をピックアップしているうちに、オランダのことを懐かしく思い出して、ちょっと帰りたくなりました。
あの広大な田園風景に暮す、大らかで心の優しい、開かれた人種の波に、またざっぷんと身を投げたいというか。

↓ クルミドコーヒー。
大好きなのに、そう言えば全然行っていませんでして。
この、気の遠くなりそうな丁寧な水出しの抽出方法を見ていたら、ちょっと気が狂いそうになりました。
待っちゃいけないのね、こういうのは。気がついた時に、ほうら、十分満たされている、っていう感じね。

a0126929_21122356.jpg

[PR]
# by pechopiano | 2009-08-04 21:12 | Comments(0)
我は何屋??
もう・・・・・


・・・・・・・・・・・・働けません・・・・。


今日は久々の「夏日!快晴!」という予報を、「ほんとにぃ~~~?!」と半信半疑で見上げた朝の空でしたが、10時ころから久々お天道様が、重い腰をあげて参りました!

うおっ!それならばやることは、山のようにあるのだよ!と、早速雑巾持って、ハケとペンキ出してとりかかったところへ、「IKEA行かない?」という母からのお誘い。
IKEAには近々行きたいところですが、久々の晴れ、そしてまた明日から崩れる(本気か・・・)らしいので、今日は家仕事をとことんやるのだ!と別日にしてもらう。
そしてほぼ12時間、ランチを挟む以外のたった今まで、ほぼノンストップで家じゅうを駆け巡っておりました。。。

まず、ペンキの塗りなおしをしたい箇所がたくさんあったので、これは一年に一度はメンテナンス入れないと、真白な館は汚れが目立つので、この家に住む宿命です。
楽譜棚などの、取り出しが激しいところから、擦れて目立ってきたので、主に1Fから2Fのリビング、3F寝室と4Fテラス入口まで、そこらじゅう水拭きしてから、ペンキの缶がカラカラになるまで塗って塗って塗りまくる!ゼイゼイ・・・。
同時に、白いモザイクタイルの館であるウチは、ところどころ水はねの多い箇所に、漂白剤を使ってメジをリセット!

・・・この時点で、大分汗だく。

今日は「とことん家メンテナンスday」と自分の中に銘打ってあると、とっことんやりたくなってしまい、お天道様もヤレヤレと言うもんだから(言ってないけど)、2Fをまたしても大模様替え。
前から母に「こうしてみれば」と言われていた配置を、「いや、それはナシでしょ~」と否定していたのですが、これがヒット!
前のスタジオ暮らしの時に、2Fのロフト部分へ上がる階段の下に、ソファとテーブルをセットしていたのですが、とても落ち着いたことを思い出しました。
我が家はものすごい日当たりのよさで、今は簾をかけてしのいでおりますが、好き嫌いは個人差あるとしても、つくづく「パカッと明るい」よりも「ちょっと薄暗い」方が落ち着いたり、「メインの場所にダイニングセット」よりも、「ちょっと奥まった配置」のほうが、これまたやはりちょいと落ち着く。
こんな小さなスペースでも、やれないことはないんだな~と、嬉しくなってしまいました。

ペンキを塗った後に、2Fの配置換えをしただけでは飽き足らず、一番広い3Fもいじりたくなってきてしまい、ついに着手。
おピアノさまがいらっしゃる1Fは、誰もいなくとも冷房がガンガンついているのですが(湿度対策)、2台も3台も冷房を点けるのは気が引けるので、涼しい顔した楽器の上階では、ニンゲンが汗だくグチャグチャになりながら、ベッドやらの大型家具をズリズリ移動。
ベッドを動かせば、そりゃもう普段手が行き届かない埃がたくさんなので、ここぞとばかりに磨き上げる。・・・・もう、汗とかいう次元ではなくなって、入水後、みたいな感じ。

それが終わった時点で夕方だったのですが、本来今日着手したのは、もとはと言えば、1Fが第一目的。
生徒さんの発表会が終わってレッスンは少々お休みなのですが、コンクール組はこれからが本番なため、明日からしごき(?)開始なのであります。笑
1Fは、楽譜が段々山積みになったり、お客様用のお手洗いのペンキが禿げている箇所があったりで、明日までに大掃除をしようというのが本日のメインだったわけで。
明日のための買い物にダッシュで繰り出し、戻ってきたら乾きたてのペンキの上に、処分するものを取り出したり、配置換えするものを整頓していき、、、ようやく先ほど全館の雑巾掛けが終了したところでございまして・・・。

・・・・自分がクサイ・・気がする。

今は、どこもかしこも(見えないところも)かなり綺麗だと自信を持って言えますが、部屋がきれいになると、ニンゲンは汚くなりますねぇ・・・。
髪をひっつめて、眼鏡をかけて汗だくになっていた自分を鏡で見てぎょぎょぎょ。
そろそろ、自分も洗い流してこようかと、思います。

丁度ネットに、夏休みは、旅行をせずに「素ごもり派」が増えている、という情報が流れており、どちらかと言うと、「旅」には昔からそんなに惹かれない自分としては、人の巣ごもりすら、「いいね!いいね~!」とフムフム読んで喜んでいる始末。
旅に出るのは、「家が一番いいね」と実感するためだ・・・という言葉が、、若田さんの随分前からありますケド(笑)、夏休みを目前にした我が家も、自信を持って「我が家がいちばーん」と思えるよう、これも一つの旅支度だったりして!?
それにしても、また元に戻したり、違う配置にしたり、絶えず遊んでいくのだろうけれど、模様替えって本当にお金がかからないで家がピカピカになり、気分が一新できる、サイコーの遊び!

ま、サスガに疲れたので、続きはちょっと置いてからにしようかと思ってますけど。。。( ; ̄ω ̄)ゞ

↓ 今朝は、昨日の肉団子入りの温麺と、サラダ。

a0126929_22295928.jpg


そして、上島珈琲化♪
ちょっとミルクの分量多すぎまして、あまり黒糖な感じがしませんでしたが、器はキンキンに冷やして、効果絶大。^^

a0126929_22301440.jpg

[PR]
# by pechopiano | 2009-08-03 22:32 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Jinさん 遅れば..
by pechopiano at 13:59
明けましておめでとうござ..
by Jin at 20:29
makoさん、お返事遅く..
by pechopiano at 23:25
更新とても嬉しいです! ..
by mako at 00:03
あはは、それは検索にはひ..
by pechopiano at 22:08
makoさん、 鏡、あ..
by pechopiano at 22:02
古い記事にすみません。 ..
by ほたる at 17:04
お忙しいなか、返信下さり..
by mako at 20:36
> 三浦聖子さん ..
by pechopiano at 08:52
> makoさん ..
by pechopiano at 08:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧